カテゴリー「喰霊―零―」の10件の記事

2008.12.30

■喰霊―零― 第12話「祈 焦 ―いのりのこがれ―」

 黄泉との決着を付けるのは、神楽と紀之、どちらなのかと思ったけれど、当然ながら神楽なのでした。
 お互いに、姉として、妹として、しっかり全てを終わらたよ。
 黄泉は、一番大切な願いを殺生石に委ねました。
 そしてそれが、神楽の新たな一歩になって。
 切ないね。

 にしても、紀之は何もしなさ過ぎなんじゃないかと…。
 何はなくとも、とりあえず黄泉の所へ駆け付けるってこと、病院の件で学んだ筈なのにな。
 まあ、行っても紀之に黄泉は殺せないのでしょうけど。
 一騎だって見殺しにしちゃったもの。
 黄泉も、心の底では、本気で一騎のこと、疎ましく思っていたのかしら…。
 なんて。

 そして紀之は、妙に軽い占い師になって。
 こら。
 いくらなんでも無責任って気がするけれど、ちゃんと割り切っているなら、怨霊化するリスクも減るし、あれはあれでいいのかな…。
 退魔師は、もう完全に引退しちゃったの?。

 神楽は、自らに課せられた使命を全うしています。
 岩端さんとナブーさんの冷静な解説がまた…。
 神楽の現状は、確かにそんななのです。
 それから、神楽には色々有って、今は剣輔とコンビを組んでいるのですねん。
 二年の間に、すっかり黄泉みたいなお姉さんキャラになったみたい。
 もう、妹じゃ居られないんですものね。
 黄泉との思い出は、ポッキーと共に。

2008.12.15

■喰霊―零― 第11話「運命 乱 ―うんめいのみだれ―」

 黄泉と神楽の運命が変わってしまったのって、ほんの些細なことがきっかけなのですよね。
 二人のどちらが怨念にとらわれたって、不思議じゃ有りませんでしたもん。
 人間って、本来そういうものなのでしょうし。
 目の前で起きたことに対しての怒りは、とても強く、深いものだと思います。

 黄泉も神楽も、背負っていたものは同じだし、そのお役目を果たす為、真摯に頑張って来たのにな。
 特に、二人が一緒に暮らすようになってからは、凄くいい姉妹っぷりだったもん。
 それでも、神楽の方が、元々持っていた負い目は大きかったの…?。

 神楽は、お父さんの雅楽から本心を聞けて、お互いに安らかな気持ちのまま、その死を見届けることが出来たみたいなのです。
 自分が黄泉を攻撃出来なかったから、雅楽が致命傷を負ったという事実は重く残りますけど、雅楽はその点には全く触れませんでした。
 確かに、今の神楽には無理なことですから…。
 でも、それは過去の神楽で。
 次にはもう、躊躇うことは無いでしょうね。
 受け継いだ白叡と共に、黄泉との決戦に臨むことになります。

 雅楽が残した言葉は、神楽に二者択一を求めていましたが、神楽は果たしてどちらを選ぶでしょうか。
 私なんかは、忘れてしまうことを選んで、日常のストレスを溜めないようにしていますけど、私のことなんてどーでもいいや(^^;。
 長生きは出来ない運命を背負った神楽、せめて楽に生きて欲しいとも思うのですが。

 紀之も、何とか復活して欲しいなあ…。
 精神的なダメージが大きく、対策室に残っていたのが逆に幸いして、体はほぼ無傷な訳ですし。
 黄泉も、元の意識がまだ残っていて、体がダメージを受けると、それが表に出て来たりもするみたい。
 最後にもう一度、二人にちゃんとお話をさせてあげたいです。
 勿論、倒すことを躊躇ってはいけないという、厳しい条件が付きますけど…。
 菖蒲もそれを乗り越えて来たのですね。
 指輪をはめるシーンに、決意が凄く現れていました。

 にしても、みんな、容赦無く死んで行きます。
 最初から覚悟はしてましたけど、厳しいです。
 最後に出て来たマイケル小原が、何故か結構な安心感をくれました。

2008.12.08

■喰霊―零― 第10話「悲劇 裏 ―ひげきのうら―」

 「それなら、また信じてあげればいいじゃん」。
 「お姉さんも、神楽ちゃんのことが好きだったら、きっと通じるよ」。
 「お姉さんだって、神楽ちゃんのこと、必要としていると思うよ」。
 二人から神楽へのアドバイス、かけてくれた言葉、いいですね。
 本当にそうだと思いますよー。
 …相手が、人間だったら。
 生きてる人間だったら。
 黄泉はもう、人間では無く、悪霊になってしまいました。
 再び神楽の前に姿を見せたときの挨拶で、それははっきり分かりましたよね…。

 紀之も神楽も、黄泉を信じて頑張って来たけれど…。
 二人の行動が、結果的には神楽を追い詰める一因にもなったのが皮肉です。
 いくら、トドメが紀定だったとはいえ…。
 紀之は、とりあえず病院の黄泉の所へ駆け付けるべきだったみたい。
 仕方の無いことなのですが。
 ケジメをつけようとしたことが、裏目に出ちゃった…。
 これは相当にショックです。

 紀之は、とりあえず見逃しては貰ったみたい。
 でも、きっと、二度目は無いって思います。
 そもそも、紀之は使い物になるのかなあ。
 もうボロボロですもの。

 そして黄泉は、まず最初に幽の所へ行きましたかあ。
 獅子王を取り返す必要も有りましたし。
 黄泉と冥、お互いの父親に、同じことをしちゃったわけで。
 雅楽は、さすがに復讐とかそういった感情とは無縁だったみたい。
 ああいう人なら、本当に強いって思うのですが…。
 黄泉を相手に、どう戦うのかしら。
 殺生石とか、持ってますし。

 悪霊って、本当に相手をしたく有りません。
 自分まで壊れてしまいそうになりますもん。
 きっと、まだまだ凄いことになるんだろうな。
 神楽も、安らかな死を与えるってことに、気持ちを切り替えることは出来るのかしら。
 あ、決して死んではいないの…?。

2008.12.01

■喰霊―零― 第9話「罪 螺旋 ―つみのらせん―」

 黄泉、あの時点では、まだ悪霊にはなっていなかったのですねー。
 でも、神経をずたずたにされて、喉も潰されてしまって…。
 喋れないって時点で、コミュニケーションのレベルが相当低下するし、必要なことを何も伝えられなかったのは、相当なマイナスでした。
 黄泉の性格も有るのでしょうけど。
 カズヒロも、そこまで計算していたのかしら。
 指を叩く回数でのYesとNoって、デジタルな事実だけが伝わり、その背後に有るものは全く考慮されませんものね。
 なのに、黄泉の心の奥底まで判定されちゃう。

 最終的に、黄泉は自らの意思で悪霊になること、殺生石を受け入れる道を選んだってことに。
 そうするだけの強い気持ちと覚悟が有るなら、冥よりもずっと手強い存在になりそうなのです。
 本来の黄泉としての感情は、殆ど消えてしまうのでしょうし…。

 神楽は黄泉を信じて、支えようとしてくれてるけれど、黄泉が冥を殺したっていう事実は変えようが無いですものね。
 神楽も辛いです。
 ストレートに、黄泉に事情を聞ければ良かったと思うけれど、そういう状況じゃ無かったです。
 神楽にも黄泉にも、そんな余裕は有りませんでした。
 それとは別に、筆談では無く、携帯の画面で意思を伝えるっていうのは、時代の移り変わりを感じるっていうか。

 紀之も辛いですよねー。
 父親に婚約を解消されて、あんなことまで言われちゃって。
 確かに、日常生活すらままならない女の子を背負う覚悟っていうのは、並大抵じゃ有りません。
 それでも、黄泉のお見舞いにも来ないっていうのは、結構酷いの。
 その辺りは、神楽も言葉を濁していたです。
 考えられるのは、黄泉の為に出来ることを、打開策を紀之が必死に探しているってことなのですが…。
 黄泉も紀之も、周囲が考えている以上に、お互いのことを大切に思ってるんですもん。
 でも、結局それは届かなかったのかしら。

 こういうお話って、じわじわと心を侵食されるような感じで、見ていてかなり辛いです。
 凄く後を引きますし。
 状況の全てが納得出来ちゃうだけに、尚更やるせない気持ちになりますね。
 平和だった頃の日常描写が、今になって胸に迫っても来るのでした。
 カズヒロが何もしなくっても、周囲がどんどん黄泉を追い込んで行っちゃうからなあ…。

2008.11.24

■喰霊―零― 第8話「復讐行方 ―ふくしゅうのゆくへ―」

 良くも悪くも、強い思いっていうのは、物凄いパワーを発揮するです。
 そのベクトルを悪い方へと向けるのって、案外簡単なのかもしれなくって…。
 冥は目茶苦茶言ってたから、おいおいって感じなのですが、黄泉の怒りはちゃんと分かったよ。
 悪霊って気付く前から、黄泉は冥の右手を躊躇い無く切り落としてたっけ。
 最後に、冥が正気に戻ったような描写も有ったけれど、黄泉に迷いは全く有りませんでした。
 奈落を殺したっていう事実は、それだけ重いのですよね。
 憎しみを爆発させるのが気持ちいいっていうのは、確かにそうかも、なんて私も思っちゃいましたよお。

 その後、間髪を入れず、黄泉はカズヒロの手にかかっちゃうし。
 カズヒロ、強過ぎみたい。
 仕事も早いです。
 最後に残った宝物である神楽との関係も、いよいよ危うくなって行くのでしょうか。
 少しずつ、でも確実に、1話・2話へと近付いているみたいなのです。

 にしても、諌山家の権力闘争には困ったもんだ。
 冥の父親である幽なんて、退魔師でも何でも無いのに、本家筋ってだけで場を仕切ってるし。
 そういう立場じゃ無いでしょー(^^;。
 冥は、神楽から何もかもを奪おうとしました。
 飯綱家も婚約解消を言い出したし、内面での人と人との繋がりは希薄っていうか。
 そんなだから、悪霊に付け込まれちゃうのですよお。

2008.11.17

■喰霊―零― 第7話「呵責連鎖 ―かしゃくのれんさ―」

 そうして、冥は悪霊になりました。
 でも、凄いぞ、人間だった頃も悪霊になった今も、違い全くが分からないもん。
 その行動にブレが無いっていうか。
 元々、言動が邪悪でしたものね。
 行き過ぎたお家主義には、ああいう弊害が有るんだなあ。
 権力指向ってゆーか。
 その父親である幽も、まだ人間なのかもう悪霊なのか、さっぱり見分けが付きませんです(^^;。

 奈落が殺されて、養女である黄泉は、ひとりぼっちになっちゃいました。
 神楽や紀之が、しっかり支えてあげられればいいのですが…。
 そこには諌山家の事情も絡んで来ますし、土宮家の血と才能を受け継いでいる神楽との違いも、いよいよ表面化して来そうな雰囲気で。
 普段の黄泉なら、そんなことを殊更に気にしたりはしませんが、今の状態は普通じゃ有りませんものね。
 どういった過程で、2話に出て来た黄泉に変わってしまうのか、楽しみ半分、怖さ半分みたいな感じなのです。
 いよいよ、お話はあの衝撃の1話&2話へとリンクして行きそうだよ。

 神楽の方は、お友達のおかげで、何とか最初の試練を乗り越えて行けそうなのです。
 良かった良かった。
 あの現場に居た関係者の理解を得られたっていうのは、やっぱり大きいみたい。
 お互いに、ストレートな感情をぶつけ合った上でのことなんですもん。
 それでもさすがに、ハンバーガーは遠慮したいですかあ。
 そういう普通の感覚って、大切ですよね。
 お友達二人は、どうして全然平気なの(^^;。
 ちなみに神楽、まさかお肉抜きのカレーを作るつもりでしたかあ…?。

2008.11.10

■喰霊―零― 第6話「美 敵 ―うつくしのてき―」

 神楽って、確かに優しいんですよね。
 黄泉がいいお姉ちゃん過ぎたっていうのも、かなり納得なのです。
 一緒に過ごして、大切にされて、神楽は明るく元気に育ったけれど、お勤めには不向きなコになっちゃいました。
 実家のお父さんの所へ帰れば、重圧の中で育った、昔の神楽に逆戻りしちゃうものの、性格までは変えようが有りません。
 お世話になった保険の先生を切り倒した後、胃の中身をリバースしたり、それはまだ普通の人間の感覚を持ってるってことなのですが。
 それだと長生き出来ませんよね…。
 他の生き方をするっていう道は、最初から用意されていないだけに、神楽も辛い所なのです。

 その点、冥は完璧だったです。
 冥って、あんなに強かったのですね。
 ていうか、黄泉よりも歳上だったんだ。
 性格に難は有りそうだけれど、その方が退魔師としては好ましいし、あれなら跡目は神楽でも冥でも、諌山としてはどちらでもいいような気がするよ。
 と思ったら、いきなり冥は退場みたいな…。
 その野心のせいで…?。
 さすが、容赦無いです(^^;。
 人としては死んでも、悪霊として甦って来たりするから、この作品は油断がなりませんし…。

 なんて、それはともかく。
 相変わらず仲良しさんな神楽と黄泉、ヤマビコと間違われて斬らないよう、神楽に釘をさしていた黄泉が可笑しかったよ。
 昔の神楽が食べたがったクリームコロッケ、今度は黄泉がリクエストなのです(^^)。
 今では、神楽も作れるようになったのですねー。
 …作りませんでしたけど。
 時間無いから、今は冷凍食品で我慢なのですって(笑)。
 そういう何気無い描写、楽しいね。

 あ、そだ。
 ヤマビコみたいな悪霊は、通信障害を引き起こしたりするんですって。
 それで経済にも影響が及んで、お小遣いを減らされちゃったりとか…。
 悪霊の影響は、広範囲に及ぶのだなあ。

2008.11.05

■喰霊―零― 第5話「頑 想 ―かたくなのおもい―」

 黄泉も紀之も、みんなが心配する程には、神楽が泣いちゃう程には、簡単に別れてしまうような仲では無かったということで♪。
 まあ、泣いてる神楽には勝てませんけどねー。
 …目薬だけど。
 神楽は自分のポジションを、ちゃっかり利用していたよ(^^;。
 二人、相手から本当に嫌と言われれば、婚約は解消するって話でしたけど、自分からは嫌だなんて絶対に言いませんでした。
 本当、分かりにくいけれど、仲良しさんなのです。

 にしたって紀之、珍しく黄泉が香水つけてたのに、臭いは無いんじゃないかと…。
 更には、香水の使い方の講義までしちゃうし…。
 あれじゃあ、熱いコーヒーかけられたって、文句は言えません。
 黄泉、可愛かったのにい。
 神楽の追求にたじたじだったりしたよ(^^)。
 結果、神楽の配慮も、みんな裏目に出ちゃいましたけど。

 てゆーか、神楽の作戦立案能力は、かなり怪しいの。
 あんなベタな作戦…。
 しかも、相手は黄泉なんだよー?。
 鵺に逆襲されて、一騎とナブー兄弟の想像通りになることは、まさに明らかなのです。
 神楽は想像力が無さ過ぎなのですわ(^^;。

 そこで、桐が投入されたわけなのです。
 さすがに、室長自らが出撃したりはしません。
 桐の私服姿、実は普段の桐って、結構ああいう格好してたりするのかしら。
 ん、悪く無いですよねー。
 更に、命令とは言え、あそこまでしてくれちゃうんだあ。
 紀之の性格のせいもあって、黄泉にはかなりの効果が有りました。
 そんなこんなで、対策室の皆さん、本当にお節介さんなのでした。
 あれがチームワークの源かなって思えば、納得なのです。

 黄泉も紀之も、二人きりだと、ちゃあんと素直になれるみたいだし。
 黄泉の所には、管狐を送って来たりはしないんですって。
 あれって、なかなかいい会話だったです。
 大人だね。

 で、敵は悪霊よりも、むしろ身内だったりしますかあ…?。

2008.10.27

■喰霊―零― 第4話「務 大義 ―つとめのたいぎ―」

 いくら対魔式でも、削岩機やチェンソーは、そもそも扱いが面倒臭そうなのです。
 対魔式ボイラーのJ.FOX55号に至っては…。
 扱うのに、ボイラー技師の免許が居るんじゃないかと(^^;。
 環境省は免除なのかしら。
 あ、神楽の刀は、ちゃんと所持の許可を取ってたっけ。
 にしても、マイケル小原は色々と超越しちゃってる人でしたあ。
 面白いね。

 いつもいつも、病院からの呼び出しっていう理由で学校を早退しちゃう神楽、校門前から堂々とあんな車に乗っていたら、目立ち過ぎって気がするよ。
 まあ、みんな呑気な人達なので、あんまりそういうことは気にしないのかしら。
 神楽と黄泉は、車内でキスとかしてるもん。
 二人共、そういうのは平気なのですねん。
 緊張感無いの。
 ていうか、隙だらけなのですよ(笑)。

 後方支援より、最前線で戦いたいらしい神楽、やる気が有るのはいいのですが、あんまり急いても仕方無いって思いますし。
 それは、往々にして仲間や自分を危険に巻き込みます。
 黄泉から許可が出るまで、もう少し待った方がいいですよね。
 実戦って、綺麗事ばかりじゃ有りませんもの。
 学校の宿題もちゃんとやっている真面目な神楽、頑張って下さいね。

 そういった部分は、早速出て来ちゃいました。
 元人間の死霊は切れないっていう…。
 それは確かにそうですけど、あそこまで外見が変わってしまうと、むしろ平気そうなんだけどな。
 つまり、それって神楽の心の弱さみたい。
 だから、お父さんは敢えて喰霊を使ったのでしょう。
 命に関わることだから、早目に克服しなくっちゃ、ね。
 悪霊になったら浄化するしか無いっていうのは、例え相手が黄泉で有っても、もう仕方の無いことみたいなのです。

 後半、自殺のお姉さんと再会した銀座線の旧新橋駅って、実は結構メジャーなのでしょうか(^^)。
 私は良く知りませんけど…。
 こら。
 ホームの一部は、実際に会議室へ改造されて使われているそうです。
 黄泉が第三軌条で感電しないように注意していたのは親切でした。
 悪霊と戦う前に、感電して死んじゃったら、大変ですものねー。

2008.10.20

■喰霊―零― 第3話「邂逅 砌―かいこうのみぎり―」

 神楽と黄泉、昔は仲が良かったのですねー。
 修行第一で、随分と縮こまった日々を送っていた神楽を、普通の明るい女の子に変えたのだって、黄泉なわけで。
 黄泉と出会う前の神楽は、随分と窮屈そうだった。
 それが今では殺し合いをしてるんですもん、二人の間に、一体何があったのかしら。
 黄泉の両親が亡くなったことに、神楽が関係していたとか…。
 そして、神楽の生死は今回も不明なままなのでした。

 黄泉に嫌いな食べ物を聞かれたときの神楽のリアクションで、厳しく躾けられていたのが分かります。
 でも、黄泉はそんなのお構いなし(^^;。
 確かに、子供に嫌いなものが無いなんて、有り得ませんものね。
 それを賭けに使って、すかさずゲームを始めちゃう黄泉、性格出てます。
 強引さんなの。
 神楽ってば、すっかりペースを握られちゃって(笑)。

 そして、神楽が食べたい物は、クリームコロッケ。
 それを聞いたときの黄泉のリアクションが面白かったよ。
 クリームコロッケって、実は作るのが面倒なんですって。
 私は、クリームコロッケを自分で作ろうなんて思わないので、良く分かりませんけど(^^;。
 それでもちゃんと作ってくれるっていう、優しい黄泉なのです。

 そのとき、踏切が鳴っていたから、どんな電車が来るのか、ちょっとわくわく(^^)。
 あ、西武だあ。
 デッサン狂いまくりでしたけど、あれは無難に2000系かしらん。

 まあ、お仕事が有るから、約束はなかなか守れないみたい。
 アルバイト契約っていうのは、良く分かりませんけど(^^;。
 仕事の内容と危険度は一緒なんじゃないかと…。
 鵺は、元から黄泉が使役してたのかあ。
 神楽は、また大袈裟な武器を渡されていたっけ。
 メンバーはみんな、呑気な人達だったにゃあ。

 あ、そだ。
 今回のお話が3話で良かったです。
 もしこれが1話だったりしたら、その後のお話で大ショックを受けそうだもん。
 本当に殺されまくりだから…。
 それは最初から見せて貰った方が、ちゃんと覚悟が出来るです。
 あそこまで見事に全滅しちゃうと、AT-Xで規制解除版を見たくなって困ったり(^^;。
 AT-Xとの契約、再開しようかしらん。

その他のカテゴリー

11eyes 30歳の保健体育 AIR AYAKASHI BLEACH~ブリーチ BLUE DROP ~天使達の戯曲~ B型H系 C3 -シーキューブ- Canvas2 ~虹色のスケッチ~ CHAOS;HEAD D.C.II ~ダ・カーポII~ D.C.III~ダ・カーポIII~ D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン DOG DAYS ef - a tale of memories. Fate/stay night FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 GA 芸術科アートデザインクラス Gift ~ギフト~ eternal rainbow GIRLSブラボー first season GIRLSブラボー second season GO!GO!575 GOSICK -ゴシック- H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ IS <インフィニット・ストラトス> IZUMO-猛き剣の閃記- JINKI:EXTEND Kanon LEMON ANGEL PROJECT Mission-E Myself;Yourself Phantom~Requiem for the Phantom~ R-15 REC RIDEBACK -ライドバック- Rio RainbowGate! Saint October School Days SHUFFLE! SHUFFLE! MEMORIES sola Soul Link Steins;Gate To Heart~Remember my memories~ To LOVEる -とらぶる- ToHeart2 true tears UG☆アルティメットガール Wind -a breath of heart- WORKING!! WORKING'!! Φなる・あぷろーち あかね色に染まる坂 あそびにいくヨ! あっちこっち あにゃまる探偵 キルミンずぅ あの夏で待ってる あまえないでよっ!! いちばんうしろの大魔王 いつか天魔の黒ウサギ いぬかみっ! うた∽かた うたわれるもの うぽって!! うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ えびてん -公立海老栖川高校天悶部- えむえむっ! おおかみかくし おくさまは女子高生 おとぎ銃士赤ずきん おとめ妖怪 ざくろ おねがいマイメロディー おまもりひまり お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ かのこん かみちゃまかりん かみちゅ! かんなぎ きらめき☆プロジェクト きらりん☆レボリューション けいおん! けいおん!! けんぷファー げんしけん こいこい7 こどものじかん この中に1人、妹がいる! この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ こみっくパーティー Revolution これが私の御主人様 これはゾンビですか? これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド ご愁傷さま二ノ宮くん さくら荘のペットな彼女 ささめきこと さんかれあ さんふらわあふらの しゅごキャラ! じょしらく そふてにっ そらのおとしもの そらのおとしものf たまこまーけっと だから僕は、Hができない。 ちとせげっちゅ!! ちび☆デビ! つよきす Cool×Sweet てーきゅう とある科学の超電磁砲 とある魔術の禁書目録 とある魔術の禁書目録II ときめきメモリアル Only Love となりの関くん となグラ! とらドラ! ながされて藍蘭島 ななついろ★ドロップス にゃんこい! ぬらりひょんの孫 はぐれ勇者の鬼畜美学 はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ はなまる幼稚園 はぴねす! ひぐらしのなく頃に ひだまりスケッチ ひだまりスケッチ×365 ひだまりスケッチ×SP ひだまりスケッチ×☆☆☆ ひだまりスケッチ×ハニカム ひとひら ひまわりっ! びんちょうタン ぽてまよ まおゆう魔王勇者 まかでみ・WAっしょい! ましろ色シンフォニー -The color of lovers- まじかるカナン まほらば~Heartful days~ まほろまてぃっく特別編 まもって!ロリポップ まよチキ! まりあ†ほりっく まりあ†ほりっく あらいぶ みなみけ おかえり もえたん もっけ もっとTo LOVEる -とらぶる- ゆるゆり ゆるゆり♪♪ よくわかる現代魔法 よみがえる空 -RESCUE WINGS- らき☆すた らぶドル ~Lovely Idol~ わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ アイドルマスター アイドルマスター XENOGLOSSIA アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル アキカン! アクセル・ワールド アスタロッテのおもちゃ! アスラクライン アズサ、お手伝いします! アニマル横町 アニメ・コミック アマガミSS アマガミSS+ plus アリソンとリリア ウェブログ・ココログ関連 エルフェンリート エレメンタル ジェレイド オオカミさんと七人の仲間たち カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ キディ・ガーランド キミキス pure rouge クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! グレネーダー~ほほえみの閃士~ ケメコデラックス! ココロコネクト シゴフミ シュガシュガルーン スカイガールズ スクールランブル ストライクウィッチーズ セキレイ ゼロの使い魔 ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ ゼロの使い魔F ソードアート・オンライン タクティカルロア タユタマ -Kiss on my Deity- ティアーズ・トゥ・ティアラ ドラゴンクライシス! ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ ドージンワーク ナイトウィザード The ANIMATION ニニンがシノブ伝 ネギま!? ハイスクールD×D ハヤテのごとく! ハヤテのごとく!! バカとテストと召喚獣 バカとテストと召喚獣にっ! バンブーブレード パパのいうことを聞きなさい! パピヨンローゼ New Season ヒャッコ ビビッドレッド・オペレーション フリージング プリズム・アーク プリンセスラバー! プリンセス・プリンセス マケン姫っ! マシュマロ通信 マジカノ マリア様がみてる 4thシーズン マリア様が見てる~春~ ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ モーレツ宇宙海賊 ヨスガノソラ ラブゲッCHU ミラクル声優白書 ラブライブ! School idol project ラムネ リトルバスターズ! レンタルマギカ ロウきゅーぶ! ロザリオとバンパイア ロザリオとバンパイア CAPU2 ローゼンメイデン ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 下級生2~瞳の中の少女たち~ 中二病でも恋がしたい! 乃木坂春香の秘密 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ 乙女はお姉さまに恋してる 人類は衰退しました 会長はメイド様! 伯爵と妖精 侵略!?イカ娘 侵略!イカ娘 俺たちに翼はない 俺の妹がこんなに可愛いわけがない 僕の妹は「大阪おかん」 僕は友達が少ない 僕は友達が少ないNEXT 光と水のダフネ 初恋限定。 双恋 味楽る!ミミカ 咲-Saki- 咲-Saki- 阿知賀編 喰霊―零― 図書館戦争 夏のあらし! 夏色キセキ 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ 夢喰いメリー 夢色パティシエール 大正野球娘。 女子高生 GIRL'S-HIGH 妖狐×僕SS 学園アリス 宇宙をかける少女 宙のまにまに 屍姫 赫 玄 忘却の旋律 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! 恋と選挙とチョコレート 我が家のお稲荷さま。 戦国乙女~桃色パラドックス~ 戦場のヴァルキュリア 探偵オペラ ミルキィホームズ 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 新年のごあいさつ 旅行・地域 日記・コラム・つぶやき 明日のよいち! 星空へ架かる橋 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ 月詠-MOON PHASE- 桜蘭高校ホスト部 森田さんは無口。 極上!!めちゃモテ委員長 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ 氷菓 涼宮ハルヒの憂鬱 涼風 瀬戸の花嫁 狼と香辛料 猫神やおよろず 献血 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 生徒会役員共 異国迷路のクロワーゼ The Animation 百花繚乱 サムライガールズ 真剣で私に恋しなさい!! 石田とあさくら 砂沙美☆魔法少女クラブ 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 祝福のカンパネラ 神のみぞ知るセカイ 神のみぞ知るセカイII 神様のメモ帳 神様ドォルズ 神無月の巫女 素敵探偵ラビリンス 緋弾のアリア 練馬大根ブラザーズ 聖剣の刀鍛冶 舞-HiME 芸能・アイドル 苺ましまろ 落語天女おゆい 薬師寺涼子の怪奇事件簿 護くんに女神の祝福を! 貧乏神が! 輪廻のラグランジェ 迷い猫オーバーラン! 這いよれ!ニャル子さん 銀盤カレイドスコープ 錬金3級 まじかる?ぽか~ん 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 陰からマモル! 陰陽大戦記 電波女と青春男 風のスティグマ 魔法先生ネギま! 魔法少女リリカルなのは 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ W~ウィッシュ~

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー