カテゴリー「あかね色に染まる坂」の11件の記事

2008.12.19

■あかね色に染まる坂 第12話「あかね色に染まる坂」

 「兄さん」と「お兄ちゃん」っていう呼び方には、実は厳密な使い分けが有ったのですねー。
 その辺りを、私はまだまだ分かってなかったです(^^;。
 湊は、ずっとそう呼びたかったし、甘えたかったみたいなの。
 その呼び方に関して、準一からは特にコメントが無かったけれど…。
 まあ、かつては自分から拒否した訳ですし。
 実際、歯止めは必要でしたよねー。
 心の中に、いつもバリアを(^^)。

 山奥へと連れて行かれた準一、罠なんじゃないかと思ったら、本当に罠だったみたい。
 でも、両親が来たのは本当で…。
 あれれ?。
 両親は、そのまままた何処かへと行ってしまいました。
 一瞬、湊と優姫の居る自宅が襲撃でもされたのかなって、冷や冷やしたよ。

 準一を巡っては、何か色々と陰謀や試練が有ったみたいなのです。
 色々と。
 その辺りを詳しく語ると長くなるから、全てカットしたのかしら。
 何だか、なごみが二人居たような…。
 あ、でもジェノキラーの本体は出て来ましたねえ。
 …本体とゆーか。
 昔の準一って、あんなだったんだ。
 自分自身と向き合おうとするなら、避けては通れない過去なのでした。

 今回のメインは、準一の心の中のお話なのです。
 湊も優姫も、だらだらと現状を維持することは望まず、判断は全て準一に委ねました。
 二人共、病んだ怪しいモードに入ることも無く、押し付けがましい所が全く無かったのは、個人的に嬉しかったよ。
 それでいて、準一が結論を出すまでは、準一に対しても厳しかったですし。
 そういうのって、いいですね。

 実の妹が相手っていうのは、さすがにどうかと思いますけど…(^^;。
 まあ、いっか。
 湊、可愛いし。
 目茶苦茶好みだもん。
 えーと、私の好みは、別にどーでもいいのですけど。
 ラストでは、スク水で背中を流そうとする位、はしゃいでました(笑)。
 歌も可愛かったですよねー。
 こればっか。

 優姫も、お話が進むにつれて、どんどんと魅力的になって行ったから、この結末は私には嬉しかったりもして。
 甘いと言えば甘いかもしれませんけど、お話の中では、夢が有った方がいいですもん。
 インモラルアニマルな二人には、まだまだ歯止めが必要ですものねー。

 妹に優しいお兄ちゃんっていうのも、やっぱりいいな。
 なんてことを思いつつ、最後まで明るくて楽しい、魅力的な作品でした。
 面白かったです♪。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2008.12.12

■あかね色に染まる坂 第11話「あかね色のパズルメント」

 ずっと元気に振る舞っていた湊なのに、突然あんな弱さを見せてしまったら、準一だってとても放ってはおけませんよね。
 今だけ、何も無かった、なんてことには当然なりませんもん。
 それでも、兄妹だから自然に振る舞おうとしていたけれど、優姫にはすぐ見破られちゃいました。
 それはもう、朝ご飯を食べていただけなのに、あっさりと。
 優姫も二人に凄く近付いたってことなのですねー。
 頑張りましたあ。

 実家では、言うべきことを言って、今の自分の気持ち、しっかりお父さんに伝えたよ。
 格好良かったです。
 ただ婚約を嫌がっていた以前とは違って、落ち着きが出たっていうか。
 それで、一刻も早く準一に会いたくって、あんな朝早くから帰って来たですかあ。
 優姫、随分変わったね。
 「死なす」の口癖は、しっかり健在なのですけど。

 準一はと言えば、自分の気持ちをどうすることも出来なくって…。
 ふらふらしてます(^^;。
 とりあえず、湊は妹だっていう前提の上では、優姫しか選択肢は無い訳ですし、それに従って行動するしか無いわけですよね。
 正しいです。
 でも、湊のことは凄く大切だし、気になって気になって仕方無い訳で。
 以前、インモラルアニマルって言われてしまった優姫にも、本当のことなんて言える訳が有りません。

 それは、湊も一緒だったみたい。
 優姫が正式に準一の彼女になってから、周囲の何気無い言葉に、一々傷付いていたのですねー。
 その枷を外してくれたのは、他ならぬ優姫だったりもして。
 妹だって関係無いって言ってくれたのが、優姫だもん。
 それは、湊が一番欲しかった言葉だと思いますし。
 全てにおいて、フェアじゃないことが嫌いな優姫らしかったです。

 これで、残るは準一なのです。
 一人で両親と会って、何かが変わるのかしら。
 現実問題として、妹と恋愛っていうのは無理が有りますし。
 それを乗り越えてしまうのか、無難に三人で暮らすのか、湊が両親と一緒に出て行ってしまうのか、ちょっと怖くてちょっと楽しみな私なのでした。
 OPでは、ちょっと怒った顔の準一と、仲良さそうな湊と優姫が並んでいるし、私は三人一緒が希望です。
 この作品に関しては、準一の結論が先延ばしになったとしても、それはそれで幸せかなって。
 湊も優姫も、可愛過ぎなんだもん。
 私は最初から湊が大好きだったけれど、優姫の存在感もどんどん増して来たのでした☆。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2008.12.05

■あかね色に染まる坂 第10話「あかね色のコンフュージョン」

 妹離れが出来ない兄と、兄離れが出来ない妹。
 あ、それって、本当に長瀬兄妹にぴったりの言葉みたい。
 すっごく仲がいいんですもん。
 二人、別に義理とかじゃ無く、実の兄妹なんですよね…?。
 なら、湊は妹100パーセントなのですよお。

 湊は優姫の味方だし、優姫のことを応援してくれたりもするけれど、やっぱり準一を取られちゃうのは寂しいみたい。
 ラストを見るに、寂しいを通り越して、それこそインモラルな領域に入ってしまいそうなんですけど…。
 愛情が溢れ出しちゃってる感じなの。
 私としても、湊の辛そうな泣き顔は見たくないし、準一と湊のコンビが解消されてしまうのは悲しいし、あの兄妹はずーっと一緒に居て欲しいのですが…。
 優姫だって、お似合いですものね。
 だから、見ていて困ってしまうのです。

 さすがの優姫だって、湊も込みで準一を貰うわけには行かないでしょうし、結局は準一がどちらか一人を選ばなくっちゃいけません。
 優姫と正式に婚約するか、一生彼女は作らないか、そういう選択。
 なごみの報告書が、また不安な気持ちにさせてくれちゃいます。
 大丈夫なのかしら。
 あんまり暗い展開になったら、嫌ですもん。

 自分の気持ちをどうしていいか分からず、準一のことも全然分からず、混乱しまくっていた優姫は、凄く可愛かったです。
 確かに、準一の性格はあんなだし。
 一応は、ちゃんと考えててくれたみたいですけど…。
 ハダカで家の中を歩き回るのはどーかと思う。
 湊はともかく、優姫のことも、すっかり家族認定しちゃっているの?(^^;。
 それって、彼女とかとは逆に遠くなってるような。

 蔦の絡まった華恋まで準一争奪戦に参入しそうな勢いだったり、幼馴染みのつかさは戦う前から負けていたり(とほほ)、観月はあんなに可愛いのに彼氏は居ないのが発覚したり、親友の冬彦がいいこと言ったり、色々と賑やかになって来ました。
 意識しまくりで、やたらと白々しい会話を交わしていた優姫と準一は、可笑しかったなあ。
 あれじゃあ、一緒に暮らしている湊だって困りますよね(笑)。

 ちなみに、準一のキスは場を全く読んでいないキスなので、気持ちが全然重ならないキスなのです(^^;。
 あと、優姫の衣装は、絶対にスク水だと思ったのになあ。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008.11.28

■あかね色に染まる坂 第9話「あかね色のバースディ」

 準一と優姫、相変わらず仲がいいのでした。
 本人達はそう思っていなくっても、傍目にはしっかりそう見えちゃいます。
 喧嘩したって、否定したって、むしろそれは逆効果なんだもん。
 ちなみに、今回は全体的に準一の方が落ち着いていて、地に足が付いた対応だった感じで。
 優姫はわたわた慌て過ぎみたい。

 最初はパーティーに難色を示していた優姫も、すっかり湊に騙されちゃいました。
 そういう湊には勝てません。
 湊としては、準一のバースデー、みんなにお祝いして貰いたいですもんね。
 優姫も、参加するって決めた以上、本気で取り組まなくっちゃ。

 でもでも、優姫と華恋、お金持ち同士のプレゼント選びは、見ていて結構冷や冷やものなのでした。
 金額の桁が違い過ぎなんだもん。
 もっとこう、さりげないものの方が…(^^;。
 それでも、優姫は結構、フツーの高校生らしいバランス感覚が有ったみたい。
 うんうん。
 本当は、自分でしてあげたいこととか、してあげられることとか、何か有ればいいのですけど。

 ちゅことで、優姫は一人、準一のお部屋をガサ入れしちゃいます。
 確かに、準一のことを知るきっかけにはなるかも…。
 何だかんだで、優姫は楽しそうだったよ。
 ちなみに、準一の趣味って、どこまで本気なのか分かりません。
 あんまり拘りが感じられないぞ。
 何げに、素っ気ないお部屋だったし。

 本気なのは、えっちな本だけ…?。
 それもしっかり湊の監視下に有るっていうのがナサケナイです。
 金髪の巨乳好きなこと、可愛いとか言われますよお(^^;。
 そんなの、本人には聞かせられません。
 理解の有る妹っていうのも、頭痛の種になりそうで。
 優姫と湊、二人で脚立に登って、天井裏に有る秘密のコレクションまでがさがさやってるよー。
 きゃあ。
 でもまあ、見ている分には、とても楽しかったです(笑)。
 湊の落ち着きぶりと、優姫のリアクション、凄く可愛いかった。
 あと、準一の好きなものに洋梨も追加っ。

 ともあれ、ケーキ作りを湊が優姫に譲って、準一へのプレゼントは決定☆。
 出来はそんなに良く無かったけれど、準一、優しかったね。
 別に美味しいって言わなくっても、嬉しいって言えば良かったのに。
 それでも優姫は嬉しそうだったし、二人がちゃんと笑顔になれて、良かった良かった。

 そして、優姫と湊、二人には秘密の気持ちが芽生えたりもして。
 今は、湊の方が準一のことを分かっていると思うのですが、優姫が湊の知らない準一を知ってしまったら、そしてそのことに湊が気付いたら、三人の関係、一体どーなってしまうのでしょうねー。
 最後に出て来た航空券、「東京→フランス」って、またえらく分かりやすいです。
 フランスは国名であって、空港名じゃ有りませんよお(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2008.11.21

■あかね色に染まる坂 第8話「黄昏色のデザイア」

 つかさ、今まであんなに揺れてたっけ…?。
 あそこまで弾んでいたかしら。
 あんまり良く覚えてないや。
 …なんてことを思いつつ(^^;。
 この作品、一つ一つのエピソードはともかく、お話を見渡してみたときに、全体の印象がかなり薄いのですよねー。
 勿体無いの。

 つかさが声優さんになる夢は、とりあえず、まだ実現しませんでした。
 でも、まだまだチャンスは有りますもん。
 最悪、華恋の口利きで…(^^;。
 緊張して失敗しちゃった辺り、つかさも結構、可愛い所があったりして。
 実は結構、準一との思い出を大切にしていたりもするよ。
 写真を頼みにわざわざ訪ねて来たり。
 今まで全く意識して無かったけれど、二人、幼馴染みさんなのですよね。
 そう思うと、可愛さも100倍だぞ☆。

 そして、実は結構謎だったりする、準一の本性。
 ていうか、その趣味なのですが…。
 部屋で見ていた、あのサイトって?。
 準一、声優さんが好きなのかしら。
 そして、もっと好きなものは、スク水。
 その事実は、広くみんなに知られることになっちゃいました。
 これはかなり情け無いです。
 優姫にも、ストレートにそう言われちゃったし。
 まさか、ここで湊のスク水姿が見られるとは思わなかったので、私はちょっと嬉しかったりもして♪。
 …ばか。

 今回、準一との関係においては、つかさよりも優姫の方が頑張っていたみたい。
 優姫からの視点で、準一のこと、色々と描かれてましたもん。
 何げに、感情がストレートな優姫が可愛かったよ♪。
 準一のお部屋まで、進路の相談に来てみたり。
 優姫の進路っていうのは、親が決めた許婚な準一と結婚することなんじゃ…。
 あ、結婚は、進路のその後、なんですよね。

 準一と優姫が同居してるの、みんなには内緒だってこと、私はもう忘れかけていましたよお。
 だって、二人、いつも一緒に居るんですもん。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.11.14

■あかね色に染まる坂 第7話「鋼色のフェスティバル」

 「悪いわっ」「悪いわよっ」。
 ほら、ぴったり合った(^^;。

 文化祭は、えらくあっさりとしたお話で終わるのでした。
 特に何事も起こらなかったね。
 一応は主人公な筈の準一が、文化祭に全く参加してないっていうのが…。
 酷い扱いなのですよー(^^;。

 あ、優姫が丸くなったっていうのは、本当かも。
 あの兄妹と関わっていたら、自然にそうなるのですねん。
 でもまあ、根は凶暴なままなので、からかい過ぎると、強烈な一撃を喰らいます。
 あの2発は、もうすっごく痛そうだった。

 テニス部が、テニスウェアにエプロンで焼きそばの屋台を開いていても、それはある意味自然かも。
 凄いインパクト有るし、それは作戦成功だよね。
 どきどき。
 湊も頑張っていたよ。
 肝心の準一は、とうとうそれを見ることは有りませんでした。

 だから、スク水な優姫の写真で、我慢して貰いましょ♪。
 準一、そういうの、結構好きなんですって。
 そんなことまで湊に把握されちゃってる準一、お気の毒です。
 湊は明るくさらっと言いますもん。
 あ、沢山撮った写真、ちゃんと分けてくれたつかさも、優しいの。
 自分では、衣装を全く着てませんでしたけど(^^;。

| | コメント (2) | トラックバック (12)

2008.11.07

■あかね色に染まる坂 第6話「山吹色のモンターニュ」

 綾小路華恋と一緒に行く旅、その2。
 前回は大型客船でパーティーだったけれど、今回はセレガで温泉☆。
 だよ。
 何故か、名目は生徒会の親睦旅行だとか…。
 一応華恋は、自慢したいって気持ちより、おもてなしでみんなを楽しませたいって気持ちの方が大きいみたいなのです。
 勿論、自慢だってしたいのでしょうけど(^^;。
 そんなに嫌味は有りません。
 実はもっとお金持ちだったりする優姫とのやり取りが、事情を知っている身としては楽しかったりもして。

 あ、それは湊についても言えますねん。
 サバイバルの中で育って来た湊さん、今回も大活躍なのです。
 でもまあ、日本国内なら、そんなに切迫した危機にはぶつからないみたい。
 呑気に熊さんと温泉に入っていたよ。
 超シスコンな兄としては、10秒持たずに、心配ゲージがマックスに…。
 はやっ。
 それに、湊の浴衣姿を見ただけであのリアクションですもん。
 怪し過ぎますよお。
 準一には、湊がどう写っているのでしょー(^^;。

 それはそれとして、準一が退屈そうにしていたから、まーた樺恋が怪しいモードに入ってしまって心配でしたけど、今回は大丈夫でしたねん。
 良かった良かった。
 みんなを混浴の露天風呂に連れて行くのは、どーかと思いますけど(笑)。
 しかも、何故かみんな乗り気だったり。
 準一ってば、すっかり遊ばれちゃってます。
 女の子みんなは、きゃいきゃい楽しそうだったにゃあ。

 準一はそんなの興味無いのかと思ったら、再び怪しい精神世界に突入して、導かれて、悟りを開いたです。
 またそれかい!。
 準一が良く分からなくなりますよお(^^;。

 あ、優姫の本心とかは、是非ゆっくり聞いてみたいです。
 とうとうインモラルアニマル呼ばわりな準一のこと、正しい方向へと、是非導いてあげて下さいね。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008.10.31

■あかね色に染まる坂 第5話「あかね色のファーストデート」

 湊は、とっても良く出来た妹ちゃんなのです。
 頼りない準一とのコンビネーションもばっちりだし。
 いいないいな。
 私も一人、欲しいです。

 優姫が言うように、湊に対しては、準一の態度、露骨に違っていたりもして。
 それは湊も一緒みたい。
 だから、デートとか言われたら、誰だってびっくりしますよね。
 何処まで本気なのか、分からなくなっちゃうもん。
 その辺りを追求されたときの準一と湊って、あたふたした様子なのが可愛いよ。
 それでも、お互いへの信頼感が溢れまくっているあの二人、ずっと一緒に居て欲しいかも。

 その間に割って入るとかは別として、優姫も家族の一員として、そこに寄り添って居られたらいいですよね。
 みんなで仲良く幸せに暮らして行けたらいいなって、そんなことを考えちゃうもん。
 世間知らずなだけに、優姫は何にも出来ないけれど、あの家の中で、優姫なりの居場所を見付けられそうな感じがするよ。

 そして、デートです。
 湊に気を遣われちゃいましたねん。
 準一と優姫、どちらに気を遣ったのかはともかく(^^;。
 本人が言う程には大人じゃ無かった優姫、えらいはしゃぎようだったっけ。
 普段からそんなだったら、可愛いのにね。
 それにちゃんと付き合ってあげてた準一も偉いぞお。
 とりあえず、デートは大成功ってことで♪。

 優姫も、今までのこととかこれからのこととか、ちゃんと考えるきっかけになったみたいなの。
 一番簡単なラーメンに込められていた色々な気持ち、分かるようになったらいいですよね。
 その辺りは、長瀬家の兄妹って、完璧ですもん。
 いいお手本だよ。
 そんな、未来の優姫の姿を楽しみにしつつ☆。

 あ、そだ。
 湊と優姫、女の子同士のふにゃふにゃとした会話も、いつも凄く楽しかったりしますよん。
 お風呂は、湯気が多過ぎですけど…(^^;。

| | コメント (2) | トラックバック (16)

2008.10.24

■あかね色に染まる坂 第4話「藍色のマッドパーティ」

 解き放て!ユア・マインド!!。
 …って、何なのですか、その精神世界は(^^;。

 このパーティ、最初は何か特別な意味が有ると思ったのですが。
 華恋に何か事情があるのかな、って…。
 そういう訳じゃあ有りませんでした。
 おもてなしと言いながら、小話で場を盛り下げたりとかして…。
 ゲストに気を遣わせちゃってますよお(^^;。
 本当に、樺恋、恐るべし。

 段取りには、色々と問題が有りましたけどねー。
 コック長さん、船酔いでダウンしちゃうし。
 でもまあ、陸と船じゃあ、勝手が違うのは確かなのです。
 大変なんだよ。
 にしたって、仕込み位は陸上で済ませておかないと…。
 船内で一から全部作るんじゃ、時間だって足りません。
 とりあえず、コックさんにも船酔いしてない人達は居たから、良かった良かった。
 湊とそのお友達もみんな平気。
 実際、船酔いする人としない人は確実に分かれます。
 人体の神秘なのだわ(^^;。

 花火を打ち上げた位で火災が発生するのもどうかと思いますけど、あれは優姫固有のトラブルっていうか、優姫が呼んだトラブルなのかもしれないね。
 あんまり怖がりだと、トラブルの方から寄って来るのだ(^^;。
 なんて、優姫はそんなにピンチにはならなかったし、とりあえず準一が来てくれた、そのことが重要だったみたい。

 二人、朝も仲良く一緒に登校している訳ですし(笑)。
 本当に、玄関で偶然会ったのー?。
 あんなこと言われちゃったら、もう二度と、一緒に教室までは来れないですよね。
 それでも一緒に来ちゃう程、二人、仲良しさんじゃ有りませんもん。

 今回大活躍だった湊は、順一に色々と気を遣って貰って、幸せそうなのでした。
 さすがに、あのドレスは兄として心配になりますよねー。
 湊一人だけ、特に大胆だったもん。
 順一の視線が…。
 そういうの、みんなにしっかり見抜かれちゃってます。
 まあ、妹に優しいお兄ちゃんって、私は好きですよお。

 そして、うんせうんせと消化器を引っ張り出してる姿は、さすがに危なっかしかったです。
 あれは心配だあ。
 思わずしがみつきたくもなるってものなのです。
 ジャングル育ちの湊なら、本当は順一が心配する程に弱くは無いって思いますけど、あそこは素直に心配されるべきですよね(^^)。
 順一と湊は、ずっと仲良しさんで居て欲しいにゃあ。

| | コメント (0) | トラックバック (16)

2008.10.17

■あかね色に染まる坂 第3話「怪奇色のスクリーム」

 怪奇って、どんなおっかないお話なのかと思ったら…(^^;。
 準一と優姫が、落とされて閉じ込められちゃうお話なのでした。
 それで、二人が少しは仲良しさんになったかというと、微妙なのです。
 一瞬だけ、優姫が準一に歩み寄ってくれそうな雰囲気にはなったのに。
 準一ってば、変な風にキスの話を蒸し返すんですもん。
 あれじゃあ、優姫だって怒りますよねー。
 そもそも、今になって伝えるべきことは有るのかしら。
 もしかしたら、ちゃんと謝りたかったの…?。
 そういう真意は、全く優姫に伝わらないのでした。

 脱出には、馬は勿論、肩車だって優姫じゃ手を伸ばしても届かなそお。
 優姫、ちっちゃいですものね。
 それは絶望的な距離なのです。
 もう少しっていうの、本当だったのかしら。
 とりあえず、土足で踏まれると色々とダメージが大きいのは、確かにそう思うです。
 相手、優姫だし(^^;。
 明鏡止水の境地っていうのも、それはそれで嫌かも。
 見えた!って、準一は折角何かを掴みかけたのな。
 やっぱりTPOは大切っていう見本とゆーか。
 何のこっちゃ。

 にしても、杉下先生といい長瀬家の両親といい、その生活はフリーダムでアドベンチャーなのですねん。
 杉下先生は、一体何だったのでしょう(笑)。
 秘密を知られてしまったこと自体は、特に問題にはならなかったし。
 いつか困ったときに、助けて貰えたりするのかも。
 その点、つかさにはもっと頑張って欲しかったなあ。
 覗き見。

 湊は、全力で準一を心配していたよ。
 準一も、そんな湊には優しかったりして。
 二人の素直な気持ちが、とっても良く出ていましたあ。
 さすがの優姫も、仲のいい兄妹な二人は、ちょっと羨ましかったりしますかあ?。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~