カテゴリー「我が家のお稲荷さま。」の21件の記事

2008.09.15

■我が家のお稲荷さま。 第24話「お稲荷さま。初詣に行く」

 今回は予告が有りませんでした…。
 って、実はこれで最終回だったのですねー。
 確かに、そんな感じのお話だったのですけど。
 ん、この作品、もうちょっと長く見ていたかったなあ。

 クーは高上家にすっかり馴染んで、家族になって、もうクーが居ない生活なんて考えられませんよね。
 それに、コウだって。
 そりゃ、不都合だって色々有るとは思うのですけど、みんなそれぞれにいい影響を受けてるし、結果的には問題無いと思うのです。
 あれなら美夜子だって安心だよね。
 だからか、美夜子はもう名前だけしか出て来ませんでした。

 美咲と昇の関係は、相変わらず全然変わって無いですけど…。
 それでも、クーやコウのおかげで、美咲にも色々な思い出が出来たし。
 昇に全く意識して貰え無いのは、やっぱり呪いだとしか…。
 直接はっきり告白するっていう選択肢は、全く全然無いのかしら。
 とりあえず、紅葉に遅れを取ったりはしてないみたい。
 ていうか、昇ってば、今までの紅葉のお誘い、ことごとく断ってますよね。
 勿体無いの。

 紅葉は勿論、みんな晴れ着姿が似合っていたよ。
 何げにタマも可愛かったりして。
 タマがどういう基準で男女の姿をチェンジしているのかは分かりません。
 クーは分かりやすくっていいのにな。
 お汁粉食べるときには、どうしてか男だったけれど。

 にしても、何でまた汨羅がお鍋の蘊蓄を語ってたんだろ…。
 あなた、保管係なんでしょー?(^^;。
 ともあれ、高上家を中心としたみんなの生活は、まだまだ続くのでした☆。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2008.09.08

■我が家のお稲荷さま。 第23話「お稲荷さま。だいえっとする」

 相変わらず自分の気持ちに気付いて貰え無い美咲、体重のことも気にしなくっちゃいけないし、とっても大変なのです。
 ベストの状態でないと、自分に自信が持てなかったりとかしますもんね。
 ライバル宣言されちゃった紅葉が、それ程積極的にはアタックして来ないのが救いで。
 どーでもいいのですが、紅葉が昇に渡していた袋、肉まんが入ってるにしては小さ過ぎのような…。

 ダイエットを頑張る美咲、そのおかげで昇の家にお泊まりだったりするよ。
 普通じゃ有り得ません(笑)。
 そりゃ、バドミントン部のみんなもびっくりしますよねえ。
 いつの間にそんな関係に…(^^;。
 何げに、昇とは随分近い所に居る美咲なのです。
 昇の家の事情は全く知らされていないし、メインストーリーからは外れてしまっているのは、お気の毒だったりしますけど。
 でもまあ、だからこそ美咲は美咲で居られるのかも。

 そして、訳が分からないままダイエットに参加していたコウが可笑しかったよ。
 相変わらずの無表情なんだもん。
 昇の言い付けだから、常にダイエットのことは忘れず、美咲をしっかり現実に引き戻していたり。
 結局、コウは太っていたわけじゃ無かったのですねー。

 美咲も、頑張って3キロ痩せました☆。
 男の子は沢山食べても太らないけれど、女の子は大変です。
 ダイエットに成功しても、そこは決してゴールじゃ無く、本当の試練はそれからだったりしますもん。

 ともあれ、ご褒美として昇と一緒にチーズケーキのお店に行けたし、良かった良かった。
 お腹の音を聞かれちゃう位の距離っていうのは、微妙に問題有りますけど…。
 そういう近さは、本人も望んでません(^^;。
 女の子は、あくまで優雅に、ミステリアスに、なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2008.09.01

■我が家のお稲荷さま。 第22話「お稲荷さま。パーティーにのりこむ」

 いい匂い、っていうのは、三槌に流れる血の匂いってことなのかしら。
 それもあくまで能力に比例するみたいなので、紅葉の目的は、実は昇じゃなくって透だったりしています。
 一応当主で、かつ兄である昇の立場が…。
 まあ、結果的にはそれで透に危害が及ばずに済んだのですもん、むしろそれで良かったのかも。
 目的が昇でも透でも、クーとコウががっちりガードしていることに変わりは有りませんから、実はどちらを狙っても同じなんですけどね。

 宮部の娘は16歳になると変身能力が身に付く、なんて言われても、あんなケダモノの姿になっちゃうんじゃ、全然嬉しくありませんわ。
 紅葉がひねくれちゃうのも無理は有りません。
 変身のとき、脱いだパンプスを蹴っ飛ばしていた仕種が、何だか妙に印象に残ったりもして。
 まあ、パパもお仕事が忙しいのでしょうけど…。
 愛情に飢えていたらしい紅葉のこと、ちゃんと分かってあげていた昇は偉いぞお。
 紅葉が凄く可愛いコだから、というのも勿論有るとは思いますけど(^^;。
 それに、昇はケダモノには慣れてます…。

 突然介入して来た汨羅が変なことを言うから、更に一騒ぎ有るのかと思ったけれど、昇のおかげで、場はきっちり収まりましたねん。
 紅葉へのペナルティって、どの程度なのでしょう…。
 とりあえず、後のことはもう昇には関係有りません。
 って、紅葉、いきなり美咲に宣戦布告しちゃってますけど!。
 何をやっても昇に気持ちが届かなかった美咲、これをきっかけに、関係が進展したりするのかしら…。
 強引な紅葉に取られちゃわないよう、頑張って下さいね。
 昇とは色々な秘密を共有している紅葉が相手だと、かなりの苦戦が予想されるです(^^;。

 そしてコウは、耳かきに命を賭けちゃってます!。
 勿論、受けて立つ昇はそんなことに命は賭けられませんから、逃げるしか無いわけで。
 あんな追いかけっこをしていたら、危険度は更に増すと思うのですけどねー。
 …案の定。
 女難っていうのは、あんまり幸せじゃ無いと思うぞ。

 シロちゃんの情報を入手出来て、透は幸せだったかしら。
 今回のクーは、表立っては動かず、色々と暗躍していたのでした。
 学校には入れないっていうの、昇もそろそろ解除してあげればいいのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (17)

2008.08.28

■我が家のお稲荷さま。 第21話「お稲荷さま。治療する」

 巫女さん姿のコウに、膝枕で耳かきをして貰うの、それ自体は昇にとっても嬉しいことだったみたい。
 良かったあ、昇にもちゃんとそういう感覚が有って(笑)。
 でも、何故かコウの手はぶるぶると震えているのでした…。
 あれは…、怖い!。
 それでも絶対にやる気のコウだったりします。
 護り女ちゃんが三槌の当主に危害を加えたりとか、それって厳罰ものだと思うのですけど、その後のコウのリアクションは描かれませんでした。
 何げに、昇は教訓を得たようですよ。

 そんな昇に急接近な紅葉。
 昇はストレートに嬉しそうだし、美咲のときとはえらく対応が違うなあ。
 良くも悪くも、美咲は昇の日常の中に組み込まれてしまったのかしら。
 そこから抜け出すのは、かなり大変そうな気がするよ。
 だから、薬で魅力に気付かせたりするのも有りなのかも。
 怪しい薬を美咲に渡していたクー、偽物なのかと思ったら、ちゃんと本物なのでした。
 その目的は、決して恋の応援じゃあ有りませんでしたけど、結果的には良かったみたい。
 おんぶおんぶ(^^)。

 だからと言って、昇と美咲の距離が近付いた、って訳では無いのが辛い所なのです。
 もう一押しが必要みたい。
 それは、紅葉がキーになったりするのかしら。
 軽やかに宙を舞う美咲の攻撃は、なかなか格好良かったですよー。
 学校では、美咲が昇専属の護り女ちゃんになりました。
 あの薬の効力って、1回限りなのかしら。
 今後も、幾久しく使われちゃうのかなあ…。

 どーでもいいのですが、狼人間さんに感染した人達、女の子だと服は全部脱いでハダカなのに、男の子の場合は服を着たままっていうのは、一体どうしてなのでしょう(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.08.18

■我が家のお稲荷さま。 第20話「お稲荷さま。再び旅行する」

 いくらお人形でも、夜の窓の外にあんなのが居たら、とてもとても怖いんですけど!。
 オヤエのお話だって、夜中に見てると、十分怖いもん。
 私は臆病者なんですよう。

 またも福引きで一等賞を引き当てたクー。
 今回も二等賞狙いだったのに、ままならないのは狐さんも一緒みたい。
 みんなやっぱり「また温泉…?」みたいな感じだったし。
 あっさりと3人が辞退しちゃった。
 昇とクーの二人きりだなんて、面白いね。
 別に、怪しい高校生カップルには見えません。
 兄妹にも見えないですけど。
 いっそ、昇と美咲の二人で行くとか…。
 まずいって(^^;。

 サスペンスとして、登場人物はそれなりの人達(←?)を集めていたけれど、肝心のお話は結構どーでもいい感じなので…。
 盛り上がらないなあ(^^;。
 クーもらしさがあんまりなくって。
 ご飯そっちのけで、事件を優先させてたっけ。
 匂いに敏感なのは、流石なんですけどね。
 前回の温泉旅行と比べて、色々と物足りないです。

 昇だけは、いつもと変わらない昇でした。
 事前のチェックも厳しいよ。
 だからクーを女性の姿にさせてたんだあ。
 あ、成る程。
 お料理にも厳しかったし。

 ともあれ、あんなんじゃ、サスペンスどころか、思い出にもならないですよねー。
 家に居た方が良かったみたい。
 透の判断は正解でした。
 旅館の再建とかは、クーの管轄外みたいですし。
 座敷童も憑かないような旅館ですものね。
 あの小説が売れたりしたら、また違った展開になるのでしょうけど。

 なんて、私だったら、タダで電車に乗れれば、嬉しかったりするかも。
 昇とクーが乗っていたのは、415系…?。
 車内で釜飯食べてたです。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2008.08.11

■我が家のお稲荷さま。 第19話「お稲荷さま。芋を焼く」

 クーは昇にお芋を貰って、光牙&影牙と一緒に、恵比寿の神社で焼き芋をするのでした。
 のどかな光景なのです。
 3人共、お芋が焼けるの、凄く楽しみに待っていたよ。
 貧乏神は、そんなささやかな幸せも持って行ってしまいました…。
 お気の毒に(^^;。
 いつも幸せそうな妄想をしている美咲は、無事だったのかなあ。
 美咲って、何故かいつも最後まではフォローされないから、私は気になって仕方ありませんわ。

 美咲の妄想、常に少し先を見ている感じかしら(笑)。
 子供は男の子と女の子が欲しいんですって。
 いつでもどこでも昇のことばっか考えていても、その気持ち、伝わらないね。
 神族はいっぱい居るけれど、恋愛の神様はいつも不在なようなのです。
 10万ドーン!とか言ってる土地神様、あれはもう何とかしちゃって下さい(^^;。
 そして昇は、魔女コスな美咲の、短いスカートが好き、と。
 こら。
 優しくって落ち着きの有る昇は、歳下にもモテモテだったねえ。
 そういう所は、主人公の一人として、しっかり押さえてます(^^)。

 白い仮面に白いマントの貧乏神さんは、何故か昇について来て。
 表情は見えないし、全く喋らないから、何を考えていたのかは不明です。
 昇も困っていたよ。
 そういうのをお相手するの、昇はコウで慣れている筈だけれど、さすがに貧乏神さんはコウよりも敷居が高かったみたい。
 高上家の家計が更に苦しくなったら困るけれど、とりあえずは無事。
 良かったあ。
 クーは、お芋と引き換えにみんなを護ったのです。
 そう考えて諦めて貰うしか!。

 EDは随分とカワイクなりました☆。
 みんなキャラデが違い過ぎて、別人みたいに見えたりもしますけど(笑)。
 元気に踊ってるから、楽しいよ。
 昇と透、何故か一緒に恵比寿も踊ってます。
 相変わらず無表情で、必死なコウがおっかしいの。
 女の子3人でコンビを組むなら、タマより美咲のような気がするけれど、美咲の出番は有りませんでした…。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2008.08.04

■我が家のお稲荷さま。 第18話「お稲荷さま。思い出をもらう」

 家族の繋がりを大切にしている高上家、それはシロちゃんも全く同じだったです☆。
 折角お話が出来るようになったシロちゃんなのに、すぐに透とお別れ。
 封印と死んじゃうのじゃ、確かに全然違うけれど、もう二度と会えないのなら、透にとって辛いことに変わり有りません。
 大変なこと、ですよね。
 それでも、透は即決だったよ。
 本当、昇が言ってたように透は偉いです。
 シロちゃん本人は、お別れの言葉とかは勿論無く、そのまま眠ってしまって。
 あれは、見ている方が辛いかも…。

 初恋は実らないとか、昇もこんなときにそんなこと言わなくってもいいのにい(^^;。
 美咲が居たら、何て言うかしら…。
 ていうか、逃げ出した美咲はどうしちゃったのでしょう。
 Cパートで、何かフォローが有るのかと思ったけれど。
 槐のフォローは、結構どーでもいいです(^^;。

 クーもコウも、物事の判断基準は、昇と透を護る、悲しませない、ってことなので、そのシンプルな考え方はいいですね。
 凄く信頼感があるもん。
 だから、月読と汨羅の言うことなんて聞かないし。
 でもまあ、透が鬼に狙われ続けるっていうのも本意じゃ無いから…。
 ちなみに、透への説明は、クーじゃ無くって昇がすべきだったと思いますけどねん。

 サカサエンで戦っていたコウも、昇が声をかけたら、すぐに戦闘モードを解いちゃいました。
 早っ。
 あっと言う間に敵意も消えちゃった。
 本当に、昇の言うことならちゃんと聞くのですねー。

 久々に登場した美夜子、クーが何をするか分からないから、一応は心配はしていたみたい。
 意外だったけれど、クーは美夜子と出会ったから復讐を止めた訳じゃなくって、最初からその気が無かったみたいなの。
 クー本人が言っていたこと、きっと本当なのでしょうね。
 いいですよね、そうやって生きて行けるのなら…。
 素敵です。
 タマとは家族だけれど、基本的な所は全然違うの。
 そして、クーにもクーなりの事情が色々と有るみたいなのです。
 何だか大変そうですよ。

| | コメント (2) | トラックバック (18)

2008.07.28

■我が家のお稲荷さま。 第17話「お稲荷さま。追いかける」

 シロちゃん、凄く可愛いなあ。
 一生懸命、透の真似をしていたもん。
 ううう、あれは破壊力有るですよ。
 喋れないのが逆に、イタイケさ倍増だもん。
 透とシロちゃん、末長くお幸せに…。
 こら。
 インプリンティングの効果は絶大なのです。
 透の方も、しっかり保護者って感じだし。
 細かい事情を聞かずに逃げるのを手伝ってくれたお友達も、優しかったですよね。
 いいお友達に恵まれてます。
 羨ましいなあ。

 そして、そろそろシロちゃんの事情や能力も明らかになって来ました。
 その能力もさることながら、知能が殆ど無いっていうのは、かなり困ったことのような気が…。
 にしても、シロちゃん関係の事情、クーの言っていた通りだとするなら、神族も何をやってるんだか。
 呆れてしまうのですよー(^^;。
 それに対して、クーはもう復讐とかそういうことには興味を持っていないし、本当に変わったんだなあって実感したよ。
 昇と透を護ること、それが何より大切なのです。

 六瓢はですね、サカサエンを出せません。
 だって、コウに預けちゃってるんですもん。
 まさかここでサカサエンの話題になるとは、本人も予想外だったんじゃないかと。
 それとは別に、透と一緒に食べようとしていた、紙袋の中身が気になるよー(^^;。
 クー絡みのどさくさでうやむやになっちゃいましたけど、コウがサカサエンでシロちゃんを鎮めるのかしら。

 そのコウ、ご飯をといだり、ニンジンを切ったり出来るようになりました。
 凄い進化。
 お役に立ちたいっていう気持ちが、それだけ強かったんだなあ。
 今までのお手伝い能力が幼児レベルだっただけに、昇だって感激しますよね。
 ニンジンなんて、音からすると、包丁を持っている腕が早過ぎて見えない感じ。
 失敗したの、あれは昇の指示が悪いのですわ(笑)。
 透の居場所を探すのに、棒を倒しながら進むのは、見ていてかなりまだるっこしかったけれど…。
 そんなんで、間に合うのー?(^^;。

 バスに乗って逃げ出した透は、拝を頼ろうとしていたのですねー。
 成る程。
 ここで何故か、美咲と接触しちゃいました。
 部活はミーティングだけだった筈なのに、あんな時間まで何をしていたのかにゃ。
 それはともかく、美咲が昇とのお付き合いを望むのなら、こういうことがあるのを知っておいた方がいいのかしら。
 昇だったら、むしろ美咲を遠ざけようとする筈ですが、どうなのでしょうね。
 あ、さすがの美咲も、弟君が相手なら、そんなに緊張はしないみたいです(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2008.07.21

■我が家のお稲荷さま。 第16話「お稲荷さま。辛抱する」

 あ、巨大化はしないんだ…。
 とりあえず、一安心。

 シロちゃんが居なくなって傷心の透なのですが、日常生活の中で、少しずつ慣れていかなくっちゃ、ね。
 家でも学校でも、さりげなくみんなに励まされて、本当に愛されている透なのです。
 クーも、こそこそ監視している鬼達のこと、我慢して見守ってくれてたみたいだし。
 なんて言ってたら、シロちゃん、戻って来ちゃいました。
 呪布は取れていたけれど、やっぱり喋れないのかしら。
 全身に入っているらしい入れ墨が、ちらっと見えてたっけ。
 シロちゃんと一緒に居ることで、透は一気に成長しそう。
 わくわく。

 昇は、スーパーへの買い出しで、頭がいっぱいだったり。
 家計を預かる身としては、当然なんですけどね。
 三槌の当主っていうのは、そういうことなのかと…(^^;。
 だから美咲との会話も、全く噛み合いません。
 美咲って、面白いなあ。
 全力で昇にアタックして来るけれど、肝心の所で勇気が出せず。
 そんなこと言ってるうちに、紅葉まで接近して来そうな雰囲気ですし。
 にしたって、「彼女は居るの?」っていう質問と「美味しそうな匂い」っていう感想、全く全然繋がりが無いんですけど!。
 あれは、美咲でなくても困りそお。

 そしてそして、昇はコウと急接近だし。
 あ、別に接近はしていませんかあ。
 あんな夢を見ちゃうコウ、可愛いの。
 ささやかだけれど、なかなか実現しそうにない夢ではあります。
 塩ばっかなのは、本人も気にしていたのかしら…。
 実はシロちゃんよりも表情が乏しかったコウ、笑ってくれたなら、それは素晴らしいことかな、って。

 槐も全力で白鬼の回収に向かうみたいだし、賑やかなことになりそうですねー。
 それでも、キーになるのはやっぱり美咲かな、なんて私は思うのでした(^^;。

| | コメント (2) | トラックバック (9)

2008.07.14

■我が家のお稲荷さま。 第15話「お稲荷さま。教会へ行く」

 鬼に捕まってしまった昇ですが、あんなに広い部屋をあてがわれていたなんて、結構待遇は良かったのかにゃ。
 ちゃんと朝ご飯も出て来たよ。
 あ、これで一食浮いた♪。
 なんて、さすがの昇もそんなことは考えてませんでした。
 私だったら考えそう。
 クッキーの匂いに釣られかかったクーも、かなり危ないです。

 昔、おねしょしちゃった夢を見ていたのは、透じゃなくって昇の方だったんだ。
 小さいコのお世話をするっていう遺伝子は、しっかり美夜子から二人へと受け継がれています。
 いいですよね、そういうのって。
 透だって成長してるんですもん。
 そしてそして、そこで眼を覚ました昇がおねしょしてたらどうしようかなって、本気で心配になった私だったり。
 そんなわけあるかい(^^;。

 昇の救出に向かうべく家を出たクー、結構雰囲気を出していたので、かなり激しい戦いになるかと思ったのですが…。
 相手の鬼の一族さん、呑気な皆さんでしたよねえ。
 男に化けたら、クーのことも全く認識出来ず。
 術も全く使え無いんですって。
 でも今は、ネットがあるから大丈夫。
 って、こら。
 いーのかそれで。
 ある意味、時代の波に乗ったと言えるのかも。

 そういった点では、護り女ちゃんはもっと頑張りましょう。
 洗濯物にお塩をかけちゃ、いけません。
 いや、あんな名残惜しそうな目をされましても…(^^;。
 昇の名前を出したら、すぐに止めてくれたけれど。
 良かれと思ってやっているから、コウの暴走を止めるのって、本当に大変なんだなあ。

 恵比寿は今回もお役に立たず、六瓢を頼ることになりました。
 電話を取った六瓢の第一声が「お兄ちゃん…?」って。
 こら(^^;。
 今回は、いいように使われちゃった六瓢なのです。
 出雲へ行く必要が無いこと、ぐさっと指摘されたりもして。
 使いこなせば、携帯って本当に便利!(笑)。

 ともあれ、昇は無事に取り戻せたよ。
 今の昇が、もう完全にクーのことを信頼しているのも分かったし。
 そういう繋がりは、いいなあって思う。
 シロちゃんの素性も分かって、元の持ち主へと返すことになりました。
 透とシロちゃんのあの笑顔を見ていると、引き離すのは可哀想な気がするね…。
 全く喋れないシロちゃんを相手に、あれだけお話ししていた透なんだもん。
 ちゃんとコミュニケーションが成立してた。
 プロポーズまでしそうになってたし(笑)。
 でも、仕方無いですよね…。

 次回、既にインプリンティングされていたシロちゃん、何故か巨大化してますよお。
 しかも原形をとどめてません…。

| | コメント (0) | トラックバック (13)

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~