カテゴリー「戦国乙女~桃色パラドックス~」の10件の記事

2011.06.14

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第11話「強奪乙女」

 イエヤスってば、お城のトラップ、難無くクリアしちゃいます。
 あれは結構凄いのですよ。
 やっぱり、勘がいいのかなあ。
 ハンゾウのおかげも有りますけど…。
 ハンゾウ、不死身なのかと思ったら、実は使い捨てだったみたい。
 イエヤスは本当にえげつないですっ。
 あの笑顔はちょっといいかも、なんて思っていたのにい!。
 なあんて、イエヤスは当初から腹黒キャラでした。
 ヒデヨシの世界のトクニャンも、全く同じなのかしら。
 ヒデヨシ、気を付けた方がいいですよお。

 そのヒデヨシなら、お城のトラップには詳しい筈で、イエヤスの追跡も可能かなって思ったけれど。
 それ所では有りませんでした。
 シロはちゃんと追尾していたけれど。
 もう手出しが出来ません。
 ノブナガ達は、結界も突破出来ず。
 ここでヒデヨシが未知なる力を…、なあんて展開にもならず。
 ちょっとお(^^;。

 ヒデヨシには、かなり期待しているのですけど。
 現代の女子中学生として、ここは科学で対抗するしかないです。
 壊れた携帯の他に、何か持ってないですか?。
 ノブナガやマサムネと連携を取れそうなのも、ヒデヨシだけだよ。
 ミツヒデとは…。
 ヒデヨシはともかく、ミツヒデは嫌がりそうだなあ(^^;。
 シロとのラインも、お役に立ちそうに有りません。
 シロ、気絶してるし。

 にしても、イエヤスの表情と言葉遣い、すっかり悪人なのです。
 まあ、あれが素なのでしょうね。
 知らない人は、トラウマになりそうな。
 今まで、あの素顔を知った人って、みんな消されてしまったのかしら。
 それが甲冑でパワーアップしているとか、大変なのです。
 きっと、本人も制御不能になるのでしょうし(^^;。

 伊達家は、かなり執念深い家系だったのですねー。
 マサムネにも、その血はしっかり流れていたよ。
 それでも天下を取れていないのは、そこまでの器だとしか…。
 もっと別の方法で、上を目指すしか無いんじゃ?。
 考え方としては、ヒデヨシの方がマトモって思えますもん。
 先生しているときのマサムネは、凄く優しそうな視線をヒデヨシに向けているのにな。

 てことで、私はヒデヨシの活躍に期待です!。
 制服で戦うのだ(^^)。
 甲冑に対抗するには、セーラー服しか有りませんもの。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2011.06.07

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第10話「心中乙女」

 ヒデヨシが持っている歴史の教科書、もっと有効活用出来そうなのにな。
 殆どお役に立っていません。
 勿体無いの。
 そして、壊れてしまった携帯電話に続いて、ヒデヨシの装備は、全て本能寺の火災で燃えてしまったらしく。
 あらら…。

 あの状況の中で、マサムネは甲冑をしっかり持ち出していたみたい。
 ソツ無いです。
 先生らしく、ヒデヨシのことは、しっかり護ってくれましたねー。
 ちょっと安心したよ。
 名前の通り、伊達家の子孫なのは本当だったらしく、その目的も何となく分かったです。
 で、ノブナガ頼みでアイテム集めて、その結果だけを横取りとか、かなりセコいって思ったり(^^;。

 イエヤスは、更にセコいのですけどね。
 だって、本当に何にもしてませんもん。
 ミツヒデの利用すらしていなくって。
 …しようとしても失敗しますけど(^^;。
 困ったものです。
 甲冑がイエヤスに渡ったら、一体何が起きるのかしら。
 それこそがパラドックス…?。

 怪しいモードに突入していたミツヒデは、ノブナガ自身の行動によって、心を入れ替えたみたいだよ。
 良かったね。
 まあ、元々の精神状態がアレだったので…。
 12回っていう、厳然とした事実は重いのですよ(笑)。
 ヒデヨシよりも優位っていうのが明らかなら、ミツヒデは心安らかで居られそう。
 ミツヒデは真面目っ子過ぎるからなー。

 ヒデヨシも、結構頑張りました。
 縄抜けから、炎の中への突入まで。
 上出来って思うのですよ(^^)。
 ストレートな言動とあの行動力は、こういうときには手っ取り早くていいですね。
 ノブナガも、酔っ払って寝ていたのに、良くもまあ起きられたものです(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2011.06.01

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第9話「西国乙女」

 ヒデヨシとノブナガが急接近して、ミツヒデの心がダークに染まって行っちゃいます!。
 いやいや、ヒデヨシとノブナガって、元々あんな感じでしょお?。
 前から何にも変わっていないよ。
 ミツヒデだって、そこへ飛び込んでしまっていいのに。
 些細な誤解から、日頃のフラストが増幅されて、どん底へと落っこちてしまうのが人間なのですねえ。
 まあ、ノブナガはああいう人ですから。
 ヒデヨシはミツヒデの変化を敏感に感じ取ってはいたけれど、特に行動を起こしたりはしないのでした…。
 こらあ。

 今回の戦いが終わって、3人は仲直りするかと思ったのに、まだまだ引っ張るみたい。
 ミツヒデのこと、追い込みますよねえ。
 その先には、一体何が待っているのやら。
 後はもう、ヒデヨシに期待するしか有りません。
 天真爛漫なヒデヨシ。
 そして、無害。
 体力勝負では全くお役に立たないけれど、実は結構頭はいいかも。

 戦闘モードのモトナリとモトチカとソウリン、なかなか頑張ってはいたけれど、本気を出したノブナガとミツヒデには、全く歯が立たないのでした。
 あれが本来の姿ですよねっ。
 ノブナガは、痺れ薬を気合でクリア。
 またなんとゆー(^^;。
 ミツヒデは、仕掛けられた罠をちゃっかり再構成。
 怖い怖い。
 ヒデヨシのくすぐり攻撃も、あれは結構辛そうですよ(^^;。

 ノブナガが甲冑をコンプリートしたことで、イエヤスとマサムネも動き出します。
 この人達は、一体何者!?。
 天下統一以外に、何か目的が有ったりするのでしょうか。
 伊達先生とか…。
 そして、ラスボスは一体誰になるのかしら。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011.05.22

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第7話「演劇乙女」

 結局、ヒデヨシのオリジナルの脚本は、どんな結末だったのでしょうねー。
 それなりに真面目に取り組んではいたみたいなのですけど。
 さすがアイデア不足になってしまったらしく。
 それでも、買収には応じません。
 ノリノリで応えちゃったら、どうしようかと…。
 大量の信玄餅は、かなり魅力的だったもん。
 あの後で、わざわざ別途作って貰っていたっけ。

 ここに来て、シロもかなりの暴走をしているよ。
 そんなだから、犬になっているのかなあ。
 そもそも、女性しか居ない世界なのですけど。
 空の彼方に消えてしまうのかと思ったら、飛距離不足で、湖に落ちたです(^^;。

 だからみんな、百合になってしまいます。
 と言うか、百合っていう概念も存在しないのかしら。
 謎なのですよ。
 取り敢えず、ヒデヨシだけは普通で居て下さいね(^^;。
 何だかんだで、観客の皆さんもノブナガが大好きで、そーいう展開なら大喜びしてくれちゃいます。

 イエヤスの腹黒さも、いよいよヒデヨシの知るところに…?。
 って、イエヤス自身、全く隠して無いとゆー。
 ストレートなのですよ。
 ただ、腹黒イエヤスの画策は、全く実を結ばなくって。
 これなら暫くは安心かしら。

 マサムネの方が、むしろやり手みたい。
 この人の狙いは、何なのでしょう?。
 別に、元の世界に帰ることでは無いと思うのですけどねー。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011.05.10

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第6話「想出乙女」

 ミツヒデも、ノブナガといい勝負が出来ちゃう位、戦闘力は高かったのですねん。
 そりゃそうです。
 何だか、いつも文化系な雰囲気を漂わせているので…。
 ヒデヨシが来てから、あんまりお役に立っていないような所は有るけれど、それは誤解なのですよ。
 ヒデヨシ、何も出来ませんもの(^^;。
 ミツヒデにはちゃんとお役目が有るのですよー。

 まあ、ノブナガがヒデヨシを可愛がっているのは確かなのです。
 ヒデヨシ、面白いですものね(笑)。
 ミツヒデはちょっと真面目過ぎるの。
 でもでも、そこがミツヒデの面白い部分だったりもするのですよー。
 ノブナガが大好きだったりもしますし。

 そこを、イエヤスに付け込まれたりもしちゃいます。
 大変だあ。
 マサムネもそんな感じなのかと思ったら、そんなことは無くって。
 マサムネはマサムネで、また違った目的が有るみたい。
 てゆーか、伊達先生とはイコールらしく。

 何気にすっかり溶け込んでいるヒデヨシのこと、どう思っているのでしょうね。
 元の世界に帰してくれたりするのかしら。
 ただ、ヒデヨシにもその正体は明かしていないから、真意はちょっと分かりません。
 言えない事情は、ヒデヨシにとってはいいことなのか、悪いことなのか。
 回想シーンを見るに、亡くなった未来人さんの端末から、何か情報を得たのでしょうか。

 そんな中、雨で退屈なヒデヨシは、ノブナガとアスレチックに取り組みます。
 命懸け。
 狭い通路で、転がって来た石から必死に逃げて、最後は水で流されるっていうお約束。
 これは楽しいです(^^)。
 可笑しいの。
 石っていうか、転がって来たの、やたらとキョーアクなやつだったですけどっ。
 ことごとくの罠を引き当てるのも、立派な才能だよ。

 ノブナガが持っているお守り、それなりのお役に立っているのかなあ。
 一応、心掛けてはいるってことで。
 ヒデヨシの瓢箪は、そのうちきっとお役に立ちます!。
 壊れちゃった携帯を、今でも持ち歩いていたりする、健気なヒデヨシなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011.05.03

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第5話「怪談乙女」

 今回も、イエヤスの動きがお話の中心なのです。
 あんなに堂々と動いているのに、他の人達が誰も気が付かないのが不思議だったりもしますけど。
 何故か、ヒデヨシが真っ先に気が付いたりとかして。
 あの笑顔に、みんな騙されまくってます(^^;。
 まあ、ノブナガとかは、敢えて見逃しているのかもしれませんけど。
 その方が面白いとか、そんな理由で。
 ちなみに、ヨシモトは天下を取る気は無いのですねん。

 久しぶりのお肉が楽しみで仕方無いヒデヨシ、ちょっと可愛かったりしたよ。
 食生活は、確かに重大な問題ですものね。
 今までの描写を見るに、常にお腹が空いているような状態では無いので、恵まれてはいますけど。
 さすがに、ウサギさんの丸焼きは食べられませんかあ。
 無理矢理食べさせられていたけれど(^^;。
 あのウサギ、仕留めたのはミツヒデの手裏剣だそうで…。
 って、あれれ?(^^;。

 さくっと源氏の落ち武者に捕まっていたマサムネが、何だかトボけた味を出していたり。
 どうしてそんな所に居たですか。
 あのままじゃあ、永久に脱出出来なかった筈なのに、妙に落ち着いていたですねん。
 ノブナガとミツヒデは、関わる気が全く無かったり。
 実際、この2人は殆どお役に立たず…。
 ミツヒデは、あそこまで怖がりでしたかあ(笑)。

 ヒデヨシの観察力のおかげで、みんな揃って脱出に成功しましたよん。
 ちなみに、イエヤスの手下は、あんまり使えないらしく。
 これなら、別に放っておいても、何にも出来ないかも(^^;。

 シロは久しぶりに出番が有って。
 お肉も満喫っ。
 ヒデヨシに彼氏面とか言われたり、へんてこな会話を交わしていたっけ。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2011.05.01

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第4話「対決乙女」

 あ、ヒデヨシの携帯、壊れちゃいました…。
 何かと便利に使えそうな、貴重なヒデヨシの装備だったのにな。
 ちょっと残念な気持ち。
 いずれは電池が切れてしまっていたとは思いますけど。
 取り敢えず、ノブナガがヒデヨシを見付ける為のツールにはなったです。
 わざわざ探しに来てくれるなんて、優しいね。
 ヒデヨシは頼りないからなあ(^^;。

 ミツヒデは、ノブナガへの忠誠心が空回り。
 結果だけでは無く、過程も大切だってこと、なかなか分からないみたい。
 ノブナガの性格とか、そういうのも考えなくっちゃ。
 その点、ヒデヨシはちゃあんと空気を読みます。
 シンゲンとケンシンの戦いも、おにぎり食べながら、高みの見物をしていただけじゃ無かったよ。
 そういう視点が、ノブナガに気に入られる理由なんだあ。

 あれだけ言われたのに、ミツヒデは先走ってしまうし。
 イエヤスはやっぱり悪人で。
 あの表情がまた…(^^;。
 ミツヒデのコントロールに失敗しても、別に悔しそうな素振りも無くって。
 あの余裕有る態度が不気味です。
 一番の美形さんなのにねえ(←私の主観)。

 ミツヒデは、眼鏡を取られて、マジック(は無いだろうから、墨?)で落書きされちゃいました。
 罰として、暫くはあのままなんですって。
 一つ持ち芸が出来たね(笑)。
 にしても、ミツヒデは悪事を隠しておくことが出来ない人みたい。
 可笑しいの。

 シンゲンとケンシンは、ちゃあんと決着が付くのでしょうか。
 あれ、絶対に終わらないと思うのですけど(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2011.04.19

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第3話「天空乙女」

 イエヤスって、大人しい内気キャラなのかと思ったけれど…。
 そんなこと、絶対に有り得ません(^^;。
 喧嘩凧では、随分とセコイ手を使っていたよ。
 ノブナガが寄越した挑発のお手紙も、全く気を遣わずに、ヨシモトの前で読み上げちゃった。
 天然っぽく見せかけているのは、わざとみたい。
 ヨシモトの前では、全く自己主張はしていませんでしたけどねー。

 まあ、ヨシモトも、似たような雰囲気が有ったりします。
 導火線はしっかりと直結して、花火の火薬も満タンに差し替え。
 イエヤスの考えることなんて、みんなお見通しみたい。
 さっすが上役。
 あの余裕と、意趣返しみたいな意地悪には、ちょっと憧れたりもします(^^;。

 ヒデヨシは、慣れない乗馬に悪戦苦闘。
 あれは大変そお。
 おケツが痛くなるのも納得なのです。
 お風呂では、腫れがかなり堪えたご様子…。
 それでも、シロが覗いていたこと、ちゃあんと気が付いていて。
 結構、鋭いんだあ。
 無乳とか言われちゃっていたけれど。
 …むにゅ?(^^;。

 レクリエーションで勝負って、フルーツバスケットでもするのかと思っちゃいましたよお。
 たったの4人ですし。
 実際にはそれ以上、ありとあらゆるジャンルでの真剣勝負。
 何だか、ひたすら遊び倒していたみたい。
 ヒデヨシってば、現代の遊びを色々と持ち込んでいたよ。
 ボーリングまでやっちゃいます。

 喧嘩凧では、自分も空中に揚げられるなんて、夢にも思わなかったみたい。
 そりゃそうか(^^;。
 ヒデヨシに武器が無いのは、かなり不公平だあ。
 その代わり、持ち前の強運で、導火線が切れていて…。
 まあでも、あれ、絶対にまた着火するって思いましたけどねー。
 案の定(^^;。

 今回の件で、ヒデヨシはノブナガからご褒美を貰うのでした。
 お金じゃなくって、安倍川もちなのがいいですね。
 やっぱ食べ物でしょう(^^)。
 イエヤスには一目置かれて、ミツヒデには不興を買ったみたいな感じ。

 折角の歴史の本は、もっと活用しましょうよう。
 性格的に、ヒデヨシって復習はするけれど、予習はしないタイプみたい。
 そして、攻撃用の武器としても使われるのでした。
 あれはシロが悪いです。
 忘れた頃に、お仕置きされた(^^;。

 この作品、呑気なところが、見ていてかなり楽しいよ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011.04.12

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第2話「困惑乙女」

 ヒデヨシってば、大昔の異世界へ来ているって自覚が、殆ど全く有りません…。
 普通に起きて、顔を洗って、歯磨きをしようとして。
 あ、ここでやっと気付いた(^^;。
 その後のシロの解説で、そう簡単には帰れないってことも発覚したよ。
 ただ、可能性は0じゃ無いから…。
 ヒデヨシ、前向きなのですよ。
 何とゆー適応能力の高さなのでしょう!。
 羨ましいな。

 自分に与えられたお部屋を、リフォームしたりする余裕も有って。
 材料は、ミツヒデに貰ったのかあ。
 無いものねだりはしないで、有るものを最大限に利用しちゃえるのは凄いと思う。
 あのセンスは、さすがにどうかと思うけれど…。
 落ち着かないもの(^^;。

 一般の、名も無い人達の心まで掴んでしまったよ。
 みんなお友達なのです。
 自分の居場所は自分で作ってしまうっていう、ヒデヨシの能力は凄くって。
 それを素で自然にやってしまうんだもん。
 何処にでも、ヒデヨシワールドを作ってしまえるの。

 そして、今回活躍のアイテムっ。
 携帯電話をミュージックプレーヤーとして使っていたね。
 村の人達、珍しそうに見ていたけれど、そんなには驚いて無かったみたい。
 ここで流れていた曲、何気に好きだったりします(^^)。
 歴史の教科書は、今、実際に居る世界との違いを確認しただけ。
 体操服を持っていたので、パジャマの代わりになりました。
 他にも、まだまだ出て来ますよね。

 シロがどーいう存在なのかは、気になりますね。
 一応、普段はフツーの猫をしているらしく。
 …猫なんだ。
 その正体は、平行世界の管理人さんか何か?。
 ヒデヨシを見守ってくれてるような雰囲気も有って。
 偉そうですけど。

 女ばっかりの世界で、子供がどうやって生まれて来るのかは、私も凄く気になります。
 ヒデヨシは、どーいうパターンを想像していたのやら。
 コウノトリさんはともかく、実際どーなの?。
 家族の位置付けが、あんまり良く分かりません。

 ヒデヨシ×ミツヒデの6番勝負、最後の最後の土壇場で、ちょっとだけいい所を見せてくれましたっ。
 テレビで見ただけであそこまで出来ちゃうなんて、ヒデヨシは本当にお調子者みたい。
 だって、サルなんですもの(笑)。
 実は、家来として、かなりお役に立ったりしそうなヒデヨシなのです。
 これからの活躍に期待だよっ。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2011.04.11

■戦国乙女~桃色パラドックス~ 第1話「転送乙女」

 ヒデヨシってば、呑気なコなのです。
 別の世界(?)へ飛ばされてしまっても、あんまり動じて無かったですし。
 冷静に駅の場所を探そうとしたり。
 冷静って言うか、事の重大性に、全く気が付いていないのですもん。
 渡されたお金で気付けー。
 いやいや、それ以前に、村が焼き討ちにあってたじゃないですかあ。

 満員電車から降りられなくって遅刻しちゃうのは、有りと言えば有りです。
 それでも、毎日通学していたら、対処出来るようになる筈なのにな。
 学校の最寄り駅、モデルは中野ですねん。
 北口の駅前とか、実際よりもかなり余裕が有って、羨ましいね。
 あ、朝ラッシュ時の中野だと、列車によって、右側のドアが開いたり左側のドアが開いたりだから、降りるのにはちょっとコツが必要かも。

 遅刻を叱られても、かなりあっけらかんとしているヒデヨシ、ちょっとは真面目に反省しましょうね。
 キャラが良く分かります(笑)。
 凄く分かりやすいの。
 元気なのは、かなり○。
 深刻に悩んだりとかはしなくって。
 お洒落とお菓子には命をかけてるって、凄い拘りなのですよ。

 そんなヒデヨシも、神社でお守り買ったり、お参りしたり。
 お賽銭の金額に悩んでみたり。
 日本人しています。
 そういう所は、ちょっといいなあって思ったよ。
 ちなみに、お財布は随分と古風なのを使ってますねん。

 そんなこんなで別の世界へと飛ばされてまう訳ですが、本人にはあんまり危機感が無いので、まあどうにでもなりそうってゆーか。
 いつかは帰って来れるんじゃない?(^^;。
 現状で確認出来た装備は、携帯電話と歴史の教科書。
 通学カバンの中には、まだ他にも色々入っているよね。
 携帯は、音と光が何かに役に立つかも。
 歴史の教科書はちょっとした予言書だけれど、そもそも登場人物の性別がおかしいので、あてにはなりません。

 ヒデヨシってば、不用意に夜の街をうろうろしていて、酷い目に遭ったりとかしそうだけれど、その心配も無く、ノブナガに回収されたです。
 赤い甲冑を集めたら、ヒデヨシにも何かいいことあるかな?。
 マイペースなヒデヨシの言動は、ちょっと癖になってしまいそう。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~