2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー「School Days」の12件の記事

2007.09.30

■School Days 第12話「スクールデイズ」

 いよいよ最終回だよ。
 最終回のEDでは、絶対に「Still l Love You ~みつめるよりは幸せ~」が流れる筈だし、そこに至るまでの展開を見た上でこの曲を聞いたら、一体どんな気持ちになるのかな…?。
 と、私はそれを理由に、「School Days」を見続けて来たのでした。
 EDの画面はいつもと同じ、ではなく、いつもよりちょっと寂しかったけれど、それだけに曲に集中出来ましたねん。

 さて、本編。
 さすがに、誠の言葉の数々は、世界には致命傷になるって気がするです。
 というか、始まって3分で、私まで致命傷になりかけました…。
 誠は自分の言葉の意味、ちゃんと分かってるのかなあ。
 それがどんな結果に繋がるのか、なんてこと。
 床にぶちまけられた料理を見て、さすがにショックを受けたのかと思ったけれど。
 そうでも無かったみたい。
 でも、そのことで世界を責めたりとかは無かったです。
 「誰が掃除すると思ってるんだよ」位は言うかと思ったのにな。
 他にも、教室へ入るとき、世界の姿を探してびくびくしてたりとか…。

 誠って、完全に悪人って訳では無いんですよね。
 実際、本当に悪人だったら、もっとうまくやってると思うもん。
 とにかく目の前のことに流されちゃってるヤツ。
 それで、嫌だとか、面倒だとか、そういうことを平気で口に出しちゃう。
 そういうのって、ある意味羨ましくもあるです。
 私だって、内心を隠して、相手の気持ちに合わせて辛そうな顔を作ったり、嬉しそうな顔を作ったりとか、しますもん。
 そうしないと、目の前の現実に対応出来ないから…。
 でも、誠はそうじゃ無くって。
 常に誰かしらが相手をしてくれて、常に逃げ場所になる女の子が居たっていうのが、誠が駄目になってしまった理由かしらん。
 だって、入学当初の世界のリサーチでも、誠はいいヤツって評判だったんでしょー。

 そう言えば、最初は刹那に誠を勧めていた世界なのに、その後で、誠の隣りの席を他ならぬ刹那から譲って貰ったんですね。
 刹那は、誠に興味を示す素振りが無かったのかしら。
 無意識に、世界は酷いことしてたんだあ。
 それでも私は、世界が一番好きですけどねー。
 言ってることがちゃんと理解出来るし、やってることも、誠を好きで独占したいなら、当然って思いますもん。

 なんて、それは言葉も一緒なんですけど。
 言葉は世界よりもずっと早くから誠に拒絶されてしまったけれど、とりあえずずっと待っていることは出来たみたいだし。
 いえ、待っているとゆーか…。
 お人形さんみたいにじっとしている言葉、あれなら誠にも扱いやすいかもっ、なんて私は思ったりとかして。
 私はあの性格、ちょっと苦手なの。
 言葉は、誠がまた自分を受け入れてくれたとき、もう絶対に誠を手放そうとはしないのでした。
 それはそうですよね。
 誠の呪縛は強いのだ。
 誠って凄いなあ。

 最初は、世界も言葉には強気だったけれど。
 でも、現実に誠は言葉の方に行っちゃってるし…。
 二人を繋ぐ筈の赤ちゃんが、逆に壁になっちゃったみたい。
 世界のお腹の中には、誠の赤ちゃん、本当に居なかったのかしら。
 もし居たとしても、言葉に切り刻まれてたって思いますし。

 結果的に、誠は世界に刺し殺されちゃいました。
 それはもう、無様に。
 世界にはもう、他に解決方法は思い付かなかったんだろうなあ。
 誠が憎くて刺したのか、誠を言葉に渡したくなくて刺したのか、どっちの気持ちが強かったのかなって、私は考えてみたりするのでした。
 自分も一緒に死ぬ気は無かったみたいだし、前者かしら。
 言葉だったら、絶対に後者なんだろうな。
 だから、誠の首を切り取ってたりとかして。
 本当は全身を持って行きたかったんだろうけど、さすがにそれは重くて持てませんものね。
 そして、事実の確認の為に、言葉が自分の優位を保つ為に、世界のお腹は切り刻まれちゃうのでした。
 世界も戦う準備はしていたけれど、言葉の方が上手だったみたいです。

 ちゅことで。
 コイバナの全てが、決してハッピーエンドのお伽噺だったりはしないのでした。
 ずっと逃げ続けていると、こういう結末になったりするんだなあ。
 それは、誠だけじゃ無くって、世界も言葉も、そして他のみんなも同じだよ。
 ちなみに、この作品って、ゲームではプレイヤー=誠なんですよね…?。
 誠の気持ちになってプレイするのは、ちょっとだけ楽しそうかも、なんて私は思うのでした。
 それに耐えられるかは、また別として。
 誠と世界と言葉の言動そのものが、もう怖くて仕方無いんですもん。
 そして、ゲームではOPの「Still l Love You ~みつめるよりは幸せ~」の歌詞は、まさに作品の内容通りなのでした。
 今までは、結構、不思議だったもの。

2007.09.19

■School Days 第11話「みんなの誠」

 自分の日常生活が破綻しているときにこの作品を見るのは辛いので、ずっと後回しにしていたら、とうとう2話分が溜まっちゃいました。
 今ならもう、心安らかに見れるです。
 いえ、心安らかっちゅーか…。

 誠って、酷いヤツです。
 無責任だし。
 何も考えてないし。
 乙女は、中学の頃はそんななじゃ無かったって言ってたけれど、本当なのかなあ。
 誠が変わってしまうきっかけって、何かあったのかしら?。
 まさか、言葉じゃあ無いと思いますけど…。

 今の誠は、面倒臭いとか、どうでもいいとか、自分のせいじゃないとか、言い訳ばっかりなんだもん。
 気持ちは分かりますけどね。
 それを、女の子の前で、口に出して言ってしまえるのは、結構凄いことかもしんない。
 私だって、本当は嫌なことからは逃げていたいです。
 立場とか責任とか、そういうものがあるから、仕方無く対処してみたり、するフリをしてみたりするだけで…。
 だから、誠のこと、そんなに嫌いにはなれません。
 女の子達は、みんな相手の方から近付いて来た訳ですし。
 ちょっとだけ、ほんのちょっとだけ、羨ましかったりもするのでした。

 その結果として待っていることは、さすがに考えざるを得ませんけどねー。
 言葉はボロボロだし、世界だって…。
 言葉は、誠が自分から積極的に関わった、最初で最後の女の子。
 世界のお腹の中には、二人の赤ちゃんが居ます。
 さて、誠はこれからどうすればいいのでしょう?。
 本人は、今起きていることを認識出来てないみたいだけれど、あんな状態の言葉と向き合って、何らかの結論に達するのかしら。
 今の誠には、他人を受け入れたり、全てを背負ったりするのは無理そうだし。

 ラスト、言葉の瞳に光が戻って、誠は凄くいいことをしたように見えるけれど、実際にはそうでも無いですもん。
 言葉的には、自分を選んでくれたって認識なんでしょうけど…。
 誠は、そうじゃないんでしょー?。

 おまけ。
 今回の電車には、パンタグラフが付いていませんでしたねん。
 走行音はこもり気味なのに、踏切の音だけは妙にクリアだったり。
 言葉が言っていた、ヨットから水平線に沈む夕陽を見るっていうのは、いいですね。
 でも、あんまり小さな船だと、暗くなった海は怖いかもしれないです。

■School Days 第10話「心と体」

 泰介、主人公の親友(?)役なのに、あそこまでしちゃうっていうのは、結構凄いです。
 ていうか、酷いです…。
 その割には、誠や光への関わりは薄くって。
 元のゲームみたいな描かれ方だと、私はショックで寝込んでしまいそうなので、それはそれで嬉しい、かも。
 ああいうのに、目茶苦茶耐性が無いんですもん。

 誠は、はっきりと言葉との関係を解消しました。
 したつもりでした。
 隣りに刹那が居たから、それが言葉にきちんと伝わらなかったのは、とても不幸だったです。
 誠も、沢山のゴミを抱えている言葉のこと、すぐに手伝ってあげたりして、そういう所は優しいのにね。

 七海もお気の毒に…。
 女の子だけっていうのが、ほんのちょっとだけ救い。
 悪意っていうのは、何処にでもあって。
 それへの対処も、人それぞれではあるのですけど。
 刹那はぎりぎりだったみたい。

2007.08.30

■School Days 第9話「後夜祭」

 刹那といい乙女といい、誠は全ての女の子を不幸にするヤツなのでした。
 なのに、誠本人はそういうのが全然分からないみたい。
 みんな、深刻に悩んじゃってるのにな。
 誠ってば、興味のある対象以外には無頓着なのかなって思うけれど、単に何も考えていないだけなのかもしんない。
 言葉からの必死のメール20通も、素で気付かなかったりするヤツですもの。

 そのおかげで、今回は世界とのラブラブなバカップルぶりを、沢山見せ付けてくれたりとかして。
 あれは、見ていて凄く楽しかったりしたよ。
 ちょっと羨ましいかも…。
 光のリアクション通りなのですよー。
 世界に蹴りを入れられた所も含めて、ね。
 世界って、ごく自然に誠の隣りに居られるって意味では、一番だと思いますもん。
 後夜祭で一緒にダンスを踊って、いよいよ公認かなあ。
 ただやっぱり、誰かを傷付けて奪った彼でも、幸せかしら…?。

 それぞれの思いは、すれ違ってばかりだし。
 光の気持ちも、泰介には決して届きません。
 泰介は、言葉にかなりご執心みたいだから…。
 主人公の友人キャラで、あそこまでしちゃうヤツって、あんまり居ませんよね。
 私は結構、ショックだったりとかして。
 その先のことを考えると、頭が痛いです。
 だから誠にも、同じ気持ちは味わって貰わなくっちゃ。

 とにかく言葉は、幸薄いのですよねえ。
 そして、誠に声をかけたりメールしたりはするし、必死になって「彼女は私です!」みたいなことは言うのに、ストレートに行動したり決心したりは出来ない女の子なのかしら。
 桂言葉さんて。
 ぶつかったらいいのに。
 私だってそう思うのにな。
 だから、刹那にも乙女にも負けちゃってる。
 そんな彼女が居ますかあ。
 そのうち、心にも追い越されちゃうよ。
 心のお友達も、一体何者だったんだろー?。
 事情は全てお見通しとゆーか…。

 とりあえず私は、誠の気持ちになって、世界や言葉と過ごすことの意味を考えてみたいって思うのでした。
 最終的には、一体何処に落ち着くのかにゃあ。
 ていうか、誠もそろそろ、現状認識をしましょうよう。

2007.08.24

■School Days 第8話「学祭」

 誠と世界の関係が言葉にばれてしまって、言葉が世界を平手打ちして…。
 それでも、状況が殆ど変わっていないのが結構凄いです。
 誠の彼女っていうポジションは言葉のものだけれど、実際に誠の隣りに居るのは世界で。
 それを全員が再確認した訳ですけど、その状況は維持されたままだもん。

 世界は1日泣いていたけれど、特に何も決心しないまま、また学校へ来るようになりました。
 言葉は一生懸命に誠と接触しようとするけれど、周囲がそれを許しません。
 誠を問い詰めたりとかしないのは、決定的に嫌われるのが怖いから?。
 自分から振るような素振りも全くありません。
 何げにこの作品って、完全に誠を中心にして成り立っているみたい。
 実は全て、誠が見ている夢とかじゃないですよねー?(笑)。

 肝心の誠はあんな性格だもの。
 世界のがいいって言ってるのに、言葉との関係をはっきりさせるつもりは全く無いし。
 というか、あんまり気にしてないみたい。
 それは結構凄いです。
 世界のお部屋に吊るしてあった制服とか、電車で隣りに座った言葉の胸元とか、そういうの見て赤くなったりして。
 まあ、それは普通なんですけどね。
 そういう描写がしっかり入るので、誠の駄目駄目な所が、殊更に強調されるのでした。

 世界を大切に護って来た刹那は、世界を誠に託して、フランスへと…。
 いいの?。
 今の状態で誠に世界を託しちゃって、いいの?。
 誠は世界を護ってあげられないと思いますよー。
 世界のこと、まだ何も分かってないもん。
 自分から何かしてあげることも無くって。

 誠も、入学式のときに刹那へ向けた優しさを、ちゃんと向けてあげればいいのにね。
 刹那はそれで、今まで頑張って来れたんですもん。
 誠ってば、女の子にちゃんと優しく出来るのに、彼女としての特別扱いを出来ない男の子なのかしらん。
 そうやってフラグだけ立てて回ってる訳ですかあ。

 この作品、とことん言葉を追い込むんだなあ。
 あれを見ても、言葉がやっぱり今まで通りだったら凄いです。
 まあ、今回は誠のせいじゃありませんけどね。

 そうそう。
 幼稚園児の妹さんや、メイドさんの絶対領域よりも、パジャマにカーディガンを羽織った世界の方が、可愛いかったと思います。
 そういうの、好き。
 喫茶店もそんな感じにすれば良かったのにね。
 ↑ばか。

2007.08.17

■School Days 第7話「前夜祭」

 ラスト、さすがの世界も、今の状況に耐えられなくなって、誠の家を飛び出しちゃいました。
 そして世界は、外で待っていた言葉に、平手打ちをされて…。
 見事な修羅場だよー。
 でも、むしろその方が、今の状況を続けるよりはずっといいよね。
 なんて、私は逆に安心しちゃったりもするのでした。

 言葉は誠の明らかな心変わりから、ずっと目を逸らしていたし、世界は状況としては誠の彼女だけれど、はっきりとそれを言えないまま、後ろめたさを抱え続けていたし…。
 これで誠も、少しは眼が覚めるといいのですけど。
 無理かなあ。
 中途半端に優しいのは困り物っていう、それが本当に見ていて理解出来ちゃう、希有な男の子が誠っていうキャラクターなんですもん。
 誠は彼女との距離感とか、そういうのがあんまり分かってないみたい。
 世界の方がいいって、はっきりと言ってるのに、行動が全く伴っていませんし…。

 いっそ、二人から手酷く振られてしまえば、誠も身をもって理解するのでしょうけど。
 言葉も世界も、彼氏への執着は殊の外強そうなので、そう簡単には行きそうにありません。
 言葉との関係においては、世界の方が明らかに弱いって思いますけど…。
 でも、世界はお友達に恵まれているので、そのバックアップが強力です。
 誠に対しては、世界の方が深いお付き合いだったりもして。
 言葉も、世界と同じレベルまでは進むのかしら。

 クラスメートから言葉への嫌がらせは、とりあえずはそんなでも無いみたい。
 あれなら、まあ普通、かも。
 そして、言葉と泰介が一緒に資料室に入って行ったりすると、苦手なシーンを思い出して、私は心が痛くなったりもするのでした…。

 にしても、ゾンビ喫茶はともかく、妹喫茶の設定がみんな幼稚園児っていうのは凄いです。
 誠のクラス、勝てるかな?。
 そういう所もしっかり描いてあるのは嬉しいです。

2007.08.10

■School Days 第6話「明かされた関係」

 彼氏が出来たコは、やたらと「教えてあげる」って言います。
 心の指摘には、思わず納得なのでした。
 あ、それは確かにそうですねん。

 誠の意識は全て世界へ行ってしまって、世界もそれを受け入れて、現実に恋人同士なのは、誠と世界ってことになっちゃいました。
 やっと自然に彼女らしく振る舞えるようになった言葉が、凄く可哀想。
 一生懸命、誠に喜んで貰おうとして、それが言葉自身の幸せ、みたいな感じに、やっとなれたのにね。
 彼女としての独占欲も、しっかり持っています。
 あんなにおどおどしていたのに、誠のことになったら、人間が変わったみたいだったもの。

 世界は、主導権をすっかり誠に握られちゃったみたい。
 今更後戻りは出来ない所へ来ちゃいました。
 それはまあ、多少なりとも、自分自身が望んだことではあります。
 全て誠が悪いって訳じゃあ、ありませんよね。
 言葉への罪悪感を持っていても、言い訳には決してなりません。

 誠はですね、見ていてさすがに困ったものだと思うわけですけど…。
 実際の所、ああいった優柔不断は、誰にでもあるのかもしれないです。
 言葉のことも、別に二股かけようってわけでは無く、言いにくくて面倒なことを、単に先延ばしにしているだけで…。
 やっぱ駄目じゃん(^^;。
 流されやすいからなあ。
 決定的な状況を目撃した言葉が、世界と同じ行動を取ったとしたら、誠は拒絶出来ないでしょうね…。

 言葉は更に辛い思いをしそうで、あんないいコなのに、気の毒で仕方ありません。
 今回は、言葉を直視出来ませんでしたよお。
 誠がどうこうよりも、言葉のポジションがまた…。

2007.08.03

■School Days 第5話「波紋」

 今回、途中で妙に恥ずかしくなって、画面を直視出来無くなったりした、弱気な私なのです。
 うー、何なんだろ、この生々しい恥ずかしさは!(^^;。
 でもまあ、プールでのやり取りは、みんな明るく元気で、なかなか楽しかったです。
 光と泰介は、普通にうまく行って欲しいなあ。
 本当の幸せを教えて下さい(^^;。

 なんてことはともかく。
 誠はすっかりテンション落ちてしまって、言葉に対する行動が、凄く素っ気なくなったりしています。
 あ、でも、誠はその方がいいよ。
 調子に乗ってるときの誠は、あれがまた凄い鬱陶しいんだもん。
 言葉にしても、今の誠の方が、ペースを合わせやすいって思うし。

 それでも、とりあえず言葉のことを抱き締めてみたりする誠なのです。
 男の子だなあ。
 言葉の方は、気持ちの踏ん切りが付いたみたいで、あれこれ考えたりすることも無く、自然に誠の隣りに居るようになりました。
 モードが彼女に切り替わったよ(^^)。
 もう、一歩引いたような素振りは全くありませんでした。
 家に帰るとき、駅で誠と別れた後、バストを持ち上げたりしていたのが印象的。

 そんなタイミングで、誠が世界に急接近するんだもん。
 誠にとっての世界は、面倒臭い女の子じゃ無かったみたい。
 そこに気付いてしまったら、もう後戻りは出来ません。
 世界自身は、自分の立場をわきまえているから、ちゃんと誠を拒絶したのですけどねー。
 せめて友達としては近くに居たかったからか、本心を隠し切れなくなったのか、多分両方なんでしょうけど、駅の誠の所へ来ちゃうのでした。
 そして、そのまま一気に!。
 「お母さんが帰って来ちゃう」とか言うなー(^^;。

 にしても、世界も思い切ったことしますよねえ。
 言葉に恨まれるのは、絶対に自分なのに。
 男の子的な考え方だと、言葉を裏切った誠の方が悪いってことになるけれど、女の子的には決してそうじゃありませんもの。
 って、次回にはもうばれちゃったりするのかしら。
 それとも、本人達がちゃんと言葉に話すの?。

 あ、心は相変わらず可愛いです。
 和む和む(^^)。
 でも、ああいうストレートな物言いのコなので、誠と言葉が別れちゃったりとかすると、何を言い出すか分かったものじゃありません。
 悪気は無くっても、どきどきなのですよー(^^;。

2007.07.27

■School Days 第4話「無垢」

 誠は相変わらずだなあ。
 見てると凄く疲れるので、この作品を見るときは、それなりの覚悟が必要なのです。
 でも、気持ちは結構分かっちゃったりするのが、自分的に凄く嫌かも…。
 あそこまでリアルに描かなくってもいいのにい(^^;。
 あ、そだ。
 練習とは言え、世界の前ではちゃんと世界の名前を呼んでいたのは、誠も偉かったと思います。
 そこは感心しちゃいました(^^)。

 とにかくテンションの低い言葉も、見ていて色々と不安にさせてくれます。
 だから、安心して見ていられるのは世界だけなの。
 本人は、結構ぼーっとしてたりしますけど。
 誠や言葉との会話はしっかりしているから…。
 誠も言葉も、世界と一緒に居るときが、一番安心出来るです。

 にしたって、言葉さん言葉さん、いきなり馬とか言われても困りますよお。
 世界じゃ無くても、「馬って…」とも言いたくなります。
 あんなお風呂がある家だし。
 言葉のお部屋のベッド、ナナメに置いてあるし(^^;。

 それなら、世界がしていた特訓の方が、地に足が着いているとゆーか。
 より現実的とゆーか。
 でもあれって、つまりは世界の理想なんだもん。
 誠との関係は、言葉と世界、進展は全く同じレベルになりました。
 むしろ、世界の方が少し進んじゃってるみたい。
 世界、可愛過ぎだよー(^^;。
 でも、誠の彼女っていうポジションは、言葉のものですから。

 対外的に、それもかなり怪しい感じではありますけど。
 誠と気持ちがうまく重なるのは、言葉よりも世界の方みたいだし。
 それにすら、誠は気付いてないんだもんなあ。
 この先、言葉はどうなっちゃうのでしょう。
 しっかり自己主張はしつつ、立ち直ってくれるといいな。
 私は断然、世界の方を応援しちゃいますけど、言葉にだって頑張って欲しいもん。

 そうそう、心は無邪気で可愛いね。
 無邪気過ぎて、さすがにどーかとも思ったりするのですけど。
 本当、歳はいくつなのかしらん。

2007.07.21

■School Days 第3話「すれ違う想い」

 言葉の名前は「ことのは」って読むこと、私も忘れちゃっていました。
 誠も、言葉だけは何故かなかなか名前で呼ばないんですもん。
 言葉のことを名前で呼ぶのは、やっぱり重かったのでしょうか…(^^;。
 世界との電話で言っていた「面倒臭い」は、かなり本音だった感じだもんね。
 それを聞いた世界がどう思ったのかは、分かりません。
 まだ脈ありとか、内心思ったりしましたあ?(^^;。

 誠も、心のことはすぐ「心ちゃん」だったのにね。
 心は歳下で、しかも妹、ではありますけど。
 姉の彼氏のことが気になって仕方無い様子の心が可愛いよ(^^)。
 でも、一体いくつなんでしょう(^^;。

 言葉にとっての、誠の存在の意味は、まだあまり良く分からないや。
 誠と言葉、うまく心が通わないですよね。
 二人、タイミングが合わないとゆーか(^^;。
 クラス内での言葉のポジションがあんななら、誠と繋がりがあるっていうのは、いい方向へ行ったりするのかもしれません。
 逆になりそうな感じもするけれど、どうなのでしょう。
 言葉、クラスでは浮いてるんですね。
 今回描かれた中では、いじめという程では無さそうな感じでしたけど…。

 電車内での様子とか、みんな世界に筒抜けなのですねえ。
 世界ってお友達が多いから、目撃情報がみんな集まるです。
 一応、お昼ご飯は一緒に食べてるみたいですし。
 二人の話を聞いてる世界の表情が、見ていて飽きませんねー。
 にしても、言葉ってば、あのサンドイッチ、普通に食べてます。
 作者自身は平気なのかにゃ。

 世界のバイト先の制服って、一体何事なのかと…。
 冗談みたいなファミレスなのです。
 あれは着るのに勇気がなあ(^^;。
 本心を尋ねられてしまった世界ですが、応援するっていうスタンスは、変えないみたいなのです。
 今更変えようがありませんけど…。
 私は、誠には世界の方がお似合いだと思いますけどねー。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ