カテゴリー「そらのおとしもの」の13件の記事

2009.12.29

■そらのおとしもの 第13話「空の女王(オトシモノ)」

 「分かってたさ」。
 「だからどーした」。
 智樹ってば、あっさり言ってくれちゃって。
 でもそれって、凄く凄く、格好良くって。
 何より、優しいのです。
 一度は生き物全てを滅ぼしちゃった(?)智樹なのですが、素になれば、シンプルで力強い優しさに溢れたマスターだったよ。
 夢の中に出て来た女の子も、ようやく一安心って所でしょうか。
 なにより、イカロスもニンフも、凄く幸せそうだったもん。

 ちょっと誤解していた所も有るのですが、ニンフにとって、マスターが喜んでくれるっていうのは、やっぱり嬉しいことなのですね。
 例え、あんなマスターで有っても。
 その忠誠心が、先天的なものなのか、後天的なものなのかはともかく…。
 それを全て分かった上で、暇潰しに利用しちゃおうだなんて、酷いのです。
 私だって、一発殴ってやりたくなりましたよお。

 シナプスのマスターの筋書きでは、ニンフは何も知らされないまま帰還する筈だったと思うのに、その方針は変わったのか、ハーピーが事情をみんな喋ってしまいました…。
 そんな中でも、イカロスと智樹の為に泣いてくれた、健気なニンフなのです。
 もお、そんなニンフに、すっかり情が移ってしまって。
 鎖を断ち切って貰えて、良かった良かった。
 羽根は無くなってしまったけれど、いずれ何か影響が出て来るのでしょうか…。

 ニンフの鎖、みんなで頑張って切断したよ。
 あれって、切ろうと思えば、切れるのですねー。
 物理的な行為、ってこと以外にも、何か作用が有ったのかしら。
 ちょっと不思議なのは、シナプスからの干渉が全く無かったことで…。
 人間への直接攻撃は出来ないのかなあ。
 それでも、起爆コードを送って来なかった理由が、ちょっとだけ気になりますね。
 結果的には、良かったとは思いますけど。

 イカロスは、やっとやっと、自分が兵器で有ることを智樹に告げることが出来ました。
 ウソを付いていたこと、イカロスはずっと気にしてましたもの。
 自分が兵器として行動するなら、もう智樹の側には居られないって、思い込んでもいたみたいで。
 だから、嫌われる前に、自分からお別れをして。
 でもそれって、自分一人で決め付けちゃいけないことだったみたいなのです。
 ちゃんとお話するべきだったみたい。
 まあ、普段の智樹の言動は分かりにくかったと思いますし、これは仕方無いですね。

 部屋を出て行く前の、イカロスとそはらの会話は、ささやかだけれど、何だかじーんととしてしまいましたよお。
 イカロスの仕種も、凄く雰囲気出ていて。
 そして、智樹の前から飛び立ったイカロスの、上着がはらはらと落ちて来たのも印象的で。
 あれ、ちゃあんと回収したのかしら。
 なんて、どーでもいいことが気になったりして(^^;。

 あんなに優しいイカロスが兵器っていうのも、不思議だなあ。
 イカロスのあの性格は、ずっと昔からああなのですよね。
 そう考えると、本当、凄く不思議な感じがするよ。
 ちなみに、ウラヌスシステムを発動したら、ハーピーは一瞬で負けちゃうのかと思いつつ、要撃用エンジェロイドは、そう簡単には倒せないみたいでした。

 そんな感じの最終回、智樹の落ち着きと懐の深さで、イカロスもニンフも、しっかり救われて良かったです。
 勿論、英四郎や美香子のアシストも最強でした。
 そはらも、きっと何かのお役には立っている…、筈です、多分(^^;。
 そして。
 この続き、智樹達がどんな生活を送るのかが、気になって仕方無い私なのです(^^)。

2009.12.21

■そらのおとしもの 第12話「逃るること叶わぬ螺旋回廊(クサリ)」

 智樹の近くに居るようになってから、ニンフの雰囲気、凄く柔らかくなったと思いますよー。
 笑っていたり、嬉しそうだったりもしますし。
 それでもイカロスは、ニンフの笑った顔を見たことが無いって言いました。
 マスターからあんな仕打ちを受けているニンフ、ふと見せる寂しそうな表情が、私は気の毒で仕方有りません…。
 いつどうなってしまうか分からない、その危うさが切なくって。
 EDも、もうすっごく印象的だったです。

 結局、ニンフには時限式の爆弾が仕込まれていて。
 本人もそれは分かっていたのかあ。
 一人でひっそりと、誰にも見付からずに、消えてしまうつもりみたい…。
 あんなマスターの所に帰らなくて済むなら、それも有りなのかな、なんて私は思ったりもします。
 ニンフがえげつない仕打ちを受ける所なんて、もう見たくありませんもん。
 でも、あのマスターは、ただ消えることすら許してくれなさそうで。
 私まで、動力炉が痛くなってしまいますよお…。

 イカロスはですね、どうやったら笑えるのか、ずっと悩んでいます。
 手を繋ぐだけでも大変だったのに、笑うのは更に大変そお。
 てゆーか、無理なんじゃ…。
 仕種を真似する素振りだって有りませんでしたし(^^;。
 そもそも、手を繋ぐのだって、自分からは出来てませんもの。
 マスターとのコミュニケーションにおいて、まだ何か制限がかかっているのかなあ。

 ニンフも、どうすればイカロスを笑わせられるのか、やっぱり分からないみたいなのです。
 接着剤は、そこそこいいアイデアだったかも。
 表情を固定してしまえば、イカロスの笑顔が見れるよっ。
 ニヤリ、みたいな。
 …それって、真に笑ってるわけじゃ有りませんよねえ。
 表情を取り繕うってことじゃ無いのですし。
 にしても、笑顔全開のイカロスは、凄い破壊力なのでした(笑)。
 さすがの智樹も、反応してましたもん。
 智樹にとって、羽根が有るっていうのは、結構重要らしいのが可笑しかったです。

 キーはやっぱり、智樹ってことで。
 笑わせることが出来るのも、泣かせていいのも、マスターだけ。
 それがエスカレートした形が、ニンフのマスターなのでしょう…。
 単なる退屈しのぎになっちゃって。
 智樹には、家族として、一緒に生活しようっていう意識がちゃあんと有ります。
 そもそも、どっちが上でどっちが下かなんて、そういう考えは全く有りませんものね。

 そして、マスターの為には、過剰な行動をしてしまうイカロスさん。
 もっと智樹とお話して、本人の意思を確認した方がいいって思うな。
 良かれと思ったら、もお一気に行っちゃいますもん。
 あれは怖いです(^^;。
 完全に、智樹の管轄下から離れてしまっているよ。

 どーでもいいのですが、イカロスが持っていたデートの情報誌、北九州版でしたねん。
 パトカーは福岡県警だったよ。
 そこって、私が今から向かう目的地じゃ無いですかあ。
 現地に行けば、イカロスとニンフに会えるかもっ(^^)。

2009.12.14

■そらのおとしもの 第11話「いざ征かん!我が銭湯領域(パラダイス)」

 OPに出て来る謎の女の子って、智樹だったですかあ(^^;。
 普通に可愛いですし、全然分かりませんでした。
 それより何より、夢をしっかり実現させてしまう智樹は、何げに凄いと思ったりします。
 その為には、何でもやっちゃうよ。
 EDを見るに、英四郎と二人で、血の滲むような特訓をしたのですねー。
 新大陸って単語を聞いただけで、途端に協力的になってしまう英四郎も、どうかとは思いますけど…。
 美香子からは、EDでしっかり制裁を受けていたっけ。
 覗きはいけないでしょー(^^;。

 智樹ってば、広いお風呂は、美香子の家で懲りたのでは無かったのでしょうか。
 色々と大変なメに遭ったのにい。
 ぱんつはさすがに見慣れてるって、何か余裕が有りました(笑)。
 ニンフの下着姿とか、結構新鮮でしたあ。
 普段は、ずっと同じ服装なんですもん。
 今までは、下着とかつけて無かったのかしらん。
 智樹が嬉しいならって、凄くいじらしいニンフだったよ。

 トモ子は、モテ子を目指して頑張ります!。
 やるならとことんやらなくっちゃね。
 私もあれはやり過ぎかと思ったけれど、クラスメイトからは、男女それぞれに受け入れられていたみたい。
 参考になります(笑)。
 そして、更衣室と銭湯の執拗な描写には、見ていてびっくりしちゃう位なのでした。

 そしてそして。
 イカロスは、智樹に嘘を付くことに、隠し事をし続けることに、すっごい罪悪感を感じていて…。
 それを智樹に伝えたら嫌われてしまう、っていう怖さの中で、葛藤していたのですねー。
 ニンフとの会話の中で、イカロスの気持ちは、しっかり伝わって来ました。

 ニンフも優しかったですね。
 しっかりアドバイスしてあげてたもん。
 自分の境遇を、殊更に嘆いたりはせずに。
 羨ましがってはいたけれど、それはどうしようもないことって、理解しているみたいな感じで。
 にしても、ニンフのマスターは、とことん嫌らしいヤツなのです。
 事情を全て知ったら、智樹は激怒するでしょー。
 とりあえず、一発殴ってやって欲しいと思う。
 智樹に、それをするだけの機会と能力が有ったらいいな。

2009.12.07

■そらのおとしもの 第10話「天使の旋律(ことば)の向かう先」

 智樹と手を繋ぎたくって、もじもじしていたイカロスが可愛いよ。
 どうすれば手を繋いで貰えるのか、本当に分からなかったみたい。
 自分から、して欲しいことを言ったりとか、そういう発想は全く無いイカロスなのです。
 そんなこと、智樹は全く気が付きませんし。
 イカロスのこと、もう少しだけ気を付けて見てあげなくっちゃ。
 無理かあ。
 イカロスって、何を考えているのか、分かりにくいですものね。
 今は以前と違うってことも、智樹はまだ気付いていません。

 ニンフは、もう痛々しくって、見ていられませんでした…。
 さすがにあれは、あんまりだもん。
 首の鎖は、あんなマスターと繋がっているのですかあ。
 マスターには、絶対に歯向かえないようになっているのかなあ。
 何をされても絶対服従、笑顔で居なくちゃいけないの?。

 空の上では不幸なニンフも、智樹達と一緒に居る間は、結構楽しそうなのです。
 そんな姿を見ていると、何だか切なくなって来ますよお。
 と、ニンフにすっかり感情移入してしまったりして。

 なんてことはともかく、文化祭、ですね!。
 公立と私立であんなに仲が悪いのに、合同文化祭だなんて、成立するものなのでしょうか(^^;。
 会長も、さすがに本気モードに突入したよ。
 あれだけ侮辱されたら、そりゃあ怒りますよね。
 傷付けられたプライドは、実力でねじ伏せないと取り戻せません。

 てゆーか、最初は本当にコミックバンドなのかなあって、冷や冷やものでした。
 智樹の本気は、一体どーいう方向へ進むのか、蓋を開けてみないと分からないんですもん(^^;。
 今回は、正しい方向へと向かっていたみたい。
 前座でおちゃらけることも忘れませんでしたけどね。
 あれは、確かに引き立て役にはなっていたかも。

 マイクを持ったイカロスは、タンバリン叩いていたときとは全く別人で。
 どっちも反則とゆーか(^^;。
 羽根も思いっ切り広げちゃいます!。
 あの姿と歌声には、圧倒されちゃう位の破壊力が有りました。
 いいないいな、あれ。
 みんなも、頑張りましたよね。
 そんな姿は、感動的でしたよお。

 そして、イカロスも、ちゃあんと智樹に手を繋いで貰えたね。
 出来れば、帰り道とかで、何気無く手を繋いであげて欲しかったけれど。
 智樹の優しさに触れると、イカロスは殊更に自分が兵器だってことを、意識してしまうみたいなのです。
 そういうのって、寂しいね。
 智樹なら、そんな悩みの相談にも乗ってくれると思うのに。
 やっぱり何も言い出せないイカロスなのでした。

 あ、そはらはですね、イカロスとニンフに囲まれて、最近ちょっと分が悪いってゆうか。
 本当に、ただの乱暴者になってしまいそう(^^;。
 頑張っていたのはスク水メイド喫茶だけって、何ですかそれは(笑)。

2009.11.30

■そらのおとしもの 第9話「嘘から始まる妄想劇場(ストーリー)」

 今まで、何を考えているのかさっぱり分からなかったイカロスなのですが、とりあえず、考えていることは分かるようになりました。
 気持ちを、ちゃあんと口に出して言うようになりましたものね。
 それって、結構大きな変化なのです。
 まだ、誰も気付いてないみたいですけど…。

 実際、行動自体は変わってませんし。
 ヘンなこけしを好んだりするのにも、何か理由が有るのかなあ。
 マトリョーシカをいじっていたのは、単なる暇潰し…?(^^;。
 感情を殆ど表に出さないのも、一緒だよ。
 その点、マスターには恵まれていないようなニンフの方が、良く笑ってたりするもん。

 ニンフのマスターがあんなのじゃ、気の毒になってしまいます。
 それでも、マスターを喜ばせることが、エンジェロイドの喜びみたいなので…。
 逆らえません。
 智樹にもいきなり危害が及びそうだったけれど、それは智樹自身が、実力で回避しちゃいました。
 偶然とは言え、何げに凄いと思ったりして(^^)。

 ニンフも何故か、智樹の言動には興味が有ったりするみたい。
 そういうのって、本人の性格なのでしょうか(^^;。
 それに、褒められたり、感謝されたりするのは、やっぱり嬉しいことみたいだもん。
 そこは、見ていて嬉しいポイントだったりするよ。
 照れ照れなニンフは、なかなか可愛かったりしました(^^)。

 イカロスはですね、人間らしく振る舞う為に、ウソをついて回ります。
 あれ、結構な破壊力が有りますよお。
 智樹もそはらも、ジュースを自棄飲みして、クダ巻いてたもん(笑)。
 当然、美香子のレベルには達していませんでしたけど、やっぱ困りますよねえ。
 冷静な英四郎のおかげで、ちゃあんと誤解は解けて、良かった良かった。
 ちょっと太ってるらしいそはらだけは、微妙な感じだったけれど…。

 智樹のお店のお手伝いは、何故かニンフがしてくれました。
 お役に立ちます。
 エンジェロイドは機能別に特化しているのかと思ったら、イカロスもお弁当とかちゃんと作れるのですねー。
 意外です。
 モテジャミングも、あれは凄く便利そう。

 智樹が平和好きで、誰かが居なくなってしまうことを嫌がる理由も、ここでまた語られたです。
 それとは別に、子供の頃からの冒険好きも有って、今の智樹が居るわけなのです。
 今はヘンな冒険をし過ぎだよー。
 あんなタワーを作ったりして…(^^;。

 イカロスってば、いきなり智樹にキスしちゃいましたねん。
 あそこは、きゅっと抱き付くのかと思ったけれど…。
 キスなのでした。
 あんな光景、そはらやニンフには見せられませんよお。
 色々な意味で、羨ましがられちゃうと思いますもん(^^;。

 んで、あのおっぱいDVDを、しっかり確保していた智樹。
 流石です!(^^;。
 イカロスとニンフ、普通に見ていたのが可笑しかったなあ。

2009.11.28

■そらのおとしもの 第8話「血斗(マツリ)は誰がために」

 ニンフってば、悪役が似合い過ぎですっ(^^;。
 イカロスを追い込んでの高笑いとか…。
 あの性格って、マスターの趣味だったりするですか…?。
 イカロスは、プロテクトが全て解除されて、自己修復が完了しても、やっぱり智樹の所へ帰りたいって思ってくれてたみたい。
 良かったね。
 その気持ちが有り続けるなら、愛玩用エンジェロイドでいいって思いますよお。

 智樹の所に戻って来たイカロスは、元のまんまのイカロスだったもの。
 良かった良かった。
 銃弾を受けて倒れたから心配したけれど、名前を呼ばれたらすぐに起き上がるし。
 相変わらず、トボけたイカロスなのです。
 おでこに絆創膏貼って貰ってる破壊兵器なんて、この世には存在しませんからねっ(^^)。
 これからも、そうで有って欲しいなあ。

 ちなみに今回、そはらと美香子も悪役だったとゆーか。
 美香子はいつも悪役みたいなのですけど(^^;。
 大金が絡むと、みんなああなっちゃうのかしら。
 そはらの手から銃を取り上げた英四郎の仕種が、何か妙にリアルだったなあ…。

 イカロスには、やっぱり何か変化が出て来るのかしら。
 …家事をしてくれるようになるとかっ。
 おい。
 ニンフはもう、完全に敵になってしまうのでしょうか。

2009.11.20

■そらのおとしもの 第7話「電脳少女(トキメキ)の転校生」

 イカロスはですね、智樹の家で、そはらと一緒になって、少しずつ感情表現や色々なことを覚えて行って欲しいなあって思うのですけど…。
 それは許されないみたいなのです。
 ニンフが何か始めちゃいましたもん。
 まあ、智樹とイカロスが一緒に居ても、正しい方向には進みそうに有りませんから…。
 例え正しくなくたって、イカロスはイカロスなのですけどねー。
 智樹なら、それをちゃんと分かってくれるのにな。

 そんなイカロスも、学校には行きたかったみたい。
 ニンフと二人、あっさり一緒に来ちゃいました。
 みんなからも、しっかり受け入れられていたよ。
 先輩として頑張ろうとしていたそはらは、全く全然お役に立っていなかったのが、お気の毒としか…。
 家庭科も、全く駄目じゃ無いですかあ(^^;。
 それなのにやる気だけは有って、智樹が苦労するのも当然かなあ、なんて。

 ニンフには意外としっかりとした任務が有るみたいで、イカロスは一体どうなってしまうのでしょうね。
 イカロスのマスターが智樹で有り続けるのなら、そんな酷いことにはならないって思うのですけど。
 ぱんつとかは、ともかくとして…。

2009.11.09

■そらのおとしもの 第6話「水着軍団(ナミギワ)GO!GO!GO!」

 天使って、増えたりするですかあ。
 朝からスナック食べてるし。
 …いきなり布団に潜り込んでたりしないだけ、上出来かなあ(^^;。
 イカロスも、知ってか知らずか、全然無関心なんだもん。
 智樹に具体的な危害が及ばないと、普通にしているみたい。
 えと、イカロスの普通って…?(^^;。
 羽根が水分吸うと重いとか、妙に設定が細かいし。
 天ぷら食べると、軋みが解消したりもします。

 ニンフは、実際何をしに来たのでしょう。
 イカロスも、ニンフとは全く会話を交わして無いです。
 ニンフの鎖は、一体何処へ繋がっているの…?。
 とりあえず、人間はみんな虫呼ばわりするみたい。
 友好的じゃ無いのです。
 食べ物くれた相手には、懐いてくれたりするのかなあ。

 そはらはですね、智樹と二人っ切りで海に行きたかったんだって。
 可愛いの。
 前回、死ぬ程に二人っ切りで海だったのに…。
 まだ足りないですか(^^;。

 それでも、そはらはもう一人で何でも出来ちゃうから、智樹の心配はみんなイカロスに向けられてしまって。
 そはら、寂しそうなのでした。
 智樹って、そういう所には、あんまり気付いてくれませんものね。
 認識が殺人チョップ使いの幼馴染み、だったりするから、仕方無いのですけど。
 今回は、そはらがワガママ言って、1泊することに決まったよ。
 智樹との思い出が、みんなイカロスに上書きされてしまったら、たまりませんものねー。

 英四郎は、真実に近付けるのでしょうか。
 そっち方面の分析は、この人に任せてしまいましょう。
 頼りにしてますよお。
 決定的な瞬間は、全て見逃さないのが、流石です。
 提供クレジットの画面では、電車のデータを無駄無く使っていたっけ。
 車内はともかく、外観は格好良かったですよん(^^)。
 ボディが黄色いから、あれはキハ125型だあ!(笑)。
 …パンタ付いてるってば。

 にしても、EDとか、懐かし過ぎなのです。
 曲自体は、今でも全く違和感無かったよ。
 何か妙に可愛かったなあ(^^;。

2009.11.02

■そらのおとしもの 第5話「任侠(セレブ)と初夜(アツイヨル)」

 いよいよ、イカロスの秘密が明らかに!。
 …なりそうな感じもしたけれど、そこは案外あっさりとスルーされて、いつも通りの、マスターに従順なイカロスなのでした。
 あの場合、イカロスのことは、放っておいて良かったのかしら。
 あんまり刺激しない方がいいっていう、そういう判断なのかなあ。
 要、経過観察、みたいな感じ。

 美香子は、何か事情を知ってたりしそうですけど。
 英四郎も、影響力はちゃんと有って、しかも常識的な判断をする人なのでした。
 クマさんやヘビさんとの共存は、かなり無理が有ると思いますけど…。

 智樹の家は、前回のぱんつ爆弾で全壊したまんま。
 フツー、ギャグアニメだと、翌週には何事も無かったかのように、元通りになってる筈なのに(^^;。
 そういった意味では、そらのおとしものって、ギャグアニメでは無いのですねん。

 ちなみに、そはらから信用の無い智樹は、そはらの家に泊めて貰うことも出来ません。
 あ、でも、部屋に入っちゃ駄目とは言われて無かったですよね。
 部屋の中の下着を漁るのは駄目ってだけで。
 智樹も、前回あんな目に遭ったのに、まだ下着とか漁るですかあ。
 ある意味、凄いです。

 無人島で、そはらと二人、仲良く暮らしていた智樹の姿は、確かに幼馴染みっぽかったよ。
 子供の頃は、あんな感じで遊んでいたんでしょお?。
 今でもあんまり変わってはいないけれど、愛とか恋とか、そういう方面には、なかなか向かいませんものね。
 それに、素直じゃないから。
 今回のこと、いいきっかけになったかも。

 でも…。
 決定的な告白映像を録画されてて、しかもそれをお昼の校内放送で公開されちゃうとか、一体どんな罰ゲームなんですか!(^^;。
 あれは、酷い。
 酷過ぎるー。
 これじゃあ、智樹とそはら、二度と近付けなくなっちゃうのではないかと…。
 普通の幼馴染みだったら、確実に未来永劫なお別れコースなのです。
 あそこまでやりますかあ(^^;。

 二人、この試練を乗り越えて行けるのかしら。
 って、そういうお話じゃ無いのかなあ。
 何げに、途中から、イカロスの出番が無くなっちゃってましたし(^^;。

 そして、本当はとても強かったヤシガニさん。
 むー(^^;。
 EDは、作ってるスタッフの方々が、きっとそういう世代なのでしょうね(笑)。

2009.10.26

■そらのおとしもの 第4話「愛と三角地帯(トライアングル)ふたたび」

 今では私も、大空を翔て行くぱんつを見たって、全く不思議に思わなくなっちゃいました。
 慣れって怖い。
 いえ、そーいう問題じゃ無いのですけど(^^;。
 この作品も、ある意味凄いのです。

 前々回のぱんつ達、智樹の所へ還って来ました。
 どうせ還るなら、本来の持ち主の所へ行け!、なんて思うのですけど…。
 ぱんつの気持ちなんて、私には分かりません。
 そはらは、自分のわんこぱんつすら、容赦無く殺人チョップで破壊していたり。
 折角戻って来たのにい(^^;。

 智樹がぱんつを見たら、そのぱんつが爆発するとか、そはらの発想も凄いのです。
 自宅内に限定したのは、いい判断だったと思いますけど…。
 そはら自身のぱんつも、爆発しちゃいました。
 しかも、2回。
 あれで平気なそはらは凄い。
 だって、まさに穿いてるぱんつが爆発するんですよー!?(^^;。
 スカートも原型を留めていたし、見た目程には、激しい爆発じゃないのかなあ。
 そんなことは、別にどーでもいっか(笑)。

 智樹のおじーちゃんは、結構な修羅場を潜って来た人みたい。
 命と引き換えにした言葉には、重みが有ります。
 一体、何をやらかしたのやら…。

 そはらはですね、智樹のおかげで、幼い頃から寂しい思いをしなくて済んだんですって。
 今でも、そのことをしっかり覚えています(^^)。
 智樹の優しさを知っているから、色々と世話を焼いたりするの。
 智樹の方は、口うるさい殺人チョップ女、みたいな認識だけみたい。
 有る意味、正しい幼馴染み関係って言えるかもっ。

 今回のイカロスは、特に何もしませんでした。
 おとなしく、智樹やそはらの言う通りにしていたよ。
 まあ、いつもそうなんですけどねー。

その他のカテゴリー

11eyes 30歳の保健体育 AIR AYAKASHI BLEACH~ブリーチ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ B型H系 C3 -シーキューブ- Canvas2 ~虹色のスケッチ~ CHAOS;HEAD D.C.II ~ダ・カーポII~ D.C.III~ダ・カーポIII~ D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン DOG DAYS ef - a tale of memories. Fate/stay night FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 GA 芸術科アートデザインクラス Gift ~ギフト~ eternal rainbow GIRLSブラボー first season GIRLSブラボー second season GO!GO!575 GOSICK -ゴシック- H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ IS <インフィニット・ストラトス> IZUMO-猛き剣の閃記- JINKI:EXTEND Kanon LEMON ANGEL PROJECT Mission-E Myself;Yourself Phantom~Requiem for the Phantom~ R-15 REC RIDEBACK -ライドバック- Rio RainbowGate! Saint October School Days SHUFFLE! SHUFFLE! MEMORIES sola Soul Link Steins;Gate To Heart~Remember my memories~ To LOVEる -とらぶる- ToHeart2 true tears UG☆アルティメットガール Wind -a breath of heart- WORKING!! WORKING'!! Φなる・あぷろーち あかね色に染まる坂 あそびにいくヨ! あっちこっち あにゃまる探偵 キルミンずぅ あの夏で待ってる あまえないでよっ!! いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いぬかみっ! うた∽かた うたわれるもの うぽって!! うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ えびてん -公立海老栖川高校天悶部- えむえむっ! おおかみかくし おくさまは女子高生 おとぎ銃士赤ずきん おとめ妖怪 ざくろ おねがいマイメロディー おまもりひまり お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ かのこん かみちゃまかりん かみちゅ! かんなぎ きらめき☆プロジェクト きらりん☆レボリューション けいおん! けいおん!! けんぷファー げんしけん こいこい7 こどものじかん この中に1人、妹がいる! この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ こみっくパーティー Revolution これが私の御主人様 これはゾンビですか? これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド ご愁傷さま二ノ宮くん さくら荘のペットな彼女 ささめきこと さんかれあ さんふらわあふらの しゅごキャラ! じょしらく そふてにっ そらのおとしもの そらのおとしものf たまこまーけっと だから僕は、Hができない。 ちとせげっちゅ!! ちび☆デビ! つよきす Cool×Sweet てーきゅう とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 とある魔術の禁書目録II ときめきメモリアル Only Love となりの関くん となグラ! とらドラ! ながされて藍蘭島 ななついろ★ドロップス にゃんこい! ぬらりひょんの孫 はぐれ勇者の鬼畜美学 はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ はなまる幼稚園 はぴねす! ひぐらしのなく頃に ひだまりスケッチ ひだまりスケッチ×365 ひだまりスケッチ×SP ひだまりスケッチ×☆☆☆ ひだまりスケッチ×ハニカム ひとひら ひまわりっ! びんちょうタン ぽてまよ まおゆう魔王勇者 まかでみ・WAっしょい! ましろ色シンフォニー -The color of lovers- まじかるカナン まほらば~Heartful days~ まほろまてぃっく特別編 まもって!ロリポップ まよチキ! まりあ†ほりっく まりあ†ほりっく あらいぶ みなみけ おかえり もえたん もっけ もっとTo LOVEる -とらぶる- ゆるゆり ゆるゆり♪♪ よくわかる現代魔法 よみがえる空 -RESCUE WINGS- らき☆すた らぶドル ~Lovely Idol~ わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ アイドルマスター アイドルマスター XENOGLOSSIA アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル アキカン! アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アズサ、お手伝いします! アニマル横町 アニメ・コミック アマガミSS アマガミSS+ plus アリソンとリリア ウェブログ・ココログ関連 エルフェンリート エレメンタル ジェレイド オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ キディ・ガーランド キミキス pure rouge クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! グレネーダー~ほほえみの閃士~ ケメコデラックス! ココロコネクト シゴフミ シュガシュガルーン スカイガールズ スクールランブル ストライクウィッチーズ セキレイ ゼロの使い魔 ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ ゼロの使い魔F ソードアート・オンライン タクティカルロア タユタマ -Kiss on my Deity- ティアーズ・トゥ・ティアラ ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ ドージンワーク ナイトウィザード The ANIMATION ニニンがシノブ伝 ネギま!? ハイスクールD×D ハヤテのごとく! ハヤテのごとく!! バカとテストと召喚獣 バカとテストと召喚獣にっ! バンブーブレード パパのいうことを聞きなさい! パピヨンローゼ New Season ヒャッコ ビビッドレッド・オペレーション フリージング プリズム・アーク プリンセスラバー! プリンセス・プリンセス マケン姫っ! マシュマロ通信 マジカノ マリア様がみてる 4thシーズン マリア様が見てる~春~ ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ラブゲッCHU ミラクル声優白書 ラブライブ! School idol project ラムネ リトルバスターズ! レンタルマギカ ロウきゅーぶ! ロザリオとバンパイア ロザリオとバンパイア CAPU2 ローゼンメイデン ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 下級生2~瞳の中の少女たち~ 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 乙女はお姉さまに恋してる 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伯爵と妖精 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 僕の妹は「大阪おかん」 僕は友達が少ない 僕は友達が少ないNEXT 光と水のダフネ 初恋限定。 双恋 味楽る!ミミカ 咲-Saki- 咲-Saki- 阿知賀編 喰霊―零― 図書館戦争 夏のあらし! 夏色キセキ 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 夢喰いメリー 夢色パティシエール 大正野球娘。 女子高生 GIRL'S-HIGH 妖狐×僕SS 学園アリス 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍姫 赫 玄 忘却の旋律 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 恋と選挙とチョコレート 我が家のお稲荷さま。 戦国乙女~桃色パラドックス~ 戦場のヴァルキュリア 探偵オペラ ミルキィホームズ 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 新年のごあいさつ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 明日のよいち! 星空へ架かる橋 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ 月詠-MOON PHASE- 桜蘭高校ホスト部 森田さんは無口。 極上!!めちゃモテ委員長 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 氷菓 涼宮ハルヒの憂鬱 涼風 瀬戸の花嫁 狼と香辛料 猫神やおよろず 献血 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 生徒会役員共 異国迷路のクロワーゼ The Animation 百花繚乱 サムライガールズ 真剣で私に恋しなさい!! 石田とあさくら 砂沙美☆魔法少女クラブ 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神のみぞ知るセカイII 神様のメモ帳 神様ドォルズ 神無月の巫女 素敵探偵ラビリンス 緋弾のアリア 練馬大根ブラザーズ 聖剣の刀鍛冶 舞-HiME 芸能・アイドル 苺ましまろ 落語天女おゆい 薬師寺涼子の怪奇事件簿 護くんに女神の祝福を! 貧乏神が! 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 這いよれ!ニャル子さん 銀盤カレイドスコープ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 陰からマモル! 陰陽大戦記 電波女と青春男 風のスティグマ 魔法先生ネギま! 魔法少女リリカルなのは 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ W~ウィッシュ~

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー