カテゴリー「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」の15件の記事

2011.06.01

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第15話「俺の妹がこれで最終回なわけがない」

 桐乃、お久しぶりの登場ですよー。
 可愛い可愛い♪。
 良くも悪くも、京介の妹ちゃんしてくれて、私は大満足なのですよ。
 この作品、やっぱり桐乃が居なくちゃ駄目だもん。
 黒猫だって可愛いけれど、妹の代役には決して成り得ませんから。

 なあんてことはともかく。
 黒猫と瀬菜が作ったゲーム、不評だったのですねえ。
 あの2人の趣味嗜好って、周囲にそう簡単に受け入れられるとは思えませんから。
 拘りを持ち過ぎると、絶対に失敗しそう。
 だから、次回作もきっと…(^^;。
 ダークなのとホモなのを、持ち味としてうまく昇華出来たらいいんだけどな。

 そんな黒猫も、周囲とはようやく打ち解け出したみたいで、京介の役割もそろそろ終わり。
 その絶妙なタイミングで、桐乃からSOSが届いたです。
 あのメール、絶対にそういう意味ですよね。
 京介もお父さんも、ちゃんとそこに気付いて。
 お父さんなんて、ただちにアメリカへ飛ぼうとしていたもん。
 この2人、やっぱり似た者同士なのですねえ。
 何気に、今回一番いいシーンだったですよ。

 京介は、黒猫に背中を押されて、麻奈実に助けられて、あやせに桐乃を託されました。
 あやせも、最後に頼れるのは京介だけだって、ちゃんと理解はしていたみたい。
 だからこそ、京介にムカつくのも事実ってゆーか。
 ままならないね。
 それに、住んでいる世界が違うので、ラストでは桐乃に合流出来ませんでした。
 そういった意味では、着信拒否が命取りになったりとかします。

 さすが、黒猫は桐乃のことは何でもお見通しですかあ。
 黒猫のそういう所、桐乃はあんまり気に入らないご様子で(笑)。
 まあ、やりにくくって仕方有りませんよね。
 絶対に隠しておくべき本心が、筒抜けになってしまうから。
 その、微妙な表情の桐乃が、私は結構好きだったりしてっ。
 あと、ラストの「べーっ」「ふんっ」とか、最高なのですよお。

 京介は、自分がシスコンってこと、しっかり自覚しているんだなあ。
 桐乃の指摘にも、否定はしませんでした。
 はっきりと、お前が居ないと寂しいって、言い切ってしまいましたし。
 妹が居てこその兄貴ですものねー。
 京介は妹に振り回されるのが大好きな、困った兄貴みたいなのです。
 だって、妹と一緒にエロゲやる為に、アメリカまで行ってしまうのですもの(笑)。

 てことで、前と変わらないままの桐乃が帰って来てくれて、良かった良かった。
 ラストの3人のジャンプシーンが、その嬉しさを表現しています。
 作品タイトルにもサブタイトルにも合っていない感じなのは、ちょっと残念なのですけどねー(^^;。

2011.05.02

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第14話「俺の後輩がこんなに可愛いわけがない」

 今回も、桐乃は本編に登場しないのですねー。
 桐乃が大好きな私としては、ちょっと寂しかったりします。
 桐乃、元気なのかな?。
 お友達には、メールとかしているのでしょうけど。
 京介から連絡を取ったりとかは、なかなか難しいみたい。
 色々有りますからね…(^^;。

 でもでも、桐乃の存在感は、黒猫がしっかり示してくれましたよー。
 黒猫にもしっかりと影響を与えてます。
 自分のしたいことをして、それが広く受け入れられて、桐乃ってやっぱり凄いのですもん。
 黒猫の言葉には、すっごく色々な感情が含まれていたっけ。
 そして同時に、京介と桐乃の日常生活も、黒猫にはみんな筒抜けらしく。
 あの家で、兄は妹の下僕です(^^;。

 桐乃が京介を好きな気持ちって、一体どの程度のレベルなのでしょうね。
 黒猫は、それを知ってるってことですかあ。
 兄としての存在感を認めてあげてもいいとか、そんな感じかとは思いますけど。
 京介にとって、それがいいことなのか悪いことなのか、まだ良く分かりません。
 2人きりのときだけ兄さんって呼ぶのは、桐乃への対抗策的な何か…?(笑)。

 にしても、京介のベッドに寝転んで、足をぶらぶらさせていた黒猫、何だか結構な破壊力が有りました。
 殆ど彼女さんみたい。
 足のマッサージには、京介も全く乗って来なかったですねえ。
 エロゲのイベント的に、あそこはそれで正解だったのでしょうか(^^;。
 にしても、黒猫はどうしてあんなに余裕たっぷりの態度が取れるのでしょう。
 ちょっと不思議なのですよ。

 そんな黒猫も、クラスで周囲と溶け込むのは、なかなか難しいみたい。
 間に入る誰かが居なくちゃ、何かと誤解されますものねー。
 ああいう性格だし。
 桐乃と仲良くなれたのは、ちょっとした奇跡。
 それでもまあ、時間をかければ何とかなったりするのかも。
 友達イベントは、いずれ発生するってことで。

 瀬菜とは仲良くなれたみたいですしっ。
 自分の作品への情熱が、そうさせました(^^)。
 お互いを認め合えるのって、いいですよね。
 なかなか手強い、1年生コンビなのですよ。
 ちなみに、瀬菜と浩平の関係も、何だか複雑そうだなあ。

 あと、部員をモデルにガチホモRPGを作るのは、絶対に止めましょう。
 京介なんて、早速掘られちゃってるじゃないですか。
 それは京介にとって、いやいや全ての部員にとって、真の恐怖なのでした…。
 あれ、確実にセクハラです!(^^;。

2011.03.29

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第13話「俺の後輩がこんなに腐ってるわけがない」

 スポーツ留学してしまった桐乃は、今回お休み。
 なので、あやせと加奈子もお休みです。
 でもでも、OPでは随分と頑張っていましたっ。
 桐乃はやっぱり可愛いよ。
 素直さって点では、黒猫もいいなって思うのですけど…。
 性格を含めて、私は桐乃が可愛くって仕方無いのでした(^^)。

 なんてことはともかく、今回、黒猫の悪い所が、思いっ切り出てしまったみたい。
 黒猫って、信念を曲げてまで、馴れ合ったりはしなさそうですものねー。
 とにかく印象悪くって(^^;。
 初対面のクラスメート達に、あれは結構、厳しいのです。
 京介なら、何とかしてあげたいって思うに決まっているのですよ。

 黒猫的には、京介と桐乃の関係、結構羨ましく思っていたのかにゃ。
 それが、あんな言動になった感じで。
 随分と厳しかったもん。
 今までの関係が、全て壊れてしまいそうな位に。
 沙織が的確なアドバイスをしてくれて、良かった良かった。
 京介も、桐乃が居なくなったことを理由の一つとして認めて、素直になれたから、良かったです。

 沙織は沙織で、桐乃と音信普通なこと、凄く寂しそうだったよ。
 ちょっとだけ怒ってみたり。
 あんな沙織、初めて見たもん。
 今までは、かなりお姉さん的なポジションでしたものね。
 それとは別に、黒猫と沙織が京介の部屋に入り浸っているのは、何だか不思議な感じ。
 みんなで楽しげな様子を見せれば、そりゃあ桐乃は悔しがるでしょうねー。

 ゲーム研究会がきっかけになって、黒猫もちょっとは柔らかくなってくれるかしら。
 黒猫って、ふわりと微笑んでいる仕種が、凄く雰囲気有るのですよね。
 だから、あんまりつんつんしないで欲しいもん。
 制服だって、凄く似合っているのですから。

 瀬菜との関係は、一体どーなることやら。
 赤城の腐女子な妹って、瀬菜のことでしたかあ…。
 本当に、本物だあ(^^;。
 こっちの兄も苦労しているみたい。
 それでも、妹の扱いには手馴れた感じがするから、桐乃をコントロール不能な京介より、ずっとマシだと思うのです。
 瀬菜からは、ちゃあんとお兄ちゃんって呼ばれていたし。

 てゆーか、京介もゲーム研究会に入ったですか。
 付き合いいいなあ。
 黒猫も、何かを諦めて、何かを決心したみたいなのですよ。
 これから、楽しくなりそうですね。

 …で、桐乃はあ?(^^;。

2010.12.20

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第12話「俺の妹の人生相談がこれで終わるわけがない GOOD END♡」

 私は、桐乃って凄く可愛いと思うのですよね。
 何か理由を付けないと、素直に甘えることも出来なくって。
 そりゃあ、傍若無人な所とか、すぐに手が出ちゃう所とか、余りにもリアルなリアクションを見るに、現実にこんな妹が居たら、絶対に殴っちゃうとは思うのですけど(^^;。
 それでも、桐乃は京介を信頼しているし、京介はそんな桐乃を凄く大切に思っていて、ついつい世話を焼いちゃうのですもの。
 京介が桐乃を嫌っていない以上、私もそれに準じるです。
 桐乃の可愛さって言うのは、京介が居るからこそ、京介を通して初めて出て来るもので有って、そういった意味では、すっごく妹してるって思う。
 妹っていうのは、そういうものなのですよ(^^)。

 人生相談って言うのは、結局、桐乃が京介にお願い事をする為の、言い訳みたいな感じになったんだ。
 或いは、単にお話したいだけとか。
 人生相談なら、京介も、取り敢えず話は聞いてくれます。
 優しいの。
 黒猫が呆れちゃう位に、京介は桐乃の世話を焼いているもの。
 そんなお兄ちゃん、滅多に居ませんよお。

 あ、もう1人居た…。
 中学生の妹が腐女子だったりするのも、大変そうだなあ。
 京介よりも、更にハードルは高いです。
 だって、ガチホモの買出しとか…(^^;。
 それを知ったときの兄の気持ちは、いかがなものなのかと。
 後で桐乃が秘密のダンボールを取り出したとき、中身がそんなだったらどうしようって、私もドキドキしたですよ。
 陸上関係だったから、心底ほっとしましたです。
 そんな妹を持った兄達の心は、清らかなアルプスの空気みたいに澄み渡っていたよ。
 まあ、確かに(^^;。

 秋葉で午前0時から始まる販売に並んで、千葉終で帰るのは、結構辛い気がします。
 私も、その次の津田沼終とか、結構愛用していたけれど。
 車内、凄く混むのですよね。
 京介が、紙袋が入るようなおっきなバッグを持っていたのは上出来かなあ。
 それも桐乃の指示だったのかしら。
 満員電車の中、キャラ物の紙袋とか、恥ずかしいですものね。
 てゆーか、あのゲームのタイトル、嫌がらせとしか思えません(^^;。

 京介ってば、沙織とはすっかり仲良しで、黒猫には兄さんって呼ばれているし(次はなんて呼ばれるのだ)、麻奈実とは一緒に登校してるし、お友達がいっぱいだねえ。
 あやせには、嫌われてますけど…。
 そんなあやせに、逆に相談事をしてしまう京介だったり。
 桐乃に関してのことなら、あやせも会話を拒んだりはしませんかあ。
 「げっ」とか言われてしまうのが寂しいね(^^;。
 それとは別に、目が吊り上がっていない、優しい桐乃って言うのは、京介で無くとも、何だか不気味なのでした。

 ともあれ、桐乃のアメリカ行き、止めることが出来て良かったね。
 桐乃は本心を全く語らなかったし、京介も行くななんて口にはしなかったけれど…。
 てゆーか、むしろ行け、と。
 それで滅茶苦茶殴られて。
 何だかもう、凄いことになっちゃいました。
 それでも、兄妹同士、何か通じるものが有ったのでしょう。
 兄妹のことなんて、他人から見ても分からないものなのかもしれないですよねー。
 ん、きっとそういうものだよ。

 EDでは、鏡の前で色々なにゃんこのポーズをしている黒猫が、何だかすっごくインパクト有ったです。
 まあ、あれは確かに必要かもっ。
 ただ、誰にも見られないようにしなくっちゃ。
 呆れている妹ちゃん2人の後姿が、また何とも…(笑)。

2010.12.13

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第11話「俺の妹がこんなにメイドなわけがない」

 あの桐乃が、メイド服を着ているだけでも凄いのに、お辞儀をして京介を出迎えてくれるなんて、普通は絶対に有り得ません。
 桐乃、どうしちゃったの…?。
 すぐに限界が来てしまう、短気な桐乃だったりするけれど、会の趣旨が趣旨なので、頑張ってくれていたのですねー。
 桐乃にしては、上出来でした。
 勿論これは、沙織や黒猫が一緒に居てくれたからこそ実現したもので。
 京介も桐乃も、良かったね。
 家庭内で、お互いの存在を無視しているような状態から、ようやくここまで辿り着いたのですから(^^)。

 桐乃、嬉しそうだったよ。
 一瞬だけ、笑顔全開だったもん。
 鈍い京介は、きっと気付いて無いと思いますけど。
 てゆーか京介、泣き出しちゃいました。
 涙をぽろぽろぽろぽろ流していたよ。
 京介が今迄して来た努力って、別に何か代償を求めていたわけでは無いって言うし、それは本当だと思うけれど、ストレートな感謝の気持ちを伝えて貰うと、それはすっごく嬉しいですものね。
 しかも、相手は桐乃ですからっ。
 今、ここで初めて、兄をやってて良かったと思えたのでは無いかと(^^)。

 そんな京介、麻奈実とは自然で気安い関係を築いていたっけ。
 ご飯を作りに来て貰っちゃう位に。
 えらく簡単に頼んでいたよ。
 まあ、一緒のお部屋で寝た仲ですし(笑)。
 そういう雰囲気が、桐乃には気に入らなかったみたい。
 実は桐乃と麻奈実って、随分と長い間、会っていなかったらしく。
 …どーして?(^^;。
 麻奈実って、桐乃の警戒対象になってるんだなあ。
 今回の件、桐乃が彼氏を家に連れ込んで、居間でえっちなことをするのと同じレベルっていう…。
 それは相当なことなのですよ(^^;。

 麻奈実はですね、桐乃から向けられている敵対心とか、そーいうのは受け流してしまえる、強いコだったりとかして。
 天然が最強って説は、本当みたい。
 家事能力も高いですしねー。
 ああいうタイプ、桐乃が相手をするには分が悪いです。
 麻奈実には、エロゲとかそういう世界は、知らないままで居て欲しいような気がしますけど…。
 あ、意外と平気なんだ。
 適応力高いのですよー。
 京介もですね、ESCキー探している暇が有ったら、画面を倒しちゃえばいいのに。

 桐乃が殊更に麻奈実を警戒するのは、京介に眼鏡っコ属性が有るのを知っているからですかあ?。
 眼鏡を外さない、を選択する辺り、京介は相当なものと見ました。
 黒猫のマンガにも有ったけれど、妹物をやりなさい、なら、桐乃は普通に言いそうだけれど…。
 ぱんつの匂いは、さすがに嗅がないでしょー(^^;。
 くんかくんかって、実際に絵で見せられると、相当の衝撃が!。
 あれが、もし逆だったら…。
 やっぱり無いですよね。
 黒猫も、あれを描いてるとき、恥ずかしく無かったのかなあ。
 きっついよお(^^;。

 桐乃から京介へのプレゼントは、妹物のエロゲ…。
 黒猫と沙織、ずっこけていたじゃないですかあ。
 あやせと違って、相手の一番欲しい物を選ぶとか、そういうつもりは全く無かったみたい。
 こら。
 本当に、京介のこと、妹属性に染め上げちゃう勢いなのですよ。
 私だと思って大切にだなんて、それ、使い処が全然違いますよお!(笑)。
 もしかして、あれが桐乃の本気?。

 でもまあ、京介と桐乃の関係は、これからもずっと、あんな感じなのでしょうね。
 ツン100なのはさすがに辛いので、もうちょっとだけデレを増量して貰えると、私は嬉しいかなって。
 頭を撫でられて、にっこりしていた桐乃は、きょーれつに可愛かったです♪。

2010.12.06

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第10話「俺の妹がこんなにコスプレなわけがない」

 あやせから、あの公園への呼び出し…。
 こ、怖い(^^;。
 さすがの京介も、腰が引けてたじゃないですかあ。
 当然ですよねー。
 桐乃に負けず劣らず、あやせって気が強いのですもん。
 すぐに手も出ちゃいます。
 今回の京介は、桐乃から平手打ち、あやせからは蹴り。
 きょーれつなのを食らっていたよ。
 加奈子から直接の危害は、特に無かったけれど。

 あやせって、本当に桐乃が大好きなのですねー。
 一番喜んでくれるものをあげたいって。
 主義を曲げてまで、歩み寄ろうとしてくれてます。
 京介は、何だかんだで、みんなから頼りにされてる様子。
 お兄ちゃん、頑張って!。

 その分、苦労も多かったりするわけなのですが。
 桐乃は相変わらず、可愛くない妹の、いかにもなリアクションだったり。
 京介ってば、色目使ってる、の部分は否定しても良かったのにね。
 てゆーか、良く殴り返さなかったなあ。
 凄いのですよ。
 あの桐乃にも、隠している本心とかは、有ったりするのでしょうか。
 これがエロゲだったら、自分だけがルートを間違えてプレイしているみたいな、凄く不安な気持ちになりそう…。
 前回の桐乃状態そのまんま(^^;。

 黒猫と沙織は、すっかり京介と仲良しさんですね。
 マニアックなプレゼントならお手の物だよ。
 ジャンルが違うと、結構大変だったりしそうだけれど。
 京介も、妹へのプレゼントなんて、適当に選べばいいのに。
 あ、むしろ、あやせの為だったりするのでしょうか。

 あのあやせに、コスプレイベントに出ろとか、また無茶なことを…。
 しかも、あんなに露出の多い衣装!。
 有り得ないです。
 フケツ!(笑)。
 モデルさんとして、プライドだって有りますものねえ。
 ちなみにあやせは、美人って言うのは言われ慣れてるご様子で。

 騙して代役を連れて来るなんて、あやせ、黒いです。
 黒過ぎるー。
 だって、加奈子には何のメリットも無いじゃないですかあ。
 酷い話なのですよ(笑)。
 しかも、そのまま放置して帰ってしまうとか…。
 まだ10歳のブリジットちゃん、泣かせることになっちゃったし。
 京介は、ゴミ箱に捨てられていた優勝のフィギュア、しっかり回収したみたいです。

 ともあれ、桐乃は喜んでくれたみたい。
 あやせの帽子を桐乃に被らせたりしたら、残り香ですぐばれちゃいそうですけどねー。
 裏で京介が色々と頑張っていること、桐乃はずっと気付かないままなのかしら。

2010.11.29

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第9話「俺の妹がこんなにエロゲー三昧なわけがない」

 桐乃ってば、色々と恥ずかしかったなあ。
 もおっ、もおっ(^^;。
 何だか、自分を見ているみたいなんですもん。
 あそこまでのリアクションは出来ないですけどね。
 桐乃は、本当に激しいのでした。
 隣りの部屋で、一部始終を聞かされた京介は、本当にお気の毒。

 それでも、そんな桐乃を、自然に受け入れてあげてる京介、凄いお兄ちゃんなのですよ。
 お兄ちゃんレベルは、相当に高いって思う。
 以前みたく、お互いに無視するだけっていう状態を脱してからは、京介、桐乃に正面から向き合うようになりました。
 そういう働きかけをすれば、桐乃はそれなりの応えてくれるもの。
 なんせ、桐乃はああいう性格ですものねー。
 口を開けば、痛烈な言葉ばっかり投げかけて来ますから(^^;。

 エロゲが届くのを待ちわびて、わくわくそわそわしていた桐乃は、可愛かったよ。
 インストールを待っている間も、そんな感じ。
 あれだけ幸せそうにプレイ出来るのは、凄く羨ましくなっちゃいました。
 私自身は、最近全くゲームをプレイしていませんけど、何か妹物を始めてみようかなって、そんな気持ちになったです。

 さすがの桐乃も、ツン100%の妹は、気に障ったご様子でしたが…。
 いや、あれって、桐乃本人じゃ無いですかあ。
 まさか、本人、本当に気付いていないのかなあ。
 あの嫌な言動の妹ちゃんが、自分自身のことだって。
 そうすることで、桐乃には目指しているルートが有ったりするの…?。
 現状、不毛な結末にしか向かっていないと思いますけどね。

 沙織は、すっごくお嬢様していたよ。
 あっちが素の沙織なのかしら。
 謎だなあ。
 ちなみに、素顔は非公開みたいで(笑)。
 あんな凄いオーダーメイドの衣装を作って、桐乃と黒猫に着せちゃうわけですかあ。
 それは…。
 楽しみなのです(^^)。

 そしてそして、黒猫の日常は、とっても和風で家庭的。
 下の妹ちゃん、凄く懐いているじゃないですかあ。
 黒猫から離れませんでしたもの。
 敬語で丁寧に話すのが、また異様に可愛くって。
 桐乃で無くても、萌え死んじゃいそお。
 黒猫は良く平気だなあ(^^;。
 妹達との関係、本人はどう捕らえているのかしら。
 もう1人の妹ちゃんは、一体どんなコ…?。
 てゆーか、黒猫の世界観って、妹達に悪影響あるのではないかと…(^^;。
 そして、そんな日常に突然割り込んで行ってしまう、京介ってば!。
 サルの奇声も聞かれちゃいました。

 あやせはですね、頑張ってお仕事中。
 あんな事件が有ったけれど、桐乃とはしっかり仲直りしているみたい。
 てゆーか、何気に桐乃を尊敬しちゃってたりするのかも。
 だからあんなに怒ったのかなあ。

 そんなこんなで、桐乃はみんなから愛されているのでした。
 幸せ者なのですよ。
 見ていた私も幸せだったよ(^^)。
 京介との関係は、いずれ落ち着いたりするのかなあ。
 人生相談の件も有りますしねー。

2010.11.22

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第8話「俺の妹がこんなにアニメ化なわけがない」

 5話の国際展示場前駅は微妙に名前が変えて有ったのに、今回の中村橋駅はそのまんま実名なのですよ。
 不思議。
 まあ、そこは別にどーでもいいのですけど(^^;。

 ギョーカイの裏話的な展開って、私はかなり苦手だったりするので、そこはさくっと流しつつ…。
 桐乃の為に、いつも一生懸命な京介、黒猫からストレートに疑問をぶつけられていたけれど、その理由は、本人も分かっていないみたいなのです。
 取り敢えず、お兄ちゃんだから、ってことで。
 それで納得は出来ちゃいます。
 黒猫も、私も。
 黒猫にも妹が居る筈だけれど、仲はそんなに良くないのかしら。

 いやまあ、京介と桐乃だって、別に仲は良くないですけどねー。
 本当、邪険にされてます(笑)。
 会話だって、いつも喧嘩ごしに始まるよ。
 シスコンとは絶対に違うって言う京介だけれど、才能は有ると思うのですよ。
 桐乃の為に、土下座だってしちゃいますから。
 私も、お仕事で高校生から土下座されたりしたら、いたたまれない気持ちになるんだろうな…。
 それは、絶対に勘弁して下さい。

 京介もさることながら、今回は黒猫が頑張りましたあ。
 頑張ったというか、言いたいことを言っただけなのかもしれませんけど、それはすっごく桐乃の為にもなって。
 格好良かったです。
 自分でも小説を書いているからこそ、分かることも有るのですよね。
 桐乃とその小説のこと、認めざるを得ない部分も有って。
 それは、凄く不本意そうでは有りましたけど、正論なのですよ。

 そういう人達に支えられているから、桐乃は桐乃で居られます。
 あやせなんかも、きっとそう。
 あの厳しいお父さんだって。
 才能だけでは決して無いの。
 勿論、そういった人達との関わり自体、桐乃のちからなんですから、そういった部分を含めた全部が、桐乃の才能なのでしょうね。
 そんなことを実感したりもしたよ。

 次は、桐乃からの最後の人生相談。
 最後って言葉には、一体どんな意味が込められているのかなあ。
 あと、桐乃の書いた小説、いつの間にか単行本になっていたのですねー。
 その辺りの描写はすっ飛ばして、いきなりアニメ化のお話だったから、ちょっとびっくりしちゃいました。

2010.11.15

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第7話「俺の妹がこんなに小説家なわけがない」

 陵辱された上で死んじゃうとか、性奴隷にされちゃってるとか…。
 桐乃も黒猫も、容赦無いのですよ。
 お友達をモデルに、そこまでやりますかあ(^^;。
 でもでも、何だかんだで、2人の感性、結構似ていたりするのかにゃ。
 モノマネがそっくりってことは、相手のこと、本当に良く理解しているってことなんですもの。
 京介は、魂入ってるって言ってたっけ。
 取り敢えず、麻奈実はですね、そんな恐ろしい世界のことは、ずっと知らないままで居て下さい(^^;。

 まあ、そんな桐乃も、エロ動画ハンターには、相当に抵抗が有ったみたい。
 涙目になっていたよ。
 そういうところは、普通に女子中学生してるんだ。
 3次には、フィルターが全くかからない、生々しい世界が有りますから…。
 それは相当にきっついのです。
 京介、まさか3次の妹物を見たりとかはしてないですよねー?(^^;。
 当たり前かあ。

 真っ暗なリビングの電気を点けたら、そこには黒猫が…。
 それは確かに怖いのです。
 黒猫ってば、他人の家なのに、何だかやたらと堂々としていたし。
 桐乃と喧嘩になっても、わざわざ居残っていたのはどうしてなのでしょう。
 京介が帰って来れば、仲直り出来ると思ったのかしら。

 実際、それはその通りになりました。
 京介、頑張ったよ。
 桐乃は、部屋の扉を開けるのも全力なんだもん。
 ああいう妹が相手だと、京介も大変だ。
 桐乃って、構って欲しいって気持ちが、実は凄ーく有るみたいですけど。

 メルルのOPを見る桐乃は、すっごくノリノリで楽しそうで、メルルを愛しちゃっているのは本当なのですねん。
 そういう所は、私も見習わなくっちゃ。
 アニメは楽しく見るのだ(^^)。
 そんな姿、他人には絶対に見せられませんけどねー(^^;。
 まあでも、人には好みが有りますし、桐乃と黒猫は、ずっと平行線のままなんだろうな。
 京介は、どっちを好きになりますかあ?。

 結局、京介はシスコン認定されちゃったんだ。
 お休みの1日を桐乃の為に使ってあげて、優しいお兄ちゃんなのですよ。
 何だかんだで、桐乃も京介に甘えちゃってますし。
 甘え方の分からない桐乃は、その性格も有って、ああいう言動になっちゃうのかなあ。
 何気に、デートの予行演習みたいでした。

 とうとう、ホテルにまで入っちゃいましたよお。
 緊急避難、という言い訳が有れば、何でも出来ちゃうって言う…(^^;。
 傍目には、入ったことが重要なので、誰かに知られちゃったら、致命傷になるのは間違い無いです。
 特にあやせ!。
 あやせは絶対にまずいです。
 買ってあげたアクセと共に、秘密はずっと秘密のままに、ね。

 何だかんだで、桐乃のマニアックな趣味は、京介との距離を縮めているでした。
 普段はイラッとさせられるだけに、可愛い妹モードの桐乃は、破壊力有るですねん(^^)。
 あと、妹しか居ない星とか、私も是非行ってみたいです!(笑)。

2010.11.08

■俺の妹がこんなに可愛いわけがない 第6話「俺の幼馴染がこんなに可愛いわけがない」

 いやいや、麻奈実、フツーに可愛いじゃ無いですかあ。
 本当に、長い付き合いの幼馴染みさん、っていう雰囲気が、凄く良く出ていて。
 一緒にお風呂に入ろうって、後ろからこっそり京介に言う辺りなんて、もお。
 そういうイタズラが出来るのが、幼馴染みなのですよ。
 ただ、京介の方が、一枚上手だったですけどねー。
 じゃあ一緒に入ろうって返されて、麻奈実はパニックになっちゃった。
 わざわざ、おばあちゃんに報告しなくってもいいのに(^^;。

 麻奈実の家族に関しては、OPで言いたいことは全て言われてしまったので、省略してもいいかしら(笑)。
 ああいうおじいちゃんだったら、毎日退屈しないだろうな。
 あ、ゾンビとか死体のフリは、止めて下さい。
 怖いから(^^;。
 おばあちゃんも、京介と麻奈実のことは、すっかり公認なのですね。

 口数の少ないお父さんも、そんな感じかな。
 弟君は、ちょっとズレてる感じとか、麻奈実にそっくり。
 姉弟の仲はどうなのか、今回のお話ではちょっと分かりませんでしたけど…。
 桐乃みたいに、殺伐とした雰囲気は無かったです(笑)。
 私は、ロックって呼んであげてもいいですよお。
 三味線、弾けるようになったら凄いのです。
 バンドに参加して、いつか放課後ティータイムと共演出来たりするかもっ。
 エレキ三味線とかね(^^)。

 抱き枕が届いた桐乃は、本当に本当に嬉しそうでした。
 まずは、梱包のダンボールに頬ずりして…。
 緩衝材には冷たかったですけど。
 あれは、私の大切な商売道具ですっ(^^;。
 あんなに何度も抱き締めてあげたら、抱き枕さんも、幸せなのではないかと。
 寝るときも、ちゃあんと使ってましたし。
 抱き枕は、心も体も幸せになれちゃう、実用グッズなのだ(^^)。

 ちなみに桐乃は、京介の部屋の前を通るとき、必ずドアに蹴りを入れるですかあ。
 こらっ。
 桐乃がどんなに幸せでも、京介への態度は変わらないのですね。
 まあ、それが、桐乃の妹らしさで有る訳ですし。
 京介が近くに居ないほうが、桐乃は可愛いって思う私なのでした。

 洋風の和菓子は既に洋菓子だっていう京介のツッコミは、なかなか素晴らしかったかと。
 和菓子屋さんなのに、ハロウィンイベントとか、田村家は柔軟なのです。
 しかも、麻奈実の和菓子能力から察するに、受け継がれた味は確かみたいで。
 頼もしいのです。

 で、2人は結局、一緒の部屋で寝ることになりましたあ。
 取り敢えず、ぴったり引っ付いていた布団は離したよ。
 ちょっとだけね。
 そのときの2人の様子を想像すると、ちょっとだけ微笑ましい気持ちになったりもして。
 そういうことが自然に出来ちゃうのは、結構レベルの高い幼馴染みですもの。
 2人には、もう少しだけ、今のままで居て欲しいかな。
 京介の決意(?)を聞いて、麻奈実も同じ気持ちになったでしょ♪。
 ああ、いいもの見れて、良かった良かった(^^)。

 学校や桐乃には、とても言えませんけどね。
 もし、高坂家に麻奈実が泊まりに来たら、麻奈実は桐乃と一緒の部屋で寝るのでしょうか。
 ああ、何て恐ろしい…。
 あの2人は、さすがに仲良くは出来ない気がしますよお。
 無理です、無理っ(^^;。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ