カテゴリー「Steins;Gate」の10件の記事

2011.08.03

■Steins;Gate 第18話「自己相似のアンドロギュノス」

 女の子に、お前は本当は男だ!、なんて言ってはいけません。
 そりゃあ、泣かれちゃいますよお。
 凄く好意を持たれていたわけですし。
 それでもるかは、自分で立ち直って、倫太郎のことを受け入れてくれて。
 強くて優しいルるかなのです。

 さすがの倫太郎も、大ダメージだった。
 カップ焼きそばを作っていて、お湯と一緒に麺まで流しに捨ててしまったみたいに…。
 それ、悲しいですよねっ。
 泣きたくもなります。
 るかは、本当に泣いていたわけですし。
 ポイントカードの期限切れよりも大変なこと。

 まゆりにも紅莉栖にも怒られてしまったけれど、それも当然なのですよ。
 紅莉栖は相談に乗ってくれたから、良かった良かった。
 倫太郎一人じゃあ、どうにもならなかった筈だもん。
 てっきり、まゆりがその役割なのかと思ったのに。
 まあ、まゆりは当事者ですから。
 紅莉栖がデートに付いて来たのは、やっぱり心配だったのでしょう。
 別の意味で(^^;。
 一人だけじゃ虚しいから、至を巻き込んだ(笑)。

 いつもの白衣じゃない倫太郎は、新鮮だったよ。
 髭と髪がそのままだったのは、ちょっと残念。
 なんて、そうすると、格好良くなり過ぎちゃう。
 それこそ、別人みたいに…(^^;。

 どんな服装でも、緊張していても、倫太郎は倫太郎だから、るかは喜んでくれたと思うのですよね。
 訳が分からないままに、自分から男に戻るって言ってくれて。
 いいコだよお。
 報われて欲しいなあ。

 デートの続きの特訓(?)が有って、凄く嬉しそうだったし。
 倫太郎との繋がりは、凄く大切にしているみたいで。
 せめてキスでもしてあげられれば、なんて思ったけれど、そういうわけには行きません…。
 るかは、男に戻っても、全く変わらない、いつものるかだったのが切ないです。
 思い出だけが消えてしまって。

 これで、まゆりを救うことが出来るでしょうか。
 Dメールを全て取り消す、それ以外にも条件が付いたら、さすがの倫太郎も限界ですよお。

2011.07.27

■Steins;Gate 第17話「虚像歪曲のコンプレックス」

 誰かを生かすと、誰かが死んでしまう。
 そういう世界線って、厳しいのです。
 辛い選択になりますよお。
 元々の世界に戻すっていうのが、一番いい方法なのかな、とは思うのですが。
 そう簡単に割り切れるものでは有りませんものね。
 Dメールを送るとき、まゆりが言っていた言葉が、今更ながら重くのしかかるのでした…。

 ずっと倫太郎のことをサポートしてくれている紅莉も、とっても面倒見が良くって。
 可愛い所も、沢山見せてくれるようになりました。
 …口は悪いですけどねえ(^^;。
 そんな紅莉栖をたっくさん見て来た倫太郎、紅莉栖への接し方が変わったりとかしそうだけれど、やっぱり倫太郎は倫太郎で。
 凄いなあ。
 そういう人じゃ無いと、タイムリープには耐えられないのかもしれません。
 凄く仲間思いだけれど、決して深入りはしないって言う。

 倫太郎は本当に仲間を大切にするので、フェイリスのことも、安心して任せられます。
 逃げ切れずに、捕まってしまったのは、痛恨だったけれど…。
 被害が自分だけで済んで、倫太郎は有る意味安心していたと思うのですよ。
 素直にそう思えます。
 フェイリスも、きっとメロメロっ。
 だけどやっぱり、倫太郎が護るべきものは一つだから…。

 世界線が元に戻って、フェイリスも元通り。
 記憶は消えてしまったみたいです。
 倫太郎が積極的に関われば、思い出すことが有るのかもしれませんけど…。
 それは無さそう。
 フェイリスは萌えの中に居てくれた方が、私は幸せな感じがするけれど、電気街のままな秋葉の中で、お父さんと一緒に暮らす、そういうありふれた日常が消えてしまったことは、寂しい気持ちになってしまうのでした。

 こうやって、Dメールを消し続けて行けば、まゆりは助かるのでしょうか。
 倫太郎が倫太郎で無くなってしまったり、そうならないことを祈りつつ…。
 IBN5100の行方は、やっぱり不明なままでした。
 鈴羽が失敗しなかった証でも有る、大切な大切なIBN5100、もうただのコンピュータでは有りません。
 一体、何処で誰が持っているのかしら。

2011.07.20

■Steins;Gate 第16話「不可逆のネクローシス」

 亡くなったときの鈴羽が何歳だったのか、ちょっとだけ混乱したのは内緒です。
 …簡単な計算なのにね。
 1人で過去へ飛んで、ずっと記憶を失ってしまっていて、思い出したときにはもうどうすることも出来なかったっていうのは、悲しいね。
 IBN5100を入手するには、かなりピンポイントなタイミングが必要だったみたい。
 例え鈴羽が失敗しても、その先の未来に居る倫太郎は世界線を移動することが出来るのですもん、鈴羽はそんなに気に病まなくってもいいとは思うけれど…。

 まあ、それは全てを傍観しているからこそ言えることで有って、鈴羽当人にとってはその世界が全てなんですもん、切実な問題なのですよね。
 お別れした後の生涯を一瞬で見ることになった倫太郎達、それはショックだったろうな。
 あのお手紙は、悔しさが滲み出て来る文章でしたし。
 一生が無駄だったって、そこまで書いてあるのですから。
 そこに関わってしまった倫太郎は、特に責任を感じてしまって。
 仲間思いの倫太郎には、辛過ぎます。

 病気とは言え、鈴羽が生涯を全うしたなら、そしてそれでまゆりが助かるのなら、少しは救われるとも思うのですが。
 私だったら、もっと別な世界線は無いかって、何度も何度もタイムリープしてしまいそう。
 それは既に、まゆりのときにやっていたけれど…。
 可能性を信じようとするなら、無限ループにはまってしまいます。

 ちなみに、鈴羽のお父さんは、やっぱり至だったですねん。
 お母さんが明らかにならなかったのは、ちょっと残念ですけど。
 娘があれだけ可愛いから、奥さんも美人に決まっているよ。
 羨ましい話なのです。
 いきなり家族って分かったのに、結構自然にそれを受け入れていた2人、やっぱり通じるものが有ったのでしょうか(^^)。

 それに気付いたまゆりは凄い!。
 あんな目立つところに、いかにもなナンバーが入っていたの、今まで誰も気にしなかったんだ(^^;。
 未知のタイムマシンを修理出来たのも、いずれ自分が作ることになるから、だったのですねー。
 そして、ピンバッジに刻まれた、みんなのイニシャル。
 その何気無い部分に、私は泣けちゃったりしましたです。

2011.07.13

■Steins;Gate 第15話「亡環上のネクローシス」

 未来において、倫太郎がレジスタンスだったり、紅莉栖がセルンの中枢に居たりするのって、一体どういう理由でそうなってしまったのでしょうね。
 本人達の気持ちは、とてもとても気になります。
 現在の倫太郎と紅莉栖が、かなり冷静に自分達を取り巻く状況を見ているだけに。
 そうせざるを得ない、何かが起きた故の未来なのでしょうし。
 ちなみに、セルンの管理下においても、萌え文化は健在なのでしょうか…(^^;。

 未来から来た鈴羽の為に、現在を生きる人達が頑張る、っていう図は、見ていて本当にわくわくしちゃいます。
 未来を変える為の悪あがきって、私は大好きです。
 まゆりの為にも、何としてもβへ移動しなくっちゃ。
 ダイバージェンスメーターが1%を越えるには、どう行動すればいいのでしょうね。
 タイムリープで、48時間分のやり直しが出来るとは言っても、永久にチャレンジを続けるわけには行きませんから…。

 にしても、至の高性能ぶりにはびっくりなのです。
 未来から来た、素性の良く分からないタイムマシンまで修理出来ちゃうのですもん。
 大活躍だよ。
 フェイリスとのデート位は、実現させてあげて欲しいな。
 てゆーか、まさかこの2人が鈴羽の両親だったりとかは…(^^;。

 今回、2回も警察から逃げていた倫太郎なのですが、いきなり撃たれたりしないだけ、ラウンダー相手よりはマシなのかもしれません。
 何気に、口コミの力は凄いことが分かったりもしたっけ。
 鈴羽の父親が誘拐犯ってこと、紅莉栖にまで伝わっていたもの。
 そして、露天商からの情報提供も、そんな感じで。

 まゆりを助ける為に必死な倫太郎だけれど、それだけじゃなく、至にも紅莉栖にも鈴羽にも優しくって、仲間を大切に思う気持ちがとっても良く出ていて、本当にいいヤツなんだなあって、私は感心しながら見ていたのでした(^^)。

2011.07.06

■Steins;Gate 第14話「形而下のネクローシス」

 何をやってもまゆりは死んじゃうだなんて、神様は凄く意地悪って言うか。
 倫太郎としては、それが運命だなんて、割り切れませんものね。
 どういった因果でまゆりは死んでしまうのか分からず、タイムリープする度に、倫太郎は憔悴して行ってしまって。
 萌郁を問い詰めても、結果はやっぱり変わらなかった。
 ゼリーマンになってしまったまゆりの姿は、結構ショック。
 あれって、単なるイメージ映像なのかなあ…。

 倫太郎がタイムマシンを作ろうとしていた理由も、本人の口から語られましたねー。
 軽い気持ちの、好奇心。
 科学者である以上、好奇心は凄く大切なことだと思うのですよ。
 それが全ての原動力なんですもん。
 でも、それがまゆりの死っていう結果に繋がってしまうのは…。
 辛いね。

 紅莉栖には、もっと早くから相談すれば良かったのに。
 絶対、力になってくれるよ。
 まあ、関わる人間を増やしたら、巻き込んでしまうかもしれませんから…。
 そう簡単には話せません。
 るかへの対応も、段々と雑になってしまっていたですね。

 紅莉栖は、倫太郎がタイムリープして来たこと、ちゃあんと分かってくれました。
 今回は、マシンの作者さんですものね。
 それでも、元々はひねくれた紅莉栖なので…。
 倫太郎、振り回されちゃいました。
 未来の紅莉栖がマイフォークのことを教えてくれたのは、自分でもそれを分かっていたからなのか、それとも名前を呼んで貰えたのが嬉しかったのか。
 過去の紅莉栖に試してみたら、一発で伝わりました♪。
 口は悪いけれど、根は可愛いコなのです。

 鈴羽も、ようやく正体を明かしてくれて。
 あのタイミングで、自ら訪ねて来てくれたのは、やっぱり理由が有るのかしら。
 α線からβ線へと移動するのが、鈴羽の目的でも有るってことなのかなあ。
 それは、まだ分かりません。
 鈴羽が居た未来では、倫太郎と紅莉栖、どんな2人になっているのでしょう。
 そこにまゆりは居ますか…?。

 私としては、新幹線は白いっていう台詞と、男の子が持っていたおもちゃの電車の形式、それがいつになったら変化するのか、全力で注視していたけれど…。
 今の所は、全く変化が有りません(^^;。

2011.06.15

■Steins;Gate 第11話「時空境界のドグマ」

 倫太郎って、凄く仲間思いなのですね。
 まゆりと紅莉栖のこと、凄く大切に思っていますもん。
 怪しいメールを受信したら、自分のことより、真っ先にまゆりのことを心配していたよ。
 それで、すっ飛んで帰って来ました。
 倫太郎に対して、何らかの脅しをかけるなら、本人よりも周囲を攻めろってことで…。
 それって、あのメールを送り付けて来た相手にも、バレバレですかあ。
 ただ、あのメール、まだ意図が良く分からないのですよ。
 近くで見てるってことを匂わせているだけで、何も指示はしていませんし。

 倫太郎とまゆりの関係は、色々と事情が有るのでしょうねー。
 わざわざ大荷物を持って、お泊りに来ちゃうまゆり。
 至って普通そうなのでした。
 そんなまゆりと紅莉栖のシャワーシーン、あんまり色気が有りません(^^;。
 あの後、2人がどんなリアクションだったのか、私は凄く気になるのですけど!。
 倫太郎が、それ所では有りませんでした…。

 紅莉栖も、その性格が、すっかり可愛くなって来たです。
 そういうのを引き出したのは、やっぱり倫太郎の力で。
 科学者としては、父親でも容赦の無い紅莉栖なのに。
 出会った頃の紅莉栖は、確かにそんな雰囲気だったよ。
 なのに、あっさりと紅莉栖の深い所まで踏み込んでしまえるのは、有る意味才能だよね、なんてことを思ったり。
 趣味から家庭の事情まで、紅莉栖のこと、みんな知られてしまったもん。
 倫太郎と紅莉栖が、仲良く2人で青森行きの夜行高速バスに乗っている姿を想像すると、何だかとっても微笑ましい気持ち。

 でも、状況はそれ所じゃ無いのですよ。
 セルンっていう組織が、随分と近付いて来たみたいで。
 他ならぬ紅莉栖が、組織と繋がっているなんて話も有って。
 タイムリープは、倫太郎を幸せにするのでしょうか。
 リフターとか、思わぬ所にその存在が有ったりして、そういう偶然が、いいことだけを起こしてくれればいいけれど。
 それでも倫太郎は、実験を続けられるのかな…?。

2011.06.08

■Steins;Gate 第10話「相生のホメオスタシス」

 鈴羽にとっては、紅莉栖って、拷問とかしちゃうタイプの人間なんだ。
 そんな風には見えないのにな。
 不味いアップルパイとか食べさせちゃう、魔女チックなところは有るけれど。
 ちなみに、日本人にとって、正座は拷問には成り得ません。
 …相当に辛いとは思いますが(^^;。
 るかが本当に女の子だったら、あの言動はまずいっすー。
 許して貰えたのが、逆に凄いって思う。
 倫太郎は、今迄その事実を知らなかったのですねえ。

 秋葉から萌えが消えてしまったのはショックだけれど、萌え文化そのものは健在で、中野でしっかりと生きてるんだ。
 なら、別にいいかな。
 私はそうも思うけれど、世界線を移動させてしまった当事者としては、そうも言ってられないですよね。
 取り敢えず、人間関係はそのまま維持出来ているのが、倫太郎にとっての救いで。
 それすら壊れてしまったら、きっと普通じゃ居られなくなってしまうんだろうな。

 まゆりとの思い出だって、ちゃんと残っているのですもん。
 まゆりが覚えていることを倫太郎が知らないとか、そういうことは有っちゃいけないのですよー。
 高熱を出して寝込んでいた倫太郎、そこで能力が身に付いたというより、他の誰か、例えばまゆりが、世界線を移動させたのではないかと…。
 人助けの為なら、それは悪いことでは無いって思いますし。

 Dメールの送信自体、最初の実験を除くと、全て人助けの為って感じですものね。
 倫太郎は優しいよ。
 それでも、影響は広範囲に及ぶから…。
 ゼリー画像を添付したメールって、そういった意味での警告?。
 使うの自体は構わないけれど、考えて使えって言う…。
 いい方に考えると、そんな感じ。
 送ったのが誰なのかはともかく。

 今回は、紅莉栖がすっごく素直で可愛かったりしましたっ。
 暗い所で顔が見えないからか、ちゃあんと本音を語ってくれた感じで。
 殆どデレてしまったみたい。
 私はしいたけ嫌いなので、サラダには入れないで欲しいですけど(^^;。
 未来ガジェット、他にもしっかりと存在していたのですねー。
 紅莉栖も、あの形が地雷って分かっちゃうの、女の子としてどうなのでしょう。

 鈴羽は、お父さんとは会えなかったですかあ。
 そのまま倫太郎の前から消えてしまっていたら、展開も大きく変わっていたのかな…?。
 今のラボの和気藹々とした雰囲気は、とっても楽しいですよねー。

2011.06.01

■Steins;Gate 第9話「幻相のホメオスタシス」

 倫太郎って、実験の為ならDメールを送りまくったりしそうなイメージだったけれど、実際には凄く慎重で、周囲への影響なんかも、殊更に気にするタイプだったのでした。
 バタフライエフェクトに対しても、はっきりと恐怖を抱いていたよ。
 これで、倫太郎の行動が変わったりするのかしらん。
 むしろ逆に、開き直って改変しまくったりとかしてしまう…?。

 るかの性別が変わる位なら、大きな問題は無いけれど(有るって)。
 至やまゆり、紅莉栖が存在しないことになったり、存在していても知り合いでは無かったり、知り合いでも性格が大きく変わってしまっていたり。
 そういうのって、凄く怖いと思うのですよ。
 身近なことで有れば有る程、怖さは倍増しますもん。
 只1人だけ記憶の残っている倫太郎は、一人ぼっちになっちゃう。
 それ以前の問題として、殺されていた紅莉栖のこととか、色々有るのですけどねー。
 他の誰かが、電話レンジ(仮)を動かしていたのかしらん。

 今回の紅莉栖は、かなりいじらしかったりしたっけ(^^)。
 屋上で泣いていたこと、必死に言い訳して。
 倫太郎に話を聞いて欲しかったのか、1人になりたくなかったのか、ソファーの隣りに、座り込んでしまうのでした。
 あと、ねらーで有ることが、いよいよバレてしまったり。
 台詞でバレバレなのに、必死に隠そうとしちゃうから…。
 その実、至と同じ匂いがぷんぷんします(笑)。

 そして、秋葉に萌えを持ち込んだのが、フェイリスだったなんて!。
 自分の土地だった秋葉に、何てことしてくれちゃうですか(^^;。
 まあ、それはそれで有りなのですよ。
 私にとっては、楽しい街になりましたもん。
 そういう世界設定も、面白いですねん。
 電話レンジ(仮)のメール送信、離れた場所に居ても可能なのは、ちょっとびっくりしてしまいました。
 何気にハイスペックじゃ無いですかあ。

 IBN5100が無くなってしまったので、国家機密を握っているのは、倫太郎だけ。
 なら、組織に狙われるの、倫太郎1人だけで済みますね(^^;。
 今回は、まゆりの台詞に深い意味が有りそうで、ちょっと不安な気持ちになったりもして。
 セーラー服姿は、とっても可愛かったですっ。

 そうそう、屋上へ洗濯物を干しに出て来た倫太郎の、生活感有るシーンも、結構印象に残ったよ。
 何かいいなあ。
 白衣が沢山干して有るのかと思ったけれど、シーツとかシャツとか、案外普通でしたねえ。

2011.05.11

■Steins;Gate 第6話「蝶翼のダイバージェンス」

 何処のラボも、資金繰りには苦労するものなのですね。
 倫太郎も、やっぱりそれは同じ。
 至のお菓子の削減だってしなくちゃいけないの。
 取り敢えず、自分が食べた牛皿位は、ちゃんと払いましょうよう。
 あと、まゆりのバナナ。
 それは、優しい紅莉栖が買って来てくれるそうなのですけど。
 家賃1万円アップの件は、何とか許して貰えたのかなあ。
 お昼のラーメンまで被害に遭って、きっとマスターは大激怒だよー。
 タイムマシンが有れば、過去に戻って、紅莉栖に文句を言えるのにね(^^;。

 いよいよ紅莉栖も、自然にタイムマシンって言うようになったですねー。
 ついこの間まで、絶対に認めないような雰囲気だったのに。
 さすがに、現実を受け入れたみたいなのですよ。
 Dメールの調査も、随分と進んだよ。
 電子レンジのサイズのせいなのか、メールでさえ分割されちゃうなんて、やっぱり穴は小さいらしくって。
 36文字が限度ですかあ。
 そのメールを送ることで、何かが変わったりとかしているのかな…?。

 同じくIBN5100を探していた萌郁、いきなり本体を借りて行こうとしたりとか(^^;。
 あれだけしつこかったのも、倫太郎が見付けるって、分かっていたせいなのかしら。
 謎なのですよ。
 FBって、何のことなのでしょうね。
 倫太郎なら、素敵な正式名を付けてくれそうな…。
 鈴羽と違って、随分と積極的に絡んで来るのですねー。

 ゼリーマンの映像は、メロンゼリーと共に蘇って…。
 まゆりまで巻き込んでしまったこと、いずれ後悔することになるのでしょうか。
 現状、まゆりは円卓会議の参加のみ。
 ネーミングの件では、常識的な判断をしてましたです。
 長くて分かりにくいのは駄目(^^)。

 ハダカで空間を漂っていた倫太郎は、紅莉栖の声を聞くよ。
 時間と空間のこととか…。
 あの言葉はいずれ、倫太郎を救ったりするのかも。 それとは別に、至のエロトーク(笑)に一々ツッコミを入れる紅莉栖が可笑しいのでした。

2011.05.04

■Steins;Gate 第5話「電荷衝突のランデヴー」

 前回から、もおゼリーマンズレポートの詳細が気になって仕方無くって。
 色々と事情が分かって来ましたねん。
 さすがの倫太郎も大ショック。
 至と紅莉栖は、かなり冷静だったのが意外です。
 でもまあ、その後の屋上では、倫太郎も普通に戻っていたっけ。
 セレンを出し抜くって簡単に言うけれど、それだけの覚悟は有るのでしょうか…。
 倫太郎って、実は結構ラボメンを大切にしているみたいだし、そんな仲間に危害が及ぶ恐れだって有りそうなのにな。
 まゆりとか、心配になってしまいますよお。
 そもそも、つい最近まで、電話レンジ(仮)の機能すら分かっていなかったのですもの。

 紅莉栖がやって来て、IBN5100を発見して、鈴羽に警告をされて。
 やっぱり、一番大切なのは人と人との繋がりで、そうすることで情報も集まるわけなのですねん。
 何気に、倫太郎はメル友が多いのですよ。
 携帯のメール画面とか、かなり印象的に使われている感じ。

 にしても、ゼリーマンは11人も居るですかあ。
 紅莉栖の解説によると、人間がそんなに狭い隙間を通るのは、絶対に無理ってゆーか。
 そこまで把握している紅莉栖は凄いの。
 バナナでさえあんなになってしまうのですもの、もっと考えて実験をすればいいのに。
 プログラムの第3段階は動物実験だったそうですけど、それは成功したってことなのかしら。
 成功しているなら、動物と人間の違いって…?。
 謎なのです。

 ちなみに、過去に飛ばされて新聞記事にもなっているなら、過去の記録を調べて、実験の成否が分かったりもしそうだけれど…。
 その時点では実験は行なわれておらず、過去にもそういう事実は存在しないってことなのかなあ。
 時間とタイムマシンの概念は、あんまり良く理解出来ていません(^^;。

 鈴羽は、紅莉栖のことを知って、物凄く激しい反応をしていたっけ。
 本気で殺しそうな勢いでしたもの。
 将来、紅莉栖が何かをしでかして、それは物凄く鈴羽にとって不利益なのでしょうねえ。
 ただそれは、今の紅莉栖を殺しても、何の解決にもならないみたいで。
 てゆーか、鈴羽は未来人確定…?(^^;。
 倫太郎とは普通に接しているから、倫太郎は特に危害は無いってことなのでしょうか。

 そんな鈴羽に対して、「え、あ、はい」なんてリアクションだった紅莉栖が可愛いよ。
 当然ながら、状況が分かっていなくって。
 全体的に、紅莉栖の仕種は強がりなようで弱々しくって、可愛過ぎなのですよ。
 涙目だったり。
 至との会話とか。
 カップ麺にフォークを要求したり。
 あ、何となく、紅莉栖は絶対に塩味を選ぶって分かってしまいました(^^;。
 その後の残骸を見るに、結局フォークは出して貰えず、お箸で食べたみたいですねん(笑)。

 まゆりもまた可愛いのです。
 「虎さんの敷物みたいだねえ」って、ごろごろしていた姿なんて、癒されてしまいますもん。
 あと、ラボのシャワーも時々使うのですって。
 それを知った紅莉栖が、当然のリアクションをしていたり。
 でもまあ、倫太郎と至に危害は無いので…。
 まゆりは大切にされているよ。
 人質で幼馴染みって、その事情は、今の所は謎なのです。
 これもかなり気になりますねー。

 何気に、至は紅莉栖に負けない位のハイスペックですよー。
 技術面の要だもん。
 倫太郎よりも凄そうだけれど、全体をまとめるのが倫太郎の役目ってことなのかしら。
 今回初めて気が付きましたけど、机に置かれていたX68KとTOWNSが、凄く懐かしかったにゃあ。

その他のカテゴリー

11eyes 30歳の保健体育 AIR AYAKASHI BLEACH~ブリーチ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ B型H系 C3 -シーキューブ- Canvas2 ~虹色のスケッチ~ CHAOS;HEAD D.C.II ~ダ・カーポII~ D.C.III~ダ・カーポIII~ D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン DOG DAYS ef - a tale of memories. Fate/stay night FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 GA 芸術科アートデザインクラス Gift ~ギフト~ eternal rainbow GIRLSブラボー first season GIRLSブラボー second season GO!GO!575 GOSICK -ゴシック- H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ IS <インフィニット・ストラトス> IZUMO-猛き剣の閃記- JINKI:EXTEND Kanon LEMON ANGEL PROJECT Mission-E Myself;Yourself Phantom~Requiem for the Phantom~ R-15 REC RIDEBACK -ライドバック- Rio RainbowGate! Saint October School Days SHUFFLE! SHUFFLE! MEMORIES sola Soul Link Steins;Gate To Heart~Remember my memories~ To LOVEる -とらぶる- ToHeart2 true tears UG☆アルティメットガール Wind -a breath of heart- WORKING!! WORKING'!! Φなる・あぷろーち あかね色に染まる坂 あそびにいくヨ! あっちこっち あにゃまる探偵 キルミンずぅ あの夏で待ってる あまえないでよっ!! いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いぬかみっ! うた∽かた うたわれるもの うぽって!! うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ えびてん -公立海老栖川高校天悶部- えむえむっ! おおかみかくし おくさまは女子高生 おとぎ銃士赤ずきん おとめ妖怪 ざくろ おねがいマイメロディー おまもりひまり お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ かのこん かみちゃまかりん かみちゅ! かんなぎ きらめき☆プロジェクト きらりん☆レボリューション けいおん! けいおん!! けんぷファー げんしけん こいこい7 こどものじかん この中に1人、妹がいる! この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ こみっくパーティー Revolution これが私の御主人様 これはゾンビですか? これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド ご愁傷さま二ノ宮くん さくら荘のペットな彼女 ささめきこと さんかれあ さんふらわあふらの しゅごキャラ! じょしらく そふてにっ そらのおとしもの そらのおとしものf たまこまーけっと だから僕は、Hができない。 ちとせげっちゅ!! ちび☆デビ! つよきす Cool×Sweet てーきゅう とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 とある魔術の禁書目録II ときめきメモリアル Only Love となりの関くん となグラ! とらドラ! ながされて藍蘭島 ななついろ★ドロップス にゃんこい! ぬらりひょんの孫 はぐれ勇者の鬼畜美学 はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ はなまる幼稚園 はぴねす! ひぐらしのなく頃に ひだまりスケッチ ひだまりスケッチ×365 ひだまりスケッチ×SP ひだまりスケッチ×☆☆☆ ひだまりスケッチ×ハニカム ひとひら ひまわりっ! びんちょうタン ぽてまよ まおゆう魔王勇者 まかでみ・WAっしょい! ましろ色シンフォニー -The color of lovers- まじかるカナン まほらば~Heartful days~ まほろまてぃっく特別編 まもって!ロリポップ まよチキ! まりあ†ほりっく まりあ†ほりっく あらいぶ みなみけ おかえり もえたん もっけ もっとTo LOVEる -とらぶる- ゆるゆり ゆるゆり♪♪ よくわかる現代魔法 よみがえる空 -RESCUE WINGS- らき☆すた らぶドル ~Lovely Idol~ わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ アイドルマスター アイドルマスター XENOGLOSSIA アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル アキカン! アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アズサ、お手伝いします! アニマル横町 アニメ・コミック アマガミSS アマガミSS+ plus アリソンとリリア ウェブログ・ココログ関連 エルフェンリート エレメンタル ジェレイド オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ キディ・ガーランド キミキス pure rouge クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! グレネーダー~ほほえみの閃士~ ケメコデラックス! ココロコネクト シゴフミ シュガシュガルーン スカイガールズ スクールランブル ストライクウィッチーズ セキレイ ゼロの使い魔 ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ ゼロの使い魔F ソードアート・オンライン タクティカルロア タユタマ -Kiss on my Deity- ティアーズ・トゥ・ティアラ ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ ドージンワーク ナイトウィザード The ANIMATION ニニンがシノブ伝 ネギま!? ハイスクールD×D ハヤテのごとく! ハヤテのごとく!! バカとテストと召喚獣 バカとテストと召喚獣にっ! バンブーブレード パパのいうことを聞きなさい! パピヨンローゼ New Season ヒャッコ ビビッドレッド・オペレーション フリージング プリズム・アーク プリンセスラバー! プリンセス・プリンセス マケン姫っ! マシュマロ通信 マジカノ マリア様がみてる 4thシーズン マリア様が見てる~春~ ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ラブゲッCHU ミラクル声優白書 ラブライブ! School idol project ラムネ リトルバスターズ! レンタルマギカ ロウきゅーぶ! ロザリオとバンパイア ロザリオとバンパイア CAPU2 ローゼンメイデン ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 下級生2~瞳の中の少女たち~ 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 乙女はお姉さまに恋してる 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伯爵と妖精 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 僕の妹は「大阪おかん」 僕は友達が少ない 僕は友達が少ないNEXT 光と水のダフネ 初恋限定。 双恋 味楽る!ミミカ 咲-Saki- 咲-Saki- 阿知賀編 喰霊―零― 図書館戦争 夏のあらし! 夏色キセキ 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 夢喰いメリー 夢色パティシエール 大正野球娘。 女子高生 GIRL'S-HIGH 妖狐×僕SS 学園アリス 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍姫 赫 玄 忘却の旋律 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 恋と選挙とチョコレート 我が家のお稲荷さま。 戦国乙女~桃色パラドックス~ 戦場のヴァルキュリア 探偵オペラ ミルキィホームズ 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 新年のごあいさつ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 明日のよいち! 星空へ架かる橋 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ 月詠-MOON PHASE- 桜蘭高校ホスト部 森田さんは無口。 極上!!めちゃモテ委員長 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 氷菓 涼宮ハルヒの憂鬱 涼風 瀬戸の花嫁 狼と香辛料 猫神やおよろず 献血 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 生徒会役員共 異国迷路のクロワーゼ The Animation 百花繚乱 サムライガールズ 真剣で私に恋しなさい!! 石田とあさくら 砂沙美☆魔法少女クラブ 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神のみぞ知るセカイII 神様のメモ帳 神様ドォルズ 神無月の巫女 素敵探偵ラビリンス 緋弾のアリア 練馬大根ブラザーズ 聖剣の刀鍛冶 舞-HiME 芸能・アイドル 苺ましまろ 落語天女おゆい 薬師寺涼子の怪奇事件簿 護くんに女神の祝福を! 貧乏神が! 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 這いよれ!ニャル子さん 銀盤カレイドスコープ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 陰からマモル! 陰陽大戦記 電波女と青春男 風のスティグマ 魔法先生ネギま! 魔法少女リリカルなのは 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ W~ウィッシュ~

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー