カテゴリー「アマガミSS」の22件の記事

2010.12.24

■アマガミSS 第25話「上崎裡沙編 シンジツ」

 2年前のクリスマスに、純一との約束をすっぱかした蒔原美佳。
 何らかの事情が有るって思ったし、この人がボスキャラって認識だったのですが…。
 実は、単なる雑魚キャラだったという(^^;。
 とほほ。
 なのに今更、純一に声を掛けるなんて、どういう神経をしてるのやら。
 美佳にとっては、別に大したことじゃ無かったのでしょうねえ。

 この件に関しては、裡沙の方が正しいって思いますよお。
 本当は、その時点で、真実を純一に告げた方が良かったのでしょうけど。
 それはなかなか難しかったみたいなのです。
 これなら、純一だって、怒るわけ有りませんよね。
 裡沙まで悪人だったらどうしようって、ドキドキしながら見てましたもん。

 まあ、殆どストーカーだったりもしましたけど、その動機はあくまで純一の為だったから…。
 純一の為って、勝手な思い込みでは有るのですが、それがいけないことって認識はちゃんと有ったし、最後には1人で謝りに回っていたし。
 その一途さの前には、みんな許してしまえます(笑)。
 裡沙の心理状態、凄く良く分かるのですよー。

 その背景も性格も、凄くしっかり設定されたコなので、逆にびっくりしちゃう位。
 この作品の最後を飾るのに、とっても相応しい彼女かなって。
 何かもお、好き好き。
 すっかりファンになってしまう私なのでした(^^)。

 純一に彼女が居ること(ウソなんですけど)を知った皆さんのリアクションは、それぞれに面白かったです。
 詞はやっぱり恐ろしいよう。
 隠していた本性を出しちゃう位ですものね。
 逢は、何だかすっごくお気の毒…。

 純一の好みとかも、裡沙にはみいんな見透かされてしまってます。
 胸をおっきくする為の色々って、確かに気になりますね。
 小学生の頃、牛乳が嫌いだったのは、今でも変わっていないのかしら。
 しっかし、裡沙のことを全く覚えていない純一も、なかなか酷いと思うのだあ。
 転校生なら、尚更覚えているでしょお(^^;。

2010.12.17

■アマガミSS 第24話「絢辻詞編 最終章 ヤクソク」

 裏表の無い、優しい詞は、別に多重人格とかでは有りませんでした。
 本人が、あっさりそれを否定しましたもの。
 自分で自分をリセットしたのですねん。
 でもそれは、純一が望んだ詞では無かったみたいで…。
 まあ確かに、殺し屋の目をした、殺伐とした詞を知っている純一としては、素直ないいコの詞じゃあ、物足りないですものね。
 ああいうのって、癖になるから…(^^;。

 純一は、随分とお悩みモードだったりします。
 時を同じくして、梅原もお悩みモードの真っ最中。
 貰ったラブレターは、大切な思い出として、持っていても良かったのにな。
 それでも、新たな自分に生まれ変わる為には、燃やしちゃうのが必要だったのかもしれません。
 そのおかげで、純一も吹っ切れましたもの。
 で、後ろから詞に抱き付くっていう、セクハラを…。
 本人にそう言われちゃうと、返す言葉が有りませんですわ(笑)。

 しっかし、詞のリアクションは、激しかったなあ。
 あの身のこなし、殆どプロとしか…!(何の)。
 怖い怖い。
 それでも、いつもにっこり笑っている詞より、本性剥き出しの詞の方が、私は好きだったりしますよん。
 考えてることと表情が完全に一致しているなら、その方がずっと魅力的ですもの。
 その秘密を知っているのが純一だけっていうのは、ちょっとした優越感が有りますしっ。
 純一と詞の関係は、隠していても、そのうちみんなにばれちゃうのでしょうけど。

 あ、詞自身の事情は、あんまり詳しくは説明されませんでした。
 クリスマスにサンタさんが居ないことを知ったことが、きっかけの一つだったのかしら。
 結構酷い状況って、一体どーいう…。
 手帳に書いた文字のこと、お姉ちゃんで有る縁との関係、凶暴な性格(おい)。
 詞が詞で有る為の過程は、もっと詳しく知りたかったなあ。
 詞サイドから見た純一のお話が、1話欲しかった気もするのでした。

 ともあれ、10年後の純一と詞は、とってもとっても幸せそう。
 さすがの2人も、素直さだけが育ったみたいで(^^)。
 詞そっくりのお嬢さんも居るよ。
 あのコはきっと、素直ないいコに育ちますよねっ。

2010.12.10

■アマガミSS 第23話「絢辻詞編 第三章 プライド」

 何だかんだで、純一は詞のお役に立っているみたいなのです。
 お仕事の面でも、精神的な支えの面でも。
 こういう場合、純一のあの性格は、手っ取り早くていいですね。
 いざとなったら、詞にだって意見しちゃうようなところも有って。

 あれれ、でもでも、何だか別の詞が出て来てしまったみたい。
 ラストの詞は、縁と全く同じ性格みたいな…。
 基本的な部分は変わっていないけれど、明らかにそれまでの詞とは別人なのです。
 あのコ、なんて言っていたけれど…。
 これって、裏表どころでは…(^^;。
 きっかけは、やっぱり純一の言葉ですよね。
 1人で走り去った後に、一体何が有ったんだろ。
 びっくりなのです。

 純一とはうまく行っていると思ったのにな。。
 契約っていうのは、自分を納得させる為だったのか、純一を縛る為のものだったのか、きっと両方なのでしょうね。
 まあ、そのまんまキスだとも思うのですけど(^^;。
 手帳を燃やしてしまった理由も、現時点では不明だよ。

 いっつも一緒に居たら、そりゃあ2人の関係、噂になったりするのかもしれませんけど…。
 あの3人組は、ちょっと酷いの。
 詞の本性、ばれてない筈なのに。
 クラス全体のリアクションも、何だかなあ。
 あのクラスって、基本、何もしない人達とゆーか。
 まあ、NPCだから、大きな流れに乗っているのは、仕方の無いことでは有ります(^^;。
 こういうとき、薫や香苗は頼りになります。

 あの場での対応としては、詞、泣いた方が良かったのかな?。
 いきなり本性を出すのは、さすがにちょっと危険なのでは…。
 なかなかフォローしづらい状況を作ったと思いますもん。
 ちゃあんとフォローはしましたけどねー。
 お姉ちゃんモードで(^^;。
 結局、詞は縁のことをどう思っているんだろ…。
 取り敢えず、3人組も味方にしてしまったけれど、これで万事問題無しってことでは、純一が納得しないのでしょうね。

2010.12.07

■アマガミSS 第22話「絢辻詞編 第二章 ウラガワ」

 書き殴ったアレって、一体なあに?。
 マンガでも書いてたのかにゃ。
 BLとかっ。
 それは確かに、誰かに見られたら、とてもとても恥ずかしいです…。

 詞って、目を半開きにした睨み顔が、とってもとっても似合っているよ。
 普段より、むしろそっちの方がいい位。
 あれはなかなか魅力的。
 …怖いですけど。
 胸に触れられたって、動じないのですもん。

 あれだけ見事に猫を被っていたら、既にもう、どっちの詞が本当なのか、分からなくなっちゃいそう。
 仕事をしっかりきっちりやっているのは確かなんですもん、確かに誰にも迷惑はかけていないし、むしろ凄いことかなあって思うよ。

 純一はあんな性格なので、詞の領域にも、平気でずかずかと入って行ってしまいます。
 押しの強さ(脅迫)にびくびくしながらも、詞を自分のペースに引き込んでしまうのは、ある意味凄いのですよ。
 詞、その影響を受けまくりじゃないですかあ。

 ちなみに、あのぽけぽけしたお姉さんは、そんな詞の、更に上を行くみたい。
 どう見ても、力関係は詞より上ですもん。
 ぽけぽけでも、完璧超人だったりするのかにゃ。
 それが、今の詞があんなになっている理由かなあ、って。

2010.11.26

■アマガミSS 第21話「絢辻詞編 第一章 ハッケン」

 殺られる…?。
 純一、逃げてえ!。
 詞の目は、明らかに殺す気満々なのですよ。
 殺す気で、純一のネクタイを締め上げてます。
 しかも、妙に手馴れているみたい…。
 詞の正体って、学校に紛れ込んだ、殺し屋さんか何かなのでしょうか(^^;。

 普通、手帳を見られた位で、いきなりあんなにはならないって思うし。
 まずは、何を見たのか確認してからでも…。
 実際、純一は普通のスケジュール帳って認識だったよ。
 プールから、水着姿のままで飛んで来たってことは、何かヤバい内容が書かれていたのかなあ。
 次回予告では、今までと変わらない詞と、殺し屋さんの詞、別々の2人が居るみたい(^^;。

 私と純一が知っている詞は、あんなんじゃ無かったのにな。
 街中で姉と出会ったときも、詞は様子がおかしかったですよね。
 何かモードが切り替わっていた感じ。
 おねーちゃんの方は、凄くのんびり屋さんみたいで、そんな妹のことも、全然気にして無かったけれど。

 さすがの純一も、今回は苦労することになるのかな?。
 はるかよりも手強かったりしそうだから…。
 実は詞が、純一以上の変態さんだったりしたら凄いのですけど(笑)。
 さてさて、どーなることやら。

 最初、資料室に閉じ込められたときに、何か起きるのかと思ったのにな。
 特に何も起こりませんでした。
 私の期待通りに、入り口を締めてしまう純一だったり。
 そして、美也も案の定。
 似た者兄妹なのですよん(^^)。

2010.11.19

■アマガミSS 第20話「桜井梨穂子編 最終章 サヨナラ」

 梨穂子は、純一との関係、今のままでもいいって言いました。
 それって、何気に終了フラグのような気がしなくもないのですけど、梨穂子の願いは、ちゃあんと叶えられたよ。
 結末は、今までと変わらない2人のまま。
 2人は幼馴染みなんですもん、その関係を維持し続けることが、ずーっと一緒に居るってことで。
 EDは、小学生のとき、既に決まっていたのですよ(^^)。

 だから、純一との関係はともかく、私が心配だったのは、梨穂子のダイエットと、茶道部の行く末だったりします。
 ダイエットはともかく、茶道部は存続の危機でしたもの。
 結果的には、純一のことと茶道部のことは、イコールだったりしたみたい。
 もっと早く入部しろっていうツッコミは、敢えてしない方向で…。
 香苗も先輩達も、頑張ってくれましたよね。

 夫婦で部長と副部長をやっていると、新入部員、なかなか入り難いんじゃないかなって、そこはちょっとだけ心配かな。
 まあ、あの2人だったら、きっと大丈夫なのでしょうね。
 そういう安心感は、しっかり感じさせてくれたのでした。

 欲を言えば、もうちょっとだけ、純一と梨穂子の、幼馴染みとしての思い出のエピソードが有っても良かったかなあ。
 その辺りは、手薄な印象なのでした。

2010.11.12

■アマガミSS 第19話「桜井梨穂子編 第三章 ヒキツギ」

 引き継ぎは、逢が響から受けていたけれど、梨穂子は特に何も引き継がれていないみたい(^^;。
 さすがに、たった1人じゃあ、出来ることって限られちゃいますものね。
 そこは、お茶に興味の出て来た純一が、手伝ってあげなくっちゃ。
 でもまだ、茶道部に入部するって話は出て来ないのです。
 純一と梨穂子の関係も、進展はしてないみたい。

 とりあえず、香苗が直接関わるようなことは無くなりましたけどねー。
 幼馴染みなのですもん、初詣位なら、以前から行っていたような気も…。
 んーと、2人、ちゃんと進展しているのでしょうか。
 梨穂子ってば、本当にダイエットのことばっかりですし(^^;。
 てゆーか、食べ物絡み。

 純一は、そんな梨穂子の体のこと、結構気になってます?。
 胸とか見ていたけれど…。
 てゆーか、自分が全裸だったりしました。
 あそこって、梨穂子の反応より、美也の表情の方が印象的だったりもします(笑)。
 そう言えば、美也ってば、結構長くお風呂に入っていたり、バスタオル姿で電話に出ていたり。
 頑張っていましたよお(何が)。

 梨穂子の絵馬、付け足しみたいに書いたことが、一番の本心だったりするのでしょうけど、みんなでコタツで寝てしまうような心地良さの中で、そこから一歩踏み出せるのか、何だか心配になって来たりもするのでした(^^;。

2010.11.05

■アマガミSS 第18話「桜井梨穂子編 第二章 テツダイ」

 幼馴染みとしての関係に安住してしまっている2人には、外からの刺激が絶対に必要なのですよね。
 クラスメートの香苗&正吉、茶道部の琉璃子&愛歌、2チームから応援して貰える梨穂子は、幸せ者だぞ(^^)。
 梨穂子本人は、いたってマイペースでしたけど。
 EDのタイトルと同じく、全然焦ったりしませんもん(^^;。

 純一の方も、手のかかる幼馴染み、みたいな認識なのかなあ。
 そういうのって、普通とは男女が逆みたい(笑)。
 まあ、ダイエットを気にしている梨穂子、胸はとっても女の子らしいので、さすがの純一も意識しまくりなのですよ。
 幼い頃、美也と一緒に梨穂子へかけた、まんま肉まんの呪い、しっかり発動していたみたいで。
 肉まんにぎにぎしてないで、暖かいうちに食べちゃいましょうよう(^^;。

 来年は茶道部を1人で背負って立つ梨穂子、やっぱり凄く頼りなくって。
 あれじゃあ、先輩達も心配ですよね。
 たかが使用備品の申請だけで、あの詞を心底疲れさせた梨穂子、只者じゃあ有りません。
 しっかり者が近くに一緒に居てあげられるなら、それに越したことは無いってゆーか。
 純一には、その役割が期待されていますよん(^^)。

 和服が似合ったり、編み物を作れたり、梨穂子の新たな魅力も、再確認出来ましたあ。
 去年の純一は、クリスマスプレゼントを決めるのにも、1人じゃ決められなくって、散々悩んだみたいだけれど、梨穂子はさくっと手編みの手袋に決めました。
 それって、相手のことをちゃあんと見てるって証拠なのですよね。
 そんな梨穂子には、幸せになって欲しいと思う私なのでした。
 無いとは思いますけど、泣き顔とかは見たくないもん。

 この梨穂子のお話、今回も、楽しくって仕方有りませんでした(^^)。

2010.10.31

■アマガミSS 第17話「桜井梨穂子編 第一章 オモイデ」

 梨穂子は、純一のクリスマスイベント(?)に、深く関わっていたのですねー。
 デート気分だったってことは、梨穂子って、純一のことが最初から好きだったんだ。
 でも、純一の方は、決してそうでは無かったみたいで…。
 それをどう乗り越えていくかが、幼馴染みシナリオの醍醐味。
 わくわくするね(^^)。
 今までは、校内で時々すれ違うだけだった梨穂子、期待通りに、楽しいお話でしたよお。

 今回の純一は、ぽっちゃりした女の子が好きらしく。
 それは、すっごく、梨穂子に有利(^^)。
 梨穂子って、そんなに太っているようには見えませんでしたけど、純一にはそれで結構からかわれていたっけ。
 てゆーか、梨穂子、いつも食べ物のことばっかりなんだもん。
 茶道部なのも、お茶菓子が目当てだとしか…(^^;。
 ちなみに、カップケーキは自分で作っているみたい(^^)。

 正吉のお宝本は、没収されなくって、良かった良かった。
 中身がバレないか、冷や冷やしたよ。
 だって、落とした袋に気付いて、教壇から絢辻詞が迫って来るのですもん。
 そして、それを拾い上げて…。
 怖っ(^^;。
 でも、良く見てますよねー。

 抜け道の金網に引っ掛かってしまった梨穂子を助けてあげたから、純一は命の恩人だよっ。
 あれ、両足首を引っ張って救出したのかしら(^^;。
 そんなことをやっていたら、膝どころか、服全体が汚れたり破れたりしちゃいそう。
 もっと気にした方がいいですよお。
 ぱんつは勿論。
 ちなみに梨穂子は、いろいろな所に嵌るのが得意らしく、続けて滑り台でも嵌ってました…。

 それは、美也にも目撃されてしまって。
 ちょっと情け無いです(^^;。
 梨穂子は美也とも幼馴染みなんですし、純一との仲を進展させるつもりなら、美也にも協力して貰わなくっちゃ、ね。
 正吉と香苗も、お手伝いしてくれるみたいだし。
 後は、梨穂子の頑張り次第。
 幼馴染み属性が有る私としては、続きがすっごく楽しみなのです。

2010.10.22

■アマガミSS 第16話「七咲逢編 最終章 コクハク」

 夜の温泉は真っ暗だろうし、帰りのバスはちゃんと有ったのか、凄く気になったりもしますけど、これで告白も完了なのです。
 逢は、いつも着慣れた水着を着ていた方が勇気が出るとか、そういうタイプじゃあ無かったみたい。
 タオルはですね、別に取らなくっても良かったかも。
 なんて、逢自身、気持ちが溢れ出しちゃって、もう隠しておけないって言ってましたものね。
 あの後、2人はどーしたんだろ…?(^^;。
 一瞬、そのまま朝まで膝枕していたのかと思っちゃいました。

 創設祭、女子水泳部はおでん屋さんを出すのが伝統なんだそうです。
 しかも、その味には根強いファンが…。
 って、茶道部の2人、一体何者なんですかあ(^^;。
 言いがかりを付けに来たとしか…。
 文句が有るなら、食べてから言えばいいのに。
 あれじゃあ、単なる営業妨害なのですよー。
 まあ、女子水泳部の屋台で、男子が売り子をしているのは、確かに変だとは思いますけどね。
 夢が無いってゆーか(笑)。
 ちなみに、味付けはですね、そんな特別なことはしていない模様(^^;。

 折角の創設祭なのですが、純一と逢のイベントは、特に何も無かったのが残念なのです。
 むしろ、詞や梨穂子の為だったみたい。
 もうちょっとだけ、純一×逢で、何か有ったら楽しかったかなあ。
 折角の共同作業なんですからっ。
 でもまあ、紗江やはるかのこともフォローされて、そういう描き方は結構好きなので、これはこれで有りかしらん。

 逢はですね、仕種と声、それだけで全てが伝わって来てしまうという、何だか凄くずるいキャラなのでした。
 私も、すっかり好きになってしまったもん。
 「先輩」って呼びかける声には、メロメロなのですよお(笑)。
 逢自身の事情には、純一は殆ど関わらなくって、タイムが伸び悩んだこととか、家庭の事情とか、その辺りはさらっと流してしまったけれど、逢は自分自身のことは自分自身で何とかしちゃいますものね。
 純一への気持ちだけは、自分だけではどうにもならなかったみたいなのです(^^)。

 次回からは、待ち遠しかった梨穂子のお話だね。
 本人達も言ってましたが、一体どんな展開になるのやら(笑)。
 凄く楽しみだよ。

その他のカテゴリー

11eyes 30歳の保健体育 AIR AYAKASHI BLEACH~ブリーチ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ B型H系 C3 -シーキューブ- Canvas2 ~虹色のスケッチ~ CHAOS;HEAD D.C.II ~ダ・カーポII~ D.C.III~ダ・カーポIII~ D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン DOG DAYS ef - a tale of memories. Fate/stay night FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 GA 芸術科アートデザインクラス Gift ~ギフト~ eternal rainbow GIRLSブラボー first season GIRLSブラボー second season GO!GO!575 GOSICK -ゴシック- H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ IS <インフィニット・ストラトス> IZUMO-猛き剣の閃記- JINKI:EXTEND Kanon LEMON ANGEL PROJECT Mission-E Myself;Yourself Phantom~Requiem for the Phantom~ R-15 REC RIDEBACK -ライドバック- Rio RainbowGate! Saint October School Days SHUFFLE! SHUFFLE! MEMORIES sola Soul Link Steins;Gate To Heart~Remember my memories~ To LOVEる -とらぶる- ToHeart2 true tears UG☆アルティメットガール Wind -a breath of heart- WORKING!! WORKING'!! Φなる・あぷろーち あかね色に染まる坂 あそびにいくヨ! あっちこっち あにゃまる探偵 キルミンずぅ あの夏で待ってる あまえないでよっ!! いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いぬかみっ! うた∽かた うたわれるもの うぽって!! うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ えびてん -公立海老栖川高校天悶部- えむえむっ! おおかみかくし おくさまは女子高生 おとぎ銃士赤ずきん おとめ妖怪 ざくろ おねがいマイメロディー おまもりひまり お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ かのこん かみちゃまかりん かみちゅ! かんなぎ きらめき☆プロジェクト きらりん☆レボリューション けいおん! けいおん!! けんぷファー げんしけん こいこい7 こどものじかん この中に1人、妹がいる! この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ こみっくパーティー Revolution これが私の御主人様 これはゾンビですか? これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド ご愁傷さま二ノ宮くん さくら荘のペットな彼女 ささめきこと さんかれあ さんふらわあふらの しゅごキャラ! じょしらく そふてにっ そらのおとしもの そらのおとしものf たまこまーけっと だから僕は、Hができない。 ちとせげっちゅ!! ちび☆デビ! つよきす Cool×Sweet てーきゅう とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 とある魔術の禁書目録II ときめきメモリアル Only Love となりの関くん となグラ! とらドラ! ながされて藍蘭島 ななついろ★ドロップス にゃんこい! ぬらりひょんの孫 はぐれ勇者の鬼畜美学 はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ はなまる幼稚園 はぴねす! ひぐらしのなく頃に ひだまりスケッチ ひだまりスケッチ×365 ひだまりスケッチ×SP ひだまりスケッチ×☆☆☆ ひだまりスケッチ×ハニカム ひとひら ひまわりっ! びんちょうタン ぽてまよ まおゆう魔王勇者 まかでみ・WAっしょい! ましろ色シンフォニー -The color of lovers- まじかるカナン まほらば~Heartful days~ まほろまてぃっく特別編 まもって!ロリポップ まよチキ! まりあ†ほりっく まりあ†ほりっく あらいぶ みなみけ おかえり もえたん もっけ もっとTo LOVEる -とらぶる- ゆるゆり ゆるゆり♪♪ よくわかる現代魔法 よみがえる空 -RESCUE WINGS- らき☆すた らぶドル ~Lovely Idol~ わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ アイドルマスター アイドルマスター XENOGLOSSIA アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル アキカン! アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アズサ、お手伝いします! アニマル横町 アニメ・コミック アマガミSS アマガミSS+ plus アリソンとリリア ウェブログ・ココログ関連 エルフェンリート エレメンタル ジェレイド オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ キディ・ガーランド キミキス pure rouge クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! グレネーダー~ほほえみの閃士~ ケメコデラックス! ココロコネクト シゴフミ シュガシュガルーン スカイガールズ スクールランブル ストライクウィッチーズ セキレイ ゼロの使い魔 ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ ゼロの使い魔F ソードアート・オンライン タクティカルロア タユタマ -Kiss on my Deity- ティアーズ・トゥ・ティアラ ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ ドージンワーク ナイトウィザード The ANIMATION ニニンがシノブ伝 ネギま!? ハイスクールD×D ハヤテのごとく! ハヤテのごとく!! バカとテストと召喚獣 バカとテストと召喚獣にっ! バンブーブレード パパのいうことを聞きなさい! パピヨンローゼ New Season ヒャッコ ビビッドレッド・オペレーション フリージング プリズム・アーク プリンセスラバー! プリンセス・プリンセス マケン姫っ! マシュマロ通信 マジカノ マリア様がみてる 4thシーズン マリア様が見てる~春~ ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ラブゲッCHU ミラクル声優白書 ラブライブ! School idol project ラムネ リトルバスターズ! レンタルマギカ ロウきゅーぶ! ロザリオとバンパイア ロザリオとバンパイア CAPU2 ローゼンメイデン ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 下級生2~瞳の中の少女たち~ 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 乙女はお姉さまに恋してる 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伯爵と妖精 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 僕の妹は「大阪おかん」 僕は友達が少ない 僕は友達が少ないNEXT 光と水のダフネ 初恋限定。 双恋 味楽る!ミミカ 咲-Saki- 咲-Saki- 阿知賀編 喰霊―零― 図書館戦争 夏のあらし! 夏色キセキ 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 夢喰いメリー 夢色パティシエール 大正野球娘。 女子高生 GIRL'S-HIGH 妖狐×僕SS 学園アリス 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍姫 赫 玄 忘却の旋律 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 恋と選挙とチョコレート 我が家のお稲荷さま。 戦国乙女~桃色パラドックス~ 戦場のヴァルキュリア 探偵オペラ ミルキィホームズ 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 新年のごあいさつ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 明日のよいち! 星空へ架かる橋 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ 月詠-MOON PHASE- 桜蘭高校ホスト部 森田さんは無口。 極上!!めちゃモテ委員長 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 氷菓 涼宮ハルヒの憂鬱 涼風 瀬戸の花嫁 狼と香辛料 猫神やおよろず 献血 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 生徒会役員共 異国迷路のクロワーゼ The Animation 百花繚乱 サムライガールズ 真剣で私に恋しなさい!! 石田とあさくら 砂沙美☆魔法少女クラブ 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神のみぞ知るセカイII 神様のメモ帳 神様ドォルズ 神無月の巫女 素敵探偵ラビリンス 緋弾のアリア 練馬大根ブラザーズ 聖剣の刀鍛冶 舞-HiME 芸能・アイドル 苺ましまろ 落語天女おゆい 薬師寺涼子の怪奇事件簿 護くんに女神の祝福を! 貧乏神が! 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 這いよれ!ニャル子さん 銀盤カレイドスコープ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 陰からマモル! 陰陽大戦記 電波女と青春男 風のスティグマ 魔法先生ネギま! 魔法少女リリカルなのは 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ W~ウィッシュ~

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー