2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー「かんなぎ」の11件の記事

2008.12.27

■かんなぎ 第13話「仁、デレる」

 迷ったときは、感情と直感で行動☆。
 うん、それはその通りだって思います。
 強がりとかしがらみとか駆け引きとか、そういうことに縛られたら、身動き取れなくなっちゃいますもん。
 例え、後で後悔することになっても、何もしないよりはずっといいから…。

 つぐみは、本当にいいコだったよ。
 ごく自然に仁の側に居て、仁のことを心配してくれるんですもん。
 今回も、怒るよりも呆れてた。
 特別に気負ったりとかすることも無く、素の仁を分かってくれていて。
 そんなコ、滅多に居ません。
 だから、仁はすっごい幸せ者なのです。
 そこに全く気付いてない仁ってば!。

 つぐみって、報われないね。
 ラストでは、泣きながら仁の家から走り去ってしまったよ。
 とりあえず、仁はすぐに追いかけんかい!。
 なんて、私は怒りながら観てました。
 その前にも、投げ付けた靴は自分で拾いましょうね(^^;。

 あんな衝撃シーンを目撃したおかげで、つぐみも自分の本当の気持ちに気付けたのかしら。
 なら、無駄じゃあ無かったのかも。
 あの状況を仁がきちんと説明出来れば、誤解は解けると思うし…。
 つぐみはナギより胸だっておっきいんですもん、きっと勝ち目は有りますよー。
 まだまだ、その真価を発揮してないって思う。

 ナギも、つぐみを応援してくれそうな雰囲気だったのに、実際には何もしてくれないんだもん。
 冷たいの。
 今回の一件で、ナギは自分のことに関しては納得出来たみたいだし、次はそっちのフォローをしてあげて下さいね。

 ナギ、ちゃんと神様だったんですから。
 シゲさんのエピソードは、ナギがちゃあんとあの土地とそこに暮らす人達を見守って来たことが分かって、凄く印象的だったです。
 ナギ、かんなぎ様って呼ばれてたっけ。
 逆に、ナギも氏子から色々な物を貰っているみたいなの。
 ケガレを祓うのも、そういう理由からなのでしょうね。

 勿論、仁にとっては、今のナギが神様かどうかなんてことは、実は結構どうでもいい訳で。
 例えナギの正体が低級霊だったとしても、ナギはナギなんですもん。
 何も変わらないよ。
 二人、ちゃんとそのことに気付いているのかしら。
 とりあえず、仁が怪しいモードに入ってしまったから、あれは何とかしないと…。
 本当、しっかり冷却しないと駄目だぞ。
 いっそ、つぐみも一緒に暮らしちゃうとか!。
 別に、ざんげちゃんでもいーんですけど。
 こら。

 お話はまだまだ取っかかりの部分、といった感じの最終回。
 これから、更に面白いエピソードが作れそうな、そんなかんなぎなのでした。

2008.12.13

■かんなぎ 第11話「でも、あやふや」

 「今まで、良くそんな得体の知れないものと同居していたな」。
 白亜のお父さんてば、そんなミもフタも無いことをー!。
 それを言ったら、かなりの(同居付き)ラブコメの前提条件が崩れちゃいますよお(^^;。
 まあ、実際には、自虐的な台詞なんですけどねー。
 その前にちゃんと、そんなに悪いものでは無いって言ってました。
 けど、仁には結構ツライ言葉だったり。
 相手のことが分からない、分かってあげられないっていうのは、特に優しい人には厳しい状況なのです。

 ただ、仮にナギやざんげちゃんが神様では無かったとしても、だからと言って何かが変わるのかっていうと、そんなことは全然無いのですよね。
 二人共、神様だってことを利用して、それで日常生活を送っている訳じゃありませんもん。
 ナギの自称がロリッ子キューティーだったとしても、やることはきっと同じなのです。
 ざんげちゃんなんて、自分のキャラだけでアイドルをやってるんですよお(体は白亜だけど)。
 ケガレにも全く興味は無いって。

 仁はもっとストレートに、ナギのことをちゃんと知りたいって、そう言ってあげれば良かったのにね。
 何だか、ナギのことを疑って、詮索するようなことになっちゃったから…。
 ナギもナギで、変に過剰な反応をするの。
 今まではそれでうやむやになっていたこの話題なのですが、さすが周囲の状況に耐えられなくなった仁の追求は続きます。
 それは、見ていて納得出来る雰囲気なのでした。
 憧れの大鉄とも会えなくなってしまった訳ですし(^^;。

 ナギは、仁から神様で有ることを疑われてしまって、本気で疑われてしまって、そうしたら自分で自分を保てなくなって、消えてしまったりするのかしら。
 自分のことすら、あんまり自信が持てなくなってるみたいですものね。
 自分探し、それぞれにちゃんと答えが見付かったらいいな。
 つぐみは本当に、優しく仁を見守ってくれてますよー。

2008.12.07

■かんなぎ 第10話「カラオケ戦士マイク貴子」

 昨日から、「しりげや」のテーマ曲が耳にこびりついて離れません…。
 何とかして下さいよお(^^;。
 EDの画面はいつもと変わらないままっていうのが、不思議な破壊力が有ったりもして。
 ナギが歌ってた「ハロー大豆の歌」より、「しりげやのテーマ」の方がいいな。
 にしてもナギ、いい趣味してるです。
 お年頃っていうのは置いとくとして、ざんげちゃんと同じステージで勝負する気は全く無さそうだもん。
 どっちかと言うと、お笑い好きみたい。
 ヘンな駄洒落とか言うし。

 ざんげちゃんは、普通に可愛かったよ。
 下手だけど可愛いっていうのは、有りなのです。
 一生懸命やってれば、ちゃんと報われるものなのですねー。
 つぐみもそんな感じ。
 つぐみのときは、微妙に描写が生々し過ぎなんですけど(^^;。

 仁を巡る戦いでは、つぐみ、デュエットを拒否されてたっけ。
 仁、酷いなあ。
 とうとう最後まで、仁がつぐみの隣りに座ることは有りませんでした。
 仁本人は、そんなこと全然意識して無いのでしょうけど…。
 ていうか、普通からの脱却を目指しながらも、大失敗していたよ。

 巡はですね、ちゃんと空気を読むオタクなのです。
 ちゃんと社会に適合しているのって、大切だぞ。
 私もああいう人になりたいです。
 頑張らなくっちゃ!。
 貴子には不評だったけれど、貴子はオタクに求めるものが過剰過ぎなのですよー(^^;。
 大鉄は、いちいちソツが無いです。
 むしろそっちの方がつまんないかも(笑)。

 親睦を深める為のカラオケ大会、とりあえずその目的は達したんじゃないかと…。
 みんなそれぞれに、別の一面が見えましたもん。
 ちなみに、紫乃の眼が開いたからって、何か不都合は有るのかしらん(^^;。

 以下、余談。
 ナギはハロー大豆とスーパーしりげやの歌を歌えるそうですけど、私は旧長崎屋とJR九州の社歌を歌えます♪。
 フルバージョン行けちゃいますよお☆。
 勿論これは、TSUTAYAには置いて有りません。
 何度も聴いていたら、自然に覚えちゃいました。
 なかなかいい曲なのです。
 こちらも、色気は有りませんけど…(^^;。

2008.11.30

■かんなぎ 第9話「恥ずかしい学園コメディ」

 ずっと見慣れた幼馴染みのつぐみより、アイドルのざんげちゃんを選ぶっていうのは、確かに有りかもしれませんねー。
 つぐみは、すぐに意地を張っちゃって、なかなか素直になれませんし。
 そうやって、幼馴染みちゃんは負け組コースに入ってしまうのかしら(;_;。
 叔父様に仁を頼まれているっていう、その事実を支えと言い訳にしたりしつつ。
 「だって仁だよ」なんて言うし。
 ずっとつぐみを見ている私としては、そういう所も含めて、つぐみってば、可愛過ぎなんですけど。
 仁も意外とそれは分かっているのかな。
 しっかり恩を感じているみたいなのです。

 今回、ナギはあんまり表には出て来ませんでしたあ。
 確かに、ナギまでいちゃいちゃ要員に入ってしまったら、更にややこしくなりますものね。
 暖かく、仁とつぐみを見守ってくれていたよ。
 仁の過去バナには、ざんげちゃんと同じく、かなり興味が有ったみたい。
 お風呂場を覗こうとか、良からぬことはくれぐれも考えないよーに(^^;。
 何げに、つぐみを選ぼうとした仁の台詞を、素で遮ってしまったり…。
 こらあ!。
 大鉄との確執は、とりあえず保留。
 神様の本体が許してあげてるんだもん、もういいですよね。
 そしてそして、家に帰って来たときの元気いっぱいな様子が、凄くナギらしいなあって(^^)。

 大鉄は、ヘンな噂を立てられて、更には新たなる出会いが有ったりとかもして…。
 実は一番迷惑してるんじゃないかと…。
 誰からもフォローして貰えませんしねー。
 仁は、ナギじゃない女の子二人といちゃいちゃしてるし(^^;。
 大鉄、お気の毒です。
 最後には、ネットで同情されちゃってました。

 ちなみに仁って、巡からも結構好かれていたみたい。
 つぐみを怪しい世界へと踏み込ませて、ひたすら反省していたもん。
 監督不行き届きだったのは、確かにそうかもしんない。
 にしても、つぐみまで攻めだの受けだの言い出したら、ちょっと嫌だなあ。
 ずっとピュアピュアで居て欲しいのにい。
 かなり興味が有りそうだったよ。

 ともあれ、今回はつぐみが大活躍で、私は嬉しかったです。
 ホモカップル発言はともかく、仁との関係も再確認出来ちゃいました。
 詳しくは分かりませんけど、仁が荒れていたらしい中学時代も、ずっと変わらない立ち位置で、仁の近くに居てくれてたみたいだもん。
 仁も、そのことは凄く気にしてくれてた。
 チャイムを鳴らし続けても出て来てくれない仁とか…。
 ごめんの言葉に対してのつぐみのリアクションは、もう殆ど幼馴染みの鑑みたいな台詞だったし、それを聞いた私は感動しちゃいましたよお。
 つぐみは、仁のこと、ちゃんと見てくれてます。

 そういう関係を見せられたら、ざんげちゃんの中の人だって、そりゃショックですよね。
 公然といちゃいちゃ出来るのは、嬉しいみたいですけど(^^;。
 ちなみに、実際の白亜って、本当の所、どーいう性格なのでしょうね。
 気になる気になる。

2008.11.23

■かんなぎ 第8話「迷走嵐が丘」

 仁にとっては、大鉄の全てが憧れの対象だったりするのでした。
 大鉄の不幸も、仁には羨ましいこと。
 ナギは呆れていたけれど、ナギの胸と同じような悩みですものね。
 どちらも、今更どうしようも無いことなので、諦めて貰うしか…(^^;。

 大鉄が家にやって来たことで、仁とナギの日常、根底から崩れてしまうピンチに!。
 って、そんな大袈裟なことじゃ有りませんけど。
 傍目には理解しかねる関係の二人だったりするので、色々と誤解を受けちゃうのは仕方有りませんね。
 大鉄のイマジネーションの豊かさは、なかなか楽しかったです。
 まあ、実際の状況がそうさせるわけで。
 巡だったら、また別の切り口な妄想を見せてくれたのかしら(笑)。

 仁とナギ、すっかり落ち着いた日常生活を送っていたよ。
 冒頭の、雨降りの会話なんて、もう(^^)。
 ある意味、弟と姉で十分通用しそうだもん。
 それも、いつ帰って来るか分からない、お父さんの稼ぎのおかげなのですかあ。
 シビアですねん。

 実際の所、仁の心配をするなら、ナギよりもざんげちゃんの方が危険なんです。
 そういった利害を考えると、大鉄とつぐみは協力関係を築けそうなんですけどねー。
 ナギと大鉄、勝手に盛り上がっちゃってます。
 大鉄は、ナギの樹を仁の所に運び込んだ張本人だったですかあ。
 しかも、殆ど盗品…(^^;。

 神様モードなナギ、本当に久しぶりに見ましたけど、あれが出て来ると、仁とナギは喧嘩になります。
 そんなに触れられたくないのかしら。
 ていうか、完全に別人だし、本気で覚えてないみたいだし。
 今のナギは、神様とは別の、仁のナギなのかもしれないですねー。
 あ、それと。
 今回は、お嬢様モードも結構長く続いて、楽しかったです。
 ああいう言葉使いも結構似合うー♪。

2008.11.15

■かんなぎ 第7話「キューティー大ピンチ!激辛ひつまぶしの逆襲(後編)」

 ざんげちゃんにとって、つぐみは「卵焼きの人」って認識なのでした。
 …他に印象薄いのかなあ(^^;。
 今回も、つぐみは卵焼きを持って来てくれてたよ。
 卵焼きと、おひたしと、おひたし入り卵焼き☆。
 あ、バリエーションが、一つ増えたね。
 ナギの分も入っているからか、それぞれが一つのタッパーにたっぷりと。
 仁は幸せ者なのですよー。

 久しぶりに仁と二人っ切りになれたつぐみなのですが、仁が上の空なので、特にどうこうってことは有りませんでした。
 あらら。
 ナギが来る前から、二人はあんな感じだったのでしょうけど(^^;。
 むしろ、ナギが来てからの方が、しっかりとした繋がりが出来たような気がしたりもして。
 色々と事件が起きるから…。
 女の子の助けが必要になることだって有りますものね。
 今回は、ナギに感情移入したつぐみに、逆襲されちゃったりとかして。
 他人の説得に耳を貸さないっていう点では、仁もナギと同じ位の強情さんって気はしますです。

 ちなみに、ピュアって点では、つぐみは仁に似ているみたい。
 「秋葉君、サイテー…」ですものね。
 そういうのに耐性が無い辺り、らしいです。
 全然平気なナギや貴子も、それはそれで面白いと思いますけどねー。

 またまた凄いお重を持って来たざんげちゃん、演技に熱が入り過ぎて、とんでもないことに…。
 ナギはともかく、つぐみはですね、狼狽えてないで早く止めた方が良かったと思いますよー。
 本気で取り返しのつかないことに!。
 ちなみに、その辺り、白亜はちゃんと承知しているのかしらん(^^;。
 ていうか、白亜ってどんな性格の女の子なのでしょうねー。
 卑怯が嫌いみたいだし、真面目なコって思うのですが。
 そして、ざんげちゃんにトゲトゲした言葉をかけて、すぐに後悔したりするつぐみさん(笑)。

 ともあれ、ナギを怒らせると、押し入れに閉じこもってしまいます。
 それがナギの、きょーれつな抗議なのでした。
 仁としては、押し入れが使え無くなっても、とりあえず生活には困りませんけど、やっぱり気になって仕方無いみたい。
 巨乳派としての自分を、改めて見つめ直す機会にもなったりとか…(ばか)。

 ナギは全く画面に出て来ないのかと思ったら、最後にはちゃんと登場したよ。
 仁が折角素直になって、いいこと言っていたのにね。
 ああいう所、凄くナギらしいなあって、私はしみじみ思うのでした。
 仁とナギの関係は、あんな感じなのがベストかな、なんて。

 こーゆー時には凄く頼りになる秋葉巡。
 流石です。
 その到着を、心から待ちわびていた仁だったり。
 これで全て解決かと思ったら、マニアらしい拘りも決して忘れてなくって。
 「It's a Sony」じゃ無いってば(^^;。

2008.11.08

■かんなぎ 第6話「ナギたんのドキドキクレイジー」

 メイド喫茶での仁とナギ、目一杯フツーのラブコメっぽいリアクションをしていたから、見ていた私の方がびっくりしちゃいました(^^;。
 あの二人には、そういうのは全く無いんだろうと思ってましたもん。
 ナギは神様だし。
 ナギから見た仁はただの子供だし。
 本人だって、そう言ってましたものね。
 一緒に暮らしていて、お互いに情が移ったのかしら。
 私はその方が好みだし、嬉しいですけどねん♪。
 バイトを終わらせて、河原まで走って追いかけて来たナギと、素っ気ない態度で歩いていた仁、そんな二人が凄くいい雰囲気なのです。
 ちゃんと素直だったし☆。

 つぐみは、ちょっと可哀想でしたけど。
 …ちょっとじゃ無くって、かなり。
 幼馴染み成分は、もっともっと強化してあげて欲しいなあ。
 頑張ろうとしているのに、なかなかスタート地点に立てないつぐみなんだもん。
 でも、みんなにはもう気付かれちゃってるみたい。
 頑張って!。
 てゆーか、今までナギはノーマークだったし、仁のお相手はつぐみの担当なんだとばかり思ってましたよお(^^;。

 それとは別に、メイド喫茶であれだけ喜んでくれてた貴子、そういう趣味の人にはたまらないのでしょうねー。
 紫乃は普通にしてました。
 大鉄は完全に気配が消えてたっけ。
 巡はさすが、鷹揚に構えてましたねん。
 プロだ…(何が)。
 巡が言っていたことは、ヲタクな人だったらみんな心当たりが有るっていうか。
 大共感なのです。
 一般の人は、ヲタクが細分化されていることを、全く考慮してくれませんもん(^^;。

 今回の元々のきっかけは、ナギのお買物だったこと、後半で完全に忘れそうになりましたよお(笑)。
 しっかり稼いで、服とかアクセとか、揃えなくっちゃね。
 あ、バイトは辞めちゃったのかあ。
 どうするんだろ。
 さすがに、つぐみから借りるわけにも…。
 今後、つぐみは仁とナギに対してどう接するのかしら。
 何だか、戦う前から負けてるみたいなつぐみなのです。
 私はつぐみを応援しますよお。
 公式ファンクラブが出来たら、絶対に入っちゃうのに。

 今回は、お買物シーンとか、なかなか身につまされることをストレートに描いていたので、恥ずかしくなって画面が直視出来なかったりとかもしました(笑)。
 下着買うのも大変だあ。

2008.11.01

■かんなぎ 第5話「発現!しょくたくまじんを愛せよ」

 とりあえず、お料理勝負はうやむやになったので、ざんげちゃんが同居っていう話は無くなったみたい。
 白亜は真面目なコなのです。
 ちゃんと自我は保っていて、体のコントロールもしていたけれど、表に出て来ることは出来ないのかしら。
 それでも、卑怯はいけませんものね。

 お料理勝負、意外にもナギはソツ無かったりして。
 あれで味覚がマトモだったら、最強なのにな。
 面倒だから作らないって、それは誰もが思うこと(笑)
 堂々と口に出しちゃうナギ、確かにタチ悪いのです。
 つぐみも、幼馴染みとして、仁の好き嫌いや好みの味付け、それをみんな把握しているなら、結構手強いかもって思う。
 審査するのは仁なんですから。
 …卵焼きとおひたししか作れないんだっけ(^^;。
 でも、ちゃんとした食べ物だから、ここはつぐみが一等賞!、なのです。

 勿論、仁は誰がいいかなんて聞かれません。
 巨乳派だから、ナギは結構微妙だけれど。
 つぐみとざんげちゃん、どっちがおっきいのかは不明です。
 それでも、顕現させた責任を感じているからか、ナギを置いておくことに依存は無いみたいだよ。
 偉い偉い(^^)。

 ナギ様公式ファンクラブのHPを誰が作ったのかは、結局謎なのですねー。
 会員番号1番の貴子がとても怪しい…。
 ナギのこと、そんなに気に入ってたんだ。
 ざんげちゃんとファン層が被ってるっていうのは、ちょっと謎だったり。
 タイプ違うのにな。
 あの学校、そして街の人達は、しっかり土地神様を崇めてくれてます。
 その土地で暮らしている以上、潜在的にそういうものが有るのかもしれないね。

 まあ、仁はついて行けてません。
 仁の知らない所で、ナギは密かにパワーアップしているのだ(^^)。
 ステッキの光は、凄い輝きだったよ。
 芳賀島先生のおでこの反射も、神々しかった。

 ともあれ、涼城先生のバックアップを得て、ナギも自由に動けるようになったし。
 …それはちょっと残念かも。
 女の子は、あくまでミステリアスに、ね(^^)。
 白亜のことで正論を語る姿は、仁にも見せてあげたかった位、格好良かったです。
 ざんげちゃんのこと、外道と言い切ってましたけど(^^;。
 で、どうすれば、白亜を元に戻せるんだろ。
 やっぱり本人の意思なのかなあ。

2008.10.26

■かんなぎ 第4話「シスターーズ」

 仁とナギの食卓風景を見ていると、二人、いい感じで日常の中に溶け込んだっていうか、しっかりとお付き合いの距離感を掴んだっていうか、そんな感じに流れる空気がいいですね。
 見ていて、妙な心地好さを感じてしまったりするのでした。
 おっぱい星人の会話とか…(^^;。
 なので、今の所、つぐみの入り込む余地は無さそうなのです。
 いつかちゃんと彼女になれたらいいですよね。

 二人、食べてるものは、なかなか特殊でしたけど。
 仁は何にでもソースをかけるし、ナギはおいしん棒ですかあ…。
 さすがにそれはきついと思うけれど、どうやってそんな味覚を開発したの(^^;。
 冷蔵庫の中はお菓子ばっか。
 うちの冷蔵庫も似たようなものですけど、私は口内炎どこじゃあ無くなってしまったので、お菓子はかなり自粛しています(^^;。
 口内炎だって、十分痛いよねえ。
 ビタミンは大切だ。

 実はナギの妹ちゃんだったざんげちゃん、ナギより可愛い気がするけれど、性格は凄くきっついの。
 力を失っているナギに、やりたい放題だもん。
 あのまま放っておいたら、何をするか分かりません。
 まさにその現場に仁が来て、実に分かりやすく本性が伝わった訳ですが…。
 ここのナギは、妙に弱々しかったです(^^;。
 にしたって、ざんげちゃん、神様なのにどーしてあんなに悪人なの。
 元の白亜が、そんなコだったから…?。
 ナギが普通に思えちゃいますよお。

 そして何故か、ざんげちゃん、仁の家に同居するんですって。
 何でまた(^^;。
 つぐみ、どーするの…?。
 それでいいの?。
 それで、あの家のお食事事情が改善するなら、いいんですけどね。
 良くないか。
 つぐみの権限って、何処まで認められているのでしょう。

 あ、そうそう。
 冒頭に出て来て、転んじゃってた酔っ払いのおじさんが、妙に可愛かったりしましたよん。
 イタイケ、ってゆーか(^^;。
 何か情が移っちゃいました…。

2008.10.18

■かんなぎ 第3話「スクールの女神」

 さすがのナギも、いきなり学校まで一緒に来たりはしないんだあ。
 仁だって、そんなことは許しません(^^;。
 だから、とりあえず、学校ではつぐみがお当番。
 道で顔を合わせれば、ちゃんと一緒に登校する二人なのですが、つぐみは自分から仁に声はかけませんでしたねー。
 一旦視線を外しちゃう仕種が何か好きです。
 卵焼き、褒めて欲しかったんだろうなあ…。

 ちなみに仁は、美術部の部長さんから、ピュアピュアボーイとか呼ばれてました。
 ヘンなの。
 ピュアだったからナギが顕現したのか、単に素材が御神木だったからなのかは分かりません。
 美術部での目標は、ピンクを使いこなすこと。
 そして、響大鉄を越えること。
 貴子じゃないけれど、仁ってば、可愛いです。

 つぐみとは、同じ部活じゃ無いのですねん。
 それでも、学校では公認の幼馴染みってことで☆。
 さくっと旧サークル棟にも一緒に来るよ。
 理由の説明は特に無し。
 怪談話をしていたときのつぐみ、目、怖いですよ…?(^^;。

 で、ナギが学校に来ちゃいました。
 ちゃんと制服も着ているよ。
 「仁くーん」なんて言いながら、走って仁に飛び付こうとするのは、一体どーいうシチュエーションを想定していたのでしょう(^^;。
 さくっと避けられて、地面に激突していたけれど…。
 あそこから状況を立て直せるのかと思ったら、お嬢様キャラはしっかりと継続して、周囲を味方に付けたです。
 世渡り上手な神様だなあ。
 実際の所、本性を知っていたら、あのキャラはキモいと思いますけどねー。
 こら。

 つぐみ、すっかり騙されちゃってます。
 興奮すると別人格が出て来るのって、あのあの、それはつまり、単純に隠し切れなくなった地が出てるってことなのであ。
 そうなったナギは、微妙に口調が年増っぽくなりますし。
 こら。
 まあ、神様なんですもの。
 きっと、全ての物事を大局的に見ているのですわ(^^;。

 ナギはつぐみの味方になってくれそうだし、いい関係が築けたらいいですね!。
 ナギのおかげで、仁が巨乳派っていうのも分かったし。
 えと、分かったからどうってことも無いのですけど…。
 ナギより勝ってることが有るのは、つぐみの自信になるっていうか(^^;。
 密かに喜ぶつぐみが可笑しいの。
 訳が分からずに、それを見ている大鉄も…。

 2着持っていた制服のこと、そこだけ妙に鋭いツッコミを入れる仁なのでしたあ。
 そんなに深く追求はしていなかったけれど…。
 つぐみにはつぐみの事情が有るのですよー。

 ナギはナギで、想定外のことが立て続けに起こって、大変そお。
 また面倒臭そうな妹ちゃんが出て来たよ。
 能力的にはナギの分が悪そうだけれど、姉妹喧嘩はちゃんと成立するのかにゃ。
 てことで、続きます。
 何だか中途半端な所で、EDに突入したけれど。
 美術部のメンバーは面白い人達ばかりで、とても楽しかったです♪。

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ