カテゴリー「sola」の13件の記事

2007.07.03

■sola 第13話「ソラ」

 四方茉莉と森宮蒼乃と森宮依人、人間では無かったこの三人の中で、人間として生きて、未来を拓いていくことが出来るのは、蒼乃だけなのでした。
 どうしてそれが蒼乃なのかな?、とも私は思うわけですが…。
 繭子を戻してあげた方が、良かったような気がするもん。
 それじゃ、ストーリーの方向が完全に変わっちゃいますけど。
 偽りの依人を創ったことで、色々な人達との関わりも出来てしまったし、その関わりの中で生きていくのが、蒼乃がすべきことなのかしら。
 依人の死を受け入れるっていう部分は特に描かれず、穏やかな結果だけが示されていたのは、少し残念な気はするかな。
 依人は、真名やこよりの記憶の中からも消えてしまったけれど、依人が居た痕跡は、あちこちに残っているみたいだよ。
 沙絵は、半年経っても泣いて暮らしています。
 本来そうなっていたのは真名なのかもしれませんし、性格上、真名はそんなことにはならないのかもしれませんし。
 その辺りは、どうなのでしょうね。
 見上げる空は、その度に表情を変えながらも、いつもそこにあります。
 空はやっぱり、依人のイメージなのでした。
 蒼乃は折り紙。
 そして茉莉は、トマトしるこってことで(^^)。

2007.07.01

■sola 第12話「ユウメイノサカイ」

 一人の夜禍と二人の人間のストーリーは、二人の夜禍と一つのお人形のストーリーとして、結末を迎えようとしています…。
 なんて、そんなに単純なものでは無さそうですよね。
 依人と茉莉の考えていることは、蒼乃に何を残すのでしょうか。
 剛史と繭子は自分達なりの結論を出したみたいですけど、私としては、真名とこよりにも何かを残してあげて欲しいなあ。
 依人は、蒼乃が望んでいることを知りつつ、それを拒絶する形になっちゃいました。
 入院していた頃の蒼乃は、いつも真名と一緒にお見舞いに来る依人と、いい距離を保っていたと思うのですけど、茉莉のことを知ってからは、さすがに平常心では居られなかったみたいなの。
 それでは、次回、それぞれの結末を楽しみにしつつ…。

2007.06.19

■sola 第11話「ムソウレンガ」

 前回も一生懸命に走っていた真名、今回はそれ以上の気持ちをもって、依人が居る筈の校舎屋上を目指すのでした。
 真名があんなに必死になって走っていたのに、その気持ちは依人に届いて無いのかな…?。
 茉莉を探して同じことをしていた依人なら、分かりそうなのに。
 淡々と、真名の前から消えてしまうのでした。
 記憶まで消してしまって。
 消したのは誰の意志なんだろ?。
 屋上に残された真名は、自分の涙の意味さえ分からないの。
 私だって、悲しいよう…。

 でも、真名は絶対に依人のこと、思い出すと思うのです。
 自分の記憶って、簡単には他人の思い通りにはなりませんもの。
 依人だって、段々と思い出して来たわけですし。
 依人も依人で、自分だけが全てを知って、あそこまで関わっていた真名に何も伝えないのは、ちょっと自分勝手かなって私は思う。

 こよりは、ちゃんとお別れが出来たみたい。
 それでも、悲しさは変わらない筈なんですよね。

 今回は、真名をかなり追い込んじゃってましたねん。
 他ならぬ、依人が。
 茉莉の入り込む余地が全然無い位に。
 段々と別れが押し寄せてくるようなあの状況は、見ていてもかなり辛かったのでした。

 あ、それとは別に、ファミレスでウェイトレスさんの端末を取り上げて自分で入力して注文しちゃうのって、ちょっと憧れるシチュエーションだったりしますよん。
 誰かバイトしてないかなあ。
 ばか。
 評判のシーフードは、やっと茉莉が食べたみたいなのでした。

2007.06.11

■sola 第10話「ユレルマボロシ」

 今回、一番頑張っていたのは、真名さんみたい。
 依人に蒼乃が夜禍だってことを告げて、本当のことを知るきっかけをあげたし。
 路面電車に乗ったヒゲダンディー(笑)を追いかけて、茉莉への伝言を頼んでくれたし(余談ですが、長崎電軌の運転手さんは、走って来る人のこと、かなり辛抱強く待ってくれます。今回の真名は、タイミング的に厳しかったのかも…)。
 お姉ちゃんとして、ちゃんとこよりの気持ちを受け止めてくれたりもします。
 ああいう姿を見ちゃうと、「真名さん」って呼ばれたらチョップを喰らわすのも、当然って気がするのでした。
 にしても、こよりは一体どうして、あそこまで拘るのでしょうか…(^^;。
 そして、こよりの姉である真名は、蒼乃の気持ち、分かるんだろうな。

 そんな真名なのですが、押し付けがましい自己主張は全くしないので、私の中で真名の存在がどんどん大きくなって来てたりします。
 最初の頃は、傍観者っぽいような印象が強かったけれど、決してそんなことは無いのですよね。
 この先、普通の人間の真名は、依人達と一緒には居られないのかしら。
 やっぱり不幸なことになっちゃう?。
 それは一理あると思いますけど、剛史を見ていると、それだけでは無いって気もするのですよね。

 蒼乃がしたことも、決して間違いでは無いと思いますし。
 相当な覚悟で、依人と一緒に居るみたいなの。
 「私の全てを使って。私がどんなに汚れても」っていう言葉は、ごく自然に言っていたけれど…。
 本当は、必死なんです。
 依人が近くに居るように、悲しい思いをしないように。
 蒼乃だって、依人を縛り付けるようなことはしてませんでしたけど、茉莉のことばかりは、譲れなかったみたい。
 まあ、あんなことされちゃって、「一緒に消えて」なんて言われるんじゃ…。
 かなり衝撃的な光景なのでした。

 ここで、依人と真名が出会ったときのことも、描かれていましたね。
 折り紙を通して知り合った蒼乃とこよりの、その弟と姉として、二人は出会ったんだあ。
 最初の頃は、真名もちゃんと敬語を使っていたみたいです(笑)。

2007.06.04

■sola 第9話「ヤクソクノハテ」

 剛史に追われた茉莉は、岸壁へと逃げて、そこで壮絶な戦いを…。
 って、海上コンテナとガントリークレーンがあるあの岸壁は、solasの適用区域だと思われるので、勝手に入っちゃ駄目ですよお。
 solas(海上人命安全条約)違反で捕まっちゃいます(^^;。
 なんてことはともかく。

 蒼乃が飛ばしていた紙飛行機、あれが折り紙だったこと、私はちっとも気が付きませんでした…。
 真名は、あれが蒼乃のだって、ちゃんと分かっていましたね。
 そして、蒼乃を依人に会わせるの、今は依人にとって良く無いことだって、判断したみたいなの。
 しっかりと常識的な判断をした真名なのです。
 びしょ濡れになって、微妙に鬼気迫る雰囲気を残した蒼乃が訪ねて来ても、決して引かなかったもん。
 蒼乃も、依人に対して負い目があるのは事実なので、強引な手段には出なくって。
 平穏だったみんなの生活、すっかり崩れちゃいました。
 何とか元に戻そうとしたこよりも、今は無理だって分かってたみたい。
 そういうのって、悲しいね。

 依人は茉莉の所に辿り着けるかと思ったけれど、それは叶いませんでした。
 一人にしておくと、依人も何をするか分からないし…。
 やっぱり、誰かが一緒に居てあげるべきですよね。
 その役目は、真名じゃ無くって、蒼乃なんだろうな。
 真名じゃ危険過ぎますもん。
 勿論、茉莉がベストではあるのですけど。
 蒼乃がそれを許す筈がありません。

 剛史も、あんな理由で茉莉を殺そうとするなんて、どうかしてるって気がしないでもありませんが…。
 仕方無いのかも。
 やっぱり、一番大切なのは身近に居る誰かなわけで、その誰かを全力で護るって決めて、約束を果たす為ならば…。
 それは蒼乃だって一緒だもん。
 にしても、昔の可愛かった剛史は、もう面影も残って無いみたい。
 ヒゲ…。
 繭子はずっと変わらない姿なのに、自分だけがどんどん歳を取って行く気持ちって、凄く辛いんだろうな。

 今回の路面電車は、受難です。
 蒼乃はもっとお上品に戦うのかと思ったら、とんでもありませんでした。
 私なんかは、電車の窓が割られただけでも悲しい気持ちになったのに、1輌完全に廃車しちゃうんですもん。
 ふええ…。
 あんまりですよお。
 そう言えば、実際の浦上車庫も、あんなに天井高いのかしら。
 剛史と繭子の後ろを走って行ったのは、貨物列車?。
 20フィートの海上コンテナを積載してるの?。
 にしても、あれは違和感バリバリな作画だったです(^^;。

2007.05.28

■sola 第8話「キエナイオモイ」

 依人と真名は、いつも一緒に学校へ行ってたんですって。
 というか、真名が迎えに来てくれてたんだ。
 本当に、二人、幼馴染みさんみたいなのですよー。
 出会ってからまだ三ヶ月っていうのが、信じられない位なの。
 二人が出会ったときって、どんな感じだったのかしらん。
 そのエピソードとか、凄く見てみたいなあって思います。
 やっぱり真名は、依人のこと、空の写真ばっかり撮ってるヘンなヤツ、って思ったのかしらん。

 周囲が、二人は付き合ってるの?、みたいに思うのも当然ですよね。
 でも、依人と真名って、本当にいいお友達って感じで、お互いに心地好い距離感を持って、一緒に居るみたい。
 そういうのって、いいなあ。
 だから真名は、依人の側に来て、言うべきことを言ってくれます。
 それしか出来ないから、それをちゃんとしてくれるの。
 何だか、強烈な一撃も喰らわしてましたけど…。
 それで依人も正気に戻ったみたい。
 良かった。
 私は、依人はもう駄目なのかと思って、冷や冷やしちゃってましたもん。
 そして、靴は律義に玄関へ置いて来る真名なのです。
 お邪魔しまあす、の挨拶だって忘れません(笑)。

 蒼乃は、依人に依存し過ぎちゃってるみたい。
 一緒に生きて行くっていうより、依存しちゃってますもん。
 依人自身はそんなに弱くは無いし、ちゃんと自分の意志を持った男の子だから…。
 茉莉に興味を持ったら、もうそっちに一直線なのです。
 空とトマトしるこで結び付いた二人の関係、そんなに簡単には壊せません。
 いえ、トマトしるこは、別にどーでもいいんですけど。
 蒼乃だって一生懸命で、本当に必死なのですが、みんなの関係、ちゃんとより良い方向へ進むかしら。

 茉莉を刺したの、あれは蒼乃の強烈なメッセージだったみたい。
 さすがに、それを依人にやらせたのは、まずいですよね。
 後々、色々と。
 現実って自覚してない今でも、かなりヤバイ状態ですもん。
 「依人の手を汚させてしまった」だなんて、蒼乃さん、そんなストレートな表現はちょっと…。

 茉莉は約束を破ったこと、それは自分の非だって思っているから、積極的には動かない感じですけど、依人と出会ったら、どうなっちゃうんだろ。
 茉莉と繭子は一緒に居るけれど、特に何も起こらないのかしら。
 剛史は一体、どーすればいいのでしょうね。
 現状、ひたすらかくれんぼに付き合わされてますけど(^^;。

 真名なら、意外と状況を冷静に見れそうで、私は真名の視点に期待しちゃったりもするのでした。
 こよりがいつも、「真名さん」って呼んでる理由も知りたいですし。

 茉莉と繭子、浦上車庫の留置車輌の中でお話をします。
 だから、勝手に乗っちゃ駄目ですってば。
 夜禍人にとって、あそこは心地好い空間だったりするのかしらん。
 愛用しちゃってます。
 せめて、見付からないようにして下さいねー。
 宿直の人が頭抱えちゃいますもん。
 今回は、電車の番号も色々出て来たよ。
 見えた車号は、203と503と303と216と。
 わい。
 500型のデザインは、明らかに違ってますけど…。
 何だか凄い違和感が(^^;。
 とりあえず、塗装が同じ形式だけしか登場させてないのですねん。
 蒼乃の紙飛行機攻撃で、架線から火花が飛んでいたけれど、路面電車だって、夜間は饋電停止になるような…?。

2007.05.21

■sola 第7話「ハイイロノヨル」

 やっぱり、茉莉は居なくなってしまったみたい。
 みんな揃って、5人でご飯を食べたのは、あの夜のすき焼きが最初で最後になってしまうのでしょうか…。
 それはやっぱり、寂しいね。
 前回の茉莉が、真名とこよりを依人から遠ざけるようなことを言ったのは、わざとだったのかなあ。
 それでも、真名とこよりは朝からご飯食べに来ていたりして。
 キュウリの糠漬けが理由って…(笑)。
 真名もお料理は得意みたいなのに、糠床の管理が出来ない女の子なんだあ。
 にしても、蒼乃が糠漬けをかき回してる姿って、全く想像出来ません…。

 茉莉が依人の前から消えたの、それは蒼乃との話し合いの結果だったみたいですけど、それならそれで、後腐れなく消えなくっちゃ。
 思いっ切り、後を引きそうなお別れをしてますもんねー。
 あれじゃあ、依人も蒼乃も可哀想。
 こよりまで巻き込んじゃったし…。
 用事が出来たから暫く留守にするとでも言っておいて、そのまま帰って来ないっていうのがベストだと思うのです。
 なんて、それじゃストーリーにはなりませんね(^^;。
 コンビニでうっかり再会しちゃうなんて、二人は巡り会う運命だったみたいですし。

 やっと病院から帰って来た蒼乃、依人と一緒に暮らせて、凄く楽しそうだったのに。
 病院では絶対に笑顔なんか見せなかったもの。
 雨降りが嬉しくって、学校まで依人を迎えに来ちゃったり。
 それが簡単に壊れちゃったから、私は蒼乃が気の毒で仕方有りません。
 最後には、依人があんなことしちゃって…。
 あれを仕向けたのが蒼乃なら、依人には絶対嫌われちゃいますよね。
 もう二度と、蒼乃に笑いかけてはくれないかも。
 だから、他の誰かのせいであって欲しいな、なんて。
 それとは別に、依人はいつガラスの破片を拾ったんだろ…。

 とりあえず、真名は依人とは距離を置いてるみたいなので、今の所はこの騒ぎから無関係で居られるのが救いです。
 真名には、何か出来ることがあるのかな。
 普通の人間である真名は、最後に残る一人だとは思うのですけど…。

 おまけ。
Sola07jpg
 今日出て来た210号車は、同じ車号の写真が手元にありました。
 大浦天主堂下の電停にて。
 今回は、電車の作画がちょっとだけ物足りなかったかも。

2007.05.14

■sola 第6話「イケニエノチ」

 家で依人やみんなと一緒にご飯(すき焼き)を食べている蒼乃の姿に、凄い安らぎを感じちゃったりしている私なのです。

 今回、分かったことが色々あるよ。
 入院のこと、蒼乃自身のこと。
 でも、分からないこともいっぱいあって。
 良く無いことも、まだまだありそうな予感。
 それでも、ストーリーの中に身を委ねて見ているのが、とても気持ち良かったりする、この作品なのでした。

 蒼乃は、茉莉のこと、知ってたんですね。
 というか、蒼乃も夜禍だったのでした。
 いつも空を撮っている依人は、過去に死んでしまっている描写でしたけど…。
 今の依人は、どういう依人なのでしょう。
 以前、真名も言ってたけれど、確かに相当鈍い性格みたいではあります。

 とうとう、真名とこよりの信用も失ってしまったし。
 可哀想に…。
 茉莉も酷いなあ。
 何故か全く動じていなかった蒼乃は、ちゃんと分かっていたみたいですけど。
 依人と真名とこよりのリアクションを見るのが、楽しかったのかもしれません(^^;。

 とりあえず、蒼乃のこと、もっともっと知りたいって思うよ。
 次回はどんな話になるのかな。
 楽しみです。

 それとは別に、依人と真名って、蒼乃が入院してから知り合ったんですねえ。
 幼馴染みどころか、まだ三ヶ月なんですって。
 びっくり。
 とてもそうは見えない、仲良しさんな二人なのでした。

 今回は、長崎電軌の浦上車庫が舞台になったりしましたねん。
 でも、敷地に入るのは駄目ですよ。
 留置車輌に入っちゃうのはもっと駄目。
 車庫の外観はいつも同じカットばかりで、今回は2回もそれが出て来ましたけど、資料の写真、あまり撮って来なかったのかしら。
 私は全く撮ってません(^^;。
 あのアングルは、浦上車庫前の電停から、普通に撮ることが可能です。

2007.05.07

■sola 第5話「フリソソグヒカリ」

 真名に貰った服って、あんなに沢山あったんですね。
 コーディネートが出来ちゃう位、たあくさん。
 真名は優しいぞ。
 サイズが合わなくなって着られなくなっちゃったとか、そういうことだと悲しいけれど…。
 見た感じ、真名の方が小柄に見えるから大丈夫、かな。

 いつも同じ服装だった茉莉、外出のときは、ちゃんと違う格好をしてくれました。
 雰囲気、かなり変わりますねん。
 大人っぽいぞ(^^)。
 雨降りなら外出しても大丈夫だなんて、私もびっくりしましたよお。
 にしたって、お天気なんてすぐに変わっちゃうから、結構決心が居ることなのかもしれない。
 晴れた空の下に直接立つことは出来なくっても、空が見える筈の場所へは行けるんだ。

 トマトしるこがコンビニに進出していたの、それは何かの間違いなんじゃ…(^^;。
 茉莉ってば、以前の依人のアドバイスに従って、買い溜めしてるし。
 正しいです。
 ピンポンダッシュは、さすがにどうかと思うけれど…。
 雨の日にボートっていうのも、デートとしては困ったシチュエーションですよねえ。
 しかも自分で漕いじゃう茉莉、ボート屋のおじさんでなくても、笑ってしまうと思います。
 茉莉のそういう明るい所と、好奇心旺盛で人懐っこい所、その境遇の全てが、依人を引き付けちゃうみたい。
 依人だって、約束は絶対に守るタイプなのです。

 依人の家にやって来たの、こよりと剛史のどっちかな?、なんて思って見ていたら、両方来ちゃいました。
 こよりが来たことで、蒼乃に茉莉の存在が知られてしまって。
 それって、蒼乃的にはどうなのか、ちょっとどきどきなのですよー。
 自由に外に出られないっていう点では、茉莉も蒼乃も同じですけど、蒼乃は本当に動けませんし…。
 無茶しちゃわないか、とても心配。

 剛史はですね、行動の是非は別として、依人と蒼乃の家に土足で踏み込んで、室内を目茶苦茶にしてしまったことが、私はとても悲しかったのでした。
 誰かの為に覚悟を決めるっていうのは、そういうことなのでしょうけど…。
 茉莉もきっと同じ理由で、反撃に転じて、かつ剛史を殺さず、外に出たんだなあ。

 そして、そこにやって来る依人と、真名。
 今回、これまでのバランスが全て崩れてしまい、危ういシチュエーションに入りつつあるようで、次回が凄く気になりますねー。

 おまけ。
 今回出て来た路面電車、表記の番号は808って見えますけど、実際の長崎電軌に808っていう番号は無い筈なので、モデルは308でいいのかな。
 つまり、これです。
Sola03jpg
 場所的には、単線で、かつ川の側ということで、大浦天主堂下の電停みたい。
 作中、横断歩道を渡って来た依人は、タッチの差で電車に乗り損ねてしまって…。
 実際には、あの方向は石橋行きなので、たった一区間を乗る人はまず居ないと思いますけど(^^;。
 私も、あそこで乗り降りしたっけ。
 ちなみに、ここです。
Sola04jpg
 アニメとは逆、反対側から撮った写真が、たまたま手元にありましたあ。

2007.05.01

■sola 第4話「ネガイフタリ」

 214と36、私的に、今回のポイントはこの二つの数字かな。

 依人と真名、この二人の距離って、見ていて羨ましくなっちゃう位、いいお友達してるんですよね。
 依人は優しいし、真名は性格が男の子っぽいから、この関係が成立していたりするわけで。
 茉莉がやって来ても、それは全然変わりませんでした。
 良かった良かった。
 これからも、変わらずにそのままの二人で居て欲しいなあ。

 今回、茉莉は端役。
 依人が忘れたお人形、病院まで届けに来てくれるのかな、とも思ったけれど。
 病院の場所なんて知らないし。
 そもそも、昼間から出歩くなんて、無理なんだもんね。

 蒼乃も、病院の外へ出歩くことは出来ません。
 そういった意味では、茉莉と一緒なわけですけど、病気っていうのは辛いよね。
 家に帰りたいっていう気持ちは分かるです。
 だから、依人が持って来てくれるお人形、結構楽しみにしていたみたい。
 というか、依人の気持ちが嬉しかったんだ。
 でも、お人形が36個もあるということは、蒼乃はそれだけ長く入院していたわけで…。
 明日5個持って来たら、計算が大変になっちゃいそうですけど、蒼乃はちゃんと覚えていてくれそうです。

 こよりも、まだ小さいのに、蒼乃の気持ちを分かってあげられる、いい子なの。
 表情にあまり変化の無い蒼乃のこと、依人の次に分かってあげてると思いますよん。
 おねーちゃんのことを名前で呼ぶのはどうかと思いますけど、それを挨拶代わりにしてるのが、あの姉妹のお約束みたいですから…。
 おねーちゃんに甘える妹の図って、実は結構、真名は憧れていたりして。
 真名本人も、素直に甘えたりするのは苦手そうですけどねー(笑)。

 さて、今回出て来た路面電車は、214号車でした。
 OPのは209号車。
 200番台でまとめてますねん。
Sola01
 モデルは長崎電軌で間違いないと思いますけど、今回のバックに見えた風景、私はちょっと記憶に無いので、特にモデルにしている電停は無いのかな。
 ちなみに、1話の最初に出て来た線路は、はっきりと長崎駅前でした。
Sola02
 車庫は勿論、浦上車庫ですねん。
 写真は撮って来ませんでした。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ