カテゴリー「とある科学の超電磁砲」の22件の記事

2010.03.21

■とある科学の超電磁砲 第24話「Dear My Friends」

 能力者は、便利な能力を持っているのですもん、それをデータを取る為だけの、モルモット呼ばわりされたらたまりません。
 無能力者から見たら、能力者が異質なのは分かりますけど…。
 確かに、それがお互いの壁になっているのは事実で。
 そうでも思わないと、無能力者はやってられないのかもしれません。
 美琴も黒子も光子も、その能力をすぐに戦闘へ応用出来ちゃいますし。
 さすがに、飾利はそんなこと無かったし、この人達が特殊なのかもしれませんけど。

 みんな、凄い子供達なのですよー。
 レベル5の美琴だけじゃあ無く。
 自分達の能力の根底とか、その先に有るものを、しっかり見通しているみたいだもん。
 そんな大袈裟なことでは無く、自分とお友達との関わりの中から、学園都市や能力者の在り方や進むべき方向を、感覚的に理解しているのかもしれないですね。

 にしても、テレスティーナは下品なのです。
 あんな性格で、よくもまあ、今まで猫を被っていられたもんだ。
 テレスティーナの思った通りに物事が進んで、本人は楽しくて仕方無かったのかなあ。
 しかも、衿衣を利用するっていう、そんな企みまで有ったなんて。

 最終回は、まさにレールガンって感じで、美琴の能力が大解放でした。
 あれが美琴の全力なんだあ。
 限界まで能力を使ったのって、今までに何回も無い筈ですよね。
 土壇場で黒子を呼んで、それにすかさず応えてくれちゃう黒子も、なかなか凄かったと思います。
 それが、結果的に光子に華を持たせることになったりとかして(笑)。

 涙子も頑張りましたよー。
 飾利の必死のアピール、なかなか気付いてくれないから、見ていた方が冷や冷やしたです(^^;。
 テレスティーナは自分に酔っていたみたいだから、その不自然さには気付かなかったみたい。
 涙子がレベル0だったこと、何が幸いするか分かりません。

 無事に目覚めた子供達は昔のままで、木山のことが大好きなのも変わらなかったよ。
 良かった良かった。
 真っ先に気にしたのは、木山の目のクマのことで…。
 あ、それは確かにそうかも(^^;。
 そういう所、凄く子供らしいって思う。
 髪が伸びていることとか、さすがみんな目の付け所がいいですね。
 病院でゆっくり静養すれば、木山のクマだって取れますよね。

 ラストが木山のハッピーバースデーだなんて、またまたびっくりしちゃいました。
 みんなの元気な姿が見れて、私も嬉しかったです(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (19)

2010.03.06

■とある科学の超電磁砲 第22話「レベル6(神ならぬ身にて天上の意思に辿り着くもの)」

 御坂シスターズの例も有るし、能力開発を突き詰めて行くと、人体実験みたいなことになってしまうのでしょうか…。
 サンプルにされてしまった本人と関係者は、堪ったものじゃ有りません。
 いくらそれを助ける為とは言え、別の犠牲を払うのは、美琴のやり方じゃあ無いですよね。
 今回の件に関しては、木山よりもテレスティーナの方が正しい気がするけれど…。
 きっと、それだけでは済まないのでしょう。
 ゲコ太顔のお医者さん、まだ何もしていませんし。
 みんなと飾利との関係だって、ぎくしゃくとしたままなのですよー。

 飾利の能力、手で何かを暖めたり出来るのは、臓器の運搬とか、そういうときにお役に立ったりしそうな気が…。
 たい焼きを生暖かく保つのも、かなり便利な使い方だとは思いますけどねん。
 その能力、涙子達にも教えて無かっただなんて、みんなとの壁を作っていたのは、むしろ飾利の方だったのかしら。
 そして、今では春上に依存してしまっているみたいで…。
 春上は、飾利が全力で護ってあげなきゃいけない程には、弱く無いと思うのですが。

 木山は、相当に焦っているみたいだし、使えるものは使うっていうのも、そこまでしなくちゃいけない理由は有るです。
 実は、それも全て木原の計算のうちだったりしたなら、かなり嫌な感じなのです。
 レールガンに出来ること、レールガンにしか出来無いこと、美琴にはそれを見付けて欲しいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010.02.27

■とある科学の超電磁砲 第21話「声」

 飾利は、ルームメイトの衿衣のことをとても大切に思っているから、黒子が衿衣を疑っていると知って、それが許せなかったみたいなのです。
 ちょっと過剰過ぎる位のリアクションでしたもん。
 実は、衿衣+飾利が、今回のポルターガイストの原因なのかと思ってしまいますよお。
 なんて、ポルターガイストはそれ以前から発生していたわけなのですが。

 AIM拡散力場から、レベルアッパー事件のことを連想した美琴は、流石だよ。
 さすがに、木山が絡んでいるってことは無い…?。
 あ、でも、衿衣はチャイルドエラーで、かつ間接的に木山とも繋がっているし。
 美琴が予告で言っていたのは、木山先生その人なのでしょうか。
 状況的には、いかにも怪しいのです。

 ポルターガイストを調査しているテレスティーナは、そんなにガツガツしていなくって、衿衣への対応にも余裕が感じられたりするのですけど、そんなに悠長なことでいいのかにゃ。
 所長さん自らが出て来てるってことは、それなりの状況に有るってことなのでしょうし。
 実はもう、原因の把握は出来ていたりするのでしょうか。
 手回しが良過ぎますものね。

 ともあれ、飾利と衿衣の、友達を大切に思う気持ちは、大切にしてあげたいです。
 病室に居た光子だって、美琴と黒子を見付けたときに、きっとそんな気持ちだったのでしょうし(^^;。
 そこにレールガンが絡むと、一体どうなるのでしょう。
 あまり酷いことには、ならないといいのですけど…。
 現実に、ポルターガイストでは、多数の負傷者、重症者まで出てしまっているわけですから。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2010.02.13

■とある科学の超電磁砲 第19話「盛夏祭」

 寮祭って、全寮制の学校では、今でもやっているのかな?。
 私も行ってみたいです!。
 飾利みたいに、熱くなっちゃったりとかして。
 常盤台は、さすが招待されないと入れないんですって。
 出迎えのメイドさん、みんな凄く可愛かったですよねー♪。
 わ、何て素晴らしい(^^)。

 そんな中、美琴だけがメイドさんにもお嬢様にも見えなくって、一人だけ浮いてるような気もしたけれど…。
 ドレスでバイオリン弾いてる姿を見たら、そんな失礼な考え、みんな吹っ飛んでしまいましたよお。
 ん、美琴もしっかり、常盤台の生徒だよっ。
 エルダーみたいに、全員から慕われているのです。

 サプライズ(?)のショーって、ゲコ太の着ぐるみでも着るのかと思ったですよ。
 でもでも、そんなこと、他の生徒や黒子が許す筈は無かったのでした。
 黒子はですね、全ての美琴ポイントを押さえていたね。
 流石です!。
 ビュッフェのお手伝いもしないで…。
 ちなみに舞夏は、メイドさん見習いとしては、かなり凄いコだったみたい。
 そっかあ。
 相変わらず、タメ口だけれど(^^;。

 招待された人達も含めて、みんなそれぞれに、お祭りを楽しんでいたみたいで、良かった良かった。
 余計な事件も起こらなかったですし、ね。
 ステッチは、意外だけれど、涙子と美琴の方が得意だったみたい。
 涙子は弟の為に。
 美琴は、元々可愛い趣味なので(笑)。
 ちなみに光子は、ご奉仕モードに切り替わったまま、元には戻らなかったのかしら(^^;。
 インデックスはひたすら食べ続けて、当麻は絶賛記憶喪失中。
 美琴は自分がいっぱいいっぱいだったから、当麻がヘンだったことには気が付かなかったみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (21)

2010.02.06

■とある科学の超電磁砲 第18話「あすなろ園」

 寮監の弱みを握って、仕返しをするつもりだった黒子、寮監の意外な一面に触れたら、すっかりモードが切り替わってしまいました。
 何だかもお、ひたすら喋り続けていたし。
 美琴ラブになったときも、きっとこんな感じだったんだろうな。
 黒子ってそういうコなのですよねー。
 寮監様っていう呼び方は、これからもずっと続くのでしょうか(^^;。

 寮監と大圄をくっ付けちゃおう!作戦、飾利と涙子もすっごい乗り気で。
 そういうの、みんな好きだなあ。
 美琴だけは、そんな3人にずっと圧倒されてて、行動もずっと受け身だったよ。
 まあ、こういう状況だと、美琴はお役に立ちそうも有りません。
 逆に、積極的なお手伝いをするようになったら、男が出来たってことなので、黒子は全力で妨害する必要が有るかと…(笑)。

 ちなみに、美琴の理想は、プロポーズをOKした後、海から花火が上がるっていうシチュエーション。
 それは、かなりきつい条件なのですよー。
 相手の男も大変だあ(^^;。
 まあ、OKしてくれた後なら、しくじってもそんなにダメージは無いかもしれませんけど。
 しっかし、海が見えるレストランとか、夜景の綺麗なレストランとか、プロポーズはレストラン限定なのー?。
 何だか公開処刑みたい(^^;。

 行かず後家だの何だの、黒子から寮監への言葉は、もうやたらと酷かった気がするけれど、寮監も相談相手が欲しかったみたいで、意外と素直に頼って来ましたねん。
 黒子も、ちゃんと作戦を考えてくれていたよ。
 地震まで寮監に味方してくれちゃいました。
 ちなみに、寮監は元々、大圄目当てでボランティアをしていた訳じゃないのですよね…?。
 ちゃあんと子供達の目線で遊んであげてましたし。

 涙子は成績がそんなに良く無いのかなあ。
 飾利もそうなの?。
 それとも、お友達としてお付き合いしていたのかしら。
 美琴は、子供達ともソツ無く遊んでいたけれど、それでも何となく距離感が感じられてしまうのでした。
 ここで、どうしても木山のことを思い出したりもしちゃうみたいですし。
 色々有りましたものねー。

 恋はハッピーエンドのお伽話じゃ無いので、みんながみんな幸せにはなれなくって、黒子はこれからも寮監に怒られ続けるのでした。
 てゆーか、門限はちゃんと守りましょうね…。
 寮内での能力の使用も禁止ですっ!(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2010.01.30

■とある科学の超電磁砲 第17話「夏休みのつづり」

 モノレールの高架下に屋台って、何だか不思議な感じ。
 フツーの電車のガード下とは違いますもの(^^;。
 それでも、屋台のおじさんには、おじさんなりの拘りが有るのかもしれませんね。
 何げに、メニューは凄く豊富だったよ。
 小萌が注文していた品々、聞いていても見ていても、一体何なのか、さっぱり分かりません(笑)。
 小萌ってば、あんなに小さな体なのに、かなりの量を飲み食いするんだなあ。
 一体、何処にエネルギーを使ってるんだか(笑)。

 先生のお仕事も大変だけれど、アンチスキルのお仕事も大変です。
 掛け持ちするのは、かなりきついって思う。
 特に、鉄装みたいなタイプには…。
 モノレール乗るだけでも大騒ぎなのに、どうしてアンチスキルなんてやってるんだろ。
 不思議だなあ。
 でもまあ、ゲームプレイヤーとしてはかなり熱い所が有ったし、本当は黄泉川と似たタイプなのかもしれないよ。
 日々の仕事の中で、疲れてしまっていただけで。
 ドジなのは、元々の仕様かと(^^;。

 本当にお久しぶりなインデックスといい秋沙といい、また人騒がせなことですよねー。
 決して悪気は無いのですけど、みんな、独自の感性を持ってますもん。
 そういう人達のお相手は、当麻にしか出来ません。
 当麻も、仕方無く付き合っていたような感じではありますけど。
 彼に押し付けておくのは、きっと正解だよ(^^;。
 ペンダント(ロケット)を無くしてしまった女の子は…。
 どなた?(^^;。

 鴻野江は一体どんな問題児なのかと思ったけれど、将来の目標をしっかり持った、いいコだったじゃないですかあ。
 ただちょっとだけ、疲れていたか、迷っていたかしたみたい。
 鉄装が背中をおしたような所は、有ったと思うのです。
 そういうのって、いいですよね。
 私も、何気無い日常生活の中での触れ合いは、大切にしたいって思うのでした。
 まあ、あんまり張り切り過ぎず、程々にね(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2010.01.24

■とある科学の超電磁砲 第16話「学園都市」

 ラスト、「くろ×みい」を猫のことだと思っているらしい黒子が可笑しかったです。
 もっと身近な人達のことなのにい(^^;。
 まあ、普通はそこまで気が回りませんよね。
 美偉がそんな可愛いことをしていたなんて、思う筈も有りませんし。

 今回明らかになったのは、殿方が嫌らしくないように胸のことを話題にするコツ、かな。
 いやいやいや。
 それって、誰にでも出来ることじゃ有りませんよね。
 別にどーでもいいのですけど(^^;。
 美偉の胸は、むさしの牛乳の成果なんですかあ…。
 黒子が早速飲んでいたけれど、ブリックじゃなく、リッターで飲まないと駄目なのかもしれませんよお?。

 居場所が無い人達の気持ち、さすが涙子は分かっていたです。
 自分の体験が元になっているだけに、涙子の言葉には重みが有って。
 涙子だって、ビッグスパイダーが自分の居場所になったのかもしれないですもん。
 自分が自分らしく居られる場所、かあ…。

 美琴は、なかなかそういうのは認めてくれないみたい。
 確かに、今の美偉はジャッジメントなわけで。
 美偉のこと、実は結構、憧れの先輩って思っていたのですねー。
 ん、確かに美偉は大人だもん。
 美琴とは全然違うのです。
 だから、いつもそういう美偉で居て欲しいって、そう思うのかもしれないね。
 強い美偉で居る為には、何かの支えが必要では有ります。

 蛇谷も、かつては普通の人だったみたいなのにな。
 蛇谷にとっては、ビッグスパイダーよりも、むしろ黒妻が必要だったみたい。
 既にもう、手遅れでしたけど…。
 美偉のことを、今でもさん付けで呼んだりする辺りに、昔の面影が有りました。
 最後には、改心してくれるのかとも思ったのにな。
 やっぱりもう、手遅れだったです。

 ラスト近くでは、今更のように、美琴が常盤台のレールガンって呼ばれてましたあ(^^;。
 ビッグスパイダーに機材を提供していたのは、一体何処の組織なのやら。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2010.01.16

■とある科学の超電磁砲 第15話「スキルアウト」

 能力者と無能力者って、なかなか分かり合えないものなのですね。
 いざこざばかり発生しているもん。
 実際、能力者が持っている優越感と、無能力者が持っている劣等感は、確実に存在するわけで…。
 襲われた能力者も、最初は自分の力とレベルを誇示するような言動だったっけ。
 分かり合うのは難しいかなって。
 なら、学園都市に能力者を隔離してしまえ、みたいなことになったりもしそうだなあ。
 異能っていうのは、そういう対象になり得るです。

 無能力者の方も、それなりの対抗手段は必要ですよね。
 私だって、もしそれが有るなら、欲しいって思うもん。
 能力者狩りはやり過ぎとしても、いざというときの為に、あの「高い音発生装置」はいいかも、みたいな。
 持ち運び出来る、軽量使い捨てタイプのものを、是非開発して下さい。
 あるいは、能力者の力は能力者にしか利かないように、全員が上条当麻もどきになれれば…(^^;。

 美琴は、能力者を特別とは思っていないし、限界だって有ることを分かっているのですけどねー。
 今回は、ちょっとヤバかったじゃないですかあ(^^;。
 無鉄砲だし、こういう事件に関わるの、大好きなんだから…。

 ちなみに、今回の主役は、美偉なので(^^)。
 家族のこととか、過去のこととか、色々と明らかになったりしそうだよ。
 美偉は大人っぽいですもの。
 お子様な美琴に、果たしてついて行けるのでしょうか(笑)。

 黒妻(本物)はですね、何だか強過ぎみたい。
 何だか独自の世界を持ってますし。
 既に死んだことにされていたみたいですが、一体どんな事件が有ったのやら。
 ぺったんこな胸の女の子のことと、黒妻がいつも飲んでいるむさしの牛乳、その関係からも目が離せませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (31)

2010.01.09

■とある科学の超電磁砲 第14話「特別講習」

 能力開発は、パーソナルリアリティを確立することで、自分の限界を超えること。
 だから、今回の講習は罰じゃ無くって、経験を活かす為のものなんだそうです。
 確かに、罰ならもう受けてますものねー。
 昏睡状態のみならず、精神的にも、色々と。

 高いレベルの人達も、パーソナルリアリティがどういうものなのか、あんまり具体的には分かっていないみたいで、そういう感覚を理解するのって、なかなか大変そう…。
 レベルアッパーを使って、一時的にでも自分の限界を超えた感覚っていうのは、忘れないようにしなくっちゃ。
 つまり、その為の講習だったですかあ。
 小萌先生、そういうことは、一番最初に言ってあげて下さいね(^^;。
 誰だって勘違いしますよお。

 能力者にとって大切なのは、やっぱり意思の強さなのかしら。
 レベルアップは大変そうだけれど、省帆は何とかなりそうな気がして来ました。
 古風にも、葉書で涙子と文通していたですかあ。
 涙子は義理堅いとゆーか(^^;。
 それでも、省帆の存在は、涙子にとってもプラスになりそうで。
 自分らしい何かを、涙子も見付けられたらいいですね。
 涙子って、時々暗いのですもん。
 まあ、家族の応援とかが、逆に重かったりもするわけなのですが…。

 今回のお話を見ていて、先生するのも大変だなあ、なんて思ったりもしました。
 しっかり生徒のことを考えて、能力を延ばそうとするのって、なかなか出来ることじゃあ有りませんもん。
 かつ、教える生徒よりも、常に上のポジションに居なくちゃいけないっていう…。
 今回、ちびっこな小萌先生に対して、誰からもツッコミは入りませんでした。
期待してたのにな(^^;。

 美琴にとってのパーソナルリアリティは、ゲコ太だったりするのかにゃ。
 ゲコ太は、確実に美琴の支えになっているとゆーか、精神を蝕んでいるとゆーか(笑)。
 必死に隠そうとするのが、可愛いの。
 表情でバレバレなのにねっ。

| | コメント (0) | トラックバック (7)

2009.12.26

■とある科学の超電磁砲 第13話「ビキニは目線が上下に分かれますけどワンピースは身体のラインが出ますから細い方しか似合わないんですよ」

 光子のカレーがちゃあんと完成したこと、そして、美琴が可愛い水着を着れたこと、この二つには安心しましたです(^^)。
 後者は、かなり微妙では有りますけど…。

 光子は野菜を沢山無駄にしちゃって、あのままじゃ取り返しの付かないことになりそうだったもん。
 本当のことを話して、美偉に教えてくれるよう頼んだのは、偉かったよ。
 水泳部のお二人が、これまたお料理初めてだったし、何処まで行くのか凄く心配でした。
 美琴と黒子を見ていると忘れそうになるけれど、常盤台って、お嬢様学校なのですよねー。
 料理を知らなくっても無理は無いです。

 その美琴は、IHで飯盒のご飯を炊いちゃいます(^^)。
 って、こら。
 また、なんて家庭的なレベル5なのでしょう。
 そういう使い方も出来るのですねー。
 美味しくふっくらご飯を炊くイメージって、かなり難しそうだったけれど。

 飾利と涙子は、カレーを作るにも、野菜の切り方に一家言有ったりします。
 どっちも譲りません(笑)。
 確かに、カレーって、家庭毎にそれぞれ特徴が有りますものね。
 単純だけれど、奥が深いのだ。
 私はですね、飾利の方を推したいかな(^^)。

 そして、美琴が選んだ水着。
 飾利と涙子には、美琴の趣味、もうばれちゃってるのですねえ。
 可愛いって言われても、そう簡単には着てみるって言わない、なかなか手間のかかる美琴だったり。
 美偉に子供っぽいって言われたら、途端に着るのを止めちゃいました。
 別に馬鹿にされた訳でも無いのに、弱気な美琴なのですよー。

 それでも、あの水着への思いは、止められなかったみたいなのです。
 美琴、とっても楽しそうでした。
 あのPV(?)のおかげで、水着が凄く売れたりとか、美琴が大人気になったりとか、そういう後日談は全く描かれませんけど。
 てゆーか…。
 私としては、何か見てはいけないものを覗き見してしまったというか、そんなイケナイ気持ちになってしまったりして。
 ごめんなさい。
 と、美琴に謝りたくなってしまうのは何故なのでしょう(^^;。
 偶然通りかかった当麻はですね、特別な感想は無かったみたいですけど…。
 美琴、色々とお気の毒なのです。

 そうそう、撮影に使っていたあのスタジオは、何げに凄いテクノロジーでした。
 有る意味無駄な所に技術を使っているのが、学園都市らしくって、私は好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (5)

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~