2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー「神のみぞ知るセカイ」の12件の記事

2010.12.23

■神のみぞ知るセカイ 第12話「神以上、人間未満」

 最終回。
 今までに、桂馬が駆け魂を回収した女の子の、その後の様子が描かれるのかなって思ったら、全然違ってました(^^;。
 まだ続きが有るのなら、それも当然なのですよー。

 妙な任務を押し付けられて、大好きなギャルゲーも思いっ切り出来ず、フラスト溜まりまくりだった桂馬が、思いっ切りゲームをしちゃいます。
 えええ、毎日ゲームばっかりしてたじゃん!。
 私も、エルシィと同じツッコミを入れたくもなるけれど…。
 桂馬にとっては、そうじゃ無かったみたい。
 落とし神って呼ばれているのは、伊達じゃ無いってことで(^^)。

 キスも、やっぱりゲームの中の方がいいって、はっきりそう言ってましたよねー。
 現実の女の子のことは、やっぱり受け入れ難いのかしら。
 確かに、何かと面倒では有ります。
 それに、ゲームの女の子って、色々なものを超越している、完璧さが有ったりもするから…。

 本気を出した桂馬には、さすがのエルシィも全く手出し出来ません。
 てゆーか、気持ち悪がってるじゃ無いですかあ。
 桂馬の本当の恐ろしさに、改めて気が付いたってゆーか。
 エルシィだって、お仕事で無ければ、関わりたくは無いんでしょ。

 そもそも、プレイしている姿は、他人に見られてはいけません。
 ギャルゲーをプレイするのって、そういう後ろめたさが有りますもん。
 絶対にオープンにしちゃ駄目なのですよ。
 そういうのって、私は大切にしたいなあ。
 あくまでこそこそと(^^)。

 まあ、桂馬みたいに、魅せるプレイが出来るのなら、その限りでは有りません。
 一体どこのゲームセンターあらしなんだ(笑)。
 あのモード、駆け魂攻略にも応用出来ないのかしら。
 寿命が3年縮むから、やっぱり無理…?(^^;。

 ED、歌はともかく、すっごく楽しげでした。
 あの場に混ざりたいって気持ちには、なりませんでしたけどねん。

2010.12.16

■神のみぞ知るセカイ 第11話「おしまいの日」

 栞が図書館以外の場所に居るのって、何か新鮮。
 回想の中では、結構あちこちに居たけれど。
 ホームセンターでも、やっぱり気持ちをうまく伝えられない栞だったり。
 一番でっかいダルマを買ったですかあ。
 篭城に当たって、長期戦に備えての食料とかより、そういうグッズを重視しちゃう辺りに、栞の性格が出ていますねん。
 それでも、いつもは何も言えない栞が、あれだけ大それた行動に出たのですもん。
 意思はとっても強いのでした。

 そんな桂馬のモノローグが聞こえてしまう桂馬は、やっぱり凄いよ。
 本が大切なのか、場所が大切なのか、そもそもの原因は何なのか、しっかり考えて、その都度の選択肢を決めてます。
 一気に押せ押せって訳でもなく、慎重に、繊細に。
 エルシィも、少しはお手伝いしてあげて下さあい。
 基本、桂馬に言われたことだけを実行してますものねー。
 それも結構、怪しかったり。
 今回は、何故か消防車に夢中だったもん。
 栞とは、それが縁で何か有るのかな、とも思ったけれど…。
 何も有りませんでした(^^;。

 色々と考え過ぎて、思いが溢れ出しそうになって、それで逆にうまく喋ることが出来なくなっていた栞、今回の騒動がきっかけで、きちんと喋れるようになりました。
 お話を書き始めたのは、凄く栞らしいなあって思ったり。
 あのダルマも、図書館で健在だったよ。
 あ、ちなみに、勧められたお茶を飲んだのも、桂馬の作戦のうちだったのでしょうか(^^)。

 そう言えば、委員長も、結構なしっかり者だったですねん。
 私だったら、すぐに先生を呼んでしまいそうなのに。
 面倒は嫌だから…(^^;。
 栞の意見も、ちゃあんと聞いてくれる人だったのは、幸いでした。

2010.12.09

■神のみぞ知るセカイ 第10話「あたしの中の……」

 サブタイは、新井素子さんですかあ。
 …の数まで一緒だね。
 本好きな人に、桂馬みたいなことを言ったら、怒られちゃいそう。
 心の声を聞くって言っても、普通の人は心の声なんて全く聞こえない筈だから…。
 それが、桂馬が神様で有る理由かな。

 あ、栞は自己完結しちゃいました。
 本とデータ、どちらにもどちらなりの良さは有りますしねー。
 議論したって仕方無いかも。
 私は、どちらかと言えば、紙の本の方がいいな。
 図書館で、色々なジャンルの中からランダムに本を探す楽しさって、また格別なのですよー♪
 逆に、本の最大の弱点は、とにかく場所を取るってことに尽きます(^^;。

 前回に続いて、桂馬は殆ど喋りませんでした。
 栞だけが、ひたすらに喋り続けているよ。
 それが、ずっとモノローグ。
 しかも、本のことばっかり(^^;。
 栞だって、最低限言いたいことは有るし、伝えたいことは有るのですけどねー。
 それがうまく言葉にならなくって。
 そういうの、ちょっと共感したりもします。

 お話は、栞中心に進んでいるように見えて、実は桂馬中心に動いているみたい。
 何もしていないように見えるけれど、桂馬はちゃあんとシナリオに向き合ってます。
 エルシィは、相変わらず殆どお役に立ってません…。
 それでも、桂馬の支えになっていたり、なっていなかったり(^^;。
 破いたプリントを修復してくれたから、最低限の役目は果たしたってことで。

 視聴覚室の完成と、それに伴う蔵書の廃棄が、栞の転機になりそうなのです。
 一体、何が起きるのかしら…。

2010.12.02

■神のみぞ知るセカイ 第9話「大きな壁の中と外」

 エルシィと栞は頑張りました。
 頑張り過ぎて、桂馬の出番、殆ど有りませんでしたもの。
 駆け魂の攻略って意味では、何もしていませんよお。
 …何もさせて貰えなくって(^^;。

 エルシィが作ったケーキは、爆発するんだそうです。
 爆発って、それはもう、既にケーキじゃ無いのに。
 小麦粉に原因が有るそうなのですが…。
 更には、図書館で消防車にハマって、消防車の調査を開始しちゃうの。
 任務をすっかり忘れてます(^^;。
 こっちへ来たばかりの頃は、ちゃあんとお仕事していたのにな。

 まあ、事前に栞と出会っていた、というのは、何かの縁なのかもしれません。
 物凄い検索能力を持つ栞、既にもう、図書館の本は全て読んでいるみたい。
 それは凄いよ。
 読書中は物凄い集中力で、話しかけても全く気付いてくれないし。
 それって、図書委員としては、能力低いってことになるのかにゃ(^^;。

 更に、会話には物凄い深読みとかしていて。
 ある意味、桂馬の攻略と似たところが有るのかもっ。
 結論が出ないから、ただの無口なコになっちゃってますけどね。
 桂馬の場合は、即断即決ですもん。
 じゃないと、キャラの攻略は出来ませんから…。

 栞は、独特な雰囲気を持ったコなのですよ。
 マニアックな点では、今迄では一番、桂馬とは気が合ったりするんじゃないかなあ。
 攻略、ちっとも進まなそうでは有りますけど(^^;。
 書棚の高い所に有る本に手が届かなくって…、みたいにお約束なシチュエーションは押さえて有るので、意外と展開は速かったりするかな?。

2010.11.25

■神のみぞ知るセカイ 第8話「Coupling with with with with」

 私の読解力が足りないからか、今回のこのお話、どーしても意味が分かりません。
 一体、何だったのでしょう(^^;。
 誰も全く救われず…。
 報われないってゆーか。
 謎なのですよお。

 桂馬のお母さんは、頑張ってましたけどねー。
 ああいう子供を育てるのは、大変なんだろうな。
 桂馬って、いつから、どんな経緯で、落とし神様になったんだろ…?。

 何気に、エルシィが悪魔で、魔界の住人だってことが、実感出来ちゃったりはしました。
 自走するお弁当さん、お友達だったりしますかあ?。
 あのお弁当が、実は最強だったりとかしたもんなあ。
 また、何て危険な。
 あんなの、家に置かないで下さいよう。

 そんなエルシィが、赤と白に拘っていた理由も良く分からなくって。
 結局、あのイチゴケーキ、美味しかったのかしらん。
 エルシィの目的は達成されたのか、それも定かでは無いのでした。
 あれれ…?(^^;。

2010.11.18

■神のみぞ知るセカイ 第7話「Shining Star」

 コンサートを前に、逃げ出してしまったかのん。
 体が透明になって、誰にも見えなくなってしまうのは、ずるいと思います(^^;。
 そんなの、絶対に見付けられませんよお。
 コマンド総当りでも厳しいです。
 時間だって限られているわけですし。

 せめて、桂馬に心当たりが有ればな。
 共通の思い出の場所でも有れば良かったのですけど。
 攻略、そこまで進行していた感じでは無くって。
 かのんのぺースに、終始振り回されてばっかだった気がするよ。
 結局は、エルシィのセンサーに頼ることになっちゃいました。
 それでも、かのんの姿を特定したのは、桂馬自身だったりします。

 そして、今回の桂馬は、駆け魂の回収よりも、かのんに自信を持たせることを優先しました。
 勿論、それって実は、駆け魂の回収とイコールだったりするのですけど。
 自分からじゃなく、相手からキスさせるのは、凄いって思うな。
 桂馬は、ゲームと同じように、リアルの女の子にも感情移入出来てたって思うのですよ(^^)。
 そこは、本人もしっかり認めていたよ。

 かのんの描き方自体は、めいっぱい単純だったです。
 Citronとしての過去も、本人が思っている程には、大きな出来事では無くって。
 そのことを桂馬が知らなくっても、攻略は可能かなって位の。
 ある意味、王道では有ります。
 今回も、歌って踊るシーン、結構長かったですものね。
 そんなに好みの曲じゃあないよー、なんて思いつつも、「ハピハピハッピークレセント」の部分が耳にこびりついてしまって、実は洗脳(制圧)されかかってるのかも…。
 あ、コンサートの最初に歌っていた歌は、とっても雰囲気良かったです♪。

 エルシィは、とうとうぽんこつ悪魔にされちゃいましたかあ。
 本当、あまりお役に立っているようには見えないです。
 桂馬、大変だあ。
 駆け魂の回収自体、エルシィってば、ベンチに座ったまま、何だか余裕の対応だったですけど…。
 そんなんで大丈夫なのでしょうか(^^;。

 てことで、かのんはアイドルからスターになったです。
 それでも、Citronのことを忘れていない姿が、ちょっとした安心感になっているのでした(^^)。
 中川かのん、略してなかのん。
 中野区のコミュニティーバスもどきみたい…(^^;。
 ラストを「Fine」で締めたりして、かのんは破格の特別扱いでしたねー。

2010.11.11

■神のみぞ知るセカイ 第6話「ワタシ平凡?」

 今回で一気に決めてしまうのかとも思ったけれど、もうちょっとだけ時間が必要みたいなのです。
 それは、攻略する側よりも、攻略される側の事情で。

 ようやく桂馬が動いて、積極的に会って行くことになったけれど、アイドルの空き時間は本当に不定期で、それに合わせて呼び出されてしまう桂馬は、かなり辛そう。
 これじゃあ、疲れ果ててしまいますよねー。
 とにかく、一般人の側が負担を強いられちゃうもの。
 リアルなら、破局へと一直線コースみたい。

 かのんから見た桂馬の位置付けって、初めて出来た学校のお友達で、更にようやく自分の歌を好きになってくれた理解者、そんな感じなのです。
 自信を取り戻す為のお守りですかあ。
 存在感って、アイドルには絶対に必要ですものね。

 てゆーか、元々のかのんは、存在感の無い、居るのか居ないのか、分からないようなコだったんだって。
 ステルス機能搭載とか、それはなかなか便利そう(^^;。
 でも、本人はそんな自分が嫌だったということで。
 歌うことで、ようやく存在感を発揮出来たのなら、とにかくずっと歌い続けなくっちゃ。
 てことで、今のかのんが居ます。

 元シトロンのメンバー達のことは、どう思っているのでしょうね。
 実は、そっちの方が重要なのかしら。
 コンサート会場から消えてしまったかのん、実はちゃんとそこに居るけれど、単に見えなくなってるだけとか…。
 また、怪しいモードに入ってしまったのかも。
 スタンガン持って襲って来るようなバイタリティが有るなら、結構芯は強いって思うので、立ち直るきっかけさえ有れば、攻略は完了しそうだよ。
 ようやく桂馬が動きました(^^)。
 今回は、あんまりやる気が無くって、随分と受け身だったですねん(笑)。

 逆に、エルシィはやる気が有り過ぎ。
 また、えらく行動がストレートだったから、桂馬のお役に立つのか、心配になってしまいましたよー。
 かつては、ずっとお掃除ばかりしていたっていうエルシィ、かのんの本心が分かったりとかしそうなのですが、特にそういう素振りは無かったです(^^;。

2010.11.04

■神のみぞ知るセカイ 第5話「IDOL BOMB!!」

 中川かのん、初回から一気に3曲、歌っちゃいます!♪。
 本編を見ていて、4曲位は歌っていたような印象だったけれど、EDを見ると4曲でした。
 それぞれが結構長かったですし、かのんがアイドルとして頑張っている様子は、ちゃあんと伝わって来ましたです。
 一生懸命な感じは、なかなか好印象だったよ。
 スタンガンを、最低2つは装備しているだなんて、信じられない位に。
 あれの使いどころが、イマイチ分かりません(^^;。
 桂馬専用ってことなら、納得なのですけどねー。

 3Dには全く興味の無い桂馬、感心を持って貰えないなら、とりあえずインパクトで勝負!、みたいな。
 かのんが桂馬を攻略するのは、とても大変そうなのです。
 とりあえず、特別な戦略的なものは無くって、ストレートにアイドルとしての自分を見せて、分かって貰う作戦。
 かのんには、それしか無いみたい。

 プライベートなコンサートとか、新曲を誰よりも早く披露してくれたりとか、アイドル好きなら感動しちゃいそうなシチュエーションも、桂馬には全く通用しませんでしたけどね。
 自分だけのアイドル、みたいな雰囲気は、ちょっとした憧れなのにな。
 CDにメッセージを書いての呼び出しとか、凄くいいなあなんて、私なんかは思うけれど。

 3Dは品質劣化が激しいし、進歩も何もしていないって言うのは、確かにそれは有るかもです。
 3Dのアイドルへのイメージは、昔から全く変わって無いって、かのんの描写を見ていて思いましたし(^^;。
 決して裏切られない世界に安住する心地良さっていうのは、また格別ですからねー。
 実際には、3Dも2Dも、どちらも深く関わり合っているとは思うのですが。
 桂馬は頑ななのです。
 かのんのこと、完全スルーだもん。

 アイデンティティーが崩壊して、かのんはとうとうステージから消滅…。
 おいおい。
 かのんには、アイドルとしての自分しか縋るものが無くって、素の自分を出せない事情が有るみたいなのですよ。
 以前はユニットを組んでいて、そこに原因が有るみたい。

 エルシィは、可愛い女の子を見るのが大好きで。
 リボンを真似してみたり、鏡の前で振り付けを真似してみたり、何だかすっごく夢見る少女していたよ。
 可愛いの。
 そうして貰えるなら、かのんとしては本望なのでしょうね。
 道ですれ違ったちびっ子が、自分の歌を口ずさんでいたりして♪。

 そんな中、桂馬は冷静に状況を分析していたよ。
 こーゆーイベントは、自分から関わっちゃいけないのですって。
 あ、成る程。
 勉強になりますねん。
 桂馬とかのん、それぞれが互いに相手を攻略しようとしているけれど、いつか何処かで道が重なったりするのでしょうか。

2010.10.28

■神のみぞ知るセカイ 第4話「今そこにある聖戦」

 落とし神様のプレイスタイルって、もっと優雅なのかと思っていたけれど、実際には地道な努力の結果なのですよね。
 基本は選択肢の総当りで、記録をしっかりと取りつつ…。
 確かに地味だけれど、絶対に必要な過程。
 後は、時間と体力の勝負、かな。
 いざとなったら、悪魔にも悪魔と呼ばれてしまう神様なのですよ。
 まあ、授業中とかは、見付からない工夫をすべきかとは思いますけど。
 日常生活が破綻してます(^^;。

 ちなみに桂馬、英語は得意なのですねー。
 勉強全般、得意なのかな…?。
 てゆーか、ご飯食べながらでも、歩きながらでも、リアル世界の危機回避はしっかりしつつ、ゲームが出来ちゃう。
 そういう機能を搭載しているらしく。
 監視のエルシィの方がボロボロなのです。
 この後、エルシィは精神的にもボロボロにされちゃいます(^^;。

 相手がバグじゃあ、挑んでも仕方無いって、すぐに諦めてしまいそうなのにな。
 エンドレスエイトこそ、真の恐怖ってゆーか(^^;。
 せつなさ炸裂も、ある意味、恐怖では有りますし。
 私には、無理ですっ。
 でもでも、桂馬がクソゲーに挑むのは、地位を守る為でも名誉の為でも無くって、ヒロインの為、空のストーリーをEDまで見届ける為なのですって。
 決して、自己満足の為だけでは無かったのでした。
 愛です、愛。

 そう考えると、ループに閉じ込められてしまった空は、桂馬だけに用意されたヒロインのような気がしてしまいます。
 あのゲームの主人公は、本当に桂馬なのかも、って。
 学食からいきなり変てこなドッジボールになって、耐えられるのは桂馬だけって思いますもの。
 何だかんだで、楽しんじゃってませんかあ?。
 その過程で、決まった台詞を返すだけのロボットだった空が、徐々に生き生きとして来たように見えた私なのです。
 ヒロインとして、生き返ったよ(^^)。

 落とし神様と呼ばれるのには、ちゃあんと理由が有ることが分かった、今回のお話。
 文字化けのバグまで超越してしまったら、神をも超えてしまいそう。
 あの情熱は、見習うべき点が多いのですよ。
 ちなみに、他にも駆け魂回収を手伝っている人間が居るなら、一体どーいうタイプなのでしょうね(^^;。
 桂馬が特殊なのは、間違い無いとは思うのですが。

2010.10.21

■神のみぞ知るセカイ 第3話「ドライヴ・マイ・カー/パーティーはそのままに」

 美生攻略の鍵は、貧乏っていう現実を認めさせることでも、桂馬のことを意識させることでも無かったのですね。
 それはあくまで過程の一つで、本当の目的は、お父さんの呪縛から解き放つことだったのでした。
 目指すべきは一つだけ。
 そこに気付くのは、なかなか難しいって思うけれど、桂馬はいとも容易く辿り着いてしまったよ。
 さすが神様なのです。

 攻略自体は、強烈な体力勝負になって、かなりきつそうでしたけどねー。
 送迎だけでへとへとだもん。
 エルシィの用意する車は、無駄にグレードアップして行くし。
 まあ、結果的には良かったのかなあ。
 ようやく、美生が笑ってくれて。
 しっかし、鞭を常に持ち歩いているなんて、(元)お金持ちの考えることは、良く分からないのですよ。

 桂馬と美生のことは、学校内でも当然噂になっていたけれど、桂馬はそんなこと、全く気にしないみたい。
 そんな描写は全然無くって。
 凄い精神力なのです。
 好印象と悪印象は表裏一体って、言い切れちゃうヤツですものね。
 やっぱり桂馬は凄いのです。
 それをリアルで実行するのは、とっても大変って思いますもん。

 あ、今回は、エルシィの素が結構見れた感じがしますです。
 一人だけゴミ箱に隠れちゃったり、自分もドレスアップしたいってワガママ言ったり。
 意外とお茶目ってゆーか。
 死者には敬意を払うべきって、悪魔が言うと、私は凄く説得力が有ると思います。

 てことで。
 それなりに可愛い所も有った美生、記憶が無くなった後も、ちょっとだけ桂馬のことは気にしてくれてるみたい。
 ただ、ツンデレキャラとしては、ちょっとだけ魅力に乏しい感じはしますです。
 デレの部分で、ご褒美が少な過ぎるって思いますもん。
 EDに関しては、桂馬も別に文句は言わないからなー。
 目的は、あくまで駆け魂の回収のみ!、ってことで(^^)。

 私はですね、1万円分のオムそばパンの行方が、とてもとても気になるのですけど…。
 その殆どは、きっと腐らせてしまったのでしょうね。
 勿体無いよお。
 ぐっすん。
 そういうのって、実はお金持ちのお金の使い方じゃ無いような。
 どうして4ヶ月分のお小遣いをまとめて持っていたのか、その辺りは謎なのです。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ