カテゴリー「銀盤カレイドスコープ」の12件の記事

2005.12.25

■銀盤カレイドスコープ 第12話「シンデレラ」

 演技のラストで、ピートとお別れすることへの哀しみの気持ちが出ちゃうかも、なんて思ったのですが、タズサはピートと一緒にフライト出来る喜びを感じ続けて、最後まで滑り切っちゃいました。
 その方が、らしいですよね。
 哀しみの要素を入れれば、芸術点が上がったかもしれませんけど…。
 元々、ジャッジを気にするようなプログラムは作って無いんだもん。
 二人で、気持ち良く空を飛ぶこと。
 「ここの人達とは目的が違う」って、本人がはっきり言ってたものね。
 でも、そんなタズサの演技を見て、見ていた全ての人達が、息を呑んだの。
 期待していた以上の演技を見せられたら、誰だってそうなるよ。
 私だって、そうだったもん。

 タズサって、元々実力はあったんです。
 その強気な性格や、誰にも理解されない繊細さから、うまく能力が発揮出来なかっただけで。
 三代監督だって、タズサに注意し続けたのは石膏仮面とお行儀だけで、実力云々とは決して言わなかったもんね。
 本心を絶対に隠せないお化けが憑いたの、タズサにはプラスになったみたい。

 さすがに、リアは特別製でした。
 あのコがどんな気持ちで滑っているのか、一度しっかり聞いてみたい気がするなあ。
 お化けになって、取り憑きたい位だもん。
 簡単には辿り着けない高みに登り詰めて、その瞳は何を見ているのかって。
 そんなリアも、全くタイプの違うタズサを見て、きっとびっくりしたよー。

 ドミニクとの決着は、意外な所で付きました。
 直接対決にはならなかったけれど、今までの仕返しは十分出来たみたい。
 とりあえず、やられたらやり返さなくっちゃね…(^^;

 演技のシーンが全然無かったけれど、しっかり表彰台には立っているガブリエラ。
 イタリア人の女の子って、凄いぞ。
 口から先に生まれたイタリア男とはえらい違いなのです。

 高島コーチも、コーチらしかったです。
 口下手なのは相変わらずだけれど。
 どうやってプロポーズしたのかなあ。
 まあ、決めるときには決める人みたいなのは分かりましたよー。

 というわけで。
 4位っていう順位も、ラストのお別れも、押し付けがましい感じが全然しなくって、すっごく好印象でした。
 あ、ピートとお別れした後のタズサの演技がどうなって行くのか、それが見えないのはちょっとだけ残念だったかな?。
 この作品て、嫌なシーンも今までに結構沢山あったりしましたけど、最後はずっと気持ちのいいシーンばかりを見せてくれました。
 感動しちゃった。
 見終わった後、とりあえずもう一回見直したもん。

 そして。
 他に誰も居ない夜の湖で伸び伸びと滑るタズサ、あれが本当のタズサなんだなあって。

2005.12.20

■銀盤カレイドスコープ 第11話「キス・アンド・クライ」

 タズサって、ずっとひとりぼっちだったんですね。
 空港でも機内でも、やっぱり一人。
 人気無いなあ(^^;。
 ヨーコとミカのお見送りは…?。
 二人、一緒に来てないのかなあ。

 きっと一人で居る方がいい、なんて思われちゃうのが、タズサの不幸な所なの。
 他人を寄せ付けない雰囲気はあるもんね。
 感じてるプレッシャーだって、みんなには理解出来ないって思うもん。
 さすが、身体機能を共有してるピートには、みんなばれちゃってます。
 絶対に隠しようが無いから、結局タズサは、素直に接するしか無くなっちゃって。
 それはいいことなのです。
 今では、気持ちだって共有してるもん。
 二人、ペアで滑っているみたい。

 至藤響子は、何をしに出て来たのー?。
 公式の場で、タズサの実力を認める発言とかをしてくれたら、風当たりはあんなに強くなかったと思うのに。
 そこまでの優しさはありませんかあ。
 まあ、タズサ本人の問題ですし。
 ブーイングは実力でねじ伏せるのだ(^^)。

 高島コーチも、胃痛を乗り越えて、タズサに小話をしてくれました。
 話、手短で良かったですよね(笑)。
 2分50秒って、妙に半端な砂時計だったです。
 もしかして、その為に作って貰った特注品なのかな…?。
 高島コーチ、やっぱり優しいね。

 リアは格好良かったです。
 もっと長く見ていたかったな。
 反動を付けずにあれだけ回転するんだもん。
 タズサの衣装は可愛いけれど、体のラインが隠れちゃうから、ジャンプのときにちょっと物足りないかも。
 ウェイトレスナンバーも、今回はもっと演技そのものを見せて欲しかった。
 次回は、実際のフィギュアよりも格好いい演技を見たいです!。
 タズサは、それ所じゃ無いかもしれませんけど…。

 さかさまにするのが怖い、魔法の砂時計。

2005.12.11

■銀盤カレイドスコープ 第10話「タイムリミット」

 高島コーチの胃が痛いのは、ヒトミさんの手料理でも食べ過ぎたのかと思ってました…。
 ちゃんとタズサの心配、してくれてたんですね。
 コーチも大変だあ。
 大切な選手には、いつの間にか幽霊が憑いてるし。
 それは知らない方が幸せだよね。

 以前、両親とのことがちょっとだけ出て来ましたけど、タズサとフィギュアの関わりっていうのは、常に誰かとの繋がりの為なのかもしれないなあって。
 だから結構余裕が無くって、それが表情に出ちゃったり、ミスをしたときに回復不能だったりするのかも。
 まあ、本人は自分の為って言うんでしょうけど。

 今回、暫く口を聞かない筈のピートにジャンプの感想求めたりして、それが自然に感じられたのは、私もちょっと嬉しかったよ。
 タズサとピート、凄くいい関係になってるの。
 だから、キスまではしなくていいと思いますけど…(^^;。

 ピートって、凄くバランスの取れた思考をします。
 間違ったことは決して言わないですし。
 体が無いから、逆に面倒が無いとゆーか。
 そして、天国へ行く日付と時間が決まっているなら、さすがのタズサも素直にならざるを得ません。
 そんな二人が二人三脚で過ごす時間、残りは少ないけれど、前向きに楽しく過ごして欲しいなあって思います。

 緑のガードと東急バスから、モデルは山手線の205系かしら。
 その割には、前面に貫通路があったり、戸袋窓があったり、寒冷地仕様の装備があったり、結構謎が多いです。
 先頭車と中間車で扉の数が違ったり、そもそも先頭車は扉間の窓の数が違ったり。
 当然のように、パンタは全車両装備しています。

2005.12.06

■銀盤カレイドスコープ 第9話「トライアングル・ラブ」

 もしかして、タズサってば実力を素直に認めて貰ったり、ストレートに優しくされたりするの、慣れてないのかしら?。
 お顔、真っ赤だったもん。
 あんな性格ですもんねえ。
 本気で攻めると、意外と簡単に落とせちゃったりするのかも。
 でも、タズサ、怖いし。
 フツーの男の子だったら、声だってかけられないでしょー。

 にしても、マスコミは相変わらずの描かれ方なのでした。
 あの報道は、ひどいっすー。
 近所の人も。
 極端な人だけを選んだのでしょうけど。
 しれっと見ていたヨーコは、一体どーいう…(^^;。
 妹として、冷静な対応が素敵です。
 でも、ヨーコは可愛いぞ(^^)。

 新田は、至藤にお熱、なんですかあ。
 でも、夜に仕事場へ行っちゃうのは絶対まずいよね(^^;。
 どーなることかと。
 高島コーチだって、まさか三代監督と結婚するのかと思ったし…。
 良かった良かった。
 お熱いですう。
 あはは、タズサってば、みんなに振られちゃった。
 とりあえず、コーチの家から出て行かなくてもいいみたい。
 ここは、手っ取り早く、ピートで済ませるしか。
 生きが悪いのが難点ですけどねえ(死んでるし)。
 体も無いし…。

 今回は、タズサのころころ変わる表情が、凄く面白かったよ。
 さすがに、何でもタズサの思い通りにはなりません。
 ああいう表情って、演技に活かせないのかなあ。
 無理?。
 ちなみに、あんなキスは恥ずかしいので、今後はもう、止めて欲しいにゃあ(^^;。

 今回はスケートの練習もすぐ止めちゃったね。
 実は結構、みんなから大切に護られている、タズサちゃんなのでした、
 まだ、殆ど名前だけしか分からないライバル達も、そろそろタズサの前に立ち塞がるかな?。

2005.11.29

■銀盤カレイドスコープ 第8話「マスコミ戦争」

 銀盤の上だけじゃなく、外でも戦わなくっちゃいけないタズサは大変なのです。
 マスコミのえげつない攻撃、容赦無かったなあ。
 両親のことでは弱みを見せちゃったし…。
 でも実は、会見よりも協会での叱責の方がえげつなかった気がするぞ(^^;。
 副会長、至藤のスポンサーと癒着でもしてたのかしら。
 自分達が選んだ代表に、自信が持てないなんて許されないでしょ。

 タズサの言動はあんなだし、演技もまだまだ発展途上と、隙が結構あるのは事実なんですけどね。
 でも、そういう所って、逆にファンの心を掴んだりもしそうなの。
 タズサもちょっと触れていたファンの存在、この作品ではそれがちっとも感じられないのが、不思議と言えば不思議です。
 もっと、目に見える形で応援してくれてもいいのに。
 タズサに集まって来るマスコミも、いくらなんでも極端過ぎだったし。

 だから、高島コーチがもっとタズサのこと、守ってくれてもいいんじゃないかなあ。
 えらく受け身のコーチなんですもん。
 三代監督だって、何かに気付きかけてたみたいなのに、自分では結局何もしなかったし。
 何かやってくれるの、凄く楽しみにしてたのに。
 会長だって、ちっとも威厳が無いです。
 スケート協会、あんなんで大丈夫なのかしら…。

 ともあれ、新田一也の活躍で、騒ぎはきちっと収まりました。
 格好いいよ。
 しっかし、会見場へ潜り込むのに「あ、至藤選手が裸で歩いてる!」は無いんじゃないかと。
 ハードボイルドじゃ無いっすー。
 まあ、今回のお話自体、そんなに真面目な展開じゃ無いですもんね(笑)。

 ちっこい体で、懸命にジャンプしようとしていたちびタズサは、可愛いかったです。
 今となっては想像出来ないけれど、タズサにもあんな時期があったんだ。
 その転びっぷりは、今と変わってない、かな。
 あの時の気持ちを今も忘れてないから、タズサはピュアにフィギュアと向き合っているのかしら。
 ラストの前向きな姿って、やっぱりいいな(^^)。

2005.11.20

■銀盤カレイドスコープ 第7話「氷上のウェイトレス」

 いよいよ、タズサのウェイトレスデビューです!。
 冷静に見ると、やっぱりあの衣装は恥ずかしいですよね(^^;。
 ミカの気持ちも分かるぞ。
 それに、動きにくそうなんだもん。
 観客のリアクションが心配だったけれど、みんな驚いていただけでした。
 みんな、あくまで演技を見に来てるってことなのかな…?。
 そういった意味では、あの意地悪な記者達よりも、観客の方が「分かってる」のかもしれないよ(^^)。
 観客を味方に付けちゃえば強いと思うし。

 ピートとの信頼関係が強固になったおかげで、タズサにも余裕が出来たみたい。
 記者会見だって、演技だって。
 今まで足り無かったものは、きっとそれだよ。
 四六時中お化けと一緒だと、忍耐力だって、そりゃ付きますよねえ。
 イメージにトマトもしっかり持ち込んでました(笑)。
 今回ばかりは、さすがの至藤もただのおばさんに見えたもんっ(あわわ)。
 フリーで至藤が崩れたのには、びっくりしちゃった。
 勝負してるっていう感じがしなかったのは、ちょっと残念かなあ。
 タズサがやっぱり尻もち付いたのにも、びっくりしたけれど…。

 今回は、演技もたっぷり見せて貰って、満足でした。
 ウェイトレスと演技の関係が、どうもイマイチ分かりませんでしたけど(^^;。
 楽しかったから、それはいいや。

 にしても、コーチはいい人です。
 素で笑いが取れそうだし。
 これで、今までの心労も報われたよね。
 ヨーコもすっごくいいコです。
 可愛過ぎだもん(^^)。

 で、リアはどーしたの?。
 フィギュア教室とかやってる場合じゃ…(^^;。
 でも、あのコーナーは楽しいな。
 1話からやって欲しかったですー。

 どーでもいいのですが、ホテル(?)の窓から見えていたベイブリッジ、水面からの高さが妙に低くって。
 あれじゃ、客船やフェリーが通れないよう(^^;。

2005.11.13

■銀盤カレイドスコープ 第6話「チェンジ!」

 タズサ自身も、リアには敵わないっていう自覚があるのかしら…?。
 プログラムをごっそり変えちゃったもん。
 曲自体はそのままなのかと思ったのにな。
 同じ曲っていうのは、そこまで不利なんだ。
 採点制っていうシステム上、審判への心証だってありますもんねえ。
 リアにしろ至藤にしろ、ライバル達の実態や実力ってあんまり良く分からないのですけど、タズサにとっては自分自身との戦いなわけですから、それでいいんでしょうね。
 余計な敵をあちこちに増やしてるのも、また事実なんですけど。
 それだって、ピュアにフィギュアと向き合った結果だよ。

 新しいプログラムには、どの程度ピートのアイデアが入っているのかしら。
 二人で一緒に考えてるとこ、もっと見たかったな。
 もうすっかり対等の立場になれたみたい。
 ウェイトレスの衣装も、それだけでインパクトあるよ。
 可愛い可愛い。
 あれで演技が成功したら、きっと凄いぞ(^^)。
 失敗したら、目茶苦茶叩かれるでしょうけど…。
 全ては、実力を見せてこそ、なんですもんね。

 そして、高島コーチや三代監督、ヨーコやミカ、みんなにタズサは支えられてます。
 そんな雰囲気が凄く伝わって来る、今回のお話でした。
 ミカは衣装まで作っちゃうんだもん。
 ミカって、タズサのこと特別に気遣ってる様子は無いけれど、それが逆にタズサには心地良いのかもしれないよね。
 タズサに結果を出させたい高島コーチは、とにかく気苦労が多そう。
 お気の毒です。
 ヨーコはそれが無いし、タズサに何を言っても無駄って分かってるから、平気なんでしょうけど(笑)。
 結果的に暖かく見守ってくれてるもん。
 ツッコミも入れてくれるし。
 ヨーコとコーチって、いいコンビなの。
 ヨーコってば、博愛主義でもって訪ねて来た三代監督との席にも一緒に居るし。
 その監督は、みんなお見通しですかあ。
 性格、何だかんだで似てるもんなあ(^^;。

 負のパワーが感じられなくなったタズサって、凄く強そうなの。
 転んで尻もちつきまくっても、不安な感じは全然無いもん。
 何かやってくれそう(^^)。
 イメージトレーニングもばっちりだよ。
 そういうのって、見てて凄く楽しいです。
 やっぱり、前向き100パーセント!っていうのは大切なんだあ。
 続きがすっごく楽しみ!。

2005.11.07

■銀盤カレイドスコープ 第5話「一人でデート」

 ラスト、ヨーコと高島コーチの会話が、凄く楽しいの。
 23時を回って、コーチにあんなに心配されちゃって。
 結局、とうとうタズサは帰って来ませんでした(^^;。
 そんなに遅い時間まで、一人でデートしてたんだ。
 タズサだって、女子高生なんだもんね。
 あの性格の悪さじゃ、確かに彼氏になる男の子は大変ですけど…。
 さすが、ヨーコはおねーちゃんのことを良く分かってるよー。
 お相手はピートじゃ無いと務まんないかも。
 とりあえず。

 ヨーコがカップ麺なんか食べてたから、一瞬、あの家ではタズサが食事の支度をしてるのかなって、勘違いしそうになりました。
 時間を考えると、あれはお夜食だよね。
 いつもはヨーコが作ってるみたいだったし…。

 タズサがピートに歩み寄ってくれて、二人、いい関係になれたみたい。
 それは見ていて嬉しかった。
 いきなり男の子の幽霊に憑かれちゃったんだもん、当初のタズサの反応は至って普通だったと思うし、そんなに気にしなくてもいいよね。
 しっかし、タズサのデートって、何かツッコミが入れにくいです(^^;。
 ロシア人の迷子とのコミュニケーションまで、フィギュアで解決しちゃったのにはびっくりしたけれど…。
 ターニャは、リアとは関係無いのかなあ。
 どーしていきなりロシア人が二組も…(^^;。

 ピートってば、とにかく飛行機、なんですね。
 私は飛行機マニアじゃ無いので、機首がぶれたとか言われても、分からないのが悔しかったり(^^;。

2005.10.31

■銀盤カレイドスコープ 第4話「驚愕のフリープログラム」

 ヨーコにまで気を遣わせつつ、タズサのテンションは上がったり下がったり…。
 プレッシャーって、大変ですもんね。
 ちょっとしたきっかけで、克服出来たり駄目だったり。
 今までのタズサの不調って、プレッシャーだけだったのかなあ?。
 高島コーチは、相変わらず何も言わないし(^^;。
 むしろ、ヨーコとミカの方が、スケートのこと、色々と解説してくれるみたい。

 ピートは相変わらず災難です。
 変な人と思われちゃうタズサだって災難ですけど。
 そっか、重なってても、体の柔らかさは違うんですね。
 可笑しいの(^^;。
 あれは痛そー。
 ピートがフィギュアの激しいジャンプに耐えられるのは不思議なんですけど、飛行機乗りだったから、それは別に平気なのかな…。

 OPにも出て来る和服テイストのコスチューム、もう早速登場したので、ちょっとびっくりしちゃった。
 そして、またまた転んじゃうタズサにもびっくり。
 もう駄目かと思ったよー。
 結果的には、大丈夫だったみたい。
 何故か、具体的な得点とかは全く見せてくれないの。
 至藤とタズサじゃ、完璧に大人と子供なんですけど、その分、何をするか分からない怖さっていうのは確かにあるです。
 独り言ばかり言ってるし、あれは凄く怖いですわ。

 今回は、フィギュアのシーンが沢山あったね♪。
 でもでも…。
 正直、あの描き方だと、技の違いが良く分かりません(^^;。
 サーペンタインでさえ、あんまり分からないのには困っちゃうです。
 この作品、見せ方でかなり損をしてると思うんですよね。
 フィギュアの演技だけじゃ無くって、表情とかの見せ方の部分でも。
 いっそ、止め絵にしちゃった方が…(^^;。
 なんて、やっと実力を発揮したタズサは凄く気持ち良かったし、何回も見直しちゃいました。
 三代監督もいい人だったし。
 ピートの英語は、何だか鬱陶しかったですけど!(^^;。

 ちゅことで、やっと結果を出したタズサ、次のステップへ進みます。
 1万分の1の確率って、何か根拠のある数字なのかなって思ったけれど…。
 違うみたい。
 マントヒヒの愛想笑いも、どうもマントヒヒの表情のイメージが湧いて来ないですう(笑)。

 ともあれ、ピートが謎のマネジメント能力を発揮すれば、ちゃんとパートナーって認めて貰えそうな雰囲気なのです。
 「あんた一体何者なの!?」。
 …寄生虫でしょー(^^;。

2005.10.23

■銀盤カレイドスコープ 第3話「トリプル・トラブル」

 この作品て、何故かスケートのシーンが殆ど出て来ません。
 高島コーチも、全くコーチをしてないし(コーチに限らず、他の人達みんな、キャラが弱いというか、全然描いて無いとゆーか(^^;)。
 だからか、HNK杯が始まっても、タズサが本格的にスケートしてるって実感が全然無かったりして。
 スケートでも、いい所を全然見せてくれないもんね。
 さすがに今回は、見ていた私も失敗するって思いましたよー。
 トリプルフリップかあ(1話ではルッツだったけど)。
 まあ、いきなり大技を軽々とクリアしちゃうような展開だと、見ていてつまらないわけですけど。
 飛べない理由が全く分からないのは、ちょっと落ち着かないかも。

 それに、いつまでも独り言ネタで引っ張れるわけでもないだろうし。
 ピートとの戦いは続けながら、トリプル・トラブル、クリアして欲しいです!。
 二度目は悲劇、三度目は喜劇とも言うもん。
 …それは関係無いですけど。

 まあ、ピートが日本語得意で良かったですよね。
 家賃っていうのも、確かに。
 納得。
 仲良くとまでは行かなくても、うまく共存出来ればいいんですけど。
 タズサは一人でやるのが好きみたいだから、それも難しそうかなあ。
 でも、あの二人、見ていて凄く楽しいです♪。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ