2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カテゴリー「かしまし~ガール・ミーツ・ガール~」の12件の記事

2006.04.02

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第12話「やがて恋が始まる」

 クレーンゲームの誘導をしていたはずむが、妙に可愛かったです。
 惚れちゃいそうだったもん☆。
 実は私も本物のクレーンを誘導をしたことがありますけど、玉掛の資格を持ってるわけじゃ無いから、あんな感じだったっけ。
 別に、見ていて可愛くは無いんですけどね(笑)。
 危ないし。

 さて。
 好きな相手と一緒に居られたら嬉しいし、信じていた相手に裏切られたら悲しい。
 それは当然のことなんですけどねー。
 病気がキーになってしまうのは、やっぱりちょっとずるいかな、と。
 本気ではずむが好きなら、それを最大限に利用してもいいよね、って気もするのですけど。
 やす菜にしてみれば、以前みたいに、他の誰をも認識出来ない世界に逆戻りするっていうは真の恐怖でしょうし、もうはずむから離れられないんじゃないかと…。
 聞き分けのいいやす菜になっちゃったら、それはそれで嫌だなあ。
 なんて、本人はしっかりと自立しつつあるみたいで、凄いなあ、なんて思いながら私は見ていたのでした。
 なりたかった自分になれた、みたいな。

 そうなったら、とまりは…?。
 あのラストシーンって、別にそういうことじゃ無いとは思うのですけど。
 どうなのかしら。

 とまりだって、凄いよね。
 ちゃんとはずむの結論を受け入れてくれたんだもん。
 思っていることは、もう全てやす菜にぶつけた後だったとは言え…。
 幼馴染みとしての積み重ねって、凄く重いのにね。
 だから、はずむとの思い出は、おばーちゃんになってまでずっと伝え続けるって言ってたもん。
 気持ち、分かるなあ。
 それはそれで、怖いけれど(^^;。
 はずむも、もう男には戻れないまま、おばーちゃんになっちゃうのですねえ…。

 この作品、色々な要素があったけれども、描き方は至ってシンプルなので、意外と素直に見続けることが出来ました。
 最初は凄く楽しみだったのに、途中からはそんなでもなかったけれど(^^;。

2006.03.27

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第11話「やす菜の瞳から消えたもの」

 今回は凄く面白くって、一気に見れちゃいました。
 無駄の無い描き方で、みんなの気持ちがちゃんと分かるし、どきどきしながら作品の世界に浸れたもん。
 こういうのって、私は好きです。
 あゆきだけは、最初ちょっとだけ、おいおい、みたいな部分がありましたけど、考えてみたら誰かが言わなくちゃいけない嫌な役を引き受けてくれたんですもん、逆に偉いですよね。
 あそこまで言わなきゃ、はずむは動かないと思うから…。
 頭と心では分かっていても、実際に行動するのって、凄く凄く大変なことなのです。

 やす菜の病状は一気に悪化しちゃったけれど、実はやす菜って、はずむの隣りでにっこり笑っているより、今みたいな状況の方が魅力的に見えたりします。
 今のやす菜だったら、私も好きになれそうだよ。
 それって変でしょうか(^^;。
 必要以上にはずむに縋ったりしなくても、自分の力で病気を何とか出来たら、もっといいんだけどな。

 とまりも気持ちを抑えなくなったから、それは見ていて気持ちがいいよ。
 曖昧な笑顔を見せることも無くなって。
 何があっても、ストレートに気持ちをぶつけるようになったもん。

 残るは、はずむだけ。
 みんなみんな、悩んだ末に大きな覚悟を決めたんですもん。
 やす菜の病気が解消しないと、はずむは動きようが無いとは思うので、その辺りがどうなるのか、期待なのです。

2006.03.19

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~  第10話「小さな嵐」

 山の中の駅。
 線路の向こうのベンチにやす菜を待たせて電話をかけるはずむって、一体どーいう状況なんでしょう。
 せめて、待合室に…。
 とゆーか、あんなに小さい駅だと、駅前に行かなきゃ電話は無いと思うぞ。
 回送列車の通過には期待したけれど、スピードが速過ぎて、形式とかは確認出来ませんでした。
 残念。
 って、そんなことに期待していちゃ駄目ですか…?(^^;。
 駅員さんのフライキの持ち方は、違和感無かったです。
 それはちょっと嬉しいな。
 でも、あの駅員さん、ちょっと可哀想だったね。
 やす菜は別に、男性恐怖症ってわけじゃないと思うけれど…。
 ホームからホタルが見える駅っていうのは、雰囲気ありますよね。
 あ、泣きそう。
 どうしよう…(こら)。
 とまりも、最初からキスするつもりではずむをあそこへ連れて行った訳じゃあ無いと思いますけど。
 やす菜がはずむとキスしてたって思うなら、自分もはずむの唇に触れたいって思うのは、仕方無いのでした。
 とまりが束ねてる髪をほどいて、やす菜は涙を束ねるの。
 二人、これからどーするのかな?。
 お互い、無実の罪みたいなものなのですけど。
 この際、正面切ってはずむを取り合って貰った方が、私はいいな。
 どちらかがどちらかに遠慮するより、ずっといいもん。
 とりあえず、はずむは状況に流されやすくって、そういう所は男の子、なんですよね。
 DNAまで女の子でも、やっぱり心の中までは変わって無いんだなあ。
 宇宙仁の研究も、一体何をやってるんでしょうね。
 はずむが変わらなくちゃいけないのかもしれないけれど、はずむはあまりにも変わらな過ぎだから…。

 とまりの「ただの幼馴染み」発言、しっかり下級生のコ達にからかわれちゃいました。
 何かいいぞ。
 とまりの心の中、しっかり見透かされちゃった。
 お土産の巨大クッキーに群がってるのも可笑しかったです。
 描き方としては、とまりの方が、やっぱり見ていて安心出来るとゆーか。
 無意識にでもはずむに縋ろうとしちゃうやす菜は、苦手だな。
 一番苦手なのは、すっかり女の子が板に付いてる、今のはずむだったりするわけですけど…(^^;。

2006.03.18

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第9話「この願いはかないますか?」

 今のはずむは女の子なんだし、とまりとやす菜、どちらかを選ばなくちゃいけないっていう状況じゃあ無いと思うんだけどな。
 全てのことに対して、どちらかを選ぶのが苦手っていうはずむの性格も、何だか唐突な感じがしちゃった。
 女の子になるっていうのは、ずっと三人一緒に居られる、ってことじゃないのかなあ。
 私はもっと、はずむには女の子になった自分、を楽しんでいて欲しいのですけど…。
 どちらかを選べば男の子に戻れるとか、別にそーいう設定も無い筈なのにな。
 今回、あんまりストーリーに集中出来なかったです。

 とまりは、しっかりと女の子ぽくなってるみたい。
 いや、別に変わって無い筈なんだけど(^^;。
 家族のあの反応は酷いと思いますです。
 浴衣のお値段、買ったことが無いから、私も相場が全然分かりませんでした。

2006.03.04

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第8話「見ているだけが…」

 はずむ君てば、怖がり過ぎみたい。
 最初から最後まで、ひたすら怖がり続けていたもん。
 そんなにお化けが怖いのー?。
 宇宙人は平気なのにね。
 1話では、一人で夜の山に登ったりもしていたし。
 幼い頃の回想で、とまりのスカートを引っ張っていたはずむが情け無くって、そこが凄く可愛いかったりもしたのでした。

 小学生の頃、私はアゲハチョウの幼虫を部屋で放し飼いにしていたので、朝目覚めると部屋の中を羽化したばかりの蝶々が飛んでいたりしたよ。
 本当はちゃんと箱で飼っていたのですが、きやつらがまた、隙間からすたこら逃げ出すのですねえ。
 特に、蛹になる前の幼虫って、自分のポジションを求めて、かなりの距離を移動しますから。
 羽化に失敗して、伸ばし切る前の羽根が完全に乾いてしまい、とうとう飛べないままのアゲハチョウだって居たっけ…。
 厳しいね。
 そういえば、昆虫の世界だと、メスよりもオスの方が綺麗な姿をしていることって、多々ありますよね。

 あゆきにとって、はずむは結局何だったのかなあ。
 さすがのやす菜も、一瞬だけ、敵意(?)を向けていたりして…。
 あゆき本人は、自分の気持ちをちゃんと把握しているみたいなのですが。
 私にとって、あなたはなあに。
 ○でも×でも無い、△の気持ちって…?。
 蝶々の羽根で飛び立つはずむって、それははずむが男の子でも女の子でも、変わることはないのかしら?。
 あゆきと明日太っていうのも、何だか考えにくいですしね。
 この二人って、はずむが女の子になってしまうと、妙に浮いて見えるかも。

 とまりはちゃんとやす菜のことも気にかけてくれてるみたいなのですが、やす菜の方はどうなんだろ。
 そういう部分が、やす菜からあまり感じられないのは、ちょっと残念かな。
 はずむとペアになれても、とまりはやす菜のこと気にしていたのにね。
 とりあえず、二人、負の感情やわだかまりは無くなったみたいです。
 後ははずむの気持ち、かな。
 なんて、本当はそれ以前に女の子同士っていう、大きな問題があったりするのですけど…(^^;。

2006.02.28

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第7話「みんなで海へ」

 みんなでカレーを食べてたとき、やす菜の隣りに明日太が座っていたのがちょっと新鮮かも。
 そもそも、明日太のこと、ちゃんと誘うのOKしたのですねえ。
 まあ、やす菜は別に男の子が嫌いとか怖いとかいうわけじゃ無いですし。
 別にいいのかな。
 何が起きているのか分からず、目が点になってたりしたやす菜は可愛かったです。
 激辛カレーが好きだなんて、仲間仲間。
 カレーは辛くて当然なのだ♪。

 それはともかく、やす菜が落ち着いて、それに合わせてとまりも落ち着きました。
 今からがスタートラインになるなら、三人、心安らかに居られるかしら…?。
 はずむとの思い出が沢山あるとまりと、キスで先行しているやす菜かあ。

 なんて、今回は明日太サイドのお話で、楽しかったです。
 見苦しい所も多々ありましたけどね(笑)。
 はずむが女の子になっちゃったのを自然に受け入れているのは、とまりややす菜、そして明日菜と変わらず一緒に居られるからで、別に男の子とどうにかなっちゃうのを望んだりは絶対にしないと思うよ。
 でも、はずむを男の子だったときと変わらない気持ちで見ているのは、とまりだけなんですよね。
 明日太もやす菜も、かなり振り回されちゃってるみたい。
 はずむにはその自覚が無いから、どうにも困ったものなのでした。

 モデルの電車は、小田急の9000系かなあ。
 白いボディに青い帯。
 前面窓が左右非対称になっているのは、わざとじゃなくって、デッサンが狂っているの…?。
 わざわざ集中式のクーラーまで載っけなくてもいいのにな。
 行きに乗っていた電車、しっかり一段下降式窓でした。
 あんなに大きくは開かないですけどね。
 それに、空いてる小田急っていうのは珍しいです。
 てゆーか、他に誰も乗って無いもん。
 私の大好きな9000系も、順次廃車になってます…。

2006.02.16

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第6話「お嫁さんとお婿さん」

 男の子が女の子になっちゃって、大変なことになっているのははずむの筈なのに、何だかやす菜の方が大変みたい。
 それでいいのかな、って気はするです。
 そこがちょっと見ていて辛い所なんですよね。
 とまりもそれは一緒なのですが、あのコは基本的に付き合い方を変えてませんから…。
 やす菜だって、裏表の無い良いコだとは思うので、今後のとまりとの付き合い方の中で、そういった部分を見せて貰えると嬉しいな。
 二人のお付き合い、今はいいことばかりだけれど…。
 
 そうそう、園芸部の拠点が屋上なのは、屋上が寂しかったからなのかしら。
 太陽に近い所に、緑をいっぱい☆。
 そして、夏が始まるよ。
 にしても、明日太の存在は薄いなあ。
 もっと何かあるといいのにな。
 この作品、男の子はあんまり役割が無いみたい。
 宇宙仁さんがちょっとだけ…?。

 とまりは、幼い頃の約束を守ろうとしてたんですね。
 可愛い所、あるんだあ。
 今まではずむのことをずっと待っていて、本人の意思に任せていたから、こんなことになっちゃったけれど…。
 幼馴染みのとまり、これでやす菜と同じポジションに立てたのかしら。
 三人、OPみたいな仲良しさんになれるといいね。

 「ふう、やれやれ」。
 とまりのこの独り言、私も結構言うですー。
 気持ち、ちょっと分かるかも。
 それから、「にゅにゅにゅ」とか…。
 何のこっちゃ(^^;。
 とまりのあのリアクションは、ちょっと意外だったけれど。
 あそこは、ああ言うしか無かったんだろうな。

2006.02.10

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第5話「やす菜の目に映るもの」

 私には、結構辛い展開になって来たかも。
 というか、とまりに感情移入し過ぎなのでしょうか…(^^;。
 やす菜の事情が分かって、ちょっとした私の誤解も解消したりしたのですが、ちゃんとはずむの気持ちを考えてくれてる分、私はとまりの方が好きだなって。
 いきなりキスしちゃうし、やす菜は元々男の子なんじゃないかと…。
 あわわ。

 やす菜がかつて描いた絵、怖いです。
 やす菜ビジョンだと、男の子はみんなぼけぼけに見えてる筈なのに、あの絵だと輪郭が妙にカッチリしていて、奇怪なオブジェみたいなんですもん。
 あれを高校一年生の女の子が描いたのかあ。
 当時は男の子だったはずむ、何故か表情だけは描かれていないのですが、あれはどう受け止めればいいんだろ…。
 まあ、男の子だった頃のはずむの表情って、作品上でもちっとも出て来ないのですが。
 やす菜は別に男の子が怖いって訳では無いみたいで、落としたノートを拾ってあげて、自分から声をかけたりはするんですね。
 それが逆に混乱要因だったり。
 顔の認識が出来ないんじゃ、お話してても困るのは納得なのでした。

 やす菜は、はずむのこと、元男の子ってちゃんと意識してるのかなあ。
 完全な女の子として見ているなら、私は困っちゃうもん。
 男の子のはずむにキスしたなら、まだやす菜のことを分かるかな、って思いますけど。
 まあ、他の女の子ともそんなに仲がいいわけじゃ無さそうだし、一人で生きて行くって決め付けてここまで来たやす菜には、大きな進歩なのかしら。

 はずむのおとーさん、相変わらずなことやってます。
 息子が突然娘になっちゃったら、ああいう行動を取ったりするのも分からなくは…。
 はずむがもっと小さかったら良かったのにね。
 残念でした。
 フツーは、おとーさんの方が恥ずかしくて娘には近付けないでしょ(^^;。
 やす菜のおとーさんは、もっと大変なんだから!。

 宇宙仁さん、人間観察にはいいサンプルを見付けましたよねー。
 やす菜の本質を、ちゃんと見抜いていたりもして。
 あの人がはずむの近くに居ても、全てをみんな解説してくれるわけじゃ無いし、自分自身と周囲の人達との関係は、自分で解決していかなくっちゃいけません。
 心の中までは、読めないし。
 ちょっと痛いRelationだって、あるもんね。

 あゆきは冷静に状況を見ていて、当事者じゃない明日太のことを遠ざけたりして、裏方に徹してます。
 あの改造ひまわりに感動していたのが、何か妙にらしくって、可笑しかったな。
 ストーリーへの関わりが、とまりへのアドバイスだけだと、ちょっと物足りないかも。
 はずむやとまりとの関わりの中で、もっと色々語って欲しいな。

2006.02.03

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第4話「少女三角形」

 今回、はずむとずっと一緒に居たのはやす菜でしたけど、スポットが当たっていたのは、あくまでとまりなんですよね。
 とまりのこういう描き方って、凄くいいなあ。
 とまりが大好きになっちゃったもん。
 イスじゃ無く、机に座って傘を直していたのも、凄くとまりらしかったりして。
 まあ、その方が直しやすかったんでしょうけど。

 舞台に上るのか、下りるのか。
 それを決めるのは自分自身なのですが、自分のことだけじゃ無く、ちゃんとはずむのことも考えてあげている分、とまりには頑張って欲しいなあ。
 やす菜だって、考えてくれてるとは思うのですけど…。
 はずむを単なる女の子として見るか、元は男の子だった女の子として見るか、その差はおっきいと思うのでした。
 長い長い幼馴染みとしてのとまりのそういう所、応援してあげたいもんっ。

 後は、はずむの気持ち、ですね。
 確かに、女の子になったはずむを受け止めたのは、とまりとやす菜だったよね。
 でも、はずむの気持ちはそれだけなのー?。
 男の子としての自分、本当に全部無くしちゃっていいのかなあ。
 宇宙仁さん、本当はそれを観察してたりするんじゃ…。

 ともあれ、今回のことで三人の関係がどう変わっていくのか、すっごく楽しみです。

2006.01.26

■かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第3話「はずむの心、やす菜の心」

 やす菜って、男の子が嫌いで、女の子が好きってわけじゃ無かったんだ。
 ちょっと誤解していたかしら…?。
 その境遇とか気持ちとか、まだ分からないことが沢山ある女の子なの。
 ずっと一人って決め付けてるみたいな所はありますけど、だからといって一人で平気というわけでも無さそうで…。
 新聞か雑誌から切り抜いたらしい、はずむの写真を持っていたのが、妙にリアルでした。

 「元気だったか」「問題無さそうだな」。
 宇宙人さん、事故相手の、しかも第一当事者としては随分な物言いのような気もしますけど、とりあえず責任は果たしたと割り切っているみたい。
 まあ、いつまでも罪を背負い続けるのは暗いですしねえ。
 はずむは元々男の子なので、胸を揉まれてもリアクション無しなのが可笑しいよ。
 そういうのって、言われて出来ることじゃありませんものね。
 完璧に女の子っぽくなんて、確かに無理だあ。

 そして、とまりは男らしいんですって。
 女の子の憧れの王子様だったり。
 漢、とか文字が出てましたけど…。
 みんな、そんなこと言っちゃ駄目だよー。
 とまりって、凄く女の子らしいのに。
 本人だって、そう思ってますもん。
 とまりが、実は身近に居る宇宙人の存在を知っても、男のコになりたい!なんて考えて欲しく無いなあ。

 男の子だった頃のはずむは、あんまり特徴が思い出せないので、元に戻ったら逆に違和感がありそう…。
 まあ、性格はそのまんまで、変わって無い筈ですからねー。
 髪の毛に隠れて、表情見せてくれませんけど(^^;。
 やす菜も、「心がとても綺麗なのよ」って言ってたっけ。
 そんなはずむにとって、とまりもやす菜も同じ位に大切な女の子だったの。
 やす菜は嬉しいでしょうけれど、とまりにとってはそれだけじゃ足り無いんだろうな。
 とりあえず、幼馴染み、なんですもん。

その他のカテゴリー

11eyes 30歳の保健体育 AIR AYAKASHI BLEACH~ブリーチ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ B型H系 C3 -シーキューブ- Canvas2 ~虹色のスケッチ~ CHAOS;HEAD D.C.II ~ダ・カーポII~ D.C.III~ダ・カーポIII~ D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン DOG DAYS ef - a tale of memories. Fate/stay night FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 GA 芸術科アートデザインクラス Gift ~ギフト~ eternal rainbow GIRLSブラボー first season GIRLSブラボー second season GO!GO!575 GOSICK -ゴシック- H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ IS <インフィニット・ストラトス> IZUMO-猛き剣の閃記- JINKI:EXTEND Kanon LEMON ANGEL PROJECT Mission-E Myself;Yourself Phantom~Requiem for the Phantom~ R-15 REC RIDEBACK -ライドバック- Rio RainbowGate! Saint October School Days SHUFFLE! SHUFFLE! MEMORIES sola Soul Link Steins;Gate To Heart~Remember my memories~ To LOVEる -とらぶる- ToHeart2 true tears UG☆アルティメットガール Wind -a breath of heart- WORKING!! WORKING'!! Φなる・あぷろーち あかね色に染まる坂 あそびにいくヨ! あっちこっち あにゃまる探偵 キルミンずぅ あの夏で待ってる あまえないでよっ!! いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いぬかみっ! うた∽かた うたわれるもの うぽって!! うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ えびてん -公立海老栖川高校天悶部- えむえむっ! おおかみかくし おくさまは女子高生 おとぎ銃士赤ずきん おとめ妖怪 ざくろ おねがいマイメロディー おまもりひまり お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ かのこん かみちゃまかりん かみちゅ! かんなぎ きらめき☆プロジェクト きらりん☆レボリューション けいおん! けいおん!! けんぷファー げんしけん こいこい7 こどものじかん この中に1人、妹がいる! この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ こみっくパーティー Revolution これが私の御主人様 これはゾンビですか? これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド ご愁傷さま二ノ宮くん さくら荘のペットな彼女 ささめきこと さんかれあ さんふらわあふらの しゅごキャラ! じょしらく そふてにっ そらのおとしもの そらのおとしものf たまこまーけっと だから僕は、Hができない。 ちとせげっちゅ!! ちび☆デビ! つよきす Cool×Sweet てーきゅう とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 とある魔術の禁書目録II ときめきメモリアル Only Love となりの関くん となグラ! とらドラ! ながされて藍蘭島 ななついろ★ドロップス にゃんこい! ぬらりひょんの孫 はぐれ勇者の鬼畜美学 はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ はなまる幼稚園 はぴねす! ひぐらしのなく頃に ひだまりスケッチ ひだまりスケッチ×365 ひだまりスケッチ×SP ひだまりスケッチ×☆☆☆ ひだまりスケッチ×ハニカム ひとひら ひまわりっ! びんちょうタン ぽてまよ まおゆう魔王勇者 まかでみ・WAっしょい! ましろ色シンフォニー -The color of lovers- まじかるカナン まほらば~Heartful days~ まほろまてぃっく特別編 まもって!ロリポップ まよチキ! まりあ†ほりっく まりあ†ほりっく あらいぶ みなみけ おかえり もえたん もっけ もっとTo LOVEる -とらぶる- ゆるゆり ゆるゆり♪♪ よくわかる現代魔法 よみがえる空 -RESCUE WINGS- らき☆すた らぶドル ~Lovely Idol~ わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ アイドルマスター アイドルマスター XENOGLOSSIA アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル アキカン! アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アズサ、お手伝いします! アニマル横町 アニメ・コミック アマガミSS アマガミSS+ plus アリソンとリリア ウェブログ・ココログ関連 エルフェンリート エレメンタル ジェレイド オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ キディ・ガーランド キミキス pure rouge クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! グレネーダー~ほほえみの閃士~ ケメコデラックス! ココロコネクト シゴフミ シュガシュガルーン スカイガールズ スクールランブル ストライクウィッチーズ セキレイ ゼロの使い魔 ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ ゼロの使い魔F ソードアート・オンライン タクティカルロア タユタマ -Kiss on my Deity- ティアーズ・トゥ・ティアラ ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ ドージンワーク ナイトウィザード The ANIMATION ニニンがシノブ伝 ネギま!? ハイスクールD×D ハヤテのごとく! ハヤテのごとく!! バカとテストと召喚獣 バカとテストと召喚獣にっ! バンブーブレード パパのいうことを聞きなさい! パピヨンローゼ New Season ヒャッコ ビビッドレッド・オペレーション フリージング プリズム・アーク プリンセスラバー! プリンセス・プリンセス マケン姫っ! マシュマロ通信 マジカノ マリア様がみてる 4thシーズン マリア様が見てる~春~ ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ラブゲッCHU ミラクル声優白書 ラブライブ! School idol project ラムネ リトルバスターズ! レンタルマギカ ロウきゅーぶ! ロザリオとバンパイア ロザリオとバンパイア CAPU2 ローゼンメイデン ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 下級生2~瞳の中の少女たち~ 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 乙女はお姉さまに恋してる 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伯爵と妖精 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 僕の妹は「大阪おかん」 僕は友達が少ない 僕は友達が少ないNEXT 光と水のダフネ 初恋限定。 双恋 味楽る!ミミカ 咲-Saki- 咲-Saki- 阿知賀編 喰霊―零― 図書館戦争 夏のあらし! 夏色キセキ 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 夢喰いメリー 夢色パティシエール 大正野球娘。 女子高生 GIRL'S-HIGH 妖狐×僕SS 学園アリス 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍姫 赫 玄 忘却の旋律 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 恋と選挙とチョコレート 我が家のお稲荷さま。 戦国乙女~桃色パラドックス~ 戦場のヴァルキュリア 探偵オペラ ミルキィホームズ 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 新年のごあいさつ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 明日のよいち! 星空へ架かる橋 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ 月詠-MOON PHASE- 桜蘭高校ホスト部 森田さんは無口。 極上!!めちゃモテ委員長 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 氷菓 涼宮ハルヒの憂鬱 涼風 瀬戸の花嫁 狼と香辛料 猫神やおよろず 献血 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 生徒会役員共 異国迷路のクロワーゼ The Animation 百花繚乱 サムライガールズ 真剣で私に恋しなさい!! 石田とあさくら 砂沙美☆魔法少女クラブ 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神のみぞ知るセカイII 神様のメモ帳 神様ドォルズ 神無月の巫女 素敵探偵ラビリンス 緋弾のアリア 練馬大根ブラザーズ 聖剣の刀鍛冶 舞-HiME 芸能・アイドル 苺ましまろ 落語天女おゆい 薬師寺涼子の怪奇事件簿 護くんに女神の祝福を! 貧乏神が! 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 這いよれ!ニャル子さん 銀盤カレイドスコープ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 陰からマモル! 陰陽大戦記 電波女と青春男 風のスティグマ 魔法先生ネギま! 魔法少女リリカルなのは 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ W~ウィッシュ~

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー