カテゴリー「Canvas2 ~虹色のスケッチ~」の24件の記事

2006.03.27

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第24話「虹色(なないろ)のフィナーレ」

 そんなわけで、私の望むエリスエンドになりましたっ♪。
 って、素直には喜べないんですけど…。
 というか、全然喜べません。
 過程をすっ飛ばして結末だけそうなっても、とてもついて行けないもん。
 何だこりゃ(^^;。
 どっと力が抜けちゃいました。
 この結末の為に、今までのお話があったのかなあ…。
 何だか冗談みたい。

 エリスが赤を克服したことを知った途端、浩樹のスイッチが入ったみたいなのですが…。
 分かんないです(^^;。
 真紅の天使の絵も、浩樹がそれと対になる絵を描いたのも、私にはあんまりぴんと来なくって。
 そもそも、この作品で一番美味しい部分、浩樹からエリスへの告白、そしてこの作品で一番辛い部分、霧にお別れの言葉をかける浩樹、それらをみんなすっ飛ばしちゃうんですもん。
 エリスも霧も、物分かりが良過ぎだよー。
 見ていた私はがっかりしちゃったのに。

 ホテルでみんながすれ違うシーンは、結構雰囲気ありました。
 でも、本当にただすれ違ってるだけなんですよねえ(^^;。
 朋子は死んじゃうし(おい)。
 手術で、海外へ向かう、朋子が、機内で死んだ。
 以前あった、みんなで小説のネタを考えるシーンって、この為の伏線だったのかしらん(笑)。
 竹内部長は、OPでずっと出ていたバイクで活躍したよ。
 浩樹をちゃんと見付けるなんて、察しがいいです。
 わざわざ赤い手袋をプレゼントしたりするのは、やっぱり皮肉なのかなあ…(こら)。
 菫はお歌を頑張ったよ。
 空港で歌ったあの歌は、誰へ向けた歌なのでしょうか。

 この作品、前半は凄く良かったと思うのに、後半は何だか別の作品を見ているみたいでした。
 あれじゃ霧が可哀想。
 エリスだって可哀想だよ。
 脚本、可奈に書いて貰えば良かったのにね。

 タクシーでホテルへ向かうエリス、踏切を走って行ったのは、黄色い帯の電車だよ。
 総武緩行線みたいですけど、踏切のある三鷹から先へ行くのは21時以降なので、霧との待ち合わせ時間を考えると、計算が合わないかも。
 そして、浩樹が乗り換えで電車を待っていたのは、新宿駅の11番線。
 私も、毎日あそこに立ってます(笑)。
 霧は中央快速線下りの10番線に居たので、辻褄は合いますねー。
 ただ、成田空港へ向かう浩樹が、どうして新宿から総武緩行線に乗ったのか、それはかなり謎なのです。
 ここで出て来た電車は、はっきりとE231系でした。
 運転室扉を黄色に塗っていないのが、ちょっと惜しい所かしら。
 それから、尾灯の代わりに前照灯を点けて走っていたのは、どう見たっておかしいでしょー(^^;。
 おかしいと言えば、「佐倉-成田 渋滞 3Km」の電光表示。
 えと、東関東自動車道の佐倉ICと成田ICの間は、14.9Kmあるんですけど…。
 千葉県民として、これには文句を言いたいです(^^;。

| | コメント (11) | トラックバック (10)

2006.03.26

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第23話「クリスマスカラーの決意」

 いくら菫が頑張っても、浩樹が再び絵を描き始めることの意味って、もうあんまり無いです。
 浩樹にとっての絵っていうのは、エリスとの繋がり、そのものだったんですもん。
 そして、柳や霧との関わり。
 後者はもう完全に解決してるし、自分の脚で歩こうとしているエリスに浩樹がしてあげられることは、もう何もありません。
 赤を克服しようとしているエリスに対して、浩樹はもっと主体的に関わって欲しかったけれど…。
 優しくないよね。
 浩樹が描いたエリスをモチーフにした絵、それも凄く見たかったのにな。

 竹内部長が唐突なことを言っていたけれど、絵との付き合い方は、人それぞれですよね。
 それに、現状ではエリスがフランスへ行くのって、逆に逃げるってことなんだもん。
 霧はエリスに向き合っているけれど、今のエリスはそうじゃないんですから。

 この展開、エリス大好きな私には、やっぱりかなり辛いです。
 浩樹のお相手が霧でも、それは別に納得出来るのですが、肝心の浩樹があんなじゃ、見ていて全然気合いが入りません…。
 エリスと浩樹と霧の関係、えらくつまんない描き方をしているみたい。
 中途半端だよー。
 浩樹は何も決意をしてないですし(^^;。

 そんな中、可奈は凄く可愛かったのでした。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006.03.13

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第22話「インディゴの夜明けに」

 浩樹が血相を変えて病院に駆け付けるシーンとかは、ごっそり省略されちゃいました。
 つまんないの。
 浩樹がエリスの為に何かをするっていうのを、私は見たいのにな。
 積極的にエリスと関わって行こうっていう姿勢が見られないの、それは凄く残念なのです。
 エリスはちゃんと成長しているけれど、それは浩樹によってでは無く、自分とお友達との関わりの中でのことなんですもん。
 今の浩樹はエリスを導いてあげてないし、気持ちを分かってあげようともしてないよ。
 そんな状態で霧とくっついたとしても、何だかどーとでもして下さい、状態なのです。
 それで、エリスの顔を見て赤くなったりしてるから、さすがの私も、ちょっと呆れちゃいました(^^;。

 怪我人のエリスに無理をさせて、それが自分のせいなのも、ちっとも分かってませんものね。
 「私にはこれしかないもの」とまで言わせちゃってるのに。
 分かろうっていう素振りがちっとも見られない浩樹のこと、すっごく歯痒いです。
 早く結論を出して欲しいって思うけれど、エリスはまだ諦めて無いのかなあ…。

 せめて、フランス留学よりも先に、浩樹がエリスのお母さんから学んだことの全てを、エリスには教えてあげて欲しいな。
 絵と向き合うことを止めたら、エリスと向き合うことも止めちゃってたから…。
 まだ、絵のこともエリスのことも、中途半端な浩樹なの。
 もう既に、頑張れ、なんて応援されるべき時期は過ぎてると思うのになあ。
 主人公がここまで情け無いと、困っちゃいます。
 彰太にだって、負けちゃうぞー。

 どーでもいいのですが、エリスってば、凄い病室に入ってます。
 差額ベッド代がかさみそう。
 まあ、ただ広いっていうだけの部屋なんですけど…。

| | コメント (3) | トラックバック (3)

2006.03.06

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第21話「クリスタルの白地図」

 浩樹との関係において、もうエリスの居場所は無いのかなあ…。
 悲しいのを我慢して霧に笑いかける姿って、可哀想で見てられません。
 浩樹の意識は完全に霧へと行っちゃって、霧もそれを受け入れてるし、こうなるとエリスには、フランス留学へと旅立つ以外の選択肢は無さそうな感じだもん。
 ここまで見事に舞台が整ってしまうと、私なんかは、見ていて全然気合いが入らなかったりします。
 しかも、エリスがまた交通事故だなんて、悪い冗談みたい。
 そういうのって、寂しいね。

 朋子が病弱属性を発揮して、菫が歌を歌って、他のみんなもキャラクターとしての原点に還っているみたい。
 作品も、いよいよ佳境です。
 でも浩樹があんなだし、エリスはあんなだし、やっぱり見ていてつまんない(^^;。
 今の霧だって、あれじゃ全然可愛く無いもん。
 どんな結末になるとしても、ちゃんと納得出来るシチュエーションを膨らませて行って貰えたら嬉しいな。

 あ、描いた絵を通して浩樹のことが分かるって言うエリスの、その素直な心が私は嬉しかったりしましたよー。
 今回のエリス、仕種が妙に可愛かったりしたし。
 浩樹は相変わらずだけれど、とりあえず絵を描こうっていう気持ちがあることだけは、はっきりしました。
 エリスの赤と比べたら、全然大した理由じゃ無い気がするのは、私だけかなあ…(^^;。

 余談。
 OPで校門の所に出て来る緑の髪の女の子、あの人って、合唱部の部長さんだったんだあ。
 今まで、誰だかちっとも分かっていませんでした…(^^;。

| | コメント (4) | トラックバック (15)

2006.02.27

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第20話「マーマレード色の夕暮れ」

 前回に続いて、可愛い霧が見れました☆。
 先輩である紫衣の前だと、霧はとても可愛いの。
 自信無さげに、ちっちゃくなっちゃって。
 浩樹の前だと、逆の態度を取っちゃう辺りがまた可愛かったりしますよー。
 小学生みたいな話でも、今まではそれで楽しかったくせにい(笑)。
 まあ、紫衣が言うように、あのままだと確かに幼馴染みで終わっちゃいそうな感じなのです。
 エリスの方も、従妹としか見られてないから、一緒と言えば一緒なんですけどね。
 今回は、エリスの出番、少なかったな。
 お昼ご飯も別々みたいだったし。
 何やってたんだろお?。

 霧ってば、エリスのこと、恋敵としては全然意識してないみたいなんです。
 まあ、浩樹の態度もそうなんですけど。
 ちょっと寂しいな。
 巣立って行くのを見届けるだけじゃ、駄目なんだと思うけれど。
 でもエリスには、赤を克服して、フランス留学を含めた絵との関わり方を決めて、そして浩樹に再び絵を描かせるっていう、とても重大な使命があります。
 そういった意味では、自分の気持ちの整理だけをすればいい霧とは、立ち位置が全く違ったりするわけなんです。
 柳も、霧を応援する側に回っちゃったし…。
 エリスの方が、ずっとずっと大変なんだと思うよ。
 とりあえず、オムライスを作るのは確実にうまくなってるみたい。
 そして浩樹は、ロールキャベツもレパートリーなの。

 にしても、浩樹と霧、二人揃って編集&作家コンビに相談を持ちかけてるのが可笑しかったです。
 紫衣と可奈は、常にセットで登場するのですねえ。
 可奈も堂々と浩樹にアプローチしてたりするわけですけど(しかも職員室で)、全く相手にされてないのがお気の毒なのでした。

 そして、ラスト。
 高校時代の告白の再現は、やっぱり凄くいい雰囲気で。
 浩樹、どうするのかな…?。
 もう本心をはっきりと言って貰わなくっちゃ。
 まさか、あの場にエリスが居たりはしないよね…?。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

2006.02.20

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第19話「ミルキィホワイトの一夜」

 今回の霧、可愛かったです。
 紫衣に何回も電話しちゃって。
 わたわた。
 お化けが怖いっていう設定も、ここぞというときにしっかり出て来ます。
 2回も浩樹にしがみついてたし。
 今度ばかりは、浩樹と霧、どうにかなっちゃうのかと思ったよ。
 それはそれでいいかな、なんて気持ちになったりもする私なのでした。
 エリス大好きな私がそう思っちゃう位、二人、本当にいい雰囲気だったもん。

 でも、エリスからの電話で、浩樹は我に返ったのでした。
 エリスの直感は怖いんだから!。
 なんて、今回はあんまり疑ってなかったのかな…?。
 やけ食いじゃあ無いんでしょうけど、何だか色々と好きなものを食べ散らかしてましたあ。

 浩樹って、霧のこと、どう思っているのかなあ。
 まあ、好きは好きなんでしょうけど。
 高校のときは、柳のことを考えて告白を断って、今はエリスのことを考えて何もしないの。
 それって、霧そのものを全く見て無いってことだもん。
 困ったものなのです。
 それじゃあ、紫衣の言葉に返事は出来ませんよね。
 実態を知られたら、きっと怒られるよー(^^;。

 エリスのことは、今も従妹としてしか見て無いんでしょうけどねー。
 霧とカップリングしたりすると、唯でさえ不安定なエリスの心が目茶苦茶になっちゃいそうだから…。
 でも、浩樹はそういうこと、ちっとも態度に出しません。
 エリスを大人として意識するような描写も、全く全然ありませんな(^^;。
 寂しいよう。
 エリス、可愛いのに!。
 今回、追い詰められてた可奈も、なかなか可愛かったですけど(笑)。

 二人が研修で向かったのは、仙台だったんですね。
 私も昔、何処のホテルも満員で、行き倒れになりかけたことが…(^^;。
 にしても、どうしてわざわざ最終の新幹線を予約していたのでしょう。
 東京に着いたら、23時過ぎちゃうのに。
 新幹線に乗り遅れても、高速バスならまだ間に合いますけど、満席だったのかなあ。
 紫衣はお泊まりしちゃえってけしかけてましたけど、特急券はやっぱり勿体ないです(せこい)。
 企画切符で無ければ、乗車券部分は翌日も有効ですけどねー。
 ちなみに、柵も何も無い土手を呑気に走る区間は、東北新幹線にはありません。
 新幹線だぞ!。
 偉いんだぞ!(^^;。
 はっ。
 もしかして、仙山線を経由して、山形新幹線で帰ったとか!?(車輌が違うってば)。
 旅館「おぼろ」は、部屋からの景色といい露天風呂といい、結構良さげな感じでした。
 どうして他にお客が居ないのかなあ。
 座敷童が居るからあ?(^^;。

 チャンスの女神は、前髪だけなの…。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

2006.02.13

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第18話「トマトレッドを撃て!」

 赤の克服もそうなのですが、エリスは料理の腕が致命的に悪いから…。
 越えなければならない壁は、たっくさんあるの。
 今回は、どちらかというと、お料理の方が問題だったかも。
 おばーちゃんの指導も、電話だけじゃ限界がありますもんね。
 でも、オムライスをどうしてそんなに不味く作れるのでしょう(^^;。
 ちなみに私は、オムライスって好きじゃ無いです。
 実は椎茸も嫌いだったり。
 絵の具の赤も、ケチャップの赤も、確かに血液チックなので、トラウマを持っているエリスには厳しいですよねえ。
 特に、あのドロっとした所とか…。
 言われてみれば、夕焼けの赤もきっと苦手なんだろうな。
 だから、エリスの色は青なのかもしれない。

 そうそう、美術部の女の子達って、まだエリスとは打ち解けて無いのかしら。
 前回はみんなまとまってましたけど、浩樹のことは好きでも、エリスのことはそうでもないのかなあ。
 男子部員は、完全に存在を消してます。
 浩樹は何故か一人で仕事を…。
 バスケ部のボーリング場も、企画としてはどうかと。
 ダーツが流行ってたのも、不思議と言えば不思議かも。

 ちなみにエリスは、浩樹の「手を離れて一人で歩き始めようとしている」んじゃ無くって、浩樹とずっと一緒に居る為に自分を変えようとしているんですけどね。
 浩樹はちっとも分かってないみたいだし。
 自分のことで浩樹と霧が相談してたり、霧に気を遣われちゃったりするのは、結構厳しいことなんだと思うけれど。

 そして、エリスのオムライスは、最後まで美味しくないままなのでした。
 なのに、30人分の材料を調達しているエリス、強者だなあ。
 オーダーが入ったときと、実際にオムライスが届けられたとき、あの場に流れた緊張感がたまりません(^^;。
 何故か柳まで固唾を飲んで見守っているのが、妙に可笑しかったりするのでした。
 3人組は逃げちゃった。
 浩樹としては、ケチャップで描かれたハートマークだけを美味しく頂けば、とりあえずそれでいいような気がしますけど。
 ダメカナ?。

 映画「タンポポ」のBGMに、「楽しいオムライス作り」っていう曲があったっけ。
 エリスも、最後には楽しく作れるようにはなったみたい。
 後は、味と。
 赤い絵の具、ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2006.02.06

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第17話「チェリーピンクを届けたい」

 浩樹って、何か流されてます。
 自分が進むべき道を、後から理由付けしてるもん。
 絵の道から、わざと遠ざかろうとしているわけですから、それも仕方無いとは思うのですけど。
 あの曖昧な笑顔も、さすがにちょっと見飽きて来ちゃったなあ(^^;。
 あんまり本気で笑ってませんよね、浩樹って。

 エリスは、いつも一生懸命に浩樹と向き合おうとしているのですが、浩樹がああだと、なかなかうまく噛み合わないね。
 霧は霧で、逆に向き合うことに躊躇いを感じているみたい。
 微妙に変化して行く二人の心、それがうまく描かれていて、楽しいです。
 浩樹がちっとも動かないから、尚更だもん。

 そんな浩樹が喜ぶことって、洗濯物の色柄物分け、なんですかあ。
 エリスさん、さりげなく二人の関係が親密だってことをアピールしてます。
 でもみんなは、洗濯も全部上倉先生にやらせてるんだ、って受け取ったと思うので、困ったものですね。
 家事をじゃんけんで決めてるって、本当なのかなあ。

 それはともかく、エリスが絵で結果を出して行くと、浩樹は凄く喜びますよね。
 あのときの笑顔は本物だもん。
 だから、エリスが絵を描いていたのは、ちゃんと浩樹のことを分かってる証拠なのです。
 嬉しいな。
 朋子もちゃんと分かってくれてたし。
 まあ、エリスの絵が上達すればする程、浩樹との距離が開いて行っちゃうのも、また事実だったりするわけですけど。

 前回に続いて、今回も全員集合のドタバタ話で、凄く楽しかったです。
 いいないいな、こういうお話。
 ひかりも重大な任務を負って、大活躍なのでした。
 あそこまで演技しなくってもいいとは思いますけど…。
 一人で20時まで足止めするには、あれ位やらないと駄目なのかもしれない。
 エリス的にはNGでしょう(笑)。
 それから、小道具の目薬は、ちゃんとポケットにしまいましょうね。
 何げに時間に正確なひかりが可笑しかったです。
 最初のメンバーの中で一番歳上な菫も、しっかり取りまとめつつ、初志貫徹でケーキを焼いてくれましたあ。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2006.01.30

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第16話「薄紫のオールナイトロング」

 可奈のリボン、でっかいの。
 今回は久しぶりに菫の出番があったりして、嬉しかったです。
 菫さん菫さん、実はひかりさんより出番が少なくないですか…?。
 負けないように、頑張って欲しいなあ。

 浩樹とエリスの愛の巣に、女の子が6人も揃うと、さすがに壮観なのです。
 可奈の台詞で、みんなの学年がそれぞれ違うこと、思い出したりしましたよー。
 子猫か子犬みたいに、固まってごろごろ床寝してるのが、妙に楽しかったりして。
 みんな芸術系の部活なのに、恋愛小説のプロット、なかなかうまくいかないね。
 朋子が死亡フラグを立てまくるから…。
 このコは別に芸術系じゃ無かったっけ。
 病弱系…?。
 最後に必ず主人公が死んじゃう恋愛小説のシリーズっていうのは、かなり嫌だ。
 でも実際、毎月ラブストーリーを考えるのって、大変そうだよね。

 歳の離れた霧と紫衣は、別に隔離されちゃった。
 霧の日曜日は完全に潰れちゃったみたいで、ちょっとお気の毒ではあります。
 でも、さりげなく、霧のストーリーも同時進行してたりして。
 かつて、会いに来ようとはしてたんだあ。
 エリスが来るまでの浩樹って、東京でどんな生活を送っていたんでしょうねえ。

 どーでもいいのですが、霧の持っていた航空券、札幌-東京で50,000円は高過ぎじゃろう(^^;。
 しかも、予約の変更は不可で、払い戻し手数料はなんと50%!、更に予約便出発後の払い戻しも出来ないなんて…。
 ひどいっ。
 国内航空運送約款で、そんなの認められるわけがありません。
 現在のタリフでも、マックス8,000円だと思います。
 って、東京側の着地が横田だから…?。

 霧ってば、結局は使わなかったし、払い戻しもしなかったんですね。
 きっと、ぎりぎりまで、ずっとずっと迷って、悩んだ末悩んだ末、行かないことを決めたんだろうなあ。
 もしかしたら、空港までは行ったのかも…。
 なんてことを考えてみたりする私なのでした。
 あのチケットにはそんな呪いがこもっているので、浩樹と喧嘩したときに、効果的な使い方が出来たりするかも。
 あわわ。

 さすがの女子高生軍団も、月曜の朝、疲れは隠せません…。
 何かと問題が多いから、浩樹は一緒の登校じゃ無いんですねー。
 浩樹と紫衣、接触しなくて済んだし、浩樹としてはいい判断だったかしら。

 エリスも可奈も、創作に打ち込んでいるときの集中力は物凄いのでした。
 二人共、真剣勝負だもんね。
 ちなみに、エリスの部屋の扉が開いたままなのは、いつでも浩樹が入ってこれるようになってるから?(笑)。

 浩樹も、可奈の冗談に応じる余裕が出来たみたいで、良かった良かった。
 エリスには怒られちゃいましたけど。
 枕ぶつけられた。
 「おにーちゃんの、ばかー!!」。
 浩樹って、可奈には結構甘いから、仕方ありませんね。

 今回は呑気なお話で、楽しかったよ。
 お笑いシーンも沢山あって。
 そういうのって、私は大好きです。

| | コメント (0) | トラックバック (20)

2006.01.23

■Canvas2 ~虹色のスケッチ~ 第15話「藍色のプレッシャー」

 あ、ちょっとアダルトな雰囲気のお話だあ。
 色々と大人っぽいですよね(笑)。
 お仕事って、本当に大変そう。
 好きでやっていても、それだけじゃ駄目なんだもん。
 才能は刺激し合って育つの、それは生徒だけじゃ無く、教師も一緒なんだと思います。
 お仕事全般だって、きっとそう。
 紗綾は頑張ってました。
 凄いなあ。
 私なんか、お付き合い苦手だし、接待するのもされるのも、嫌でしょうがないです。
 そんなことしてる暇があったら、さっさと家に帰って、録画してあるアニメの続きを見たいもん。
 なんて、フツーの社会人として、これを言っちゃいけない気がする…。
 もう書いちゃいましたけど。

 浩樹と紗綾、今にも何か起きそうなシチュエーションだったのに、何も起こりませんでした。
 健全だなあ。
 しかも、エリスと霧にちゃんと報告までしています。
 それは後腐れが無くっていいですね(^^;。
 さすがに、こと細かくは語らなかったんでしょうけど。

 霧も自分と向き合ったりしていたみたい。
 ん、今度こそ私を描いて、なんて言える雰囲気じゃ無さそうですねー。
 どうするんだろ。
 それから、一人でグラウンドを走ってる体育教師って、有りそうで見たこと無いシチュエーションなのです。

 こーゆー話だと、エリスはあんまり関わって来れなさそうですが、実はエリスも結構大人だったりするの。
 てゆーか、浩樹が子供過ぎるのかなあ。
 エリス、ただ甘えてるだけの女の子じゃ無かったもん。
 ちゃんと浩樹そのものを冷静に見てたりするんだねえ。
 偉い偉い。
 エリスのお友達として、朋子にも出番は用意されてたよ。
 すっかりツッコミ役として定着しました。
 エリスにだけじゃなく、浩樹にもキツイこと言うもん。

 私としては、浩樹の卒業制作のモチーフは、やっぱりエリスを希望…(まだ言ってます)。
 ラストのあれは、一体何だったのでしょうね(^^;。
 全体的に、地に足が付いた感じのエリスの描き方、嬉しかったですー。
 どーでもいいのですが、ファミレスのモーニング、私も結構愛用してたりします。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~