カテゴリー「戦場のヴァルキュリア」の21件の記事

2009.09.27

■戦場のヴァルキュリア 第26話「決戦」

 第7小隊は、アリシア奪還の為に、マーモット内部に潜入したよ。
 ただ、アリシアの居場所は勿論、内部の構造も分からないのに、全員が分散しちゃうのは、効率悪いと思うのですけど…。
 それじゃあ、囮りにもなりませんよお(^^;。
 ファルディオがウェルキンと合流出来たのは、アリシアを見付けるよりも奇跡的ってゆーか。
 そのファルディオは、もう一度アリシアと会うことも無く、雑魚と共に自爆してしまって。
 それで良かったのかなあ。
 第1小隊の仲間の所へと、旅立って行ってしまいました…。

 ウェルキンは、ちゃあんとアリシアの所に辿り着いたよ。
 アリシアと心が繋がっているから、とかでは無く、あくまでたまたまとゆーか(^^;。
 マクシミリアンは、舞台を整えて待っていたような感じですけど、別にウェルキンが来るのを分かっていた訳でも無いんですし、わざわざアリシアを張り付けにしなくってもいいのに。

 そして、マクシミリアン自らが、わざわざ戦っちゃいます。
 以前のコーデリア同様、ヴァルキュリア人の能力を受け継いでいる、っていうのは、権力者にとっては必要なのかもしれないですね。
 マクシミリアンは、とにかく絶対的な力を欲していましたし。
 でもそれって、セルベリアが居れば、叶えられたと思うんだけどなあ…。

 今回のウェルキン、今までからは考えられない位に、アリシアに対して素直でしたよね。
 アリシアが望んでいたことを、全てしてくれたとゆーか。
 だからアリシアもびっくりしちゃって、自爆するのを忘れてしまうのでした(^^;。

 戦争も、とりあえず休戦になって、義勇軍の皆さんも除隊になりました。
 これから、それぞれの生活に、元の生活に戻って行くのですねー。
 やっぱり、戦争よりも、平和な方がいいです。
 作品全体の中での描写も、戦場の部分より、日常の方がずっと見ていて楽しかったです(^^;。
 あの、悟ったみたいに静かな雰囲気のアリシアって、全くアリシアらしくないので、ちゃあんと昔のアリシアに戻ってくれたらいいなあ。
 ウェルキンとアリシアが、穏やかに暮らして行けますように。

2009.09.21

■戦場のヴァルキュリア 第25話「護るべきもの」

 前回、自らがダルクス人で有ることを明かしたコーデリア姫、マクシミリアンの侵攻に、凄い表情になってました…。
 もう、出来ることは無いのでしょうか。
 ダルクス人は、ヴァルキュリア人によって酷い目に遭わされてしまったみたいで、その辺りの歴史が、登場人物にもかなり影響を与えていたみたいなのです。
 ちなみに、ヴァルキュリア人はどうして滅びてしまったのかしら…。
 その辺りの設定を、私は良く分かっていません(^^;。

 マクシミリアンは、かつての恨みを晴らす為だけに、今までずっと戦って来たのですね。
 そういうのも、有りかとは思いますけど…。
 さすがに、ここの所の言動は頂けません。
 何をそんなに焦っているのやら。
 まるで狂ってしまったみたい。
 少しでも弱っている所を見せてくれれば、まだ同情出来たりするのにな。
 もう手が付けられませんよお。
 とうとう、イェーガーにまで銃を向けてしまいました。
 イェーガーはさすがに正論を語っていたし、無事で居て欲しいのですけど。

 ヴァルキュリア人って、一体何なのでしょうね。
 ただ戦う為に居るって訳では無いと思うのに。
 セルベリアはそんな感じだったです。

 ちゃんと生きててくれたアリシア、もうちょっとで手が届きそうだったのに、帝国軍に連れ去られてしまいました…。
 第7小隊は、全力で取り戻しに行きますよー。
 ファルディオも、いい所で参戦してくれて。
 もう、第7小隊にとっては、国と国との戦いでは無く、アリシアを取り戻す戦いなのです。
 そこに決着が付けば、あの最終兵器によって、戦争も終わるのでしょうか…。

2009.09.13

■戦場のヴァルキュリア 第24話「決意」

 結局、マクシミリアンは、セルベリアを利用していただけみたいなのです。
 ヴァルキュリア人としての、その能力だけを。
 そうだとするなら、セルベリアは施設から逃げ出しても、結局は同じことだったということで…。
 それでも、セルベリアは今までずっと、マクシミリアンに付き従っていたわけで、それだけじゃ無い何かが有ったって、信じたい気がするけれど。
 今までも、マクシミリアンの行動は、ちっとも優しくなかったからなあ。

 コーデリアがダルクス人だと知ったときのリアクションも、そんな感じなのでした。
 途端にモードが切り替わったとゆーか。
 本性が出てしまいました。
 それに圧倒されて、コーデリアの秘密のことなんて、吹っ飛んでしまいましたよお。
 マクシミリアンはすっかり悪人モード。
 とゆーか、いきなり小者に見えて来たような気が…(^^;。

 それでも、地位と権力は握ってますものね。
 怖いのです。
 もっと怖いのはアリシアで、そういう事情を知ったら、絶対に許してくれそうに有りません。

 施設に居た頃のアリシアとセルベリアのこと、もっと色々なエピソードが見れるのかとも思ったのですが、かなりあっさりとしか描かれませんでした。
 ちょっと残念。
 でも、そこは本筋には関係が無いみたいなのです。

 アリシアも、ウェルキンへの気持ちが、完全に消えてしまった訳では無かったですし。
 そろそろ、ウェルキンには頑張って欲しいなあ。
 ウェルキンにも出来ること、何か有る筈ですもん。
 ウェルキンなら出来ること、アリシアにしっかり見せてあげて下さいね。

2009.09.06

■戦場のヴァルキュリア 第23話「愛のかたち」

 ウェルキンとアリシア、前回のお別れの後、もう遠く離れてしまったのかと思ったけれど…。
 まだ近くに居たのですね。
 距離的にも、気持ち的にも。
 でも、アリシアは、最前線へと向かい、ウェルキンはコーデリア姫の護衛に。
 今度こそ、接点が無くなってしまいます。
 本当に、それでいいのかしら。
 アリシアも、ガリア全体の為っていう、そんな漠然とした理由で、セルベリアと戦えるのかなあ。

 セルベリアの方は、マクシミリアンの意を受けて、相当な覚悟を持って戦いに望んで来ていますし。
 にしても、マクシミリアンは伏せっていたセルベリアの、様子を見に行ったりもしなかったですかあ。
 気を遣ってくれたのは、イェーガーだったりとかして。
 ヴァルキュリア人の女の子って、実はみんな男運が悪いとか…。
 本当の気持ちが、とっても分かりにくいお相手なのです。

 ウェルキンも、アリシアが望むような言葉は、口にしてくれませんものねー。
 それはもお、親友のファルディオにだって手に負えない位に。
 イサラなら、夢の中でも核心を突いて来たりするのですけど、ウェルキンは自分自身でそれを否定しようとしているみたい。
 困ったものなのです。

 アリシアに護られることになってしまった第7小隊とファルディオ、それだけじゃあ終われないって思うのですが、ヴァルキュリア同士の戦いに、どうやって関わればいいのでしょうね…。
 ウェルキンには、熱いところを見せて欲しいです!。
 今回は、本気で殴りに行ってましたもん。

2009.08.24

■戦場のヴァルキュリア 第21話「はかなき絆」

 アリシア、とうとうヴァルキュリア人として覚醒しました。
 覚醒したばかり、しかも体を弾丸で貫通されたりもしたし、いきなりセルベリアの相手はキツイかと思ったけれど…。
 とんでもないことに、終始セルベリアを圧倒していたのでした。
 あれは凄かったです!。
 とろんとした瞳と、ふわっと柔らかい動き。
 アリシアは明らかに正気じゃ無かったけれど、むしろそれが良かったのかしら。

 百戦錬磨のセルベリアも、若さには及ばないとか…。
 こら。
 なんて、第7小隊の攻撃を受けて、セルベリアはかなり消耗してましたものね。
 ヴァルキュリア人も、決して不死身では無くって。
 でも、護るべきものが有るセルベリアが、手強い敵で有ることに変わりは有りません。
 アリシアをヴァルキュリア人として認識した途端、すかさず攻撃して来ましたもの。

 ウェルキンの狙いも、それだったのですね。
 ヴァルキュリア人の相手は、ヴァルキュリア人にしか出来無いから。
 アリシアを撃つ前の回想が、笑顔のアリシアばかりだったのも、セルベリアと同じヴァルキュリア人であるアリシアを憎んだからでは無くって、本当はアリシアを覚醒させたく無かったんだなあ。
 好きな女の子に、そうなって欲しくは有りませんものね。

 それでも、アリシアが覚醒しなければ、全滅なのです。
 みんな死んでしまいます。
 それが、コーデリア姫を人質に取ったりとか、乱暴な行動に出た理由なのでした。
 有る意味、ファルディオは誰よりも冷静だったということで…。

 でもでも、アリシアが覚醒した直接の理由は、やっぱりウェルキンで。
 アリシアの笑顔は、ウェルキンに向けられたときに、一番輝いていたってことみたい。
 ファルディオも、その現実は受け入れるしか有りませんでした。
 辛いのです。
 態度のはっきりしないウェルキンはともかく、アリシアの意志は尊重しなくちゃいけませんものね。
 そして、ここまでやってしまったファルディオの処遇は、どうなるのかしら。
 コーデリア姫とエレノアなら、うまく処理してくれるかもしれませんが…。
 それより何より、ウェルキンはファルディオに、何よりアリシアに、一体どう接するのでしょうか?。

2009.08.09

■戦場のヴァルキュリア 第19話「涙」

 仲間が、家族が一人居なくなってしまうっていうのがどういうことか、静かに悲しく胸に染み込んで来ちゃいました。
 涙が無くても、ウェルキンの悲しみは、とても良く伝わりましたし。
 それを周囲がみんな分かってあげていて、また戦闘が無かったのも幸いでした。
 あんな状態のウェルキン、とても放ってはおけませんものね。

 イサラの遺品はとっても少なくって、それもウェルキンに思い出を辿らせたみたいなのです。
 ウェルキンとイサラが初めて出会って、それで兄妹になったときのエピソードって、二人のらしさが凄く出ていて、とても暖かかったなあ。
 その頃から、ウェルキンはみんなに変な人って言われてたんだ。
 それに、イサラが凄く可愛かった。
 そんなイサラは、もう居ないのですね…。

 父親と同じだって自問していたウェルキン、アリシアのおかげで、本来の自分を取り戻すことが出来たみたいで、何よりでした。
 故郷のちからと、何よりアリシアの献身的な優しさのおかげなのです。
 もう暫くしたら、ウェルキンも笑顔を取り戻してくれそうだよ。

 そして、ファルディオはアリシアがヴァルキュリア人だっていう結論に辿り着いたみたい。
 それって、軍の上層部には、絶対知られてはいけませんよねー。
 ザカが居れば、エーデルワイス号の運用も支障は無いのかしら。
 第7小隊の未来は果たして…?。

2009.07.27

■戦場のヴァルキュリア 第17話「精霊節の贈り物」

 イサラが作っていた精霊節の贈り物って、一瞬、あの煙幕弾なのかなって…。
 そんなことは有りませんでした(^^;。
 贈り物の人形は、ロージーへと。
 ロージーも言ってましたけど、イサラはウェルキンよりも、ずっとずっと口が上手いんだなあ。
 あれなら、素直じゃないロージーも受け取ってくれますよね。
 逆に、イサラは贈り物を受け取る方には、あんまり慣れてないみたい。
 ラマールから贈り物、本当に想定外だったみたいだもん。
 「え!?」って(^^;。
 ラマールの気持ちに、気付いていた訳じゃ無いのかなあ。

 アリシアは、かなりツンツンしてましたあ。
 ああいうアリシアも、有りだと思います(笑)。
 その理由を、ウェルキンがちゃあんと理解してくれてればいいんですけどね。
 相手がファルディオだし、やっぱり遠慮しちゃうみたい。
 アリシアの方は、決してそうでは無さそうですけど…。

 今回も無謀な作戦を押し付けられた第7小隊なのですが、ロージーが悪役になって、士気を高めてくれました。
 自分をそういう役割に置くのって、ロージーらしいのです。
 そして、律義に人形をちゃあんと持ち歩いていてくれていて。
 それが命を救ったよ。

 そんな、いいエピソードを喜んでいたら、衝撃的なラストが…!。
 今まで、負傷者が全くと言っていい程出ていなかった第7小隊で、何とイサラが被弾。
 しかも、胸の下を撃たれちゃって。
 あんなだと、イサラ、死んじゃうじゃないですかあ!。
 イサラがそんな状態になったら、第7小隊は、一体どうなってしまうのでしょう。
 無理をしてるって言われていたウェルキンだって、とても普通じゃ居られない筈なのです…。

2009.07.19

■戦場のヴァルキュリア 第16話「語られなかった想い」

 今回も、イサラは可愛かったです(^^)。
 元気の無い兄の為に、美味しいご飯を作ってくれて。
 弱ってたウェルキンも、かなりくらっとしたでしょ。
 って、イサラは妹ですから…。
 アリシアとのことをイサラに相談したら、ウェルキン、イサラに目茶苦茶怒られるんだろうなあ。

 あ、ラマールも頑張ってたっけ。
 デートデート♪。
 にしても、イサラはどうしてあんなに余裕が有るのでしょう。
 実は結構、手練だったりするのかしら。
 ちょっと憧れちゃったりしましたよん(^^)。
 「運転再開」とかゆーな(笑)。
 ちなみに、今までイサラは、ラマールのことを何て呼んでたっけ…。
 覚えていません(^^;。

 元気の無いウェルキンは、ラルゴにまで気を遣わせちゃたりして。
 困ったものなのです。
 お風呂お風呂♪。
 自身の経験と重なるなら、ラルゴも放ってはおけませんよね。
 昔、あんなことが有ったですかあ。
 ちなみに今では、エレノアとはもう全く無関係なのかしら。
 廊下で擦れ違っても、特に何も無し…。

 アリシアは、私の予想以上に、本当にストレートに、自分の気持ちをウェルキンにぶつけて来たです。
 まあ、肝心なことは言いませんでしたけど…。
 その辺りは、ウェルキンが察してあげなくっちゃ。
 ちょっとお、もう少ししっかりしなさいよねえ!。
 と、見ていた私は思ったりして(^^;。
 アリシアが、ウェルキンの言葉に一々過剰に反応していたこと、分かった筈なのにな。

 冒頭、今では冷たく無表情なセルベリアも、昔はあんなに小さく弱々しくって、縋るような瞳をしていたのですね。
 マクシミリアンは、今とあんまり変わって無いや。
 口数が少ないのも相変わらずで。
 幼い頃から、ちゃんと意志の疎通が出来ていたらしいセルベリア、凄いのです。

2009.07.13

■戦場のヴァルキュリア 第15話「歌姫の過去」

 今回は、イサラが凄く可愛かったです。
 洗車が上の空だったり、ウェルキンにぎゅっとしがみついたり、普段は見れないイサラが見れちゃいました。
 しょんぼりしていた姿もイタイケで。
 護ってあげたくなっちゃう。
 でもでも、イサラ自身の芯は強いので、ロージーにも正面からぶつかって行ったりするよ。
 勿論、エーデルワイス号の整備だって、完璧なのです。

 そんなイサラのことを気にかけていたラマールも、優しいね。
 素直じゃないから、イサラには殆ど何も伝わらなかったみたいですけど…。
 色々ときっかけは有ったのに、勿体ないですよお。
 実際、それが出来れば、苦労は有りません。
 そういった意味では、ファルディオは流石とゆーか。
 イサラに対しても、アリシアに対しても、ロージーにだってソツの無い対応で。

 今回は殆ど何も出来なかったウェルキンとは、随分と差が付いてしまったみたい。
 もっとも、一番重要なのは、アリシアの気持ちだったりもするわけで。
 長い付き合いの上官と補佐官、っていう結び付きは、決して軽く考えない方がいいと思うのですよね。
 主に、ウェルキンは(^^;。
 さすがのウェルキンも、そろそろ自覚はしているみたいではあります。

 ロージーの事情は、ああいうことでしたかあ…。
 不幸な事故では有りますけど、そう簡単に納得して整理が付くようなことでも無くって。
 今回は、命令ってことで、一応は納得の上で歌を歌ってくれました。
 ダルクス人を憎むことで、今まで自分を保って生きて来たロージー、本当に少しずつでないと、変わっては行けませんよね。
 何しろ、本人だって、理屈じゃ無いってことは分かっているのですもん。

2009.07.06

■戦場のヴァルキュリア 第14話「ファウゼンの選択」

 装甲列車エーゼルが動きました!。
 格納庫代わりらしいトンネルから、高い橋の上へと…。
 真横から見ると、一応はシキみたいな構造なのです。
 かなり頼りないですけどねん。
 鉄橋の上で爆弾を起爆させたら、脱線してそのまま谷底へ落ちて行きそうなのですが、エーゼルはそんなことではくじけません。
 こら(^^;。
 乗員の殆どがイスに座ったまま死亡しているような状況なのに、駆動系と攻撃系は殆ど無傷だったり、軌道があれだけ破壊されているのに、フツーに弾を撃てちゃったり…。
 もしかしたら、反動なんかはキャンセルしてしまう、最新のテクノロジーが組み込まれていたのかなあ。
 謎なのです。

 新しいOPは、すっかりシビアに、それぞれの戦い、みたいな感じになりました。
 本編も、きっとそういう方向へと進んで行くのでしょうね。
 今回も被害は甚大なのです。
 ダルクスの民間人が…。
 さすがのロージーも、現実は相当に堪えた感じだけれど、憎しみはそう簡単には消えません。
 むしろ、消してはいけないと思っているみたい。
 それも無理は無さそうな状況なのでした。

 今回、アリシアが狙撃されそうになって、それをファルディオが庇って、二人、何だかいい雰囲気になってたっけ。
 それを見ていたウェルキンは、さすがに複雑そうだった。
 見せ付けてくれますねー。
 まあ、そんなことを言ってられる状況では有りませんでしたけど。
 イサラとラマールは、抜群の活躍をしてたっけ。

 今回ショックだったのは、ウェルキンがいつもみたいにアイデアを出せなかったこと。
 縋り付くようなアリシアに、何も応えられなかった。
 自分達が死なないのは勿論ですが、仲間や民間人を護れないのは、辛いですよね。
 グレゴールの脅しはハッタリなのかと思ったら、本当に撃っちゃうし…。
 半分起爆しなかった爆弾は、まさかロージーが仕掛けたやつ…?。
 でも、特にそういう描写は無くって。
 ファウゼンを取り戻して、任務としては成功だったとしても、色々とダメージの大きな戦いなのでした…。

その他のカテゴリー

11eyes 30歳の保健体育 AIR AYAKASHI BLEACH~ブリーチ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ B型H系 C3 -シーキューブ- Canvas2 ~虹色のスケッチ~ CHAOS;HEAD D.C.II ~ダ・カーポII~ D.C.III~ダ・カーポIII~ D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン DOG DAYS ef - a tale of memories. Fate/stay night FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 GA 芸術科アートデザインクラス Gift ~ギフト~ eternal rainbow GIRLSブラボー first season GIRLSブラボー second season GO!GO!575 GOSICK -ゴシック- H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ IS <インフィニット・ストラトス> IZUMO-猛き剣の閃記- JINKI:EXTEND Kanon LEMON ANGEL PROJECT Mission-E Myself;Yourself Phantom~Requiem for the Phantom~ R-15 REC RIDEBACK -ライドバック- Rio RainbowGate! Saint October School Days SHUFFLE! SHUFFLE! MEMORIES sola Soul Link Steins;Gate To Heart~Remember my memories~ To LOVEる -とらぶる- ToHeart2 true tears UG☆アルティメットガール Wind -a breath of heart- WORKING!! WORKING'!! Φなる・あぷろーち あかね色に染まる坂 あそびにいくヨ! あっちこっち あにゃまる探偵 キルミンずぅ あの夏で待ってる あまえないでよっ!! いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いぬかみっ! うた∽かた うたわれるもの うぽって!! うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ えびてん -公立海老栖川高校天悶部- えむえむっ! おおかみかくし おくさまは女子高生 おとぎ銃士赤ずきん おとめ妖怪 ざくろ おねがいマイメロディー おまもりひまり お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ かのこん かみちゃまかりん かみちゅ! かんなぎ きらめき☆プロジェクト きらりん☆レボリューション けいおん! けいおん!! けんぷファー げんしけん こいこい7 こどものじかん この中に1人、妹がいる! この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ こみっくパーティー Revolution これが私の御主人様 これはゾンビですか? これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド ご愁傷さま二ノ宮くん さくら荘のペットな彼女 ささめきこと さんかれあ さんふらわあふらの しゅごキャラ! じょしらく そふてにっ そらのおとしもの そらのおとしものf たまこまーけっと だから僕は、Hができない。 ちとせげっちゅ!! ちび☆デビ! つよきす Cool×Sweet てーきゅう とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 とある魔術の禁書目録II ときめきメモリアル Only Love となりの関くん となグラ! とらドラ! ながされて藍蘭島 ななついろ★ドロップス にゃんこい! ぬらりひょんの孫 はぐれ勇者の鬼畜美学 はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ はなまる幼稚園 はぴねす! ひぐらしのなく頃に ひだまりスケッチ ひだまりスケッチ×365 ひだまりスケッチ×SP ひだまりスケッチ×☆☆☆ ひだまりスケッチ×ハニカム ひとひら ひまわりっ! びんちょうタン ぽてまよ まおゆう魔王勇者 まかでみ・WAっしょい! ましろ色シンフォニー -The color of lovers- まじかるカナン まほらば~Heartful days~ まほろまてぃっく特別編 まもって!ロリポップ まよチキ! まりあ†ほりっく まりあ†ほりっく あらいぶ みなみけ おかえり もえたん もっけ もっとTo LOVEる -とらぶる- ゆるゆり ゆるゆり♪♪ よくわかる現代魔法 よみがえる空 -RESCUE WINGS- らき☆すた らぶドル ~Lovely Idol~ わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ アイドルマスター アイドルマスター XENOGLOSSIA アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル アキカン! アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アズサ、お手伝いします! アニマル横町 アニメ・コミック アマガミSS アマガミSS+ plus アリソンとリリア ウェブログ・ココログ関連 エルフェンリート エレメンタル ジェレイド オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ キディ・ガーランド キミキス pure rouge クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! グレネーダー~ほほえみの閃士~ ケメコデラックス! ココロコネクト シゴフミ シュガシュガルーン スカイガールズ スクールランブル ストライクウィッチーズ セキレイ ゼロの使い魔 ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ ゼロの使い魔F ソードアート・オンライン タクティカルロア タユタマ -Kiss on my Deity- ティアーズ・トゥ・ティアラ ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ ドージンワーク ナイトウィザード The ANIMATION ニニンがシノブ伝 ネギま!? ハイスクールD×D ハヤテのごとく! ハヤテのごとく!! バカとテストと召喚獣 バカとテストと召喚獣にっ! バンブーブレード パパのいうことを聞きなさい! パピヨンローゼ New Season ヒャッコ ビビッドレッド・オペレーション フリージング プリズム・アーク プリンセスラバー! プリンセス・プリンセス マケン姫っ! マシュマロ通信 マジカノ マリア様がみてる 4thシーズン マリア様が見てる~春~ ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ラブゲッCHU ミラクル声優白書 ラブライブ! School idol project ラムネ リトルバスターズ! レンタルマギカ ロウきゅーぶ! ロザリオとバンパイア ロザリオとバンパイア CAPU2 ローゼンメイデン ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 下級生2~瞳の中の少女たち~ 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 乙女はお姉さまに恋してる 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伯爵と妖精 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 僕の妹は「大阪おかん」 僕は友達が少ない 僕は友達が少ないNEXT 光と水のダフネ 初恋限定。 双恋 味楽る!ミミカ 咲-Saki- 咲-Saki- 阿知賀編 喰霊―零― 図書館戦争 夏のあらし! 夏色キセキ 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 夢喰いメリー 夢色パティシエール 大正野球娘。 女子高生 GIRL'S-HIGH 妖狐×僕SS 学園アリス 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍姫 赫 玄 忘却の旋律 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 恋と選挙とチョコレート 我が家のお稲荷さま。 戦国乙女~桃色パラドックス~ 戦場のヴァルキュリア 探偵オペラ ミルキィホームズ 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 新年のごあいさつ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 明日のよいち! 星空へ架かる橋 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ 月詠-MOON PHASE- 桜蘭高校ホスト部 森田さんは無口。 極上!!めちゃモテ委員長 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 氷菓 涼宮ハルヒの憂鬱 涼風 瀬戸の花嫁 狼と香辛料 猫神やおよろず 献血 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 生徒会役員共 異国迷路のクロワーゼ The Animation 百花繚乱 サムライガールズ 真剣で私に恋しなさい!! 石田とあさくら 砂沙美☆魔法少女クラブ 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神のみぞ知るセカイII 神様のメモ帳 神様ドォルズ 神無月の巫女 素敵探偵ラビリンス 緋弾のアリア 練馬大根ブラザーズ 聖剣の刀鍛冶 舞-HiME 芸能・アイドル 苺ましまろ 落語天女おゆい 薬師寺涼子の怪奇事件簿 護くんに女神の祝福を! 貧乏神が! 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 這いよれ!ニャル子さん 銀盤カレイドスコープ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 陰からマモル! 陰陽大戦記 電波女と青春男 風のスティグマ 魔法先生ネギま! 魔法少女リリカルなのは 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ W~ウィッシュ~

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー