カテゴリー「Myself;Yourself」の12件の記事

2007.12.28

■Myself;Yourself 第13話「きずな」

 菜々香、とうとう火事の記憶を全て思い出したよ。
 事実があんなんじゃ、心の奥に封印していたのも分かりますけど、佐菜を探しているときに見た夕陽がそのきっかけだなんて、また随分と失礼な話なのです。
 菜々香はそのとき、どんな気持ちで佐菜と一緒に居たの…?。
 その後、家まで自分を送り届けてくれて、更に毎日家を訪ねてくれた佐菜のこと、菜々香は完全に拒絶しちゃうし。
 会おうとしたけれどどうしても会えなかった、みたいな描写も無くって。
 それで、そのまま手首を切っちゃう。
 こらー!。
 佐菜の存在価値って一体…。

 こういうときにこそ、佐菜のプレゼントの髪飾り、うまく使えたと思うのにな。
 更に、一命を取り留めた後も、私の気持ちなんか分からないくせに、みたいなことを菜々香は言い出しちゃう。
 それはもう、ポストのエピソードのときに一度やってますよお。
 ここで完全に、佐菜と菜々香の関係への興味が失せてしまいました(^^;。

 そして、佐菜が自分も手首を切ったことがあるのを打ち明けて、菜々香も納得、みたいな展開に…。
 それは話が早いです。
 話が早過ぎて、逆に見ていて力が抜けました…。
 リストカット繋がりの類友、ですかあ。
 あのあの、ここはもうちょっと別の説得をして欲しかったのですけど?。
 折角の幼馴染みなんですもん、その余地はあったと思うのです。
 にしても、菜々香は佐菜の気持ちなんて、全く分かってあげようとしないんだなあ。
 それじゃあ、全てを告白したあさみの方が、ずっとずっと印象がいいですよう。

 10年経っても、みんなは全然変わっていませんでした。
 私はむしろ、変わって行く過程が見たかったけれど…。
 しょーがないですね。
 この作品、見たいと思う部分は全然見せてくれなくって、どーでもいいと思うような部分ばっかり描いているような。
 あわわ。

 あのバイオリンの曲名、私は「Myself;Yourself」よりも「きずな」の方が良かったと思うけれど。
 内容を考えると、「Myself;Yourself」で正解なのでしょうね。

2007.12.13

■Myself;Yourself 第11話「告白」

 告白って、ああいう告白なんですかあ。
 わ、びっくりした…。
 あさみってば、佐菜に突然、真相を話し始めるんですもん。
 まあ、怪我をして病室で一人になって、今までのことを色々と考えた結果なのでしょうね。

 そしてあさみは、朱里にも真実を告げて…。
 終了。
 えと、あさみの役割も、これで終わりなのかなあ。
 何だか、淡々と真相が描かれて、その後のことはお話とは無関係、みたいな…。
 朱里と修輔は、元々家を出て行くつもりだった訳ですし、あさみの位置付けって、あんまり良く分かりません。
 むしろ、佐菜の意識の方に、何か影響があるのかな?。
 本当の気持ち、っていう点で。

 にしても、あさみの事情は全然分かりませんでした。
 分からないと言えば、修輔が言っていた、遊園地に行った後は菜々香の表情が柔らかくなった、っていうのも…。
 全然実感が無いです。
 というか、菜々香、出番が全く無いんだもん。
 佐菜が、早退ってことで教室を飛び出して行ったときも、菜々香の描写は全く無くって。
 そういうの、私は気になるんだけどな。

 鉄橋を渡って行く電車に乗っている修輔と、それを見送る佐菜、そこは凄く雰囲気出てました。
 伝えたいことがちゃんと伝わるっていうのは、離れ離れになってしまっても、大切な絆として残るって思いますし。
 出来ることなら、朱里と修輔、帰って来て欲しいなあ。

 どーでもいいのですが、私も祖母のお見舞いへ行って、そのまま自分も同じ病院に入院するハメになったことがあるです…。
 出て来た電車は、やっぱり105系みたい。
 台車の描き込みが結構細かくって、私は嬉しい。
 でも、あの駅員さんはどーなのでしょう。
 いきなり羽交い締めですかあ(^^;。

2007.12.06

■Myself;Yourself 第10話「桜のために」

 修輔と朱里の血が繋がっていないお母さん、実はいい人だったりするのかとも思ったら、別にそういう訳じゃありませんでした。
 見たまんまなのです。
 義理の子供達のことではさすがに苦労しているみたいで、話を聞いていると妙な可笑しさが漂ったりもするのですが…。
 本人達にしてみれば、たまったものじゃありませんね。
 私はてっきり、お墓参りの帰り道、ラブホテルの前で3人が出くわしちゃったりするのかな、って。
 でも何故か、修輔と朱里が、みたいな話になってしまうのでした。

 普段なら、朱里も自分で何とか出来たかもしれないけれど、弱っているときにあれは堪えます。
 修輔とは違って、ストレートに怒りを爆発させることも出来ませんでした。
 教室での修輔の行動は、ある意味当然だったよね。
 それでも、佐菜が必死に止めてくれて、良かったです。
 あの後、佐菜と修輔の二人、どういう話をしたのかしら。

 梶井のおばーちゃんは、変な所でその本性を現しましたねー。
 あさみ、包丁で刺されちゃった…。
 佐菜を庇ってなら、対菜々香的に色々とお話の持って行きようがありそうですが、朱里を庇ってだと、うーん、どうなんでしょう。
 朱里にしても、家の中のことで精一杯で、あさみの怪我もそのゴタゴタの一つに過ぎない、みたいな感じになっちゃってますし。
 この件はこれで終わりなの?。
 何か勿体無いみたい。
 佐菜にしても、包丁と少しの血を見ただけで、あれだけのパニック状態になったのに、目の前であさみが刺されて血まみれになっても、そのリアクションは特に描かれませんでした。
 変なの…。

 修輔と朱里の仲がいいのは、家庭内の環境がああだったからでもあります。
 二人、支え合いながら、頑張って来ました。
 あの家を出て行く決意をした二人、その姿が妙に幼く見えてしまったことを心配しつつ、次回へと続きます。

2007.11.29

■Myself;Yourself 第9話「がんばれ!アニメンジャー!」

 雛子が登場すると、メインストーリーをみんな持って行ってしまう傾向があるのですけど、今回はちゃんと脇役していた雛子なのでした。
 雛子、大人になったね。
 違うか。
 お化け屋敷が怖くても、本当に怖くっても、自分より弱いコが隣りに居たら、嫌でも自分が頑張るしかありません。
 子供じゃないよ。
 オトナだもん。

 佐菜は、どうかな?。
 菜々香の弱さに触れて、守ってあげたいって思うのは、男の子として、自然なのですけど。
 佐菜だって、そんなに強くは無いんだもん。
 お互いに支え合って行けたらいいね。
 ていうか、ずっと一緒に居るって、殆どプロポーズみたいなものだと思うのですが、普段と全く変わらない佐菜の態度はどうよ。
 お友達として、一緒に居るってことなのー?。
 昨日のことを謝りたくて、でも、どうしても素直になれない菜々香、そのことにも気付いてあげられないしい。
 鏡に向かって、軽いノリで謝るっていうシチュエーションを試してみて、ふと我に返って赤くなっちゃう菜々香さん(笑)。

 みんなで遊園地へ行っても、何故か二人っ切りになることが多い佐菜と菜々香、それでも過去話へは行かないみたいです。
 観覧車でも、そういう話にはなりませんでした。
 ていうか、どうして遊園地にまであさみが…。
 でもまあ、アニメンジャーのショーで、あの菜々香が声援を送るまでになったのも、佐菜のおかげなんですよね。

 幼馴染みがあんなに居るんですもん、それぞれの事情を自分だけで解決しなくってもいいと思うのですが、どうなることやら。
 まだまだみんな、本当の自分を隠してるみたい。

2007.11.23

■Myself;Yourself 第8話「秘密のポスト」

 今回は、二つの秘密が明らかになりました。
 柚希がキャラメルをみんなにあげてる理由と、菜々香が変わってしまった理由。
 特に菜々香のことは、知っておかないと佐菜だって前に進めませんものね。
 今まで教えてくれなかった修輔に詰め寄ったのは当然だよー。
 修輔も、あれじゃ答えになって無かったし。
 バイオリンのことで、佐菜が菜々香を傷付けかけたこともあったのにな。

 柚希のキャラメル、そのきっかけは、幼い頃の佐菜だったりしています。
 二人共、そのことに自力で気が付いたのは偉いぞう。
 佐菜は自分から言い出す気配が無かったし、柚希がそれを知らないままだったりしたら、見ている方はストレス溜まっちゃいますもん。
 ね。
 このエピソードは、なかなか楽しかったです。

 菜々香はと言えば、佐菜を完全に無視。
 徹底してます。
 これって、その理由を本人に説明したら、佐菜のことを好きだって言ってるみたいなものなのですが、佐菜にはそういう発想は全く無いみたい。
 あさみも普段と全然変わらないし。
 普段と変わらず、菜々香の幸せを壊します。
 あー、もう!。

 菜々香って、図書室でついつい大声を出して、でもみんなに注目されたらすぐに赤くなっちゃうし、可愛い所があるんですけどねー。
 佐菜はそういう所には全然気が付いてくれません。
 昔みたいに、お手紙の交換をして、ちゃんと思っていることを伝えられたらいいのにね。

 あのポスト、佐菜が転校した後も、菜々香は使い続けてたんだ。
 それなら、本物の郵便で送ればいいのに、なんて私は思うけれど。
 そう出来ない事情があったのかしら。
 佐菜の方も、色々と大変だったみたいだし…。
 菜々香の問い詰めは、なかなか激しかったです。
 確かに、同情から優しくしてるように見えるからなあ。
 というか、完全にそうとしか…。
 菜々香の言ってたことは無茶苦茶だけれど、今は佐菜がそれを受け止めてあげなくっちゃ、なのです。
 いずれ、立場が逆になったりしそうな雰囲気なのが、この作品の嫌らしい所ではあります(^^;。

 あの手紙には、どんなことが書かれていたのかしら。
 当然、佐菜は全部を読んだのですよね。
 あと、菜々香が言っていたように、佐菜も変わってしまったのかなあ。
 私には、あんまりその実感がありませんです。

2007.11.15

■Myself;Yourself 第7話「先生のキャラメル」

 変わってしまったこと、変わっていないこと、それは色々とあって当然なのですが、それを小出しに、しかも嫌な部分ばっかり見せられると、さすがに気が滅入って来るのですけど…。
 佐菜とみんなが再会して、昔のメンバーが揃って、それで5人が今どんな生活をしているのか、それだってあんまり良く見せて貰って無いのにな。
 老人ホームのこととかは、別にどーでもいいのにい(^^;。

 菜々香って、鼻歌歌いながらお買物に行くようなコだったっけー?。
 みんなでお昼ご飯を食べていても、菜々香はいくらなんでも喋らな過ぎだし。
 柚希先生のキャラメルと梶井さんの小箱も、何か関係があったりするのかにゃあ。
 無いよねえ。
 どう考えても、後者のインパクトの方が強くって、キャラメルがどうでも良くなって来ちゃうです。
 ラストで小箱を開けちゃうならともかく、それはそのままで別のシナリオを進行させるって、私はそういうのはあんまり好きじゃありません。
 出し惜しみされてるみたいで、落ち着かないんだもん。

 何てことはともかく。
 あさみはいっつも、いいタイミングで菜々香の前に立ちはだかってるみたい。
 佐菜は全く意識してないし、それはあさみも一緒なんだと思いますけど…。
 それに対して、菜々香がどういう行動を取るのか、全く想像が付かないので、困ったものなのです。

 今回は朱里が色々と動いていたけれど、いつもは一緒に居る修輔が別行動なので、修輔の若月家の家庭内でのポジションとかは、分からないままなのでした。
 どーでもいいのですが、桜乃森自然公園って、不便そうな場所の広大な敷地って印象だけれど、そんな所に市庁舎を作ったりするのでしょうか。
 そこに妙な違和感があ。

 ダークそうな展開自体はともかくとして…。
 ここまで見ていて落ち着かない作品も珍しいです。

2007.11.11

■Myself;Yourself 第6話「オトナだもん」

 あ、雛子の家って、結構お金持ちなんだ。
 随分と高級そうなマンションなのです。

 今回は、持田雛子ちゃん、家出の巻。
 家出と言うか、お母さんが居なくって寂しいから、佐菜の家に転がり込んで来たみたい。
 一人で居るときは、結構子供子供している雛子なのですが、佐菜にはかなり強気だったりとかします。
 圧倒されっ放しですもんね。
 佐菜の立場って…。
 佐菜も、小学生の着替えを見て、あんなに驚かなくってもいいのに。
 まあ、無害なのはいいことですよん。
 タイミング良く麻緒衣が訪ねて来なかったとしても、あの後には何も起こりません。

 二人暮らしは、お約束通りに、でも見ていて心地良く進みます。
 雛子は本当に強気だなあ。
 いつか、雛子の彼氏になる男の子は、本当に苦労しそう。
 同級生とかじゃ、手に負えそうにありませんもん。
 実は結構繊細だったりとかして。
 さりげなくそれに合わせてあげられる佐菜は、優しいぞ。
 手帳で住所なんかを確認したら、自宅への連絡は勿論、お誕生会も忘れません。

 プレゼント選びでは、的確に雛子の性格を伝えていましたよお。
 雛子は、鋭く菜々香の名前を出してましたけど…。
 佐菜のリアクションは、気があるんだか無いんだか、全く分からなくって、見ている方としては困るのですけど!。
 菜々香とは、今回殆ど接触がありませんでしたし。
 あれれ。

 とりあえず、雛子にとっては修輔と麻緒衣が憧れで、他の人達はお友達ってことで。
 みんなと一緒に居るのは、雛子にとってもいいことみたいなのですよん。
 ラストは、「忘れ物」なんだって。
 ありがとうの気持ちは、言葉よりも態度で伝えようとする雛子なのでした。
 それはそれで、雛子らしいよね。
 可愛いよ。
 夜、眠そうにうつらうつらしていたのも、何だか凄く可愛かったです。

2007.11.01

■Myself;Yourself 第5話「咲かない桜」

 佐菜には何か深刻な事情があるみたいなのですが、菜々香にもまた、かなり深刻そうな事情があるのでした。
 そんな菜々香のこと、誰も佐菜に教えてあげないのは、当事者同士でちゃんと話した方がいいってことなのかしら。
 今はまだその時期じゃ無いみたい。
 バイオリンなんて、それは佐菜の思い出とイコールの筈なんだもん。
 幼い頃に佐菜から貰ったアクセサリーは、今もお守りとして大切にしているよ。

 佐菜とやっと仲直りした菜々香、態度は相変わらず素っ気ないけれど、佐菜があさみと一緒に居たりすると、やっぱり黙ってられないみたいなのです。
 何だか、縋り付くみたいな表情で。
 一緒に老人ホームへ行くことになって、桜の舞の練習は出来なくなっちゃったけれど、それは特に問題にはなりませんでした。

 「へえ、星野さん、猫飼ってるんだ」。
 前回の雛子へは、「うわー…、猫かぶってんなあ…」。
 …何のこっちゃ。
 にゃんこ繋がりでは無いけれど、今回の二人、菜々香にとっては凄いお邪魔虫っぷりなのです。
 ちなみに、本人達には全く自覚がありません…。
 菜々香はかなり振り回されてるのに。
 普段とは違って、ここだけ表情がころころと変わるの。
 何か強烈に可愛いし。
 いくら雛子がお子ちゃまでも、目の前で他の女の子にプレゼントしちゃったら、ふくれたくもなりますよねん。

 ラスト、二人で両手を繋いで、一体何をしようとしていたの…?(笑)。
 かなり楽しいラブコメっぷりなのですが、露骨に挿入される、いかにも不幸そうな描写が、不安を煽ってくれるのですよー。

2007.10.29

■Myself;Yourself 第4話「子供じゃないよ」

 佐菜と仲直りした菜々香がグループに合流して、これで幼馴染みの5人が勢揃い。
 みんな一緒に帰ったりして、仲良しさんなのですよー。
 でも、菜々香の台詞が全く無いのが、寂しいというか、物足りないというか。
 今回は麻緒衣が頑張って、朱里もメインストーリーには関わって来ないのでした。

 修輔って、剣道は強いみたいだし、なかなかのお勧め物件みたい。
 助けて貰った雛子が恋をして、告白したのは正解だったと思いますよお。
 誰かに取られちゃってからじゃ、遅いもの。
 子供だって、それは変わりませんよね。
 雛子は、あんまり子供って感じはしなかったかも。
 大人っぽいし。
 しっかりレディーなのですよん(猫被ってたけど)。
 佐菜も、わざわざ目の前で着替えなくってもいいのにね。

 雛子への協力ってことでは、佐菜はかなり頑張りました。
 好きな女の子のタイプとかリサーチしたし。
 修輔の好みは、あくまで朱里を反面教師にしているのが可笑しかった。
 そして、水族館にも連れ出してくれたし。
 水族館へ行くときに二人が乗ってた電車、床が木張りな超旧型みたいに見えたけれど、そんなことはどーでもいいよね…。
 慰め役も、麻緒衣じゃ無くって、佐菜なのでした。
 優しいな。
 にしても、お母さんに告白のことなんて聞いてどーするの。
 そういうことは、菜々香にでも聞いてみて下さい。
 菜々香、きっと困ると思いますよお(笑)。

2007.10.19

■Myself;Yourself 第3話「クッキーと小石」

 修輔と朱里って、いつもああやってお話してるんですかあ。
 まあ、いつもってことは無いんでしょうけど。
 体力作りは欠かさない二人みたいなのです。
 あの二人でなくても、佐菜と菜々香のことは、心配になっちゃいますよね。
 仲直りのきっかけは作るけれど、それ以上のことは、あくまで本人達に任せるって方針みたいですけど、それでうまく行くのかしら。

 佐菜と菜々香は本当に間が悪くって、見ていて本当に、あちゃー…、なんて思うし。
 それは終盤までずっと続いたりするのでした。
 菜々香ってば、そういうキャラなのですねえ。
 そんな菜々香とは逆に、あさみの行動は凄くタイミングがいいんですもん。
 神様は不公平だ。

 菜々香も少しは佐菜に歩み寄ってくれるようになったので、今回の川遊び、ちゃんと実現したよ。
 菜々香本人も、昔みたいに仲良くしたいって思ってるみたいだし。
 菜々香の今の性格って、イマイチ把握出来てませんでしたけど、スパにスク水で来ちゃって、それ以外に水着を持って無いって言う辺りで、何となく菜々香のことは分かりました。
 本当に、人付き合いをしないコなんだなあ、なんて。
 そういうのが、苦手みたい。

 佐菜はと言えば、積極的に菜々香と仲直りしよう、みたいな素振りはあまり感じられ無いのでした。
 こら。
 あくまで自然体なのも、こういう場合には考えものなのですよん。
 それで、お魚さんを捌いていた麻緒衣の包丁に、過敏に反応したりして…。
 え…?。
 5人の中で一番変わってしまったの、実は佐菜だなんてことは無いですよね。
 それはちょっと心配かな。
 時計のことも、内緒だったし。
 それとは別に、佐菜が釣ったお魚は、何故か一匹丸ごと菜々香に託されたのでした。
 麻緒衣ってば、意識してそうしたのかしら?。

 たき火のこととか、クッキーのこととか、幼馴染み全員が同じ思い出を共有してるっていうのは、凄くいいなあって思います。
 思い出は、そう簡単に消えたりはしないもの。

 佐菜からのプレゼントが、実はあさみとお揃いだった、なんていう恐ろしい事実も、ラストでやっと報われましたねー。
 菜々香ってば、可愛いぞ。
 可愛過ぎ。
 佐菜はそういうの、全く気が付いて無いんですけど。
 私は、川にあんな貝居たっけ?、とかどーでもいいことで悩んでいたら、実はあれって、石だったのでした。
 サブタイトルだって、そうなってるでしょ。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ