2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー「百花繚乱 サムライガールズ」の8件の記事

2010.12.20

■百花繚乱 サムライガールズ 第12話「さよならの忠」

 まさか、どちらの十兵衛も消えちゃうなんて、思いもしなかったです。
 確かに、今となっては、どちらか1人だなんて、不公平では有りますけど…。
 両方同時に残るとか、そんな甘いものでは有りませんでしたねー。
 EDも、みんなが1人ずつ消えて行って、最後に残ったのは宗朗1人だけ。
 意味深なのですよお。

 慶彦は健在で、ニアとも真の信頼関係で結ばれたみたい。
 反撃のきっかけを作ってくれたのは、慶彦のマスターサムライでした。
 何だかんだで、愛戦士も復活なのです。
 アホの子の兼続は、やっぱり可愛かったなあ(笑)。
 義仙は、一般生徒の精気まで吸い取る気だったみたいだけれど、阻止出来て良かったです。
 勿体無いもん。
 将で有る天草に、あそこまでしちゃう義仙の忠誠心も、凄いと言えば凄いのですけどね。
 さすがに、周囲への迷惑が。

 宗朗も、自分では戦ったり出来ないのが辛いところでは有ります。
 将と侍は、しっかり役割分担が有るとは言え…。
 パワーアップした千と幸村でも、義仙の相手は辛かったみたい。
 十兵衛だって、ぎりぎりでした。
 一度は、精気を吸い取られてしまったですし。
 相打ちに持ち込むのがやっと。

 憎しみのパワーって、凄まじいものが有るのですよねー。
 天草の本体も、依然として健在だもの。
 忠を何処まで維持出来るかが、これからの戦いの鍵なのです。
 信頼関係って、ちょっとした行き違いがきっかけで、憎しみに転じたりとかしちゃいますものね。
 繊細なのですよ。

 最後は、無敵になった十兵衛が、一気にねじ伏せちゃうのかと思いつつ、そうはならない所が、この作品の侮れない所なのです。
 宗朗の台詞を聞いていると、ちょっと恥ずかしかったですけどねん。

2010.12.13

■百花繚乱 サムライガールズ 第11話「仏蘭西から来たサムライ」

 慶彦、サイテー。
 宗朗達が何を言っても、ダルタニアンがどうなっても、気持ちは全く届かなくって。
 これはもう駄目だよー。
 取り敢えず、黙らせてですね…。
 もう死んで貰うしか無さそうな感じだったけれど、国を背負っている重圧って言われてしまうと、確かにそれは想像を絶するものなのかな、って。
 将では無く将軍だっていう言葉の中にも、それは込められていたかもしれません。

 それはそれとして、ダルタニアンが痛々しくって、見ていられませんでしたよお。
 マスターサムライのゲノムを注入されちゃうシーンとか、あれって、心も体も、とっても痛そうで。
 やっぱり、慶彦は最低なのです。
 庶民としては、とても許容出来ません…。

 量産型のマスターサムライ、ちゃんとお役に立つのかしら。
 将さえ居れば、働いてくれるのかなあ。
 その位置に宗朗が座れば、何とかなったりしちゃう…?。
 宗朗なら、むしろ一般生徒の統率が出来ちゃったりとかするのかも。
 兼続は、意外といいことを言ったのかもしれないよ。

 十兵衛にも、いよいよ転機が来ましたです。
 いつもの能天気な十兵衛は、次のキスで完全に消えてしまうそう。
 こんなときに限って、宗朗はやる気満々なのですよねえ。
 まあ、状況が状況ですから。
 十兵衛は、本当のことを告げずに、そのままこっそりと消えてしまうつもりなんじゃ…。
 それでみんなは助かるかもしれないけれど、宗朗へのダメージは大きいですよね。
 いつもの十兵衛の方が魅力的って言うのも、また困ったものなのですよ。

2010.12.08

■百花繚乱 サムライガールズ 第10話「魔眼の牢獄」

 宗朗のデータが不可解なのは、普段の様子を見ているだけでも、分かるような気がしますよお(^^;。
 十兵衛はですね、その素性は謎だけれど、行動はとっても分かりやすいですもの。
 分析は楽そうなのです。
 本人、馬鹿だから、なんて言ってたっけ…。
 取り敢えず、もっと早く起きて下さあい(笑)。

 兼続は、早く起き過ぎだぞ。
 脱出する為の作戦なんだろうと思ったし、実際に作戦だったというのに、台無し。
 幸村は意外と潔いのですねー。
 まあ、あの場で死ぬ気は無かったでしょうけど…。
 結果的には、みんな助かったのでした。

 千の救出にも成功っ。
 千は千で、相変わらずです。
 確かに、千の救出が最終目的では無い以上、早いに越したことは有りません。
 その後、ここは俺に任せてお前達は早く行くんだ!、みたいな燃える展開になりました(^^)。
 兼続はですね、エモノが入り口に引っ掛かってエレベーターに乗れず、又兵衛と一緒に居残りとか…。
 ぐつぐつさんってば!(笑)。

 慶彦も一応、大日本を護る為に頑張ってはいるのですけど…。
 その手段には、問題有り過ぎなのですよ。
 新たなマスターサムライが生まれて来なくなった原因も、ちょっと納得。
 まあ、宗朗にしても、将としての資格が有るのかっていうと、ごにょごにょ。
 それを言ったら、全てが駄目になってしまうのですけど(^^;。
 時代の移り変わりと共に、将に求められる資質って言うのも、変わって来ているのかにゃ。

 ともあれ、復活した十兵衛には期待しちゃいましょう。
 何かいいこと、お話してくれるかもしれませんしっ。

2010.11.29

■百花繚乱 サムライガールズ 第9話「将(ジェネラル)の帰還」

 又兵衛と半蔵、まだ決心が付きかねているみたいなのです。
 兼続と一緒に、また同じところで堂々巡り。
 そりゃあ、そうですよね。
 そもそも、宗朗との忠が、マスターサムライになる為のキーだとしても、それって無条件に有効ってわけでは無いと思うのですよ。
 宗朗とは、お互い、心が通い合って無くっちゃ駄目っていう、最低限の縛りは有るのではないかと…。
 でないと、困ったことになりますもん。
 宗朗の方は、結婚の覚悟までしているわけなのですし(^^;。

 でも、状況はそんな悠長なことを言っていられる余裕も無くって。
 義仙はですね、手を変え品を変え、責めて来ます。
 幸か不幸か、宗朗は簡単に誘惑に乗るような性格では無く、言ってしまえば面倒臭いヘタレなので、裏切ったり裏切られたりみたいな、嫌な展開は見なくって済みました。
 でも、どうせなら、また挟んじゃっても良かったのに。
 ばか。

 時を同じくして、帰って来た慶彦。
 慶彦は黒幕では有りませんでした。
 いや、まあ、黒幕では有りますけど、義仙とは別系統で。
 千としても、どちらに付くかって言えば、慶彦なのでしょうけど…。
 幸村達の処分を命じている時点で、その線は完全に無くなったです。
 千も大変だなあ。
 なんて、覚悟はもう出来ている筈ですから。

 取り敢えず、ピンチの幸村達、3人の力を合わせて、窮地から逃れる必要が。
 喧嘩している場合じゃ無いです。
 兼続も、天井の梁をロフトだなんて…。
 ある意味、前向き思考なんですよね。
 そんな兼続に、救われたり、救われなかったり。
 何だか、気絶が癖になってるしなあ。
 みんな、そこまでウザいのですかあ(^^;。

 十兵衛は、とってもピュアに生きてます。
 だから、天草四郎とは合わないって思うし。
 やっぱり、宗朗でしょ♪。
 7人居たマスターサムライは全滅したそうで、弱点を抱えたダルタニアン1人じゃどうにもならないだろうし、協力する余地は有る筈って思うのですけど。
 キーの2人が拘束状態なのは、痛いですよねえ。

 頑張って、千!。
 或いは、本格的に十兵衛の出番なのでしょうか。

2010.11.22

■百花繚乱 サムライガールズ 第8話「忠の奴隷」

 またまた、空からハダカの女の子が降って来たです。
 本当、日本は一体、どうしてしまったのでしょうね(^^;。
 しかも、それがみんなサムライなんですもの。
 宗朗の周囲に、適格者が集められているとしか…。
 あのとき、あの場で宗朗が義仙にキスをしていたら、一体どうなっていたのでしょうか。

 奴隷と言うだけあって、義仙の宗朗への態度は、とっても過剰なのです。
 やり過ぎでしょー(^^;。
 千と幸村、怒りで化け物みたいになっちゃいました。
 あのシルエットは、相当に凄かったもん。
 既にもう、サムライとは言えません(笑)。
 可笑しいの。
 宗朗へのおしおきもエスカレート。
 義仙の狙いは、そこだったりしますかあ?。

 そんな義仙の問題で、千と幸村のチームワークは良くなったみたい。
 敵の敵は、仲間なのですよ。
 そして、キスの問題では、又兵衛と半蔵に、連帯感が生まれたりもして。
 全体としては、一つにまとまりつつあるって感じで、いいのかにゃ。
 兼続だけが、かなり浮いている感じで。

 兼続も、手ぶらでは米沢に帰れないって言ってましたし、立場や事情がちゃあんと有るのですよね。
 ちょっと切なくなっちゃいました。
 普段の言動からは、それが全く感じられなくって、何か酷い扱いを受けているのですけど…。
 頑張りが報われない人の典型みたいだよー。
 義仙の口車に乗らないって点では、お馬鹿さんな兼続に期待していたのですけど、その役割は十兵衛に取られちゃいました。
 ちょっと残念。

 義仙が言うような奴隷契約、皆さんも同意せざるを得ない部分は有ったみたいだもの。
 でもそんな気持ちは、十兵衛がしっかり修正してくれました。
 それには義仙も納得。
 って、おい。
 やっぱり、十兵衛も義仙も、同じタイプの血が流れているのですねん(^^;。

 そして、同じ柳生の宗朗。
 実はこの人がキーってことは、忘れないようにしなくっちゃ、なのです。

2010.11.15

■百花繚乱 サムライガールズ 第7話「大日本を覆う影」

 千と半蔵って、一方的な主従関係では決して無く、お互いに支え合っている、大切なお友達だったのですねん(^^)。
 あの千も、転校して来たばかりの頃は、かなり浮いていたみたいなのです。
 まあ、あの性格ですから(^^;。
 その後は、力づくで抑え込んでしまったのかしら。
 半蔵も、相当な覚悟をもって、千の隣りに居たんだあ。
 最初の頃の、宗朗や十兵衛への態度も納得なのです。
 今も、そう簡単には兼続のことを受け入れてはくれません。

 最近の千は、かなり柔らかくなった印象なのですが、実はそれって、ずっと前から、宗朗が来る前から、もともと千が持っていた雰囲気だったみたいなの。
 それを知っていたのは、半蔵だけって言う、ね。

 さてさて。
 兼続は、確かにそんな器用そうには見えません。
 犬小屋持参で、庭に住み着いちゃう逞しさは有りますけどっ(笑)。
 十兵衛からは、完全にペット扱いですもの。
 お散歩もね!。
 可笑しいの。
 兼続は、ころころ変わる表情が、結構可愛かったりするのでした。
 何だかんだで、お役には立ってましたものね。

 宗朗は、全くお役に立ちません(^^;。
 十兵衛の記憶を手繰り寄せることも出来なくって。
 半蔵とのキスも、露骨に拒絶されてしまったよ。
 マスターサムライを生み出すことだけが、宗朗の取り得なのにい。
 だから、十兵衛だって、そこには寛容でしょ(笑)。

 幸村が頑張った解読も、謎が深まっただけみたいで、なかなか全容は分かりそうに無くって。
 見えない敵とかを相手にするのは、かなり大変ですよね。
 それぞれが、それぞれの能力を最大限に発揮しなくちゃ、駄目そうなのです。
 今はまだ、役割分担も曖昧だし、キーになるのはチームワークでしょうか。
 どんな過程で、誰が中心になるのか、ちょっとした見ものなのですよ(^^)。

2010.11.08

■百花繚乱 サムライガールズ 第6話「襲い来る、海の怪物」

 つるぺたデコビッチだなんて、そんな、千姫様、言うに事欠いてえ…(^^;。
 まあ、宗朗が特殊な趣味の人だったら、千の優位なところ、みんなひっくり返ってしまいますものね。
 実際には、どーなのでしょう。
 キスしたから結婚とか、宗朗もちょっとズレてはいる感じ。
 6人で結婚出来るのなら、それは一番面倒の無い解決法かも、なんて思ってしまう私は、ゲーム脳にやられてます(^^;。

 ただ、宗朗は、パニック障害とか、何だかそういう症状が出かかっているのですけど!。
 半蔵のセンサーは便利だけれど、その解釈はちょっと間違っていたみたい。
 宗朗は気苦労が多いですものね。
 何だかんだで、結構こき使われちゃってますし。
 労わってくれる十兵衛、優しいね。
 私も心が安らぎますよー。

 取り敢えず、マスターサムライになった十兵衛のことも、しっかりコントロール出来るようになって、コミュニケーションも良好みたい。
 良かったね。
 都合のいいときだけ呼び出してくれる、って言われちゃったけれど…。
 ん、それはまあ、確かに(^^;。

 でっかいクラゲみたいな式神ちゃん(魔の者)、なかなかプライドは高かったご様子で。
 核を兼続の体内に入れておけば、倒すのはもっと大変だったんだろうな。
 兼続が無事で、良かった良かった。
 ドジっ娘は、大切に護ってあげなくっちゃいけませんもの。
 お掃除の能力は、何気に高いみたいですし。
 今回、何か上手いこと言ってましたし(笑)。
 シャンプーをぶっかけていた姿は、まさに野獣。
 猫鍋のイメージは、一体何だったんだろう…(^^;。

 私の地元、千葉県の南房総には徳川の別荘が有って、公文書のデータセンターにもなっているそう。
 南房総という時点で、千がリゾート気分なのは仕方無いです。
 だって、南房総なんですからっ♪。
 おい。
 まあ、せめて荷物は減らしましょうよう。
 半蔵にまで一服盛った位の、周到さだったのですから(笑)。

 千の水着姿は格好良かったけれど、女子受けする流行の最先端が、必ずしも男受けするとは限らないのですって。
 それは確かに有るかも。
 さすがは幸村なのですよ。
 今回は、幸村の動きが、何だか凄く良かったみたい。
 千は、とっちらかったみたいな口調が、かなり心地良かったりしたです。

2010.11.01

■百花繚乱 サムライガールズ 第5話「愛の戦士、登場」

 愛って…。
 兼続の一体何処に愛が有ったのでしょう。
 千には、それを鋭く指摘されちゃいましたもん。
 本人たじたじ。
 って、反論は無しなのですかあ(^^;。

 スパイとしても、いくらなんでも目立ち過ぎだよー。
 幸村の所在確認だけなら、しっかりその役割を果たしたと言えますけどね。
 スーパーサムライの存在とかは、認識したのかしら。
 十兵衛のこととか、宗朗の能力のこととか、そっち方面はすぐに把握は出来ないと思いますけど。
 結果、幸村は勿論、千に対しても、自分の気持ちに素直にさせたよ。
 あ、やっぱり愛の戦士なのかもっ(笑)。

 宗朗には、多少のおしおきが必要っていうのは、私も同意見ですけどね。
 べべ別に、宗朗の境遇が羨ましいとか、そういうのじゃないんだからっ!。
 他人の心と体の痛みを知るのも、大切なことじゃなイカ?、なんて思うわけで…。
 本当かよ(^^;。
 まあ、宗朗がああいう性格だからこそ、全員と等距離を保っていられるのかなって。

 千は、ちょっとだけ怪しいモードに入りかけていたもん。
 自分から積極的に動けないのは仕方無いことなので、ちょっとお気の毒。
 誰かから何かをして貰うのが、当然っていうポジションなんですもの。
 お風呂場での妄想も、そんな感じ。
 でもあれ、可愛かったですよお。
 お顔もにこにこだったんだって。
 幸せそう。
 半蔵は、にやにやって言ってましたけど(^^;。
 有りです!。

 とうとう、十兵衛にまで気を遣われちゃいました。
 十兵衛は、結構寛容なのですよね。
 みんなで仲良く、みたいな意識が凄く強いみたい。
 仲間、なんですもの。
 食べ物と仲間、どっちが好きかって言うと、食べ物みたいでは有ります。
 焼肉定食は止めて(^^;。
 私はてっきり、お兄ちゃん大好き!、とか言ってくれるかなって思ったのにい(笑)。

 兼続も、この人達に関わってしまったから、もう他人では居られませんよー。
 きっと、宗朗の毒牙に…(^^;。
 兼続には壮絶な過去が有って、あれじゃあ確かに、社会的に抹殺されてしまったも同然なのです。
 辛いね…。
 素直ないいコだったのに。
 幸村も、お地蔵様に腰掛けるなんて、NGでしょお。

 その報いが、ちっちゃい背と、ぺったんこな胸なのかもしれないです。
 リアス式海岸の崖みたいに垂直、なんて言われていたよ。
 それは…。
 ちょっと見てみたいかも。
 何だかんだで、胸って常にでっかい方が勝つので、ある意味分かりやすい判定基準では有ります…。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ