カテゴリー「夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~」の9件の記事

2008.12.20

■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第12話「サクラマウ」

 秋名が円神をチューニングして、桜真町はぎりぎりの所で救われました。
 ヒメも、龍の能力をフルに発揮出来るようになったみたいなのです。
 それでもやっぱり、ギンを助け出すことは出来なくって。
 ギンの魂はまだ残っていて、秋名とアオもそれを認識したけれど…。
 もう躊躇うことも無く。

 シリーズの後半は、殆どの部分を円神の中のギンへの気持ち、みたいなものが占めて、でも実際にどうすればいいのかっていう話にはならず、何だかもやもやとした気持ちになっちゃいました。
 見ていた私としては、ギンは放送開始時点で既に居なかった人なので、あまり思い入れも無くって(^^;。
 秋名が決断をする過程っていうのも、特に印象には残っていません…。

 ヒメも、みんなと力を合わせて、といった感じでは無かったですよね。
 まあ、入院していたせいもありますけど、別ルートで能力を解放したっていうか、言葉の意味に気が付いたっていうか。
 龍槍を託されたのが、そのきっかけみたいにも見えたりします。
 実際には、結果として龍槍がヒメに応えた、ということなのでしょうけど。

 ちなみに、ヒメの逆鱗って言うのは、首の傷痕のことなのか、それともマフラーの方なのか、ちょっと考え込んじゃいました。
 マフラーをしていないヒメは、ちょっと見誰だか分かりません。
 あ、何か新鮮だったよ。
 実は、あのマフラーでバランスを取っていたのですねえ。

 円神は、比泉に相当な恨みが有ったみたいなのですが、どうして真っ先に秋名を倒しに行かないのかが、結構謎です。
 ギンの意識が、それを許さなかったのかにゃあ。
 良く分からないや。
 いつかは、また復活して来たりするのかしら。
 ぼろぼろになった七郷も、まだその力は残しているの…?。
 この先、町長は桜真町の復興に大忙しです。
 呑気に見回りだけをしている場合じゃ…(笑)。

 全体的には、もっと呑気なお話の方が良かったかなあ。
 桃華と鈴の出番も少なくなってしまったし。
 キャラデも性格も、私はこの二人が好きだったのですけど。
 篠塚はじゅりの所で無事だったし、ちゃんと馴染んでくれるかな?。
 お笑い方面も、行けます?。
 …こら。
 こういう妖怪の為に、桜真町は有るのですものね。

 桜の花びらが舞う光景って、それだけで雰囲気有ったりして。
 そこに流れる、ツンツンデレの歌(笑)。
 やっと楽しげな雰囲気が戻って来たです。
 この作品のタイトル、「ヨザクラカルテット」は、何げに格好良くって好きでした。

2008.12.15

■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第11話「キミノマエ」

 キリンチームの秋名と恭介、しっかり協力しながら、巨大なトカゲさんを倒していたよ。
 珍しく、意見が一致してたりして。
 男の子なんですもん、たまには無茶するのもいいですよね。
 格好いいです(^^)。
 あ、でも、恭介は恭介なので、細かいことに一々反応していたり。
 律義だにゃあ。

 ヒメの方は、とりあえず今は休むべき時なので…。
 じゅりが全力で、ヒメを病室に留めていたよ。
 ボディプレスもどきで、ヒメを足止め。
 そんな、じゅりさん、一応相手は病人なのにい(^^;。
 まあ、相手はヒメなわけで、あそこまでしなくちゃ駄目ってゆーか。
 石頭だし。

 じーちゃんの言葉で、ヒメはかなり元気付けられて、ヒントも貰ったみたいなのです。
 先代の町長であるおばーちゃん、完璧超人なのかと思ったら、実はそうでは無かったみたいで、逆に、だからこそ力を発揮出来たのですね。
 そして、今までとは逆に、ヒメを取り巻く全ての人達が、ヒメを元気にさせて、力をくれて。
 ベクトルが見事に逆になったです(^^)。
 武器もしっかり確保して、いよいよ決戦なのですよお。

 アオのサテライトは、本気で凄かったね。
 あれだけの情報が流れ込んで来たら、普通の人間は脳がショートしちゃいそう。
 サトリって、凄いぞ。
 アオは、しっかり円神を見付けたよ。

 ことはも、のど飴を舐めて、本気モードです。
 えーと、その本気は良く分かりませんが…(^^;。
 喉を痛めて実体化させたあれ、一体なんて名前の兵器なのでしょう。
 鉄道マニアな私としては、わざわざ線路の上に出さなくってもいいのに、なんて思ったりして。
 だって、軌道への負担が凄そうなんですもん!。
 車輪は前後それぞれ12って言ってましたけど、軸重はどれ位になるのでしょうね。
 ジョイント音は普通だったけれど。
 東急田園都市線の路盤で耐えられるのかしら。
 発射の反動とか、きっと凄いのでしょうし。
 そもそも、もっと優しく出して下さいよお(^^;。
 だから、凄く心配な私なのです。

 ともあれ、土地神様のうっかりで、見事に円神に命中。
 変化球っていうのも、こういうときには有りなのではないかと。
 許す!。
 にしても、秋名と恭介は呑気さんなのでした。
 「こんなヒメはイヤだ」も、まさかの3と4が有りましたねー。
 1と2は、どんな内容だったっけ…(^^;。

2008.11.29

■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第9話「ユクサキニ」

 前回のアオは、ギンの姿を前にしても結構冷静に見えたけれど、決してそうでは有りませんでした。
 それはそうですよね。
 それでも、もうどうしようもないと思ってはいるらしくって。
 あくまでギンの姿をした円神を倒すことに消極的なのは、秋名だけになっちゃいました。
 秋名にしたって、具体的にどうすればいいかのプランは無さそうだから…。
 いい加減なヤツにしか見えません。

 恭介が怒るのも無理は有りませんよー。
 桃華だって、普通の生活が送れないような状態なんですもん。
 妖怪達、今までは桜真町で普通に暮らせていたのにね。
 いきなり、人間との違いが際立ってしまいました。
 桜真町の役割が、ここで私にもはっきり分かったです。

 ヒメも、体を動かすことで、気を紛らわせているだけみたいに見えて。
 実際、打開策が見付かりませんものね。
 雄飛は静観するって公言してるし。
 七郷を切り倒しちゃうっていうアプローチは、果たして有りなのでしょうか。

 ことはのお裁縫は、結局成功したのかにゃ。
 眼鏡といい、ことはの言動は結構謎だったり(^^;。
 あと、じゅりは本当に医療関係者だったんだあ。

2008.11.14

■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第7話「ハナミズキ」

 みんながみんな桃華を見習ったら、別の作品になっちゃいますよお(^^;。
 それは難易度が高いみたいなので、とりあえずは大丈夫そう。
 その後、お酒に酔っても、みんなそんなに変わらなかったみたいだし。
 もっと本音がぽろぽろ出るかと思ったのにな。
 たった一人で素面だった秋名、お気の毒でしたあ。

 秋名もヒメも、少しずつ少しずつ、お役目を担う者として、それっぽくなって来たみたいなの。
 それでも、町の人全員から受け入れられるには、まだもうちょっとかかりそう、かな。
 それは、時間が解決してくれるでしょう。
 多分、本人の意思とは無関係に。
 ヒメがしきりと話したがっていた祭事のこと、なかなか雰囲気が有りました。

 宿酔な恭介は、秋名に何を言われても反論出来ません。
 しっかし、どうしてあんな所にお地蔵様が…。
 どうせなら、ツンデレな町歌位は歌って欲しかったかもっ(^^;。

 最初のエピソードで出番は終わりなのかと思っていた鈴も、しっかりレギュラーとして頑張ってます。
 私はこのコが好きなので、嬉しかったりするよ。
 あのとぼけた感じがたまらん(笑)。
 今回も、どんな衣装を着てくれるのか、凄く楽しみだったもん。
 優しくって、時々距離が近いおじさんのラーメン屋さんで、ずっと頑張って下さいねん。

 そして、円神がもう帰って来たですよ。
 今度は意図的に、アオの所へやって来ました。
 やっぱりそうなりますよね。
 作戦としては的確って思います。
 …激しく嫌らしいけれど。

2008.11.07

■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第6話「ツムグウタ」

 「CHAOS;HEAD」に出て来るのは東急の5000系、こっちの作品に出て来るのも東急の5000系。
 同じ東急の5000系なのですが、新旧全くの別物だったりしますよん。
 あと、「夜桜四重奏」の世界では、電車が左右逆に走ってるんだあ。
 それより、鉄橋の下であれだけ派手に火器を使って、施設や運行への影響は無かったのか、私はそれが激しく気になるです(^^;。

 ギンの姿で、アオの前に姿を現した円神。
 それはとりあえず置いといて…。
 こら。
 アオはそんなにショックじゃ無かったのかしら。
 幻だと思ったのー?。
 円神としても、別にアオを利用しようってわけでは無かったみたいで…。
 暫くはお休みするみたいなのです。

 今回、利用されかかったのはことはの方で。
 普通の人間とは違うってことを、殊更に強調されて、挑発されちゃいましたねん。
 でもでも、それはもう、鈴のときにやりましたから…。
 あんまり面白みは無かったかも。
 ドイツ行きのチケットに大穴を開けたヒメの方が、よっぽど効果的だったというか(^^;。
 ことは、感情を爆発させちゃいましたねえ。
 ヒメにも、チケットの弁償は出来ないみたい。
 カラオケ大会の景品がドイツ旅行って、それはまた打ってつけな…。
 円神の罠…?(^^;。

 教室でお話をしていたことは達4人を見るクラスメートの目、銃を撃ちまくることはを見るお友達3人の目、それがちょっと気になったりもしたけれど、それに関しては特に何事も起きず、お話は進んでしまいました。
 微妙にストレスが溜まるかも…。
 嫌な感じに、持って回った描き方なんですもん。

 でもまあ、ことはの言霊使いの能力が詳しく描かれて、面白かったです。
 絆創膏出すのも大変なんだあ。
 マイクとか銃火器がさくっと出て来るのは、もう本人の趣味としか。
 詳細を知り尽くしていると、一々説明なんかしなくっても、一発で出せるのかしら。
 ヒメとの模擬戦では、そのイマジネーションをいかんなく発揮していましたよね。
 眼鏡っ子設定が伊達だったりしたのは、周囲のリアクションも楽しかったです(笑)。

2008.10.31

■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第5話「キミヲマツ」

 ギンが言っていた、サトリが必ず通る道で引っかかってしまったアオ。
 その答えは、秋名も教えてはくれませんでした。
 実際、自分で考えて、自分で決めるしか有りませんものね。
 サトリである自分と、どう向き合うのか。

 ちなみに、その能力は、使うか使わないか、自分で決められるみたいなのです。
 相手の思っていることが、勝手にどんどん頭の中に流れ込んで来ちゃうって訳では無く。
 それに、心を読んだときは耳にビリビリが走るので、相手にもそれはちゃんと分かって。
 勝手に心を読まれたって疑心暗鬼になることは無さそうだから、結構良心的かも、なんて思うのでした。
 それなら、便利な能力って割り切ってしまえるレベルだとも思います。

 幼稚園で、子供を相手にしたお仕事なら、それは凄く有効だったりもして。
 そっかあ。
 ああいう使い方もあるんだ。
 アオはピアノも弾けちゃうし、先生には向いてるかもしれませんね。
 大人気だったよ。
 おばさん呼ばわりされることも無く(笑)。

 他のみんなも頑張っていたけれど、体力を吸い取られちゃってました。
 慣れないと大変そうだなあ。
 恭介なんて、血まで吸われちゃって…。
 ヒメも人使いが荒いのです。
 鈴まで使ってましたもん。
 件の町歌は、しつこく流してかなり浸透したんだって。
 凄いです。
 子供達にまで教えていたヒメが可笑しかったですよー(^^;。

2008.10.24

■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第4話「フリカエル」

 ギンって、物凄い精神力の持ち主さんなのです。
 あれだけの焼きそばを、残り1分で完食したんですもん。
 凄いなあ。
 その後、出てるのは鼻だけなら良かったのにね。
 とうとうリバースしちゃったよお…。
 あの焼きそばに比べたら、円神なんて、凄く小さく見えるのです。
 いえ、円神のこと、私は全然知らないのですが…(^^;。

 ヒメと恭介は、夜行高速バスで秋田へ出張☆。
 更にお弁当持参だなんて、経費削減は徹底しているのですねー。
 新しく決めた町歌も、ヒメが自分で作ったのかしら。
 ツンデレツンデレって、最初に聴いたときは、一体何事なのかと…。
 でもでも、メロディーが付いたら、童謡みたいに、耳に心地好く響いて来る曲だったよ。
 一度聴いたら忘れませんもの(笑)。

 そして、男の子は思い出をとっても大切にします。
 いいじゃないですかあ。
 それで前に進めなくなってしまったら困るけれど、ギンの魂はまだ残っているそうですし…。
 円神、嫌らしいの。
 あれじゃあ、秋名はどうすればいいのやら。
 ヒメだって、その覚悟が通用しなくなっちゃうのです。

 とりあえず、ヒメの味覚がお子ちゃまなことは分かったよ。
 意外な弱点、発見!。
 アオもことはも、随分と嬉しそうだった。
 梅干し、私も結構苦手だなあ。
 仲間仲間(^^)。
 私はレモンも苦手ですけどね…。

 鈴が考案したらしい新メニューは、まだまだ改良の余地有りみたい。
 くどいお味にはご用心!。
 そして、秋名とヒメの関係について、いきなり核心を付いて来る鈴だったり。
 確かに、付き合ってるように見えますよねー。
 逆に、凄い距離感を感じたりもして。
 二人の世界、近いようで遠いっていうか。
 空気っていうのは、当事者ならではの言葉だって思います。
 そして、そこで何故か狼狽えていた桃華が可笑しかったです☆。
 それを鈴が指摘すると、更に狼狽えちゃってたもん。

2008.10.17

■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第3話「ソノカクゴ」

 秋名の事務所は、いつもすっごくいい雰囲気なのです。
 居心地良さそお。
 ちょっと羨ましいな。
 お仕事は、きっちりしっかりやってますし。
 それはヒメも変わらないけれど、世間ではなかなかそうは見てくれないみたいなのです。
 大変だあ。
 今だって若い上、前任者のおばあちゃんとは、常に比較されちゃうもん。

 ある程度は肩の力を抜いて貰った方が、年相応って感じで、私はいいと思うんだけどな。
 ずっとピリピリに張り詰めていたら、ヒメが壊れちゃいそうだし。
 とりあえず、その心配は無さそうだけれど、結構危ういバランスではあるみたい。
 その辺りをちゃんと分かってあげてる秋名は、偉いです。
 今回の秋名、凄く格好良かったよ。
 ヒメの覚悟も、しっかり伝わって来たです。

 シルバーは、最初から秋名を敵って認識していたのですねん。
 …何の敵かはともかく。
 それでも、寝込みを襲ったのはまずかったかも。
 アオにも心配されちゃったけれど、雨の中をとぼとぼ歩くシルバーの姿は、涙を誘ったです。
 私はああいうのに弱いのですよお。

 キョンシーの鈴は、元気そうだったっけ。
 鈴はシルバーには殆ど関わりません。
 アルバイト中ですもの。
 しかもラーメン屋さんだし。
 シルバーのいじり方は、桃華が凄く手慣れていたです。
 それでも、ヒメの観察もしっかりしていたよ。
 恭介以上に。
 ヒメのツンデレ反応は勿論ですが、それ以上に恭介と桃華の反応が面白かったりして♪。

2008.10.10

■夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 第2話「キミノナハ」

 人間嫌いなキョンシーちゃんの鈴、今回も手強かったです。
 本人はイタイケだし、一生懸命な様子が凄く分かるから、あんなこと言われちゃって、秋名も辛いですよね。
 ヒメがしっかり励ましてくれてたけれど…。
 人間同士だって、人種とか身上とか性別とか身分とか門地とか、色々と差別やトラブルの要因はあるんですもん、人間と妖怪だと、分かり合うのは難しいのかもしれません。
 鈴は、あんな体験をして来た訳ですし。

 でもまあ、自分と相手が分かり合う方法、それは結構単純だったりもするわけで。
 それをちゃんと証明した秋名は、同じ人間の私としても、見ていて嬉しかったのでした。
 鈴は、笑顔でバイトしてましたよお。
 あれなら、アパートや学校でも、周囲とうまくやって行けてるよね。
 良かった良かった。
 お札代わりの名札もカワイイですよ♪。
 あ、いくら可愛くっても、牛タンは却下なのです。
 当然(^^;。

 何げに、恭介も鈴と同じ意見だったみたい。
 こら。
 そんなこと言ってると、妹の桃華から嫌われちゃいますよお。
 ちなみに、本人に確認しないと、相手が人間か妖怪かの見分けが付かない位なら、一緒に暮らしていても、そんなに問題は発生しないんじゃないかと…。
 一瞬そんなことも思ったのでした。
 まあ、いつかは気付かれてしまうのでしょうねー。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ