カテゴリー「けんぷファー」の13件の記事

2011.04.08

■けんぷファー für die Liebe 第14話「Jeden Tag Leben~ひさしぶりなのでけんぷファーのちょっといいとこ見てみたい~」

 既にもう、キャラとかみんな忘れちゃってましたけど、このお話を見終わった頃には、結構色々と思い出していたり。
 みんな、頑張って戦っていたのですよねー。
 戦わないなら、ナツルが女の子になる必要は全く無いのに。
 すっかり、みんなのおもちゃにされてしまって。
 みんなとゆーか、主に雫の。

 雫さん雫さん、一体何をしているの…?。
 確かに、ストレートに攻めて来るタイプだったけれど。
 今回は、ナツルをからかう方向で、全力投球みたいなのです。
 あんまりやり過ぎると、ナツルが帰って来れなくなりますよお(^^;。

 紅音もですね、とうとう変身して銃を出しちゃいましたけど、発射しなかっただけ上出来かと。
 ロッカーの中、ハダカで引っ付いて、一体何をしているの。
 もうちょっと、マシな脱出方法が有ったような気がするよお。
 本人は色々と満足そうだから、別に良かったのかにゃ。
 ただ、そこで立ち止まっては駄目なのですよ。

 水琴と楓は、殆ど出番が無く。
 楓は、フツーにしていれば、年上らしく落ち着いてるし、可愛いのにな。
 すっかり悪人顔だあ。
 内面が真っ黒だから、あれが本来の姿では有ります。
 ナツルも、いい加減諦めましょうよう(^^;。

 臓物アニマル達は、自由に楽しく過ごしていたみたい。
 ドンペリとか開けてるんじゃなーい!。
 どうせ、みんな染み出しちゃうんでしょ。

 何だかんだで、今回みたく、戦っていないけんぷファーなら、もっと見たいような気がするのでした(^^)。

2009.12.18

■けんぷファー 第12話「Weihnachten~臓物たちの奇跡~」

 臓物アニマルが主役と見せかけて、実は楓が主役なお話だったりするのでした。
 てゆーか、メインストーリーは、前回のあれで一区切りってことなのですね。
 そっちの方がびっくりだったり。
 あんなあっさり風味でいいのかにゃ。
 私は、ナツルの決断とか、気が付きもしませんでしたし(^^;。

 朝起きたら、臓物アニマルと体が入れ替わっていたなんて、またありがちなパターンのお話なのです(笑)。
 臓物アニマルも、残された本体も、やっていたことは単純なので、見ていて特に楽しかったりしないのが辛いところだよー。
 随分と中途半端なお話でした。

 残された本体にしてみれば、どうやったら元に戻れるのかは勿論、自分の体がどういう扱いをされているのかが、とてもとても気になる所で。
 特に雫なんて、あんなに隙だらけの表情しちゃってました。
 まあ、出会った人達は、みんな揃って良く似た別人、なんていう認識でしたし。
 ダメージは無さそう、かな。

 ここぞとばかりに、脇役な人達の出番を作って有るのが泣かせるです。
 また、なんて最終回なのでしょう。
 見終わった後の、この妙な感覚、何とかして下さあい(^^;。

2009.12.12

■けんぷファー 第11話「Wählen~歓喜の歌~」

 楓が一番大切にしてるっていうヒアブリライオン、雫が持ち出したこと、あっさりと黙認したのですね。
 雫ならヘンなことをしないっていう、確信が有ったのかしら。
 或いは、ヒアブリライオンを大切にしている楓とは、また別の楓が居たりするのかも…。
 まだまだ謎なのです。

 とりあえず、ナツルが雫との一件を思い出してくれて、良かった良かった。
 ここは雫の勝ち、みたいな。
 操られていたとは言え、例えあんな形でも、一応は二人の思い出なんですものね。
 それは大切にしなくっちゃ。
 あれがいずれ、ナツルにとって致命傷になったり、何かのきっかけになったり、そういうことが有るのか、それは現時点では分かりません(笑)。

 まあ、ナツルが一人で楓の家まで行くのは、さすがに無謀かなって思います。
 相手になるわけが有りません(^^;。
 ナツルは楓を信じたかったのかなあ。
 そして、楓は男のナツルに、極端な位の拒絶反応を示しちゃいます。
 楓が女ナツルを好きなのは、単なる趣味…?。

 赤と青と白、そしてけんぷファーが戦っていることの意味は、きっちり分かりましたねん。
 みんなで代理戦争をしていたですかあ。
 巻き込まれてしまって、いい迷惑なのです。
 そんなだと、何かご褒美が無くちゃ、やってられないってゆーか(^^;。
 逆に、雫の先輩は、何か不幸なことになってしまったみたいですけど…。
 実は今、幸せだったりとかするのかなあ。
 このままだと、楓と雫、禍根の戦い、みたいなことになっちゃいます。
 そして、その中でのモデレーターの役割って、どこまでなのでしょう。
 戦って貰わなくっちゃ困るのは、明らかなんですけど。

 そして、嫉妬に狂った女の子達は、盛んにナツルへとアピールするのでした。
 何か凄い状況だったよー。
 水琴と紅音、立て続けにファーストキスだとか…。
 有り難みが無いってゆーか。
 むしろ怖いのです(^^;。
 そんな強引な形でも、みんな幸せなのかしら。
 ナツルをキーにすれば、3人を戦わせること、実に容易いような気もして来たです(^^;。
 あと、歓喜の歌は一体何だったのかしら…。

2009.12.04

■けんぷファー 第10話「Falle~ひと夏の経験~」

 ナツルは楓と二人、花火を見に行っちゃいます♪。
 そのシチュエーション、ナツルの望み通りな筈なのに、ナツルってば、殆ど意識が遠退いてるっていうか…。
 とことん洗脳されちゃいそうな雰囲気なのです。
 楓、怖いなあ。
 優しげだった瞳が、いきなり邪悪に変わるんですもん。
 何て分かりやすい…。
 それでも、まだ誰にもバレません。
 雫にも直接仕掛けて来たのに、あまりの早変わりに、雫も対応出来なかったみたい。
 操られているのか、あれが本性なのかは、分かりませんけど。

 怖いときの楓は、強烈に男嫌いみたい。
 男は全く役に立たないって言ってましたもん。
 思い通りに動いてくれないっていう意味では、雫も同じなんですけど。
 さすがにあれは、雫のプライドが許さなかったわけで。
 それに、全てが楓の思い通りに進むのなんて、面白く無いですものね。
 チャンスは確実に活かす、っていう考え方も、確かに有るのですが…。
 ちなみに雫は、私が思っている以上に、ナツルのことが好きだったみたい。

 紅音と水琴は、お気の毒でしたあ。
 要素としては、確かに紅音のポテンシャルが低いのは否めません(^^;。
 水琴の幼馴染み属性は、私的には最強ですもん。
 にしたって、一緒にトイレはないじゃろう(^^;。
 紅音ってば、あらぬことを口走っていたよ。
 水琴も、ヘタレなナツルを好きになる女の子なんて居ないと安心していたら、いきなりライバルが大量に出現して、計算が狂っちゃったんだ。
 あの雫は、確かにきょーれつに可愛かったですもん。

 そんなこんなで、嫉妬に狂った三人は、言い争った上、ナツルを探し回るのでした。
 いやいや、そんなことやってる場合じゃ…。
 とりあえず、そう簡単には白い人達の思い通りにはならなそうで、有る意味頼りになるかもしれません。
 その独占欲が、パワーに変わりまあす。
 しっかりナツルを護ってあげて下さいね。
 ナツル本人じゃ、どーにもならなそうですから。
 いざとなると男って…(^^;。

2009.11.27

■けんぷファー 第9話「Hochsommer〜恋の熱帯低気圧〜」

 楓、目が怖いですよ…?。
 あの3人と関わりが有ること、隠そうともしていなかったです。
 もう、そういう段階じゃ無いってことなのでしょうか。
 にしても、男のナツルには、容赦無くダメ出ししてたっけ。
 ナツル、可哀想に…。
 それも、何かの作戦のうちだったりするのかなあ。
 女のナツルをやたらと好きみたいな素振りなのは、変身させる必要が有るってことー?。

 紅音は、折角のナツルとのデートだったのに。
 てゆーか、お泊まり付きだったですかあ。
 二人、一緒の部屋だったりするし。
 それって、ナツルだからこそOKしてくれたってゆーか。
 セップククロウサギが言うように、何も考えて無いもん(^^;。

 ナツルはですね、楓以外、全然興味が無いみたい。
 身持ちはとっても堅いのです。
 雫の誘惑にも、決して流されません。
 何か勿体ないみたい。
 まあ、流されはしないけれど、いいように弄ばれちゃってます。
 羨ましい話なのです(笑)。
 カップを二つって、雫、一体何をするのかと思ったら…。
 周囲も最初は???でしたけど、あのストレートさには、みんなびっくりしてたっけ。
 そのリアクションが、見ていて楽しかったです。
 雫ってば、強引だなあ。

 紅音は何だか、お気の毒。
 それ以上に、水琴はツッコミを入れるだけみたいになってて、更にお気の毒なのです。
 自分では、一生懸命に幼馴染みを主張しているのが、涙を誘うっていうか(^^;。
 初めては、みんな雫に持って行かれてしまったよ。
 それでもナツルは、楓一筋。
 どーなるんでしょうか、これ。

 白のけんぷファーは、随分沢山居るんだなあ。
 パワーバランスが…。
 ナツルの正体も知っていたけれど。
 あの人達、実は男だったりとかしないよね。
 そっちの意味で、油断なりませんです(^^;。

2009.11.20

■けんぷファー 第8話「Liebste~初めてのデート~」

 ウミウシなんだかアメフラシなんだか分からないけれど、ナツルが雫に買ってあげたキーホルダー、ちょっと欲しいかもっ。
 確かにつまらないものだったけれど、雫は大切にしてくれそうなのです。
 そんな、可愛い所もあるのですねー。

 えとえと、元々雫って、そういうコなのかしら。
 何か悪巧みをしているようにしか見えないってゆーか。
 全力でデートデート言ってたけれど、それはナツルには全く伝わっていなかったもん。
 ああいう性格ですものね。
 ナツルの方も、かなりの特殊仕様だったりもして。
 雫ってば、しきりと普通の男の子だったら私のことを…、なんて言ってたっけ。
 やっぱり、勝手が違いますよねえ。

 お弁当作りから独り言まで、雫のこと全部を見通せちゃう私だって、あの状況、何処までが本当なのかなあ、なんて考え込んじゃいますもん。
 うそうそ。
 デートの間、ナツルのことを見る雫は、すっごく柔らかく笑っていたと思うので、信じてあげてもいいって思うよ。
 肝心のナツルは、そういうの、全く見ていなかったけれど…。

 常に楓のことを意識しているんじゃ、雫も辛い所なのです。
 そういう素振りも、あんまり表には出さなかったね。
 逆に、自分から楓の名前を出したりとかして。
 ちょっとだけ、雫の過去が見えたりもしたよ。
 それなりに事情は有るんだなあ。
 モデレーターに対する楓の姿勢は、当然のことだって思いますし。

 楓も、男のナツルへの態度を見るに、実は結構、厳しい性格だったりするのでしょうか。
 更に、雫にあんなこと言われちゃうと、怖くなってしまいます。
 その目的と本性は、そろそろ明らかになったりするのでしょうか…。
 雫が傷付けられて、そこで初めて本当の気持ちを理解しそうなナツルだったり。

 その点、紅音と水琴は、ストレートな性格なので…。
 有る意味、安心なのです。
 二人共、正面からナツルにぶつかって来ました。
 …飛び蹴りは、痛そうだったなあ。
 もう一人は、拳銃を突き付けてのデートのお誘いとかっ。
 あ、これなら、雫が一番マトモみたいな(笑)。
 ナツルも、好きなコ以外には大人気だよー。
 とりあえず、楓の次点は、紅音だったですかあ。
 とんでもない大差が付いてはいるけれど。

 あ、高架線を走っていた電車は、なかなか格好良かったです。
 それ以上に、架線柱が格好良かったなあ(笑)。

2009.11.13

■けんぷファー 第7話「Einladen~招かれざる客たち~」

 楓の家にお泊まりっ。
 勿論、ナツルと楓を二人っ切りにすると、ナツルがあまりにも危険なので、保護者二人がついて来ます。
 水琴は何故か、後から合流したよ。
 カレー作ってたから、遅れたのかにゃ。
 水琴は、特にお話には関わって来なかったですねん。
 女ナツルにも、もうすっかり慣れたご様子で…(^^;。

 けんぷファーって、一体何色に分かれているのでしょうね。
 臓物アニマルがあれだけ居たら、フルカラー揃ってたりとかしそうだよ。
 そんなに各色戦わせて、何かいいことが有るのかしら。
 最近、あんまり戦ってませんけど。
 雫とも仲良しさんで(^^)。

 ちなみに、臓物アニマルって、楓が生産していた訳じゃ無いんだ。
 家中、グッズだらけだと思ったら、専用のコレクションルームまで有ったよ。
 ナツルは死体の部屋って言ってたけれど…。
 確かに(^^;。

 ナツルと今まで以上に親密になるべく、楓は色々と仕掛けて来るです。
 また、やたらとストレートなんですよね。
 その企みは、しっかり紅音に阻止されていたけれど。
 あと、運命には逆らえなかったみたい。
 クジの神様は、頑張りました(笑)。

 お布団の中で密着してたら、さすがにばれちゃいそうなのですが。
 ナツルの背中は広くって。
 あの時点で、男ですものね(^^;。
 ていうか、パジャマを脱がせないで下さあい。

 雫の調査は、それなりの結果を出せたのでしょうか。
 気になるよ。
 ヤキモチとか、あれって本心だったのかしらん。

2009.11.06

■けんぷファー 第6話「Heimkehr~敵か味方か~」

 女ナツルの胸がやたらとでっかいの、それが男ナツルの趣味なんだとしたら、水琴が言っていたことは正しいのです。
 サイテー…(^^;。
 百合を目指してたりもしますもん。
 正確には、それをやってるのは楓なんですけど。
 でもでも、あの学校だと、そんなのは全然目立ちません。
 特別なことじゃないもの。
 なんて気持ちにもなるってものなのですよー。

 ようやく帰って来た水琴、普通にナツルと一緒に登校していたよ。
 並んでバス停に立っていたり。
 裸エプロンでカレーより、私はそっちにびっくりしたです。
 同じ学校だったですかあ…?(^^;。

 毎日カレーを作りに来てくれるって言ってたけれど、カレーは世界の何処でも通用するお料理だから、水琴もマスターしてるのかにゃ。
 てゆーか、どうして水琴は世界を回ってたんだっけ。
 変わった幼馴染みさんなの。
 何となく、私は水琴のこと、従妹なのかと思ってました。
 あと、パジャマを着るのに、いきなりエプロン脱がないで下さあい(^^;。

 雫は、相変わらずナツルをいじめてます。
 …そういうのが好きな人なのかも。
 中身は男のナツルが、メイド服で恥ずかしいことをさせられて、それに耐えてる姿を見るっていうのが(^^;。
 もし、ナツル自身に興味が有るなら、尚更なのです。

 水琴は、女ナツルの正体を知って、気絶しちゃいましたけどね。
 ナツルにちょっかいを出す、気に食わない女だと思っていたら、ナツル本人そのものだったりしたから…。
 ん、それで正常だよ。
 ナツルも、今回は自力で男に戻れて、それなりに頑張ってはいたのですけど。
 人間失格状態ですからねー(笑)。

 一連のけんぷファー絡みの騒動、その中心に楓が居るのは、間違いないみたいなのです。
 それが本人の意志なのか、無意識にやっているのか、何かに操られているのか、その辺りはまだ分かりません。
 次回のお泊まりで、真実に近付いたとかは、絶対に無いのでしょうけど。
 戦いも、雫のおかげでお預けになりましたし♪。

2009.10.30

■けんぷファー 第5話「Komödie~ファーストキス~」

 ナツルは、相変わらず振り回されてばかりなのです。
 そろそろ、男の子らしい所を見せて欲しいって思うんだけどな。
 無理かあ。
 女子部では、クラスメイトからして、あんな人達なんですもの。
 結果、ナツルは紅音と一緒の更衣室で着替えることになっても、平常心で居られるようになりました。
 …何か違う(^^;。
 雫と一緒のときは、さっさと出て行っちゃうし。
 つまんないヤツ(笑)。

 楓は、どんどんと嫌なコになってるみたい。
 女のナツルへの気持ちが強過ぎて、男のナツルのこと、全く見てくれなくなっちゃいましたもん。
 紅音とは、顔を合わせただけで喧嘩になったりとかして。
 只一人だけ、けんぷファー関係の事情を知らされていなくって、気の毒なポジションではありますけど。
 実は、楓だけが女の子同士でのカップリングを目指していたりするわけですが、そこは全く表に出て来ないとゆー(^^;。

 やっぱり、一番面白いのは、雫でしょうか。
 高い塀の上に座ってたりするし。
 行動が全く読めませんですわ(笑)。
 紅音と楓を放っておくと、延々と小競り合いを続けそうだし、この人が間に入ってくれなくっちゃ。
 とか言ってる間に、いきなりナツルにキスしたりとかしてますよお!。
 やっぱり行動が面白いのです。
 またまた、ナツルの弱みを握ってしまったとゆーか。
 紅音にばれたらナツルが殺されるって分かっているし、そのカードをどう使って来るのか、かなり楽しみだったりしますねん。

 更に更に、突然水琴が帰国しました。
 いきなり臓物アニマル持ってましたけど、幼馴染みちゃん、これからちゃんとお話に絡んで来れるのかしら。
 女の子が増えると、ナツルのヘタレ、更に拍車がかかりそうなのですよー(笑)。
 水琴は元気娘みたいですけど、ナツルにとっては、どーいう幼馴染みなのでしょう。

 ちなみに、女子部がアレな人達ばかりっていうのは、ご近所の皆さんにも、しっかり認知されてるみたい。
 なのに、暖かく見守ってくれてるなんて、一体どーいう環境なんだか。
 けんぷファーも、あの地域だからこそ、存在出来たりするのかも(^^;。

2009.10.23

■けんぷファー 第4話「Kriegserklärung~戦う乙女たち~」

 ナツル、モテ期に大突入したです(^^;。
 男の姿のときにモテていたなら、嬉しかったのでしょうけど…。
 今は頭痛の種にしかなりません。
 あ、でも、3人のうちの2人まではナツルの正体を知っているわけですし、実際の所、喜んでもいいんじゃない?。
 楓のことは、もう諦めるとして…。
 男の姿のとき、宣戦布告されちゃいましたし。
 楓とは、どうにも趣味が合わないみたいですし(笑)。

 生徒会長で有る雫の真意は、何だか良く分かりません。
 ナツルのこと、男扱いしたり、女扱いしたり。
 かなりからかってるのは確かですけど、案外本気で、文化祭を盛り上げようとしているのかしら。
 かつては噺家志望だったそうですし。
 ただ、それだとけんぷファーとしての使命は何処に…。
 ああすることで、楓が目覚めちゃったりとかするのかしら。

 ナツルの保護者は紅音の筈なのに、今回はその役割を、かなり雫が担っていたよ。
 とりあえず、服は脱がなくってもいいんじゃないかと…。
 結局、あのブラを選んだのかなあ。
 ひたすら振り回されていたナツルが、妙に可笑しかったのでした。
 もっと嬉しそうにしたっていいのにい(笑)。

 そんなナツルも、一応は男子部に顔を出しているのですね。
 既にもう、女の姿で居る時間の方が、ずっと長かったりするわけですけど。
 相変わらず、自力では変身出来ず、綱渡りが続いていたり。
 それはきっと、覚悟が足りないからなのです。
 カラオケだって、結局誰も選べず、自分は歌いませんでしたもん。
 呑気に水琴のことを考えている場合じゃ…。
 紅音や楓が知ったら、泣きますよお(^^;。

 実際の所、ミスコンって、何をすればいいのでしょうね。
 4人揃って出場、しかも、そのうちの3人は、妙に気合いが入っていたりとかします。
 1人は全くやる気が無いけれど、放っておいたら、その1人が優勝しかねないですから。
 本人は、男の姿に戻ったりしないか、ひたすらに怯えてたりとかして。

 今回は、見事に雫が主役でしたねん。
 私の興味の対象も、完全に雫になりました。
 雫から、目が離せなくなっちゃって。
 紅音と楓は、嫉妬にかられたその他大勢、みたいな感じに…(^^;。

その他のカテゴリー

11eyes 30歳の保健体育 AIR AYAKASHI BLEACH~ブリーチ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ B型H系 C3 -シーキューブ- Canvas2 ~虹色のスケッチ~ CHAOS;HEAD D.C.II ~ダ・カーポII~ D.C.III~ダ・カーポIII~ D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン DOG DAYS ef - a tale of memories. Fate/stay night FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 GA 芸術科アートデザインクラス Gift ~ギフト~ eternal rainbow GIRLSブラボー first season GIRLSブラボー second season GO!GO!575 GOSICK -ゴシック- H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ IS <インフィニット・ストラトス> IZUMO-猛き剣の閃記- JINKI:EXTEND Kanon LEMON ANGEL PROJECT Mission-E Myself;Yourself Phantom~Requiem for the Phantom~ R-15 REC RIDEBACK -ライドバック- Rio RainbowGate! Saint October School Days SHUFFLE! SHUFFLE! MEMORIES sola Soul Link Steins;Gate To Heart~Remember my memories~ To LOVEる -とらぶる- ToHeart2 true tears UG☆アルティメットガール Wind -a breath of heart- WORKING!! WORKING'!! Φなる・あぷろーち あかね色に染まる坂 あそびにいくヨ! あっちこっち あにゃまる探偵 キルミンずぅ あの夏で待ってる あまえないでよっ!! いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いぬかみっ! うた∽かた うたわれるもの うぽって!! うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ えびてん -公立海老栖川高校天悶部- えむえむっ! おおかみかくし おくさまは女子高生 おとぎ銃士赤ずきん おとめ妖怪 ざくろ おねがいマイメロディー おまもりひまり お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ かのこん かみちゃまかりん かみちゅ! かんなぎ きらめき☆プロジェクト きらりん☆レボリューション けいおん! けいおん!! けんぷファー げんしけん こいこい7 こどものじかん この中に1人、妹がいる! この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ こみっくパーティー Revolution これが私の御主人様 これはゾンビですか? これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド ご愁傷さま二ノ宮くん さくら荘のペットな彼女 ささめきこと さんかれあ さんふらわあふらの しゅごキャラ! じょしらく そふてにっ そらのおとしもの そらのおとしものf たまこまーけっと だから僕は、Hができない。 ちとせげっちゅ!! ちび☆デビ! つよきす Cool×Sweet てーきゅう とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 とある魔術の禁書目録II ときめきメモリアル Only Love となりの関くん となグラ! とらドラ! ながされて藍蘭島 ななついろ★ドロップス にゃんこい! ぬらりひょんの孫 はぐれ勇者の鬼畜美学 はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ はなまる幼稚園 はぴねす! ひぐらしのなく頃に ひだまりスケッチ ひだまりスケッチ×365 ひだまりスケッチ×SP ひだまりスケッチ×☆☆☆ ひだまりスケッチ×ハニカム ひとひら ひまわりっ! びんちょうタン ぽてまよ まおゆう魔王勇者 まかでみ・WAっしょい! ましろ色シンフォニー -The color of lovers- まじかるカナン まほらば~Heartful days~ まほろまてぃっく特別編 まもって!ロリポップ まよチキ! まりあ†ほりっく まりあ†ほりっく あらいぶ みなみけ おかえり もえたん もっけ もっとTo LOVEる -とらぶる- ゆるゆり ゆるゆり♪♪ よくわかる現代魔法 よみがえる空 -RESCUE WINGS- らき☆すた らぶドル ~Lovely Idol~ わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ アイドルマスター アイドルマスター XENOGLOSSIA アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル アキカン! アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アズサ、お手伝いします! アニマル横町 アニメ・コミック アマガミSS アマガミSS+ plus アリソンとリリア ウェブログ・ココログ関連 エルフェンリート エレメンタル ジェレイド オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ キディ・ガーランド キミキス pure rouge クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! グレネーダー~ほほえみの閃士~ ケメコデラックス! ココロコネクト シゴフミ シュガシュガルーン スカイガールズ スクールランブル ストライクウィッチーズ セキレイ ゼロの使い魔 ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ ゼロの使い魔F ソードアート・オンライン タクティカルロア タユタマ -Kiss on my Deity- ティアーズ・トゥ・ティアラ ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ ドージンワーク ナイトウィザード The ANIMATION ニニンがシノブ伝 ネギま!? ハイスクールD×D ハヤテのごとく! ハヤテのごとく!! バカとテストと召喚獣 バカとテストと召喚獣にっ! バンブーブレード パパのいうことを聞きなさい! パピヨンローゼ New Season ヒャッコ ビビッドレッド・オペレーション フリージング プリズム・アーク プリンセスラバー! プリンセス・プリンセス マケン姫っ! マシュマロ通信 マジカノ マリア様がみてる 4thシーズン マリア様が見てる~春~ ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ラブゲッCHU ミラクル声優白書 ラブライブ! School idol project ラムネ リトルバスターズ! レンタルマギカ ロウきゅーぶ! ロザリオとバンパイア ロザリオとバンパイア CAPU2 ローゼンメイデン ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 下級生2~瞳の中の少女たち~ 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 乙女はお姉さまに恋してる 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伯爵と妖精 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 僕の妹は「大阪おかん」 僕は友達が少ない 僕は友達が少ないNEXT 光と水のダフネ 初恋限定。 双恋 味楽る!ミミカ 咲-Saki- 咲-Saki- 阿知賀編 喰霊―零― 図書館戦争 夏のあらし! 夏色キセキ 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 夢喰いメリー 夢色パティシエール 大正野球娘。 女子高生 GIRL'S-HIGH 妖狐×僕SS 学園アリス 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍姫 赫 玄 忘却の旋律 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 恋と選挙とチョコレート 我が家のお稲荷さま。 戦国乙女~桃色パラドックス~ 戦場のヴァルキュリア 探偵オペラ ミルキィホームズ 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 新年のごあいさつ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 明日のよいち! 星空へ架かる橋 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ 月詠-MOON PHASE- 桜蘭高校ホスト部 森田さんは無口。 極上!!めちゃモテ委員長 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 氷菓 涼宮ハルヒの憂鬱 涼風 瀬戸の花嫁 狼と香辛料 猫神やおよろず 献血 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 生徒会役員共 異国迷路のクロワーゼ The Animation 百花繚乱 サムライガールズ 真剣で私に恋しなさい!! 石田とあさくら 砂沙美☆魔法少女クラブ 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神のみぞ知るセカイII 神様のメモ帳 神様ドォルズ 神無月の巫女 素敵探偵ラビリンス 緋弾のアリア 練馬大根ブラザーズ 聖剣の刀鍛冶 舞-HiME 芸能・アイドル 苺ましまろ 落語天女おゆい 薬師寺涼子の怪奇事件簿 護くんに女神の祝福を! 貧乏神が! 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 這いよれ!ニャル子さん 銀盤カレイドスコープ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 陰からマモル! 陰陽大戦記 電波女と青春男 風のスティグマ 魔法先生ネギま! 魔法少女リリカルなのは 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ W~ウィッシュ~

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー