2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー「明日のよいち!」の11件の記事

2009.03.27

■明日のよいち! 第12話「あすの与一!」

 最終回は、与一がおサムライさんらしく、大活躍しちゃいます☆。
 …大活躍と言うには、かなり苦戦してたかもっ(^^;。
 戦いで勝利するポイントは、確かに質よりも量なのでしょうけど…。
 浮羽神風流的に、それってどうなのでしょう。
 お話自体も淡々と進行して、あんまり見せ場や余韻が無かったのは残念な所なのです。

 いぶきは幼児に退行したまんまで、最後の最後にやっと戻って来てくれました。
 その過程の中で、与一を覚えていたってことよりも、ちゃんとかごめを思い出してくれたことの方が重要かな。
 ちなみに、かつての右京との繋がりを、きちんと思い出したのかは分かりません。
 右京も、お気の毒に…。
 右京は身勝手なヤツだけれど、本人の回想シーンを見る限りでは、いぶきとの思い出もその後の努力も、なかなか美しいって思うのです。
 どこかで道を踏み外してしまったのですねえ。
 たまたま、家がお金持ちだったせいなのかな…?。

 左近は、本人が言う程には、自分の得意分野での勝負はしていなかったみたい。
 もっと手っ取り早く、みんなを足止め出来たと思うのにな。
 右京を止めて欲しい気持ちが、少しは有ったのかしら。
 んと、もう完全に諦めてしまっていたみたいですけど…。
 それでも、結婚式となると普通じゃ居られませんかあ?。

 与一が姉妹全員を一緒に連れて来たのはいいことだって、私も思います。
 やっぱり家族は大切だもん。
 かごめは特に、自分から動かなくっちゃいけないって思いますし。
 あやめもしっかり戦っていたっけ。
 何げに、一番活躍していたのがちはやで、あの姿は見ていて凄く楽しかった。
 漫画家って、いざとなったら凄いぞ(^^)。
 パースの狂いから、構造のカラクリまで見抜いちゃう。
 与一とあやめだけだと、とにかく真っ直ぐ突き進みそうだからなー。
 だから、落とし穴一つで全滅とか…。
 有る有る(^^;。

 わっさんやつばさ、アンジェラも参戦して、とりあえずレギュラー全員の見せ場も確保されていたよ。
 その相手は雑魚キャラばかりなので、見ていてそんなに楽しくは有りませんでしたけど…。
 あわわ。
 ちょっと勿体なかったかも。

 雛形ゆい作成の地図は、相変わらずラブリーでしたねん。
 あのコって、地でああいう趣味なんだ。
 いつでもどこでも、変わらぬ自分を保っているのは、素晴らしいことだって思います(笑)。
 そういうの、私は結構、好きですよん。

 与一のやらしー行為は、いぶき相手にしか発動しません。
 元に戻った途端に、お仕置きされた…(^^;。
 ならいっそ、いぶきには幼児のままで居て貰って、お姉ちゃんなかごめと仲良く遊んでいた方が、与一的には幸せなのかもしれません。
 あやめとちはやだって、その方が成長しそうなんですもん。

 そして、またまた、東北新幹線よりも速い矢文。
 ちゃんと弓で射るのかと思ったら、あれ、剣の風圧で飛ばしていたですかあ(^^;。

2009.03.25

■明日のよいち! 第11話「いぶきさんはもらったよ」

 4歳児に退行してしまったいぶき…。
 見てるとかなり、鬱陶しいです。
 こら(^^;。
 右京が言ってた、いぶき本人が一番戻りたい時期、っていう理由、それはみんなにとって破壊力有りますよね。
 いぶき一人に負担をかけてたっていう自覚は有りますもん。
 かごめのことも忘れてしまって(元々、記憶に無いんですけど)、与一は狼狽えるばっかで何にも出来ず、斑鳩家は完全にバラバラ。
 これは、右京の作戦勝ちなのです。
 アンジェラのことも、うまく取り込みましたよねー。

 当のいぶきは、かごめの鳥さんを壊してしまったこと、ちゃんと気にしてくれていたみたいなのです。
 そういう所は、やっぱりいぶきだねえ。
 実際、4歳児じゃ、あんなものかもしれないです。
 自分の気持ちとか、して欲しいこととか、うまく伝えられないの。
 で、何故かわっさんと気が合ってたりとか。
 あの組み合わせって、意外と悪く無いかもっ。

 いつもはいぶきが中心になって斑鳩家をまとめていたから、次女のあやめだって、突然みんなの中心にはなれません。
 それでも、考えていることは、きっといぶきと同じだと思うよ。
 ちはやも、貴重な収入源として頑張っていたんですもん。
 みんなだって、しっかり斑鳩家の一員として、いぶきに貢献していたのだ☆。
 与一は…。
 えーとえーと、きっとみんなの支えになったりとかしてた筈!(^^;。
 少なくとも、家の中は賑やかになりましたものね。

 全てが右京の思い通りになってしまうのも癪なので、みんな自分らしさを出して、収まるべき所に収まって欲しいです。
 いぶきは、暫くの間、あのままで居て貰って…。
 そうすれば、みんなもっと成長すると思いますもん。
 与一だって、殴られずに済むでしょ(^^;。

2009.03.13

■明日のよいち! 第10話「秘湯で死闘!」

 サブタイだけ見ると、ハダカで戦ったりするのかなあ、なんてことを考えてしまうのですけど…。
 そんなことは有りませんでした。
 一番露出が高かったのは、右京だったりもして。
 こらあ。

 南の島に続いて、今度は温泉にご招待。
 今回は、斑鳩家で暮らしている五人だけを招待なのです。
 山奥に有るなら、駅からの送迎位、してあげればいいのにね。
 どうして、わざわざ歩かせたのでしょう。
 あやめじゃないけれど、山奥なのに水族館とか…。
 鷺ノ宮家の趣味とか資金源とか、色々と謎なのです。

 そんなことは、別にどーでもいいや(^^;。
 少しだけでしたけど、斑鳩家としての家族らしさが伝わって来るエピソードも、しっかり描かれていましたし。
 その中での、与一の位置付けっていうのは、あんまりはっきりとは示されませんでしたけど。
 それは、右京との関わりの中で、今後出て来るのかしら。

 その右京、特に何もしていなかったよー。
 自分では何も出来ないとか…。
 いぶきからは完全に忘れられてましたし。
 相手にもされず。
 本当に、何か約束をしてたのかしら。

 左近の方は、かなり有能みたい。
 胸を触らせたのは、明らかに失敗でしたけどね。
 すぐにばれるでしょー。
 ていうか、姿を見た瞬間に偽者って分かりましたよお(^^;。
 いぶきも、そんなに怒らないであげて下さあい。
 与一は、正直なだけなんですから…。

 あやめが浮羽神風流を使う所、初めて見れて、ちょっと嬉しかったです。
 ちゃんと使えるのですねー。
 しっかり、与一の助けになってましたし。
 そういう姿も、似合ってましたよん。
 ゆいの他、もうスルーされたのかと思っていた刺客も全て登場しましたが、それは別に重要じゃないらしく、何だかあっさりと倒されてしまいました(^^;。

 私だって、幼児に退行してしまったらしい、いぶきの方が気になりますもん。
 長女としての重責から外れて、みんなに甘えてみるのも、本人の為にはいいかもしれませんよねー。

2009.02.27

■明日のよいち! 第8話「あの時君はワルかった」

 中学の頃のわっさんって、格好良かったんですね。
 ワルっていうか、凄く雰囲気が有りましたもん。
 今はですね、丸くなったとかそういうことより、単純におっさんくさくなったとゆーか(^^;。

 そして、わっさんのイメージのいぶきも、とっても明るくて可愛いのです。
 いえ、実際のいぶきもその通りなんですけど、とにかく乱暴者ですからねえ。
 そういう本性って、何故かわっさんは全く見てないからなあ。
 別に、いぶきが隠してる訳じゃなくって。
 与一への仕打ちとかまで、ラブラブに見れちゃう鷲津ビジョンなのです。

 今回は、あやめがさすがに可哀想だったな。
 何だか、凄く巻き込まれてしまって。
 泣かされちゃうのは、見ていて結構辛かったもん。
 えと、勘違いなつばめも、可哀想では有りましたけど…。

 わざわざ与一が助太刀をしに来る必要性は、あんまり感じませんでした。
 あそこは、わっさん一人で何とかして欲しかったもの。
 わっさんなら、出来たでしょお。
 与一は、あくまできっかけを作っただけ、では有るのですけど。
 主人公は与一だから、出番も必要ってことなのかしら。
 それに、二人だけで斑鳩道場を本当に護りきれるのか、微妙に心配だったりとかして。

 これで、わっさんとあやめのカップリング、成立したのかしら。
 そこまで行かなくっても、きっかけにはなったよね。
 あくまで、わっさんはいぶきを、あやめは与一を、それぞれに追っかけているような描写だったのが、ちょっとだけあれれ?、なのですけど(^^;。

2009.02.20

■明日のよいち! 第7話「スクミズシロスクセパレート」

 サブタイトルは、魔法の呪文か何かですかあ…?(笑)。

 与一は相変わらず、いぶきにお仕置きされちゃいます。
 必死にみんなを護ったのにね。
 でも、あれじゃあ仕方無いと思いますよお。
 子供達の前なんですから…。
 特に、ラストのあれは、いけません。
 かごめは、まだ10歳なんだもんっ。
 姉として、いぶきも看過は出来ないよね。
 ここは仕方の無い所、かな。
 本当、与一、頼みますよお。
 それでも嫌われたりはしないから、与一はそれでいいのかもね。

 わっさんと鳥谷は、とうとう間に合いませんでした。
 フェリーの切符売り場で門前払い。
 窓口のおじさん、おっかないです。
 でもまあ、運航の終わってしまったフェリーは、もう絶対に動きません。
 照明の落とされた待合室が、凄く雰囲気を出してたりとかして。
 さすがの私も、同じ境遇になったら、途方に暮れちゃうだろうな。
 鳥谷の背が縮んでる件は、別にどーでもいいけれど(^^;。

 つばさとアンジェラも、しっかり招待されてましたあ。
 ん、水着要員として、重要だったとか!。
 なんて、つばさビジョンはなかなか楽しい♪。
 わっさんとは性格似ているし、お似合いですのに。
 接点がなーい。

 あやめとアンジェラは、何故か二人で張り合っていたりして。
 胸の大きさで全ての勝負が決まるなら、あやめはこれからも負け続きが決定じゃないですかあ。
 ひど…。
 それって、酷いー。
 でも、あやめってば、わざわざ自分からそっちへ話を持って行かなくってもいいのに。

 とうとう、かごめにも抜かされちゃったみたいなのです。
 必死に隠していたかごめが、すっごく可愛かったりとかして。
 あやめには、もじもじと、本心を言いかけてたっけ…。
 でも、あれは言いにくいですよね。
 家族みんなにも、ずっと隠していた訳ですし。
 最後にはとうとうばれちゃいましたけど、あれ、与一にちょっとサービスし過ぎとゆーか…。

 今回は、何げにかごめが主役なのでした。
 泣き虫だけれど、芯は強いコなのですよお。
 その辺りは、ちゃんと斑鳩家のお嬢さんなのだ☆。
 マサシも、悪いことをしたら謝ってくれるし、かごめを護ってくれるし、男の子らしい、いいコだよー。
 実は、姉妹の中で、かごめが一番フツーにラブコメしているみたい。
 マサシには内緒の秘密だって有ります☆。

 水薙渦丸と汐丸の二人は、すぐにでも仕掛けて来そうな雰囲気でしたけど、与一が海に飛び込むまで、全く何も出来ません。
 確かにあの宗派、現代では殆どニーズが無さそうなのです。
 ちはやにもばっさり切り捨てられちゃいましたあ。
 お家の技が断絶するのも、それは時の流れってことで。
 もっと別のことで、有意義で平和的な利用法が有りそうなのにな。

 かごめが行方不明になったとき、ひたすらネガティブな方向へと思考が向かってしまったいぶきとあやめとちはやなのですが、与一はそんな三人を、しっかり繋ぎ止める役割を果たしてましたねん。
 かごめのことも、全面的に信頼していて。
 みんなのことをちゃんと分かってあげてるのが、与一の良さだって、私は再認識したのでした(^^)。

2009.02.13

■明日のよいち! 第6話「わっさん来る!」

 鷲津ヴィジョンのいぶき、凄いです。
 怒ったり笑ったり、その落差が凄まじくって。
 声も、別人みたいに違うんですもん。
 演技されてる方も凄いです。
 どっちが本当なのか、怖くなっちゃいましたよお(^^;。
 わっさん的には、どちらのいぶきでもOKなのでしょうか…。
 そりゃ、自分に対しては、笑ってくれてた方がいいに決まってますけどね。
 わっさんは、いぶきをかなり間近に見ているみたいで、いぶきの顔のアップが度々出て来るから、見ていてかなり見応えが有りましたあ。

 そんなわっさんの気持ちは、いぶきにも与一にも理解して貰え無くって。
 あの二人って、まずは武道のことが頭に有りますものねー。
 それしか無いってゆーか。
 いぶきと与一が直接関わったときにだけ、恋バナモードに移行します。
 その壁を切り崩すのは、とてもとても大変そう。
 わっさんにとっても、あやめにとっても。

 わっさんとあやめは、ちゃんと自分の気持ちを自覚している分、優位な筈なんですけどねー。
 相手はとてもとても手強いのです。
 対処としては、もう直接、ストレートに気持ちをぶつけるしかないの。
 でも、勇気とか…。
 タイミングとか…。
 難しいね。

 あの二人ってば、腕立て伏せ1,000回とかやって、両手が上がらなくなっちゃって、あやめとわっさん、ちょっとだけいいことが有りました。
 良かったね。
 あれ位やらないと、幸せは巡って来ないんだあ。
 大変そお。
 ちはやはあやめの気持ちに気付いているみたいですけど、特にそのお手伝いはしてくれないみたい。

 あ、やっぱりちはやの印税って、斑鳩家の家計をしっかり支えていたんだあ。
 ちはや、偉いです。
 家族みんなの為に、それを使ってくれるんですもん。
 かごめも、お料理を頑張っていたよ。
 お祝いのことまで考えてくれてたなんて、凄いなあ。
 何げに、お相手になりそうな男の子も居ましたし。
 かごめは武道とは関わっていないみたいなので、出番が結構有った今回は、結構貴重だったりするのかにゃ。

 そんな平和を乱しそうな暗殺者さんは、三宅島に…。
 次回、巡り会えたりするのでしょうか。
 そのまま放置でも別にいーんですけどね(笑)。

2009.02.06

■明日のよいち! 第5話「デートしようぜ!」

 ラブコメラブコメ♪。
 いぶきが頑張っちゃいますよお☆。

 何だかんだで、与一といぶきはずっと一緒に登校しているみたい。
 同じ学年で同じクラスなんですもん、その方が何かと都合はいいです。
 しっかりいぶきの監視下に入れておかなくっちゃ。
 与一ってば、絵に描いたような美少女から、ラブレターを貰ったりもするし。
 お友達二人と一緒だとか、テンプレ通りのラブコメ展開。
 いぶき、大ショック。
 見ている方としては、それが楽しくってもう(^^)。

 唯は、次のミス翼高コンテストで、いぶきの対抗って言われてるんだって。
 そっかあ。
 次女のあやめは、対抗じゃ無いのかしら。
 涼のフォローじゃないけれど、素材はかなりいいと思うんだけどな。
 そりゃあ、スタイルに関して、胸はもう諦めるしか無いと思いますけど…。
 あわわ。
 私は、唯よりもいぶきの方がいいです。

 なんてことはともかく。
 最近のラブレターって、あんな仕様になってるんだあ。
 今のお若い方は、みんなああなの…?(^^;。
 何だか落ち着かないお手紙だったにゃあ。
 もっとシンプルに、気持ちを伝えた方がいいと思うけれど。
 って、実は罠だったから、唯も気合いが入らなかったのかなあ。

 「間違いない。これはデートの申し込みだわ」。
 いぶきさんいぶきさん、間違いないってゆーか、「ひなとデェトしてくれませんかぁ?」って、はっきり書いてあるじゃないですかあ。
 動揺してる動揺してる。
 その表情が、私は好きだったりとかして。
 今回は、いぶきの色々な表情が楽しめて、かなりお得な雰囲気なのです(^^)。

 まあ、与一はデートを知らないみたいなので、まずは概念既定から…。
 国語辞典を読ませちゃいます(^^;。
 それは手っ取り早くていいかも。
 与一も正しく理解したよ。
 その上で、「最低っっ」呼ばわりはどうかと…。
 それ、何だかいぶきの決めゼリフみたいになってますよお。

 そして、手っ取り早く与一といぶきはデートの予行演習に突入なの。
 ちはやとかごめもこっそりくっついて来て。
 お話は本当にさくさく進みます。
 私はそういうの、大好きです♪。
 例え予行演習でも、二人がお互い、相手のことを知るのは大切だって思いますもん。
 ちはやは取材が出来たし。
 かごめはきっと、見ていても訳が分からなかったんでしょうね。

 与一が胴着と木刀じゃ無くなってからは、それなりに普通な感じでデート出来てたみたい。
 何げにいぶきは天然なんだあ。
 完璧なお姉ちゃんキャラでも無いのですねん。
 そういう所は、あやめには見られなくって良かったかも。
 あ、結構、見られちゃってたのかなあ。
 あやめも、二人の気持ちとか本心とかには触れて無かったけれど。
 後で誤解は解けて、良かったね。

 で、唯は結局、刺客だったのでした。
 とほほ。
 デートとか回りくどいことはしないで、最初っから実力行使すれば良かったのに。
 あ、木刀を手放させる必要が有ったのかあ。
 ああいう手で来られたら、ちょっと脅威かも。
 男の子的には。
 狙っていたのは与一なのかいぶきなのか、ちょっとだけ微妙かな。

 ラストでは、いぶきもちゃんと幸せになれたみたいで、良かった良かった。
 「そういう与一さんのことを好きな人だって…!!」の台詞は、凄い勢いで風圧だったけれど、あれも浮羽神風流なのかしらん。
 てことで、めでたしめでたし、なのですよ。
 ラブコメはやっぱり楽しいです☆。
 噴水では、与一が間に合うのかと思ったけれど、二人、一緒に水の中に落ちちゃいましたあ。
 あれで笑ってくれるいぶきは、もう本気モードですよねー。

2009.01.30

■明日のよいち! 第4話「ちはやぶるちはや」

 「道は違えど、志は見習いたいものでござる」。
 ちはやはまんが道、与一は武道。
 そして私は、鉄道。
 …止めなさいって(^^;。

 斑鳩家のお嬢さん達は、みんな一生懸命に頑張ってます。
 あやめは、まだ進むべき道を見付けられてないけれど、それを掴もうとしているみたい。
 まだちっちゃいかごめも、いぶきの背中を見て、素直ないいコに育ちそう。
 そういうのって、いいですよね。
 みんなの真っ直ぐな気持ちが伝わって、凄く気持ちいいもん。

 いぶきの暴力的な所は、さすがに自制した方が良さそうかなあ。
 与一への迷惑度が、かなり高いんですもん。
 あんなに血相をかえて、ちはやの部屋に飛び込んで来たりして。
 与一を一体何だと…。
 まあ、部屋の中で予想通りの光景が展開していたりするから、誤解が更にヒートアップしちゃうわけなのですけど。
 与一ってば、間が悪過ぎ。
 これは、これからもずっとこうなのでしょうね(笑)。

 で、斑鳩道場の門下生は、子供が4人だけなのですかあ。
 少なっ。
 それが、あんなぼろぼろな傷だらけにされちゃって。
 いぶきは子供にも容赦無いです。
 与一もぼろぼろ。
 あやめが無傷だったのは、稽古に参加していなかったから?。
 それとも、あやめも強いのかしら。
 そこは未だに不明なのです。
 与一といぶきの立ち会いも、もっと見ていたかったけれど…。
 あんな結果になりました(^^;。

 ちはやはお仕事してますよー。
 勉強よりも優先順位は高いのだ。
 斑鳩家の家計って、実はちはやの原稿料で成り立ってるとか…。
 あながち冗談とも思えません(^^;。
 それでも、ちはやは追い詰められてる感じが全然しなくって、まんがを描くのが楽しそう。
 いいですよね。
 体を張った取材とかは、別に必要無かった気はしますけど。

 あんなの、あやめにばれたら大変だあ。
 でもまあ、あやめは色々考えちゃって、考えはするけれど、なかなか行動には移せないタイプみたいなので、ちはやが背中を押してあげる必要は有りそうなのです。
 お風呂場のあやめの仕種に、性格が凄く出ていたよ。
 それに、凄く綺麗な顔をしていたり。
 何げに、いぶきよりも美人さんじゃないかと(^^)。

 かごめはですね、家の中で暴力事件が起きると、その影響を受けまくったりとかします。
 そうですよねー。
 巻き込まれちゃう可能性は高いのです。
 今回みたいなことが続いたら、さすがにちょっと可哀想。
 いぶきも考えてくれればいいのにな。
 無理かあ。
 与一といぶき、相性が悪いみたいですもん。
 でもでも、最終的にかごめがいつも笑顔で居られるなら、与一が来たこともプラスになります。
 今回はちゃんとそうなっていたから、私は嬉しい。

 教室で泣いちゃってたちはやも、根はとっても強いコですから。
 自分にちゃんと信念が有るよ。
 確かに学校は勉強する所なので、周囲に迷惑かけちゃうのはどうかとも思う。
 それは本人も分かっていたみたい。
 ちはやは大人ですものね。
 信念の無いクラスメートの男の子には、与一がきつく注意を…。
 あれは、暴力では無く、注意ってことで☆。
 与一とちはや、タコ繋がりも出来ましたあ。
 別に手位は繋いでもいいと思うのですが、いぶきとあやめ、沸点低過ぎなのですよー(^^;。

2009.01.24

■明日のよいち! 第3話「脱いだらすごいんです」

 斑鳩道場の門下生が少ないのは、何と、師範代のいぶきが暴力的だから!。
 衝撃の事実が発覚したです(^^;。
 いぶきのリアクションを見るに、真実だったみたい。
 早くもそれに気付いた与一は凄いけれど、毎日毎日、身をもって実感してますものね。
 今回も、だよ。
 つばさと話をしていただけで、怒られてたもん。
 まあ、つばさに対してもアンジェラに対しても、口説いてるように見え無くも有りませんから(笑)。

 そんな斑鳩道場では、あやめが稽古に加わったです。
 与一と一緒に居る時間を増やそうだなんて、あやめは健気なのですよー。
 優しくされるとパニックを起こすから、全く何も進展してませんけど。
 ちはやはしっかりアドバイスしてくれてるし、かごめも訳が分からないままに応援してくれてるみたいで、それは頼もしいかも。
 それなら、いぶきにもしっかり話を通しておいた方がいいって思うけれど、いぶきは恋敵認定されてるのかしらん。

 それとは別に、あやめも結構強かったりするのかな?。
 稽古のシーンが全く無いので、イマイチ謎です。
 今は、キャラクターの登場を優先させてるせいなのかなあ。
 浮羽神風流の実体も謎に包まれて…。
 ちはやとかごめも、外見はあんなだけど、やっぱり普通よりは強いのかしら。

 そして、つばさが与一といぶきのクラスに転校して来ました☆。
 可愛い転校生が実は刺客だったという、ありがちな作戦を臆面も無く使っちゃいます。
 本人、全くやる気が有りませんけどねー。
 都会で普通の生活を送りたいっていうのは、それは確かにそうかもしれません。
 だから、与一との対決は絶対に避けなくっちゃいけないのだ(笑)。
 クラスメイトから質問攻めになったつばさの内面の葛藤が、見ていて楽しかったりしましたよん。

 でもまあ、OPとは違って、ハダカにはならなかったから一安心なのです。
 あの格好も、相当恥ずかしいですけど。
 ラーメン屋さんでバイトをしていても、下はやっぱりあれみたい。
 着ていた制服は、かなりウエイトをかけてたみたいで、あんな隙だらけの顔をしていても、やっぱり武術家なのですねん。
 そんなことより、ちょっと引っ張っただけで、全部脱げてしまう制服っていうのはどうなのかと(^^;。
 アンジェラってば、なんちゅーことを…。

 つばさは何故か、涼に一目惚れしちゃうし。
 涼のおかげで、バトルモードから通常モードに戻ったです。
 あそこは、なかなか印象的なシーンだったよ。
 与一といぶきよりも、何だか主人公とヒロインみたいな…。
 そんなんでいいのかにゃ(^^;。
 涼とつばさって、感性が似ているみたいだし、結構お似合いなのかもしれないです。
 涼がちゃんと気付いてくれるのかは、定かでは有りません。

2009.01.19

■明日のよいち! 第2話「ようこそ翼高」

 OPでハダカになってるコが、激しく気になります…。

 なんてことはともかく。
 与一、斑鳩家の姉妹と正式な顔合わせ☆。
 全員と事前に接触してたんですよねー。
 当然ながら、あやめには激しく嫌われちゃってて。
 ちはやはそうでも無かったよ。
 ちはやって、何を考えているのかがイマイチ分かりにくいので、今後の描かれ方が一番楽しみだったりしています。
 胸のことで、あやめにツッコミを入れてたけれど。
 本人は、本当にそういう気は無かったのかしら。

 いぶきは、前回とかなり印象が変わったかも。
 実は乱暴者だったんだあ。
 さすがに、やたらと手を出し過ぎみたい。
 ていうか、与一と同じ学年だったんですか。
 見えないなあ。
 きっと、色々な重圧があるからなのでしょうね。
 与一の朝稽古に見とれていたけれど、やっぱり相当強いのかな?。
 与一との手合わせが楽しみになりました♪。
 あと、鷲津ビジョンの最初に出て来た「有り得ないんですけどー?」っていう悪人顔が似合い過ぎで可笑しかったり。
 私の中では、怒り顔が基本イメージになりつつあるです(^^;。

 あ、あやめ、デレた。
 って、デレるのはやっ。
 元々、そういう素養が有ったのかしら。
 さくさくとキャラの要素が確立して行くのは、見ていて気持ちがいいです。
 何をやってもいぶきに勝てないっていうプレッシャーは、ずっとあやめを縛っていたんだなあ。
 まあ、長女のいぶきとしては、簡単に次女に負けるわけにはいきませんし。
 それぞれの立場で、事情が有るのですよね。
 ともあれ、お料理は危険なので、今後も一人でやろうとかは思わない方が…。

 かごめは、いぶきの才能を結構受け継いでいたりするのかも。
 お料理の腕は確かだったもん。
 ちゃんとあやめへの気配りも出来たりして。
 あれで、あやめが救われたよ。
 放っておいたら、とことん捻くれていたと思いますよー。
 あやめが笑顔になれたのは、与一だけじゃなく、かごめのおかげでも有るのだ☆。
 お片付けは、一人でやるハメになっちゃったけれど…。
 踏み台の上で半ベソ状態だったかごめが、もう可愛いったら!(^^;。

 与一はですね、心配された学校生活も何とかなりそう、かな。
 山奥の学校は生徒一人で、授業はずっと自習だったって、こら。
 女の子にも大人気だったです。
 そのおかげで、いぶきに顔面を殴られまくってたけれど…。
 鷲津涼からも、一方的なライバルとして認められたみたい。
 一体何のライバルなんだか。

 ん、今回も見所満載で楽しかったですよー♪。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ