2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー「夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love-」の13件の記事

2007.02.27

夜明け前より瑠璃色な、その1

 全てのクリアが終わったので、いい加減遅くなっちゃいましたけれど、PC版ゲームの感想です。
 ゲームが終わったら感想を書いて、更にアニメを見直してそっちの感想も新たに書いて…、なんてことを考えていたのですけど、いつまで経っても書けないままでした(^^;。
 このゲーム、私は凄く気に入りました(^^)。
 女の子はみんな可愛いし、ストーリーは私好みだし、思いっ切りのめり込んじゃいましたもん。
 勧めて頂いたあずれさんには、感謝感謝です☆。
 ゲームばかりやっていたので、アニメ版の記憶がすっかり飛んでしまい、というか、ゲームの記憶で上書きされてしまって、アニメの達也やフィーナのこと、殆ど思い出せなくなってしまったのが予想外…。
 あわわ。

 ゲームをやってから、私はすっかりフィーナが好きになっちゃいました。
 フィーナ、可愛いんだもんっ。
 可愛過ぎです。
 アニメとは声優さんが違うのかな…?。
 でも、アニメから入った私も全然違和感無くって、語尾の話し方とかが、すっごくお姫様らしいというか、フィーナらしいというか。
 性格も、ストーリーの中でうまく設定されていましたし。
 これはいいです。
 「こら、いたずらしないで」。
 「そういうことも言わないで」。
 このシーンが、画も声も私のイチオシかな♪。
 その後も、微妙にフィーナの尻に敷かれているような達也を見ているのが、とても楽しかったです。

 何だか私もキャラクターと一緒になって、楽しくなったりはらはらしたり、もお大変なのでした。
 だから、達也がフィーナ手作りのお弁当を払いのけちゃったときは、どうなることかと…。
 この後のさやかとカレンは、格好良かったですね。
 二人共、年長者らしく、毅然とした態度で。
 こういう人達が居てくれて、達也とフィーナ、幸せ者だよ。

 フィーナを見ていると、何か妙に懐かしい気持ちになったりもします。
 どうしてなのかな?、なんてずっと考えていたのですが、やっと分かりました。
 フィーナって、高瀬祐花ちゃんにイメージが似てる!。
 喋り方といい、考え方といい、祐花ちゃんらしさがとても感じられるんです。
 実は結構トボけた所があるのも一緒だよ。
 まあ、そう思うのは私だけかもしれませんけど、私自身が忘れかけていたことを思い出させてくれて、私は凄く感激しちゃったのでした。

 ライオネスに二人の関係を認めて貰う過程も、遺跡の調査結果っていうお土産も持っていたし、アニメみたいに妙な方向で時間を取られることもありませんでした。
 二人の関係を認めて貰うっていうのは、二人がそう決心して、カレンの同意を受けた時点で、もう終わっているべきことなんですものね。
 アニメで果てしなく謎だったリースの役割も、やっと分かりました。
 リースのシナリオに入るまで、ちっとも本性を見せてくれないので、最初はちょっと冷や冷やしていたのは内緒です(^^;。

 クリアした順番は、フィーナとリースは固定として、麻衣→菜月→さやか→ミアになりました。
 私は幼馴染み評論家なので、本来は菜月を先にすべきだったのですが、麻衣の可愛さにやられてしまったので…(またかい)。

 何だか、まとまりの無い感想になっちゃいましたね。
 でも、実はまだ続いたりしますよお(^^;。
 以上、苫小牧からの送信でした。

2006.12.22

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第12話「お姫様と…」

 PC版を入手しましたあ。
 瑠璃色クロニクル付きの、初回限定版。
 友人が持っていたので譲って貰ったのですが、これ、未開封の新品なんだけど、いいの…?。
 その友人はゲームプレイヤーでは無く、ゲームコレクターだそうなので、買った後は別に開封しなくてもいいみたいです。
 そっかあ(^^;。
 フィーナのキャラデは、アニメの方がお姫様らしい気品があるような感じもするよ。
 ハダカなのは、逆に違和感があったりしてます(笑)。

 さてさて、アニメの最終回。
 ちゃんと大団円になったし、私は結構楽しかったです。
 見ていて気持ちのいいシーンもいっぱいあったし。
 カレンは格好いいし。
 セフィリアの遺言はやっぱり優しくって。
 心労が重なって亡くなったというのは、どうかと思いますけど…。
 それは、ライオネスが全て悪いとしか思えません。
 ユルゲンは予想以上にやってくれました(^^;。
 前回からの流れとしても、いい感じだったと思いますよお。

 さすがに、達哉が撃たれて死んじゃうのは、意味が分かりませんでした。
 既に全てが解決済みだったんですもの、あそこで達哉が死んじゃう意味って、全然ありませんよね。
 もしかしたら、フィアッカが達哉に乗り移るのかしら、なんて思ったりもしたけれど、それだとお話がややこしいことになっちゃうから、無理ですよねえ。
 そしたら何と、宇宙人さんが生き返らせてくれたのでした。
 宇宙人!。
 そんな第三勢力が居るんじゃ、地球と月で戦争なんかしてる場合じゃ無いですよお。
 と、国民の誰もが思うのではないかと。
 達哉とフィーナが頑張った意味って…。
 人間とは姿も全然違う宇宙人さん、結婚式ではすっかり溶け込んでましたよね。
 あんなのを受け入れられる度量があるなら、月と地球の国交正常化なんて、凄く簡単な気がするのですけど。
 達哉とフィーナが頑張った意味って…(^^;。
 未確認飛行物体もそうだったけれど、また妙にクラシカルな宇宙人さんだったなあ。
 千春も、またどーでもいい所で登場したみたい。

 ここだけは、さすがに好きになれません(^^;。
 でもでも、この最終回、私は決して悪くは無いって思うのでした。
 シリーズを通しても、平民の達哉とお姫様のフィーナ、二人の関係の描き方は、見ていて納得出来るものでしたし。
 だから私は、毎回ちゃんと早起きして、朝の5時前にこの作品を見ていたんですもの。

 というわけで、次はゲームへと進みます☆。
 菜月ルートを目指します。
 菜月って、名前に月が入っているのに、特に月との因縁は無いコなのでしょうか(^^;。

2006.12.14

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第11話「お姫様とその手を重ね」

 今回もなかなか楽しかったよ。
 達哉とフィーナの再会っていう点では、物足りなかったですけどね。
 二人の本領発揮は、次回かしら。
 あの緊迫した状況をひっくり返して、二人の結婚、国民レベルでの同意を取り付けるのだ(^^)。

 にしても、ユルゲン、出番多過ぎ。
 あーもう!、鬱陶しいったら(^^;。
 フィーナとの結婚も、ただ権力を得る為に利用しているだけみたいだし。
 本当、とことん嫌なヤツだなあ。
 そんなに地球が嫌いなんですか…。
 にしたって、ライオネスは頼りないとゆーか、腑甲斐無いとゆーか。
 セフィリアの名前まで出されて、その行動を否定されちゃっているというのに、全然怒らないんですもの。
 ユルゲンの暴走も容認しちゃってます。
 ブリジットやさやかは、強行派の勢力が増した為、との認識だったけれど、どうもそうは見えないのが辛い所なのです。
 でもまあ、娘を地球にホームステイに出すだけでも、かなり大変だったんでしょうし。
 反地球派にしてみれば、王女を人質に取られるようなものですもんね。

 高野じゃないけれど、ミアの啖呵は良かったですね。
 その言葉は、ストレートにフィーナの心に届いたみたい。
 私にもちゃんと届いたよ。
 高野が持って来た剣は、それなりに由緒ある剣なのかな。
 ミアと助手、最敬礼していたね。
 あれは、フィーナの覚悟と決心に対してのものだったのかしら。
 にしても、ロックされた扉を開けるのに、剣で切り刻んじゃうとは思いませんでした。
 私はてっきり、高野が愛用していた、天井裏を通って行くのかと…(^^;。
 そういえばあの剣、助手と一緒に天井から落ちて来たけれど、その程度じゃ壊れないみたいです。

 リースリットもしっかり付いて来ていたけれど、本当に見ているだけなの。
 見ているだけなら、最後まで見届けた方がいいと思うのですけど、核心部分には立ち入って行かないみたいです。
 現実に、月と地球で戦争が始まりかけているのに、そんなんでいいのでしょうか(^^;。
 達哉のことは、殺そうとした癖にー!。
 どうも役割が良く分からないです。

 でも、カレンはとても楽しそうなのでした。
 工作員向きの人材ですよねー。
 あんなに高性能な戦闘機まで持ってるんだもん。
 無茶ばっかり言う主の期待に応えるには、ああいったものが必要なのかもしれませんけど(^^;。
 しっかり達哉を護ってくれましたねん。

 というわけで、月と地球の命運は、達哉とフィーナに委ねられて。
 つづく(^^)。

 余談。
 「夜明け前より瑠璃色な」の感想を書かれているブログさんは沢山ありますけど、その感想で作画に全く触れていないのは、ここが日本唯一のブログなんじゃないかって気がして来ました(^^;。
 本当に、今まで一言も触れて無いや。
 私のアニメの見方って、他の方々とは違うのかしら。
 そんなに特殊なのかなあ…。

2006.12.07

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第10話「片翼だけのお姫様」

 駄目だあ。
 私はこういう話に、思いっ切り弱いのです(^^;。
 見ていてずっとわくわくしちゃって、次回がもう、楽しみで仕方ありません。
 いいないいな♪。
 色々ありますものね。
 ライオネスをたき付けた謎の男の正体とか、セフィリアの遺言の中身とか、達哉だって来てくれるし(でも、出来ることってあるのかな…?)、セフィリアの入浴シーンとか(そこは関係無いだろ)、とにかくユルゲンは袋叩き希望とか(ライオネスのことも、内心では成り上がりとか思ってそうだし)。

 実際、達哉に出来ることは本当に限られちゃうけれど、それはカレンが言っていた通り、フィーナと一緒に居ることが重要なんですものね。
 達哉を地球に残して行ったのは、失敗でした。
 でも、そのおかげで、達哉はかつてのフィーナとの約束を果たすことが出来る訳だし、微妙に自力じゃ無いのが残念ですが、そこは結構いいかも。
 カレンも、判断ミスは素直に反省していたよ。

 お若い頃のセフィリアは、本当にフィーナとそっくりなのでした。
 実はお母さんの方が、フィーナよりもおてんばさんだったみたいだし。
 本当の姿を知ったら、フィーナだってびっくりするぞお(笑)。
 高い樹に登って、景色を見下ろしていたシーンが私は好きです。
 入浴シーンは、もっと好き。
 おい。
 アングルがまたいいんですよね。
 ダビングしたあのテープ、私も欲しいなあ。
 もう、すっごく!。

 いっつもつまらなそうにしていても、ライオネスを見るとにこっと笑ったり、やきもきしちゃうセフィリアって、ずっこいの。
 そういうコって、個人的に好感度高いです。
 くらくらですわ。
 ここでもフィーナは負けてるよー(^^;。
 でもまあ、そんなセフィリアが居たから、フィーナが居る訳なのですねん。
 好きな男の子のことを認めて貰う為に、同じ台詞を言ったりして。
 ここ、思わずリピートして、見直しちゃいました。

 そして、若い頃のライオネスって、性格は達哉より頼りなかったりもします。
 あれなら、達哉にも希望はあるよ(^^)。
 あ、そだ。
 いくら勝負が付いたからって、竹刀を手放したりするのは、地球の剣道では有り得ません。
 礼の前に面を外しちゃうのも有り得ません。
 礼儀を重んじる剣道を一体何だと…(^^;。
 と、一応経験者である私は思うのでした。

 麻衣と菜月は、もう少しだけでも、達哉そのものに寄り添っていて欲しかったかも。
 心配した菜月が様子を見に来てくれたけれど、見せ場はカレンが持って行ってしまったもん(^^;。
 さやかはしっかりおねーちゃんしてましたけど☆。

 予想外にセフィリアの破壊力はおっきかったけれど、フィーナと達哉も、二人一緒に頑張って欲しいなあ。

2006.12.01

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第9話「お姫様に迫る影」

 「家の中では程々にね…」。
 なんてことをさやかに言われちゃう、達哉とフィーナなのでした。
 でもあの二人って、別に前と変わって無いような気も…。
 そりゃ、やたらと頬を赤らめたり、首まで真っ赤になったりしてますけど。
 やっぱり、変わった変わった。
 フィーナも随分と柔らかい表情をするようになったし。
 気持ちが通い合った二人には、甘い空気が漂いまくってます。
 あれじゃあ、同居してる3人、堪りませんですね。
 みんな楽しそうだから、別にいっか。
 人前で余計なことを口走らないよう、それだけは注意しつつ(笑)。

 フィーナのペンダント、私はそんなの付けてたの全然気付かなかったけれど(こら)、お母さんの遺言が入ってるんですって。
 音声でメッセージが流れるみたい。
 しかもそれは、本当に結婚したい人が出来たときに聞くもの。
 わ、それは、凄く気になります。
 どんなメッセージなんだろ。
 きっとそれは、フィーナのお父さんも、思わず娘の結婚を許してしまうみたいな、そんな破壊力があるに違いありません(^^)。

 そして、月へ向かったカレンは、当然のように拘束されちゃいました。
 あらら…。
 まあ、ユルゲンにしてみれば、ホームステイ先の地球人にフィーナを取られるなんて、我慢ならないと思いますけど。
 あのカレンのことですから、ある程度はそれを見越して、何らかの手は打ってあると思うのですけど。

 地球では、ユルゲンとは関係無く、フィアッカによって達哉が危機に…。
 こらこら。
 月と地球の戦争を回避するのがフィアッカの使命なら、達哉よりもユルゲンを何とかした方がいいと思うのですけど(^^;。
 元々、達哉とフィーナは戦争なんてする気は無いし、この際二人を応援した方が、効率的だと思うもの。
 それは、リースの判断が正しいよ。
 フィアッカも、昔の人なのかなあ。
 頭が固いのです(^^;。

 それはともかく、公園のベンチに座って達哉を待っているフィーナ→驚かせようとして後ろからそっと近付く達哉→ふいっと後ろを向いて達哉を見付けちゃうフィーナ。
 ここのシーン↑が、私は凄く好きだったりするのでした。
 もう!、何やってんだか(^^)。

2006.11.23

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第8話「お姫様と瑠璃色の空の下で…」

 早朝の河原で、達哉がフィーナに言った言葉が、この作品のタイトルの由来なのかしら。
 景色といい、その言葉といい、何故かあんまり印象に残らなかったので、同じようなシチュエーションが再びあることを期待しつつ…。
 にしても、朝まで一緒にお散歩していたらしいお二人、よっぽと嬉しかったみたいです。
 キス位、させてあげればいいのに。
 みんなで覗きですかあ。
 麻衣ってば、あんな大きな声で寝言を…(^^;。

 お姫様との恋愛って、本気で大変そうっていうの、それはとても良く伝わって来ました。
 達哉もフィーナも、これからが大変なんですよね。
 二人を認めてくれる人なんて、居るわけが無いんですもん。
 さやかが首席秘書官を辞めることも、受け入れなくっちゃいけないし…。
 覚悟って、そういうことでもあるんだ。
 でも、さやかはとっても楽しそう。
 二人だって、もう迷いません。
 お互いを信じて居られれば、世界中が二人を責めても、きっと大丈夫だよ。
 決してゼロじゃない、味方だって居るんですもん。

 ちなみに、今回は結構、遠山翠が印象に残ったりしました。
 何故に突然、マンガをフィーナに勧めるの(^^;。
 カレンは思った通りの人でした。
 麻衣と菜月は、ちっとも印象に残りません…。
 麻衣に妹らしさはあるけれど、菜月に幼馴染みらしさは無いし。
 勿体ないの。

 とりあえず、次回、リースリットが動くみたい。
 何をするつもりなのかは分かりませんが…。
 ユルゲンだって、放っておいてはくれないでしょう。
 達哉、どうやって決着を付けるのかしら。
 あの男は、徹底的に叩きのめして欲しい所なのですが(^^;。

2006.11.16

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第7話「お姫様の許婚」

 達哉とフィーナ、お互いの意思で、とりあえず距離を取ってみることにしました…。
 って、あれはよそよそしい、と言います(^^;。
 逆に、周囲に心配かけちゃうもん。
 さやかとカレンでさえ、いたたまれない気持ちに…。
 妙に徹底してましたもんね(^^;。
 フィーナが不器用なのは、セフィリア譲りなんですって。
 達哉は…。
 麻衣ってば、誰の名前を言いかけていたのでしょう。

 そして、月からやって来た許婚は、嫌なヤツなのでした。
 明らかに、あれは敵だよー(^^;。
 フィーナのことを本当に好きなのかも分かりません。
 この流れは、達哉に有利って言えます。
 ヤツの味方なんて、誰も居なさそうだし。
 次回、それでもフィーナが達哉を拒絶したら、ある意味凄いのですけど…。
 フィーナの判断基準が民の意志であるなら、月の人達の、普通の人達の意志は何処にあるのか、ってことになります。
 みんな、そんなに地球人が嫌いなのー?。

 ユルゲンは嫌いみたいでしたけどね。
 麻衣のことも、はっきりと顔に出してたから、達哉に見抜かれちゃってたし。
 よくもまあ、達哉と握手なんてしたものです。
 あれは威嚇ですかあ。
 達哉も、お返しに鼻でも摘んであげればどうかと…。
 そんなことしたら、戦争になりそうだけれど。

 菜月は今回、幼馴染みとして、達哉を応援してくれてたよ。
 達哉への思いとかは決して表に出さないし、本当に何とも思っていないみたい。
 それはちょっと残念かな。
 もしかしたら、吹っ切ってしまったのかしら。

 一介の学生である達哉、フィーナの為に何が出来るでしょうか。
 出来ることは限られちゃうけれど、フィーナにはそれで十分なのかもしれないね。
 次回に続きます。
 何か楽しくなって来ました♪。

2006.11.09

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第6話「お姫様は恋愛禁止!?」

 今回は、麻衣や菜月に、しっかり出番があったよ♪。
 嬉しいな。
 代わりに、仁や高野の出番が減ってしまったけれど、そこは別にどーでもいいや。

 麻衣はミアにフルートを聴かせていたね。
 状況は良く分かりませんけど(^^;。
 麻衣ってば、達哉をフィーナに取られちゃって、寂しいんだって。
 麻衣としては、二人が仲良くなることよりも、死刑の方が心配みたいでしたけど。
 こらこら。
 菜月も、達哉とフィーナの距離が近付いていることに薄々気付いているけれど、それ以上どうこうっていうのは描かれませんでした。
 寂しいな…。

 達哉とフィーナ、何やってんだか。
 見ていて恥ずかしいですよ?(^^;。
 ああいうの、みんな高野に写真撮られているのかなあ。
 それは、致命的。
 なんてゆーか、後々、致命的です(笑)。
 あ、マグカップを剥き出しのままプレゼントした達哉が、男の子らしくって楽しかったよ。

 二人が恋愛すると、立場上宜しくないっていうのは、確かに…。
 それを言うなら、同い年の男の子が居る家で一緒に暮らしているっていう時点で、既に駄目って気もしますけど(^^;。
 ホームステイの目的、良く分からないや。
 地球側から見れば納得だけれど、月の側から見ると、あんまりメリットは無さそうな気がするもの。
 フィーナの希望なんだっけー?。

 月と地球、お互いが歩み寄るのは、かなり難しそうな印象です。
 そもそも交渉にならなかったもん。
 資源や食料、水の問題が絡むと、お互いが早く妥協点を見付けなくちゃ戦争になってしまいそうな雰囲気ですが、大丈夫なのかしら。
 大統領は、フィーナに期待しているみたいですけど…。
 フィーナが真摯に月の姫であろうとすればする程、それは逆に難しそうな気がするよ。

 そして、何か良く無いことも起こるんだって。
 それって、フィーナのお母さんのことかしら?。
 一体、何が起こるんだろ。
 今までも結構出て来ていたリース、その目的は分かりましたけど、今回も何もしないで立ち去っちゃいました。
 というか、達哉に影響されまくってます。
 達哉のあの性格は、面倒起こさなくって、いいですね。

 達哉とフィーナ、お互いが距離を置いて、冷静になってみるのも、それはそれでいいかもしれませんよー。
 菜月が間に入るなら、今がチャンス!。
 って、その気は全然無さそうなのが、私はとても残念です(^^;。

2006.11.02

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第5話「お姫様無人島漂流記」

 フィーナが初めて水着になって、達哉が思い出の女の子はフィーナだって思い出して、そんなお話。
 それを、またえらくストレートにあっさりと描いてます。
 見ていて拍子抜けしちゃう位だもん。
 えっと、もう少し何かあってもいいと思うのですけど…(^^;。

 麻衣と菜月の出番が、殆ど無いのも寂しいな。
 妹と幼馴染みの立場が…。
 左門と高野の出番は結構あるのにい。
 高野はそれなりにストーリーに絡んでるけれど、左門は何か意味があるのかしらん(^^;。

 全体的に、何か印象が薄いかも。
 あ、泣き出しちゃった幼いフィーナなのですが、その後の毅然とした態度は、お姫様らしくて格好良かったです。
 そのおかげで、達哉は放り出されなかったんですものね。

2006.10.26

■夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 第4話「戦う!お姫様」

 んと、真に戦っているのは、さやかのような気がするけれど…(^^;。
 セフィリアの娘であるフィーナには、地球と月が真に友好な関係を結ぶ日への期待がかかっているし、達哉と麻衣のおとーさんは、何げに月への留学経験があって、実はセフィリアと何か因縁があるのかもっ。
 なんてことを思いつつ、お話自体は結構どーでもいい内容なのでした。
 こら(^^;。

 溺れていた子犬を助けたときは、体一つで川に飛び込んだフィーナですけど、ミアを助けるのには完全武装。
 応援を呼ぶのも忘れません。
 確かに、頼っていいって達哉も言ったし、使えるものは使わなくっちゃ、ね。
 でも、怯えきった素人が、ゴキブリと戦うなんて、とても無理です。
 被害があの程度で、むしろ良かったのかもしれませんよー。
 ちなみに、月の人は泳げないし、月にゴキブリは居ないのですねえ。
 あ、成る程。

 殆ど裸で、高野の撮った入浴写真を見せられた達哉ですが、それをみんなに目撃されちゃったのは痛かったよね。
 そういうのは、こっそり見せて貰わなくっちゃ(^^;。
 やっぱり袋にされちゃったみたいで、何も悪く無い達哉、お気の毒でした…。
 すぐに誤解は解けてたみたいなのが、結構謎というか、つまらないというか(笑)。
 ちなみにあの画像、消去はしないでこっそり達哉のパソコンに残しておくのが、本当の親切だと思います、高野さん。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ