カテゴリー「シゴフミ」の8件の記事

2008.03.23

■シゴフミ 第12話「シゴフミ」

 明日奈が屋上からロケットを打ち上げたのが、もう凄く遠い昔のような気がするよ。
 EDを見ていて、そんなことを思った私なのでした。
 あと、文伽のきょとんとした仕種が、やたらと可愛かったりとか(^^;。
 シゴフミ絡みで犠牲者が出ても、全く動じていなかったフミカなのですが、さすがに自分のこととなると、そういうわけにはいかなかったみたい。
 とにかくエラーの多いのが人間なんですものね。
 キラメキは勿論、キレイも何だか困った人でした。
 娘の人生に全く関わろうとしないのは、ある意味有り難いような気もしますけど(^^;。
 娘に訴えられて、今のキラメキは、どんな状態なのでしょうね。
 春乃のコントロール下に入って以降、少しは更生しているのかしら。

 携帯電話のカメラで写真を撮られて、それがメールで瞬時に広まっちゃうのって、考えてみればとても怖いことです。
 私の高校時代には、そんなの全く無かったもの。
 フミが今の生活に馴染むには、凄い努力が必要みたい。
 学校で要に声をかけられたとき、一瞬びくっとして、相手が要だって分かったときの安心した表情は、凄く印象に残っているよ。

 それでも今は、要にとってフミは恋愛の対象では無いって思います。
 勿論、ミカでも無くって。
 後は、夏香の努力次第ということで。
 結構大変だとは思いますけどねん。

 一番肝心なフミカのこと、後はもう、フミとミカの気持ちの問題ですから…。
 二人で、自分自身で、何とかしなくっちゃ。
 実はミカも、結構普通に女子高生したかったみたい。
 私には全然分かりませんでしたよお。
 やっと本音を言ったのですねー(笑)。

 シゴフミは、死者が生前に言えなかった思いを伝える手段だけれど、それは懐かしい記憶を思い出させてくれたり、わだかまりを解いてくれたり、殺人に発展したりもします。
 良くも悪くも、何かを変えるきっかけになるなら、配達人も届けた甲斐があるってものなのです。
 どう活かすかは、受け取った本人次第ですものね。

2008.03.09

■シゴフミ 第10話「デアイ」

 若い頃は、自分の死と向き合う機会なんて、殆どありませんものね。
 日比谷毅彦が、おじさん、って呼ばれる歳になっても、それは変わらなくって。
 歳を取ったら、自然にそのことに意識が向いたりするのかしら。
 そして、まだ小さな文伽の方が、ある意味、死には近かったりします。
 交通事故、怖いです。
 今回は、毅彦がちゃんと助けてくれたから、良かった良かった。
 ゲーム機は、新しく買って貰ったのかな…?。
 その後のお葬式のとき、毅彦はあの事故じゃ無く、末期ガンの方で亡くなったのかと思ったけれど、そうじゃありませんでした。
 どちらでも、本人には一緒だったかしら。
 やり残したことは何も無い…?。
 あのシゴフミを見ると、思い残すことはもう何も無くって、自分の本当の気持ちに気付かせてくれた文伽に対して、感謝の気持ちが感じられたよ。
 そういうのって、いいですよね。
 フミカも、わざわざ手紙を開封してあげたりして、優しかったです。
 末期ガンであることを知らされた毅彦は、何もかもみんな無くしてしまったって言ってたっけ。
 でも、もう死んでしまうなら、それ位の方がいいのかもしれません。
 周囲を巻き込んだりとかって、嫌ですものね。
 ただ、気持ちだけは、安らかな気持ちでだけは居たいですし。
 一人じゃ何も出来ないから、素直に毅彦を頼って来る文伽は、可愛かったよ。
 文伽が見ていた世界って、結構ありがちな描き方ではあるのですけど、私はそういうのが大好きです。
 誘拐と間違われて警察に連行されたりとか、さすがにあれはあんまりだと思いますけどねー(^^;。

2008.03.02

■シゴフミ 第9話「サイカイ」

 フミちゃんが目を覚ますには、むしろミカの方への働きかけが重要って気がするかも

 とりあえず、要と夏香はミカの近くに居てくれてるし、ミカもそれを拒絶したりはしていないから、様子を見守るってことで。
 キラメキは春乃が何とかしてくれるでしょう。
 って、原稿、もう上がったのかい!。
 早過ぎ。
 ちゃんと今までと同じレベルで書けてるのかな。
 キラメキの背中、寂しそうでしたよ…?(^^;。

 そして、チアキも加わって、みんなで南の島へ。
 旅行、いいですね!。
 過程も楽しむっていうのは、確かにその通りなのですよー。
 カナカはいいこと言うなあ。
 移動だって旅のうちなのだ。
 ちなみに私は、移動だけで旅が終わってしまうので、道程というものが無くって、移動そのものが旅だったりしています。
 あくまで、電車と船に乗るのが目的なのだ☆。
 そういえば、塔子は船のいっちばん前に立っていたね。
 舳先のあんな所まで入って行ける船、私も乗ってみたいです(^^)。

 カナカとマトマも、海に来て凄く嬉しそう。
 泳ぎまくっていたよ。
 …変なの…(^^;。
 ヘンな光景。
 要に拭いて貰うの、気持ち良さそうだったし。
 温泉でも気持ち良さそうだった。
 それはフミカも一緒で。
 フミカのあんな表情、滅多に見れませんよお。
 夏香も色々と楽しそうだし。
 要とマトマの男の子同室組は、かなり微妙だ…。

 チアキの死因になった交通事故は、あんな絶妙のタイミングだったのですね。
 殆どプロポーズの瞬間だし。
 おかげで、チアキの時間はあそこで止まってしまいました。
 それは才蔵も同じだったと思うけれど、自分なりに気持ちの整理を付けて、前へと進むことに決めたみたい。
 だからずっと独身で、養女を貰ったのでしょうし。
 いい話だなあ。
 さすがのチアキも、才蔵が結婚したって思い込んだときには、寂しそうだったもん。
 気持ち、一方通行にならずに済みました。
 それが分かれば、シゴフミの切手はそんなに重要じゃ無かったかも。
 勿論、あった方がいいに決まってますけどね。
 にしても、生前の千章って小柄だし、凄く若そう。
 犯罪じゃ無いだろうな(^^;。

 今回のお仕事に乗り気じゃなかったフミカ、それってどうしてなのかしら。
 手紙しか運びたくないとか…?。

2008.02.24

■シゴフミ 第8話「ハジマリ」

 ラストは爽やかに終わったけれど、中身はかなり、辛くて厳しいお話でした。
 だって、娘への虐待だよー。
 ずっと大好きでいてくれたフミちゃんに対しての…。
 それに、まだ病院に居るフミちゃんのことは解決してませんし。

 それでも、春乃が居れば、キラメキは何とかなるっていう、妙な安心感があったりします。
 死んでも原稿を書かされそうだもの。
 春乃って、ある種の強さがありますね。
 自殺してしまった、元々のシゴフミの送り主さんとも、通じるものがあったみたいだし。
 しかも、フミちゃんの入院の治療費を稼がせるっていう、妙に現実的な解決策を提示したりして(^^;。

 それで、ミカも押し切られちゃいました。
 春乃の言葉には、有無を言わさぬ力があったもん。
 それで、要や夏香ともお友達になれたよ。
 文歌のことは、この二人が何とかしてあげられるかもっ。
 要と夏香にも、それぞれ思う所はあったみたいだし、この人達の今後は、最後まで見届けたくなっちゃいます。
 もう、すっごく。
 当然、キラメキにも本を仕上げて貰わなくっちゃ。

 今回、要が激怒したのも当然ですよね。
 さすがにちょっと殴り過ぎだったけれど…。
 キラメキのお顔が綺麗なままだったのは、ミカ以上に凄いと思ったり(^^;。
 虐待を握り潰してしまった出版社も、何でも有りだよなー。
 この世界には、黒い部分が沢山有るってことですかあ。
 そして勿論、いいことだって沢山あるよ。

 ずっとキラメキを好きでいようとしたフミちゃん、凄くイタイケだったです。
 それなのに、キラメキと来たら!。
 でも、実は母親のキレイにも問題があったのかもしれないし、ちゃんと監視役が居て、危害を加えることが無いなら、キラメキってあんまり憎めませんです。

2008.02.17

■シゴフミ 第7話「キラメキ」

 病院のベッドで静かに眠り続ける文ちゃん、それはそれで悪くは無いことなんじゃないかな、なんて私は思ったりするのでした。
 決して、幸せでは無いと思うけれど、今の文ちゃんには必要なことなのかもしれないよ。
 勿論、いつかは目覚めて貰わなくっちゃ困るのですけど。
 今回はわざわざ文ちゃんに会いに来たフミカですが、別の心で別の体を見つめてるのって、どういう気持ちになるんだろ…。

 自分の死後にシゴフミを書ける人って、あくまでランダムに決まるみたいですが、その配達をする人も、またランダムに決まるのですねえ。
 容赦無いです。
 実はわざとやってないですか…?。
 今回のフミカは、余計なことは何も言わずに手紙を渡したから、キラメキも普通にシゴフミを受け取りました。
 シゴフミ(ファンレター)を燃やしちゃうのは、確かに褒められたことでは無いけれど、受けとった手紙をどうするかは、あくまで本人次第なので…。
 まあ、人前でそれをやっちゃう所に、キラメキの性格が出ています。
 それでも、キラメキだって、実は色々と無理をしてそうなのですよー。

 文ちゃんは、本当に娘なのかしら。
 フミカとは全然印象が違うなあ。
 保健室登校だったのは、体が元々弱かったからー?。
 お父さんのキサラギも、昔はあんなじゃ無かったとか…。
 その辺りは、次回描かれると思うのですけど。
 フミカ、撃たれちゃったし。
 ていうか、フミカを見てもキサラギは全然驚かなかったし。

 何故かあの場に居た要と夏香には、フミカ絡みで色々と役割があるのでしょうね。

 要は粛々と真実を知ろうとしているけれど、夏香は全く別の世界を作り上げていたりして。
 姉にもからかわれまくって。
 要はリアクションが薄いから、つまんないヤツなのです(笑)。
 二人、意外といいコンビだと思うので、一緒に事件を解決して欲しいかも!。
 これって、そういう作品じゃありませんけど(^^;。

 個人的には、フミカが見ていたキラメキの姿、それが全てだとは思いたく無い気がしますです。

2008.01.20

■シゴフミ 第3話「トモダチ」

 あ、今回は電車のお話…?。
 でもこの作品って、誰かが必ず死ななくっちゃ、お話が成立しないのですよね。
 何気無い感じでホームに立っていた要を見て、そしてホームの端へと一歩を踏み出した姿を見て、何だか物凄い息苦しさを感じてしまいました。
 とりあえず、要は一線を越えたりはしませんでしたけど…。
 見ていた私は、本当にドキドキで。
 その後の、沢山の人達が線路へと飛び降りるイメージとか、走り去って行く電車とか、まさに悪夢だったもん。
 ホームから飛び降りてみようだなんて、そんなこと、絶対に考えませんよお。
 理由が有っても無くても、却下です。
 それがマンションの屋上であっても、一緒だよお。

 千川大輝のお父さんも、理由が分からないから、パニックになっちゃったんだ。
 本当は何か理由を知っているのかと思ったけれど、そういう訳じゃありませんでした。
 それとは別に、お父さんのシーンのあの黒い影って、一体なあに…?。
 何かまずい部分でもあったのかしら。
 凶器とか。
 生徒達、みんな不自然な悲鳴の上げ方をしてましたし。

 大輝からのシゴフミは、本当に何気無い感じで書かれていて、それは殆どの人には理解出来なかったみたいだけれど、要には気持ちがちゃんと伝わったみたい。
 シゴフミで、ちゃんと友達だって実感出来たのは、皮肉だなあ。
 大輝が身を投げたのは、お昼の要との会話がきっかけだったのかっていうと、それは違うと思いますし。
 二人、似た所はあったのですね。
 それが普遍的なものだとは思いませんけど…。

 そして、現場に居たもう一人のお父さん。
 あの刑事さんの役割って…?。
 透とフミカには、何か因縁があるみたいで、それはちょっと楽しみなのです。
 フミカにも、過去や事情はちゃんと有るわけですかあ。
 今のフミカは、言いにくいこともズバズバ言ってますけど…。
 カナカ以上に遠慮が有りません。
 いいコンビです、本当に。
 透には、何かを語ってくれるのでしょうか。

 そういえば、中絶した赤ちゃんからのシゴフミって…。
 あれは怖いです。
 とても小さな、真っ赤な手形…。
 父親宛てってことは、決していい意味では無いのでしょうし。
 それがあの男にちゃんと伝わったのかは、定かではありませんけど。
 もし命があったら、時々は思い出してあげて下さい。
 そして、カナカは余計なことをしない方が、らしい感じがしますねん。

 以下、余談。
 出て来た電車の正面のデザインは、211系みたいだったです。
 謎なのは、冒頭の曲線標がアップになったシーン。
 どうして曲線標が、複線の線路と線路の間に立っているの…?。
 そもそもあの線路はずっと真っ直ぐで、半径600メートルのカーブがあるようには、とても見えませんけど(^^;。
 このカットは後からもう1回出て来たから、ちょっと気になっちゃいました。

2008.01.15

■シゴフミ 第2話「ロケット」

 翔太ってば、いい人過ぎますよお。
 前回、明日奈に刺されて即死してしまい、そのときは何も伝えられないまま死んでしまったけれど…。
 シゴフミで届けられたメッセージは、明日奈の心を動かしたみたいなのです。
 あんな内容ですものね。
 翔太を刺した後も、明日奈に自責の念は全く無かったのにな。
 謝罪の言葉に驚いた明日奈は、ロケットを打ち上げに戻って…。
 死んでしまいました。

 にしても、殺人とシゴフミは、次々と連鎖して行くのですねー。
 明日奈は翔太を殺す必要は無かったのに。
 更には、電車の車内でフミカを殺そうとしたり。
 翔太も、あんなシゴフミを出さなければ、明日奈が死ぬことは無かったのにな。
 死ななかったとしても、あそこに戻ったら、警察に捕まる危険はおっきかった筈。
 私としては、明日奈には逃げ続けて欲しかったよ。
 することが、まだ色々あるんだもん。

 明日奈が美紅に送ったシゴフミ、あれなら、フミカも心安らかに届けられたのかしら。
 そんなことは無いか。
 嫌な仕事ですよねえ。
 それでも、誰かがやらなくっちゃいけないのなら…。

 というわけで、全てに決着が付いて、心残りは何も無い結末になりました。
 明日奈と父親は、殺されてしまうだけの理由があるし。
 理由の無かった翔太も、本人が納得してるし。
 とりあえず、美紅も生活には困らない筈で。
 これはこれで有りだって思うのでした。
 嬉しい結末じゃありませんけどね…。

 にしても、ナイフを見たカナカは慌て過ぎみたい。
 二人共、人間じゃないのに。
 妙に普通の人間っぽいリアクションなので、ちょっと可笑しかったりしました。
 そういう風に作られているのかな?。

 明日奈は、13:38発の青森行き「シルバーアロー」で逃走~。
 逃げるときの行き先は、やっぱり北なんですか。
 と、私もカナカと同じことを思いました。
 明日奈ってば、変装上手かったなあ。
 目付きが悪いと、男って言われても全然違和感が有りません(^^;。

2008.01.06

■シゴフミ 第1話「コクハク」

 生きてる人間は、確かにウソを付くです。。
 私は弱気なので、すぐに見抜かれちゃいますけど…。
 明日奈は誰にも気付かれなかったみたい。
 警察にも。
 翔太にも。

 それが悟られたと分かったら、何の躊躇いも無く翔太を刺しちゃいましたねん。
 仕事が早過ぎて、翔太もリアクションを返す余裕が無かったし。
 明日奈、一瞬で表情が変わってったっけ。
 何かを護る為には、あそこまでしなくちゃいけないってことですかあ。

 翔太はもう即死かしら。
 そうすると、今度は翔太のシゴフミが…。
 そういう連鎖が起きたりとかもしそうで。

 そういえば、フミカは何をもって翔太を明日奈の恋人と判断したんだろ。
 ずっと明日奈の様子を観察していたのお?。
 お父さんも、自分を殺した娘の恋人をわざわざ手紙の宛て先に選んだ辺り、事情があるのかなあ。

 無口なコには、お喋りなパートナーが必要ってことで、カナカは本当に良く喋ります。
 でもあの性格って、私は好きです。
 かなり好き。
 明日奈にナイフを向けられたら、本気で焦っていたよ。
 フミカも、真面目な割には、ちょっととぼけた所があるコだし。
 それ位で無いと、ああいう仕事は出来ないんだろうな。

 というわけで、なかなか暗いシチュエーションではありますが、そんなに嫌らしい描き方はしていないので、とりあえず今回は耐えられました…(^^;。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ