2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー「図書館戦争」の12件の記事

2008.06.27

■図書館戦争 第12話「図書館ハ誰ガタメニ」

 前回、あれだけの激しい戦闘だったんですもの、それは死者も出ますよね。
 不幸中の幸いというか、図書隊側の死者はゼロ。
 メディア良化隊だけに犠牲者が…。
 郁が撃った相手なのかは不明です。
 堂上が言っていたこと、あれが真実なのか気休めなのか、分かりませんし。
 それから、図書館長の生死も不明。
 あの館長がしたことって、世論にも大きな影響があると思うのですが、その辺りはあの戦闘の中でうやむやになってしまったのかしら。

 図書隊の負傷者の中には玄田と堂上が居て、病院では結構ツライ状況になっていました。
 それでも、二人には心配して待っていてくれる女の子が居るんですもん、幸せですよね。
 …そういう問題じゃ無いですけど。
 折口マキは、夜もずっと付いててくれて、郁は堂上の為に読み聞かせをして。
 小牧もいいアイデアを出してくれました。
 あの三冊の本のうち、残りの二冊のタイトルは不明ですが、「坊っちゃん」まで検閲の対象になっていたりするのでしょうか…。
 検閲って、本当に恣意的な判断の結果みたい。

 だから、郁の大演説に共感する人達が沢山居たんだなあ。
 私もうるっとしましたもん。
 柴崎からも、最大の賛辞が送られたよ(^^)。
 あの手塚慧だって、そういった考え方の必要性を認めざるを得なかったし。
 それは、図書隊への世論の流れを変える、大きなきっかけになりました。
 しっかりとした信念に基づいて行動している郁、そして図書隊のこと、あれなら信頼出来るって思えますものね。
 私も、あの手紙の山が嬉しかった。

 稲嶺司令は、責任を取って引退することになったけれど…。。
 そっかあ、あの図書館長のことで責任を取ったということなのですね。
 あの柴崎でさえも、全幅の信頼と尊敬を寄せていた稲嶺司令が去るのは、私も残念な気持ちになりました。
 でもでも、これは、稲嶺司令の作った図書隊が、次世代に引き継がれたってことなのですよね。
 業務部を含めた全員が整列、敬礼してのお見送りは、凄く凄く感動的でした。
 私は、ああいうのに弱いのですよー(^^;。

 そして、堂上も無事にショック状態から立ち直って…。
 不器用カップルらしく、堂上と郁、その後もこっ恥ずかしいことばかりやっているのでした。
 結果的にラブラブだから、あれはあれでいいのでしょう。
 天然って、凄いぞ(笑)。

 この作品、テンポ良く気持ち良く見れて、とても楽しかったです。
 柴崎と玄田は、何げに私の成りたかった自分、だったりしますし。
 傾向は全然違いますけどね。
 二人は、私の憧れの存在でした。

2008.06.20

■図書館戦争 第11話「死闘!茨城県展警備」

 知事と美術館長がしっかり方針を示してくれているなら、図書隊も動きやすいですよね。
 さりげなく、玄田の作戦だったりもしたみたいで。
 流石です。
 そして、手塚慧のバックアップまであったりもして。
 色々と有利な点も有ったけれど、メンツにかけて、必死になって襲撃して来る良化隊相手には、相当に厳しい戦闘になりました。
 訓練を殆どしていなかった茨城の防衛部員達も、頑張ってはいたけれど…。
 本当にぎりぎりの所で持ち堪えた感じかな。
 時間きっちりに良化隊が撤収したのが、不思議な位なのです。

 今回は、みんなそれぞれに自分達の任務をしっかりこなしていたって思います。
 自分が何をすべきなのか、しっかり考えてましたもんね。
 最後の郁は、かなり本能で動いていたけれど、それも無理は無くって。
 しっかり堂上をサポートしていたよ。
 手塚が狙撃に成功したのも、郁のアシストがあったからだし。
 にしても、手塚の射撃の腕は凄いなあ。
 高所恐怖症も克服済みって、あながち冗談とも…。

 堂上は、郁に気を遣い過ぎだったかもしれません。
 郁だって、凄まじい勢いで成長してますし、それは堂上を見ているからこそ、なんですけどね。
 むしろ、館長の様子がおかしいことに気付いていたなら、早めに手を打っておくべきでした。
 あの状況でポリタンクを持って歩いていたら、全力で止めなくっちゃ。
 一応は上官だから、現場を押さえないと難しかったのかなあ。

 小牧と榎木の会話の中で、榎木は良化隊の内部に対して、かなりシニカルな見方をしていたのが凄く印象的だったっけ。
 私も、自分のお仕事に対しての姿勢は、榎木と一緒だなあ。
 メンツなんてありませんもん。
 こら。
 小牧は特に、自分の意見は述べなかったです。
 あの人達の場合、自分の命がかかっているから、言葉にも重みがありますよねえ。
 そして、大量の栄養ドリンク。
 敵同士に分かれる前のああいう雰囲気って、ちょっと好きだったりする私です。

 最終的に、玄田は派手に被弾して、書庫は炎上し堂上が巻き込まれ、かなり酷い状況になって…。
 茨城の防衛部の人達にも、怪我人は出てるのでしょうし。
 本当に、小田原以上になっちゃいました。
 図書隊自体が色々と大変なことになりそうですが、その時に郁はどんな行動を取るのでしょうね。

 踏切を走って行った電車は、茨城だけにE501系かしら。
 3扉でしたけど、きっちりした作画だったのが嬉しいです。

2008.06.15

■図書館戦争 第10話「里帰リ、勃発」

 派遣先が実家のすぐ近くでも、そう簡単に両親と出くわしたりはしないと思うのですが、予想もしないルートで親バレしちゃう郁なのでした。
 正面衝突だよー(^^;。
 まあ、結果的には良かったみたい。
 両親と正面から向き合う機会って、何だかんだで少なかったりしますものね。
 今の郁が有るのは、お父さんの影響が強かったみたいで…。
 実は結構、お父さんっ娘だったのかしら。
 ハゲが出来ても、そんなことは全然気にしてないらしい郁なのです。

 そんな郁も、茨城図書館の女子のイジメは辛かったみたい。
 堂上に縋り付いちゃったもん。
 こういうときの堂上は、鋭くって優しいね。
 ずっと郁を見ていると、業務部の女子みたいな性格の人達が存在すること、確かに忘れそうになるです。

 郁の反撃は、単純だけれど、実に効果的な方法だったりして。
 少数派だった防衛部の女子も、しっかり自分達の存在を主張するようになりました。
 良かった良かった。
 本当に陰湿なイジメでしたものね。
 手口が幼稚なだけに、逆に陰湿ってゆーか。
 有事の際には、盾になって自分達を護ってくれる防衛部を邪険に扱うなんて、そんなの絶対に間違ってるのに。
 メディア良化隊に襲撃されれば、今度こそ目が覚めるのでしょうけど…。

 柴崎が心配していたのも、きっとそういうことなのでしょうね。
 手塚との約束、ちゃあんと実現させなくっちゃ。
 柴崎が郁へのイジメのことを知ったら、茨城図書館の業務部、きっと地獄を見ることになるのでしょうけど…。
 今回は、郁が自力で何とかしたから、みんな命拾いしたですよお。

 そしてそして、本当に襲撃を受けそうな雰囲気の茨城図書館なのです。
 防衛部の訓練、間に合ったかな…?。
 とりあえず、今の郁のレベルまでには!(^^;。

2008.06.06

■図書館戦争 第9話「昇任試験、来タル」

 王子様は、意外と近くに居たりします。
 意地悪な上官ていう面が強かった堂上が、ある日突然、郁のとても大切な憧れの人になったりとかして。
 そんな状況の急変に、郁本人も対応出来ないのでした。
 それはそうですよね。
 手塚慧からの手紙だって、親切で教えてくれたのか、それとも単なる嫌がらせなのか、判断に困ったりもしますし。

 それはともかく、昇任試験です。
 柴崎と手塚は本当に余裕みたいだし、流石だなあ。
 柴崎なんて、更にずっと上を目指しているみたいだもん。
 同期には怖い存在ってゆーか。
 見ていた私も、微妙に怖いですよ…?。

 そんな柴崎を頼った手塚、その代償は決して小さくは無かったみたい。
 バックに出ていた、「時計返せ」の文字が泣かせます。
 子供の前では別人な柴崎ですが、人は誰だって色々な一面を持っているのですよん。
 柴崎の場合、それはかなり極端だけれど。
 それでも、本人にしか分からない苦労だってありますよね。
 あ、長身の手塚に、すかさず子供達がよじ登っていたのは、見ていて可笑しかったです。
 微笑ましい光景だよー。

 筆記が全然駄目そうだった郁、ああいうタイプは、乗せてやる気を引き出せば、がーって一気に追い上げちゃいそうな感じがするよ。
 でもでも、筆記対策ばかりに気を取られていたら、実技で落とされちゃったりして…。
 なんて、郁にそんな心配は杞憂だったみたい。
 ダントツのトップだったって♪。
 凄い、ね。
 柴崎と手塚も頑張ったよ。
 あれが本来の図書館業務っていう気もするし。

 結果的に、みんな無事に合格出来て、良かった良かった。
 今の段階で、同期で上下関係が出来ちゃうのは、困りますから。
 堂上のノートもお役に立ったし。
 わざわざ女子寮に忍び込んで、届けに来てくれたんだもん。
 私は、また背負い投げされちゃうんじゃないかって、冷や冷やしながら見ていたり。

 今までのこと、それは勿論大切な思い出ですけど、郁はそれを踏まえて前へと進むって、ちゃんと整理出来たみたい。
 成長したです。
 そこへ、堂上からデートのお誘いなのです。
 郁も色々と大変だあ。
 似た者同士の堂上としては、デートっていう意識は無く誘ってると思いますけど(笑)。
 それは、カモミールの魔法ってことで(^^)。

2008.05.30

■図書館戦争 第8話「策動セシハ手塚慧」

 感情や情緒で結論を出したって、別にいいじゃないですかあ。
 郁はずっとそうだもの。
 山猿だって、ちゃんと筋は通しているよ。
 …人間です。
 図書隊の人達、特に原則派っていうのは、みんなそんな感じなのでした。
 堂上も手塚も、根っ子は一緒だったみたい。
 そういうのって、いいですね。
 私だって、人として共感出来るのは、そっちの人達ですもの。

 微妙に危うい関係だった、柴崎と朝比奈の問題も解消しました。
 郁のこととなると、さすが手塚は目の色が変わっちゃう。
 逆鱗って言ってたっけ。
 柴崎自身が、本人の言った通りの性格をしているのか、それは定かではありませんけど…。
 とりあえず、柴崎と手塚、それなりのルートが出来ました。
 時計はちょっと勿体無いけれど、あの後二人で飲みに行くのは、いいことなのかもしんない。

 郁への査問はさすがに厳しかったです。
 一人対多人数で、細々と観察されちゃう訳ですしねー。
 変な噂は流れちゃうし。
 その辺りは、かつて同じ道を歩んだ堂上が、しっかりフォローしていたよ。
 本当、何だかんだで郁にはとても甘いのでした。
 更には、手塚まで憧れているっていう事実が判明した堂上なのでした。
 レストランまで駆け付けて来たし、あれなら後悔しなくて済んだかなって。

 そしてそして、いよいよ王子様の正体、発覚です!。
 今まで気付かなかったのが不思議な位だけれど。
 手紙にあそこまではっきり書かれていても、なかなか気付かなかった位だもんなあ。
 郁ってば…。
 にしても、手塚慧からだなんて、妙なルートから発覚しちゃいましたねん。
 郁、明日からどうするの?(笑)。

2008.05.29

■図書館戦争 第7話「恋の情報探索」

 今回は、自信と押しの強さがあれば、柴崎とのお付き合いも可能だよ、っていうお話。
 違うか。
 まあ、朝比奈みたいな信念があれば、臆すること無く、柴崎に近付いたり出来るのでしょうけど、それが出来る男の人って、凄く限られちゃうと思うな。
 郁は何が心配だったのか、手塚を巻き込んで、喫茶店で監視、とゆーかチェックをしてましたけど…。
 柴崎本人には、特に意見は述べなかったね。
 二人共、もう大人だから…。
 柴崎麻子、23歳の美少女です(笑)。

 そんな柴崎も、今回の決断には、郁を凄く頼りにしていたよ。
 もう、自分では決められなくなってましたもん。
 結構ぎりぎり。
 こんなとき、郁のシンプルな考え方は、すっごくお役に立つのでした。
 良いことは良いし、悪いことは悪い。
 そう言い切ってしまえる郁が、柴崎共々、私は大好きです。
 やっぱりいいな、郁って。

 柴崎の問題が片付いたら、今度は郁が査問委員会に呼ばれるわけで、ハリとエサは本当に無限にあるのですねえ。
 郁、大丈夫かな…?。
 状況は全然違うと思うのですが、同じく査問を経験済みらしい堂上は、どうやってそれを乗り切ったのかしら。
 アホな部下とか言ってないで、ちゃんとアドバイスしてあげて下さいねー。
 似た者同士は、貴重です(^^;。

 手塚にも、見せ場があるのを期待しちゃいます。
 敢えて借りを作ったこと、本当にぎりぎりの選択だったみたい。
 彼にだって、簡単なことじゃ無かったんだなあ。

2008.05.19

■図書館戦争 第6話「図書隊ハ発砲セズ」

 操車場って、今はもう死語に近いです。
 僅かに残った車扱いの貨物列車だって、みんな直行だもん。
 作中に出て来たワムは、一体何を積んでいたのでしょうね。
 ていうか、操車場に何故か電車も停まっていたりして。
 日野の操車場、謎が多いのです。
 始発列車も、あんなに沢山の渡り線を横切っていたよ。
 始発なのに始発なのに(^^;。
 あと、警笛を長く鳴らすのは、近所迷惑なので止めましょうね(笑)。
 ワムとE233系の描写はしっかりしていたから、そっちは嬉しかったです。

 にしても、良化隊は本当に約束を守りません。
 発砲の件は勿論、列車の運行は支障させないって約束だった筈なのに。
 始発列車を止めようとしていたよ。
 そこで作戦中止になったのは、あくまで司法省からの指示であって、鉄道会社との約束があったからではありません。
 そんな良化隊が、良く存続出来るものです。
 そして、更にその上に位置する司法省って…?。
 手塚にも、色々と事情がありそうなのですよー。

 昔の堂上は、本当に郁とそっくりだったみたい。
 というか、同じDNAを持っているとしか…。
 郁が痛いってことは、堂上だって痛いということで。
 あの二人、事の是非はともかく、ちゃんと筋の通った行動をしているから、見ていて凄く気持ち良かったりします。
 ストレートに感情を表に出して、そのままに行動出来るのって、いいですよね。
 そりゃ、組織の中では、色々と問題があったりもしますけど。
 その辺り、玄田はうまくコントロールしているみたい。
 あの殴り合いの喧嘩は、見ていて私も混ざりたくなっちゃう位なのでした。
 それで、タコ殴りにされる、と(^^;。

 元々は、本を巡っての喧嘩なんですもん、ちゃんとルールが有るのなら、そのルールの中で喧嘩しなくっちゃ駄目ですよね。
 じゃないと、柴崎だって安心して眠れません。
 …もう既に寝てましたけど(^^;。
 小牧も、何だかんだで、二人のこと、面白がっているとしか。
 妙に人間臭い人達ばかりなのが、この作品の魅力かな。

2008.05.09

■図書館戦争 第5話「両親攪乱作戦」

 アホな少女の、大騒ぎな二日間。
 というか、その前日から大騒ぎしてたりして
 着替えが必要な程の寝汗かいちゃったり。
 郁は、本当に両親が怖いんだにゃあ。
 実弾が飛び交う戦闘の現場よりも、両親が、図書隊を辞めさせられちゃうことが怖かったみたいなのです。

 でも、郁には叶えたい夢があって、追い付きたい人が居て、今あの図書館に居るんですもん。
 いくらお父さんに怒られても、お母さんに泣かれても、それは揺るがないのでした。
 志望理由がはっきりしているのはいいですね。
 まあ、能力不足は否めなくって、同期の手塚には負けちゃってるし、同室の柴崎にも負けちゃってる。
 それを指摘されたら…。
 厳しいのう(^^;。

 それでも堂上は、業務最優先って口では言いつつ、頑張って郁をフォローしてくれました。
 本当、郁には凄く甘いのです。
 一緒になって狼狽えちゃったりとかして。
 可愛いの。
 柴崎なんて、あれは完全に面白がってましたもん。
 酷いっすー。
 まあ、こんなに楽しいイベントは、滅多にあるものじゃありません(^^;。
 デザート付きのランチ分は、ちゃあんと働いてくれましたけど。

 折口の記事には、郁もしっかり登場していたんだあ。
 どんな風に書かれていたのでしょうね。
 お父さんには、しっかり知られていたわけで。
 お母さんはどうなのかしら。
 まるで王子様って、やっぱり郁のお母さんなんだなあ。
 とりあえず、認めて貰えて良かったね。

 仕事をしている自分の姿って、私自身、知り合いとかには見られたくないです(^^;。
 そういえば、連休明けの今頃に、研修を終えたばかりだった私は、最初の職場へ配属になったのでした。
 就職先のこととか、両親には全然相談しないで、決めたよ、って感じで報告したっけ。

2008.05.02

■図書館戦争 第4話「図書司令官ヲ奪回セヨ」

 誘拐された司令官に郁が同行するのは、犯人側としても許容範囲ではありそうです。
 でもまあ、修羅場を潜って来た司令官本人は心も体も頑丈で、一人でも大丈夫そうだったかな。
 むしろ、郁の方に色々と自覚が出来たみたいだし、この一件で成長したのは事実なのです。
 頑張って現在地が立川だって伝えたし。
 結果的には、発信機の作動で建物を特定したから、郁のメッセージがお役に立ったのかは定かではありません。
 にしても、柴崎は郁のことを全く心配して無かったなあ。
 一体どんな確信があったのでしょう(^^;。

 堂上は、気の毒な位にへこんでました。
 そりゃ、自分の判断のせいで、郁が危険な目に逢った訳ですし。
 そして、郁と堂上って、私が思っていた以上に似た者同士だったんだ。
 それでも、郁が堂上と全く同じ道を進むことになるのかは、分かりませんものね。
 郁は堂上を越えようとしている訳ですし、以前、堂上が手塚に言ったことはそのまま自分にも当てはまるって思いますし。
 郁も、自分で思っている以上に、堂上を信頼していたみたい。
 玄田も、堂上に作戦全てを任せた辺り、分かってくれているのですねー。

 今回はさすがに警察が出て来たけれど、殆どお役に立っていませんでした。
 協力関係まで、一方的に解消されちゃって。
 いいように使われてます。
 ここでも、軍隊と警察は仲が悪いのですねー。
 その歴史は、やっぱり日野まで遡るのでしょうか。
 警察自身にも、自覚はあったみたいだし。
 折口の記事は、どんな感じになったのかなあ。
 にしても、図書隊の、玄田のスケールの大きさには、警察ならずともびっくりなのです。

 そして、郁と手塚がお付き合いするっていうお話も無効に。
 そこがちゃんとしていたら、郁の生活、公私共に充実したものになっていたと思うのにな。
 振ったのは郁ってことになるけれど、結果的には手塚に振り回された感じで終わってしまいました(^^;。
 そして次回、郁にとっての一番大きな問題が、リアルに襲って来るみたいです(笑)。

2008.04.25

■図書館戦争 第3話「小田原攻防戦」

 前回よりも、更に本格的な戦闘が始まりました。
 タスクフォースを全員投入しての戦闘は、見ていて息が詰まりそうになる位の緊迫感だったりして。
 凄いなあ。
 あれだけ派手な撃ち合いをしたら、そりゃ重傷者だって出ますよね。
 更には、死者だって。
 郁が所属しているのは、そういう部隊なんだ。
 今回は戦闘から外れてましたけど、郁を送り出した柴崎がいつもと変わらず普通だったのは、ある意味有り難かったです。
 もし、メインキャラの誰かが死んじゃったりしたとき、見ている私は耐えられるかしら。
 そういう覚悟も必要なんですよね…。

 それは、郁にとっても同じだよ。
 堂上のワガママとは言え、あれだけの戦闘の中で、郁が普通で居られたかっていうと、覚悟はまだまだ足り無いのかも。
 手塚にしたってそうですもん。
 経験不足は、命取りになりそうで。
 とりあえず、きちんとしたルールに基づいた戦闘ではあったみたいですけど…。
 ちゃんと落とし所もありましたし、ね。

 柴崎は、座学に続いて、介護の特訓にまで付き合ってくれます。
 優しいね。
 しかも、郁が暴走させた車椅子に巻き込まれて、何だか大変なことに…(^^;。
 でもまあ、事情を全てお見通しな柴崎のおかげで、郁がひねくれずに済んでいるのは確かなのです。
 いいお友達ですよねー。
 どっちが主役か分からない位だもの(笑)。

 私は最初、折口はメディア良化委員会のスパイなのかと思ったです(^^;。
 でも、用意していたヘリを貸してくれたりして、万全のバックアップ体制で。
 この人が居てくれたおかげで、お話が分かりやすくもなりました。

 次回、極限状態の中で、郁がどんな行動を取るのか、日野の亡霊はまだ彷徨っているのか、続きが凄く気になります。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ