カテゴリー「紅」の12件の記事

2008.06.20

■紅 第12話「われ存在り」

 紫の存在価値、そして存在理由について、みんなそれぞれに結論が出ました。
 納得していない方々も居ますけど、それは九鳳院の当主である蓮丈が、しっかり押さえてくれそうで。
 蓮丈は蒼樹を、そして紫を家族として愛していてくれたから、九鳳院の掟は掟として、紫や真九郎に向き合ってくれました。
 良かったあ。

 にしても、みんなかなりのダメージを負ってそうで、紅香なんてそのまま死んじゃうのかと思いましたよお。
 それでも救急車は呼んで貰えず、あの車で東京まで帰るのかしら…。
 それはきついです。
 リンとの死闘の後で雪道を運転する弥生も、相当にきついとは思いますけど。
 サイドミラー、取れちゃってるし。

 紫は自分の意思を押し殺して、あのまま奥ノ院に残るかとも思ったのですが…。
 はっきりと奥ノ院を出るって言いました。
 そして、九鳳院を捨てたりもしないって。
 紫は、私が思うより、真九郎が思うより、ずっとずっと大人だったみたいです。
 逃げずに戦うって、はっきり言いましたもん。
 あんな小さいのに、シッカリ者なのでした。
 五月雨荘に居たときとは、受ける印象もかなり変わった感じ。

 やっぱり、そのときの立場が人を形作るのですね。
 真九郎のことも、ちゃんと分かってあげてたし。
 追い付くどころか、追い越しそうな勢いだもの。
 次に再会したとき、紫はかなり手強い女の子になってるかもしれませんよお。
 真九郎も気を付けなくっちゃ。
 学校にも五月雨荘にも、そういう女の子は居るわけですし。

 角を出したときの真九郎は竜士を殺しかねない勢いだったし、紅香に止められなければどうなっていたか分からないけれど、本人は誰も殺さないって言ってたっけ。
 本当かなあ。
 体に仕込んだ角のことも、紫との会話の中で明らかになって、真九郎もその境遇の中でもがき続けて来たのですねー。
 それは紫と一緒だよ。
 崩月の技も、弥生共々お役に立ったみたいなのです。

 ラスト、環と闇絵に託されていたものは、ちゃんと紫に渡りました。
 真九郎は、敷居を踏んじゃいけないって、紫に教えられたもして。
 あそこは、なかなか印象的なシーンでした。
 そういえば、夕乃と銀子が学校で一緒に居るの、初めて見ましたあ。
 同じ悩みを持つ者同士、きっと色々有るのでしょう。
 決して仲がいいわけじゃありませんもん(笑)。

 そんなこんなで、紫は蓮丈の元で、幸せそうです。
 真九郎は元の生活に戻る筈で、この後のことは全て紫の成長次第、かな。
 テンポ良くお話と会話が進んで行くこの作品、見ていて凄く楽しいお話でした☆。

| | コメント (0) | トラックバック (4)

2008.06.15

■紅 第11話「われ思考う」

 九鳳院は、本当に寒そうな所に在りました。
 青森県…?。
 雪に閉ざされた屋敷と、その中で更に閉ざされた奥の院。
 あんな環境に紫を閉じ込めてしまうのは可哀想だけれど…。
 紫の口から語られていたこと、それはあくまで九鳳院の事情であって、紫自身の本意では無い筈ですが、そういった生き方も有りなのかな、なんてことを思ったりもする私なのでした。
 素直に運命を受け入れて、九鳳院の女として生きることも。

 それでも、真九郎はちゃんと来てくれました。
 後は、紫が決心することと、真九郎が覚悟を決めること、なのです。
 紫を目の前にしても、まだ真九郎は覚悟が出来ていなかったみたいだもの。
 一緒に五月雨荘へ帰るのは、紫の為であると同時に、それは自分の為でもあるっていう決意、それが必要なんですよね。

 再び紫の所に向かった真九郎、また次の七五三を一緒に迎えることは出来るでしょうか。
 紅香のあの取り乱しようからして、今度こそ相当にヤバそうな雰囲気がひしひしと…。
 リンを含めて、みんな素手で戦うのが紅の流儀みたいなのですが、真九郎の崩月は反則じゃあ無いのかな…?。
 それとは別に、包丁で滅多刺しは、かなり痛そうな描写だったです。
 あそこまで覚悟しないと、九鳳院から誰かを護ることは出来ないのですね…。

 雪が降り続く中での決戦、そこでそれぞれの本気が見られて、幸せな結末が迎えられますように。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008.06.06

■紅 第10話「慣れの恐怖」

 あんなに九鳳院へ帰るのを嫌がって、とても怖がっていた紫、とうとう連れ戻されちゃいました…。
 しかも、自分から帰るって言わせるなんて、酷いよう。
 紫の瞳は生気を無くしてしまって、真九郎の家に居たときとは、もう別人なのです。
 九鳳院って、本当に怖い所なんだなあ。
 うっかり敷地に侵入したら、殺されちゃうような家なんですもん。
 それ以上に、紫のあの扱いを当然と思っている時点で…。
 蓮丈は、まだ少しは話が出来そうな雰囲気はありますけど。

 真九郎は、痛みで眠れない程の傷も癒えて来て、茫然とした状態からも脱して、見かけは元気になりました。
 それでも、抜け殻。
 周囲に慰められても、労られても、怒られても、紫を護れなかった痛みからは逃げられませんし、自分の気持ちに嘘を付くことも出来ません。
 気持ちを切り替えて次のお仕事に打ち込むのも、命懸けで紫の所へ行くのも、どちらも真九郎が決めることだって思うし、どちらが正しい選択ってことでもないけれど。
 それでも、真九郎が九鳳院へ乗り込むって決めて、私は嬉しかったです。
 周囲のみんなが望んでいたのも、真九郎らしさを取り戻すってことなんですし。

 それでも、真九郎が言っていたのは紫と話をするってことで、連れ帰るとまでは言ってませんから…。
 無事に帰って来れるとは思っていないのかしら。
 五月雨荘がお気に入りだった紫、ちゃんと戻って来れるといいな。
 そして、鯖の味噌煮を一緒に作って食べるのだ(^^)。

 環も闇絵も、らしくお見送りしてくれましたね。
 学校での銀子も、そんな感じだった。
 夕乃は印象薄かったけれど…(こら)。
 にしても、紅香は真九郎を九鳳院へ行かせたかったとしか思えません(^^;。

 紅香が紫を真九郎に預けたのは、恋っていう要素が有ったからなのですねー。
 それは確かに、弥生では達成出来ません。
 真九郎と凄く仲が良くって、学校からの帰りが遅いと怒るらしい紫、ちゃんと真九郎と恋愛出来ていたかしら。
 これだけ寂しい思いをしてるんですもん、再会したら、きっと一気にラブラブなのですよお。
 真九郎の方は、保護者って感じなのでしょうけど。

 ストーブで喜ぶ紫も、凄く可愛いかったなあ。
 そんな当たり前の幸せを。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008.05.30

■紅 第9話「貴方と私と」

 真九郎が拘っていた、紫が九鳳院の人間じゃないかもしれないっていう疑問と、余りにも強大な九鳳院への恐れと。
 それを乗り越え、自分は紫を護るって決めても、リン・チェンシンには全く歯が立ちませんでした。
 本当に何も出来なくって。
 ああいうタイプと喧嘩するのは、とても嫌ですよねえ…。

 紫は、あくまで自分の意思、という形で、五月雨荘から出て行っちゃいました。
 これは辛いです。
 真九郎、どうするの…?。
 五月雨荘へお別れに戻ったことが、こんな結果を招いてしまって。
 それが本当に大切だったことは、本人が一番良く分かっているのでしょうけど…。

 紫にとって、九鳳院へ戻るってことは、恐怖以外の何物でもありません。
 あんな所へ戻るのは絶対に駄目だって、私も思う。
 竜士を前にした紫は、本当に怯えていたよ。
 それで、兄の子供を産む為だけの女だとか言われたら…。
 そんな環境、絶対に駄目ですよう。
 紅香には紅香の考えがあるみたいですけど、紫の父親である蓮丈のことを含めて、状況が良い方向へ進むっていう確信はあるのかしら。
 そして、弥生は本当に損な性格をしているみたい。

 九鳳院の家は、既にもう末期にあるって思うけれど、実際の所、社会的にもそういう訳じゃ無いのかしら。
 女性の扱いに関しては、今まで見て来た通りだし、真九郎の一言が全てを表しています。
 そんな紫の境遇を知ってしまったら、もう全力で護るしか有りませんよお。
 絶対にそうして欲しいです。
 真九郎の両親のことまで気遣ってくれた紫のこと、最後までガードしなくっちゃ。
 キスまでされちゃったもんね。
 何げに、夕乃が見たら卒倒しそうな光景が展開していたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (5)

2008.05.28

■紅 第8話「自愛と臆病と」

 今回も、紫がすっごく可愛いの。
 何だかそればっかり書いてる気がしますけど、可愛いものは可愛いのだ(^^)。
 最初はひたすら偉そうに聞こえたあの口調も、紫なりの一生懸命さの現れって分かったし。
 今では、それで可愛さ倍増なのですよー。
 真九郎と一緒の暮らしを守ろうとして、必死だったりもするし。
 最近は、聞き分けだって良くなりました。

 環と闇絵の影響も大きいみたい。
 この二人、意外な一面を持ってるんですって。
 その理由が、環は着物で遊ぶ為、闇絵は少女趣味なおじさまのお相手をする為。
 らしいなあ(^^;。
 夕乃的にも、納得だったみたい。

 七五三のイベントって、アニメではあんまり見ないだけに、結構新鮮だったりもして。
 真九郎も、女の子の七五三は何をするのか、銀子に訪ねてたっけ。
 何のことか分からなくって、狼狽えていた銀子が可笑しいの。
 千歳飴が無かったのは、私も凄く残念でした。

 そして、いよいよ紫の居場所を九鳳院に知られてしまって、真九郎ものんびりしては居られなくなりました。
 だからというわけでは無いけれど、今回の真九郎は、2回も紫に引っ付いていたのでした。
 お守りを買うときには抱っこしてあげたし、家で無事って分かったときには、ぎゅっ、て。
 この先、紅香はどんな判断を下すのでしょうか。
 真九郎と紫が一緒に居るのは、二人それぞれにとって、いいことだって思うのですが。

 問題は、紫をガードし切れるのかっていう。
 真九郎だって素人じゃあ無いけれど、今回は反撃も出来ませんでした。
 不意打ちとは言え、相手は手強いのですねー。
 弥生が出て来たら、何もしないで逃げてしまったのが謎ではあります。
 何か小細工があるのかしらん。

 にしても、九鳳院の家って、相変わらず殺伐としています。
 紫に限らず、あそこは子供を育てる家じゃ無いよお。
 私だって、五月雨荘の方がずっといいって思うな。

 紫が真九郎に買って貰った、ぴんくの交通安全のお守り、いつかまた出番はあるかしら。
 そうそう、花園神社っていう、実在する神社の名前が出て来たのは嬉しいかも。
 前回の「新井薬師の哲学堂」とか、思いっ切り地元ですし(^^;。
 呑気に太陽にほえろの会話が続くのも面白かったよー。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008.05.19

■紅 第7話「女」

 今回は、ストレートで恐ろしげなサブタイなのですよー。
 だって、女は魔物なんですもん。
 何をされるか分かりません(^^;。
 でもまあ、それは相手となる男が居るからこそ、だったりもするわけで。

 環のキャラクターは、最初に出会った女友達に見せていたのが、もうまんまだと思ったけれど…。
 そうでも無かったみたい。
 必死になって、彼氏らしい男の子に縋り付いていたっけ。
 それでも、男の子の方は、もう本気で限界だった。
 環にずっと我慢して、環にずっと合わせて来たんだなあ…。
 しかも、暴力まで。
 あの怯えようは、普通じゃ有りませんでしたもん。
 そんなとき、他の女の子に優しくされたら、そっちへ行っちゃいますよね。
 そこでやっと、勇気を出してお別れの決心をしたっていうか。

 環にだって、好きな相手と一緒に居たいっていう気持ちはちゃんとあります。
 それでも、悪い所があったら直すから、言う通りにするから、みたいなことは、環には難しいみたい。
 あの性格ですもん。
 可愛い女の子には成り切れないよ。
 男の子が好きになる、手近で便利そうなキャラっていう言葉には、ちょっとだけ憧れが込められているのかもしれません。

 そこですかさず夕乃のことを思い出した紫は、流石です。
 夕乃はまさにそんな感じですものね。
 夕乃のキャラって、わざと演じているなら軽蔑ものですけど、あれは完全に天然だからなあ…。
 人殺しの家系っていう後ろめたさも、ああいう性格になったバックボーンとしてあるのかにゃ。
 天然過ぎて、肝心の真九朗もついていけてないし。

 そういった意味では、真九朗が自然に接していられる紫にだって、チャンスはあるかもしれないよ。
 いくら紫が好きでも、ロリコンって言われて喜ぶ男の子は居ませんけど(^^;。
 紫のこと、真九朗もちゃんと好きでいますか?。
 いよいよ、九鳳院に紫の居場所が知られてしまいました。
 今まではあくまで子守の対象だった紫が、命懸けでガードすべき存在になるわけで。
 真九朗も、これからが正念場なのです。

 にしても紫は、大人の深刻な話にも、しっかりついて来れちゃうから凄いです。
 何げに、愚痴を言い合うには悪く無い相手なのかもしれないね。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.05.09

■紅 第6話「貴方の頭上に光が輝くでしょう」

 へーたー。
 みかんー。
 紫は相変わらず可愛いです♪。
 お歌もしっかりこなしていたし。
 それに対して、闇絵と夕乃の下手さは異常な位。
 あの人達の歌、何回聴いても本来のメロディーが頭に入って来ないのですけど!(^^;。

 何だかんだで、最初から最後まで歌を歌っていた、今回の紅なのでした。
 また何とゆーお話なのでしょう。
 でも、楽しかったです。
 練馬大根ブラザーズを思い出しちゃいましたよお(笑)。

 紫は役柄をソツ無くこなしますよね。
 柔軟なのです。
 そんな中に、さりげなく今の境遇を描いてあったりもして。
 諦めなくちゃいけないことは、ちゃんと分かっている紫だったり。

 夕乃はここぞとばかりに真九郎に引っ付いてたっけ。
 紫と環を部屋の外へ出していたのは、その為ですかあ?。
 怪しい二人ですよね。
 大人の紫は、そういうの、気に入らなかったみたい。
 でも、夕乃に本気で睨まれて怯えまくっていたから、今回は夕乃の気合い勝ちかな…?。

 何故か弥生も巻き込まれちゃったけれど、話の長そうな闇絵の身の上話はばっさりと切り捨ててる辺り、ちゃんと分かっている人なのです。
 あれは私も見習いたいかも。
 どーでもいい話にあいづち打ったりするのって、大変ですものね…。

 紅香と銀子は、さすがにこの騒ぎには参加せず、みんなを現実に引き戻す役割でした。
 ていうか、みんな紅香の仕込みだったのですかあ。
 そう聞くと、演じていた方としては、どっと疲れが出そうだなあ。
 それでも、ジェニファーだのマーガレットだの、シナリオを勝手に昇華していた五月雨荘の住人達なのでした。
 とにかく、紫が楽しい気持ちになれれば、それでいいってことで♪。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.05.02

■紅 第5話「望み」

 今回も、紫は凄くすごーく、可愛いよ。
 真九郎の言うこと、結構ちゃんと聞くようになったし。
 テレビは1日2時間っていう約束は、ちゃんと守っているのかにゃ。
 良くも悪くも、テレビから色々な知識を吸収している紫なのです。
 ああやって、女の子は魔物に成長して行くのですねん(笑)。

 それでも、九鳳院家に戻されるんじゃないかって、不安は隠し切れない様子なの。
 そういう不安は、ずっとあるのですね。
 電車ではずっとしょんぼりしてたもん。
 九鳳院家では、いいことは何も無かったのかしら。
 真九郎との暮らしの中で、思い出がいっぱい出来て、そして紫自身も成長して行けたらいいね。
 にしても、二人が乗っていた201系らしき電車、またえらく適当な作画なのでした。
 上からの俯瞰も、線路と線路の間に余裕が有り過ぎて、海外のターミナルみたいだったよ。
 あ、留置線が描かれていたのは楽しかったです。

 九鳳院家とも深い関わりの有るっていう崩月家ですが、さすがに今回は、紫の素性とかそういう話は出ませんでした。
 夕乃も、人殺しの家系だって、随分と自虐的だったけれど、それは本当のことみたい。
 あの大人しそうな散鶴も、いずれは崩月流の習得が運命づけられているみたいだから…。

 その散鶴、真九郎に懐いてましたねー。
 強気そうな紫を見て、真九郎の後ろに隠れちゃったし。
 可愛いの。
 五歳なんだって。
 歳の離れた姉の夕乃には、真九郎が七歳の紫と同棲している事実を知られちゃっているわけですが、特にそっちの心配はされませんでした。
 ちょっと残念。
 こら。

 紫と散鶴、二人で遊んでいたけれど、案の定、紫に散鶴が振り回されちゃって。
 紫はあの性格ですもん。
 二歳っていう年の差もおっきいよ。
 10年も経てば、散鶴も紫に反撃出来る位に育っているかな?。
 ちょっと楽しみだったりする私なのです。

 夕乃は本当に強かったし。
 真九郎はまだまだ勝てそうにありません。
 手加減抜きで相手をしてくれる夕乃の存在は、真九郎には有り難いことですよね。
 それを見ていた紫も、思う所があったみたい。
 ついでに、学校ではお弁当を作ってくれたりもするし。
 食費が助かるです♪。
 紫の食費とか、紅香は必要経費としてみてくれてるのかしらん。
 今回、鯖の味噌煮作りが見れなかったのは残念だけれど。
 私は缶詰めでも買うのかな、なんて。

 あ、スーパーでしょんぼりしていた紫も可愛かったよ。
 …こればっか。
 それでも、すかさずゲームを買って貰う約束を取り付けちゃう紫なのでした。
 私も食べて、とか、テレビの知識を応用して真九郎の度肝を抜いちゃうし、子供って面白いですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (3)

2008.04.25

■紅 第4話「才物」

 真九郎は、夜のお仕事へとお出かけするよ。
 何だかんだで、真九郎は結構ちゃんとお仕事してると思うのですよね。
 暴力沙汰になったときの方が、むしろ真価を発揮しているけれど、それはお仕事の性質上、仕方無いって思うし。
 とは言え、今回問題になったのは、肝心要の紫のガードに関してのことだから…。
 それは言い訳出来ません。
 紫が勝手について来ちゃったとはいえ…。

 紫にしてみれば、同棲(笑)している真九郎のこと、気になって仕方が無いみたいなのです。
 もう、すっかり家族同然ですものね。
 気を遣ったり遣われたりすることなく、自然な感じで隣りに居られるようになりつつあって。
 お仕事の大変さを知って、ワガママ言わなくなったり、お掃除を進んでやるようになったり、紫ってば本当に健気なのです。
 いいコだよ。

 紫をガードするのに、能力的に優れた人間は他にも沢山居るのでしょうけど、相応しい人間はやっぱり真九郎みたい。
 誰を選ぶのかは、紫自身なんだって思うし。
 二人が一緒に居れば、お互いに成長して行けそうって私も思う。
 紅香の選択が正しかったことを二人が証明してくれるの、私も凄く楽しみなのです。

 夕乃と銀子との関わりも、段々と分かって来ました。
 真九郎の幼い頃を知りたがる紫、強くなれたらいいですね。
 世界をもっと知ること、それがお母さんの望みでもあったわけですし。
 今の所、紫自身が狙われるようなことにはなっていませんが…。

 にしても、ちょこちょこ動き回る紫は、単純にものすごーく可愛いです(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.04.18

■紅 第3話「偽者の顔」

 紫、学校に行く。
 校門まで一緒だった環は、さくっと何処かへ消えちゃいました。
 にしても、昼メロ見ながら、フツーに男女関係についてのお話をしている紫と環が可笑しいの。
 二人共、それなりの男性観があるのですねえ。
 紫の一番身近に居る男の子は、どんなタイプなのでしょう。

 真九郎って、紅香との電話では、随分と優しい口調で話すのですよね。
 もう凄く懐いてるってゆーか。
 夕乃への口調も優しいけれど、何だかその場を取り繕っているようにも見えちゃう。
 夕乃は、露骨に真九郎を自分の管理下へ入れようとしているし(^^;。
 銀子もかなりそんな感じ。
 あ、銀子相手には、真九郎も普通に喋ってたっけ。
 幼稚園から一緒ってことは、二人、幼馴染みさんなのですね。
 真九郎絡みでは、色々と苦労してそうだあ。

 そして、紫。
 同居はあくまでお仕事だし、真九郎は自然に接しているよ。
 ちゃんと躾けまでしちゃうし。
 真九郎って、真っ直ぐで是々非々な性格ですもんね。
 世渡りの術も身に付けていて。
 でも、そういうの紫には分かりませんよね。
 しかも、紫は身近にお母さんのそんな姿を見ていた訳で。
 辛いね。
 そういった部分で、真九郎と紫の気持ちは、うまく重ならなかったりもします。
 でも、本当は一緒なのかもしれないよ。
 もっともっと近付いた結果は、どうなるんだろ。

 夕乃は九鳳院のことを知ってるみたいだし、崩月と九鳳院って、どんな関係なのでしょう。
 紫は、九鳳院の家のこと、あまり知らされずに育ったのかなあ。
 それは、まだ幼いからってことでは無さそうで。
 ちなみに夕乃も、実は凄い武道家だったりしますか…?。
 そして、卑しい女。
 こら。

 紫は何処でもずんずん行っちゃうから、見ていて凄く楽しかったりするよ。
 野球部員とも会話が成立するし。
 夕乃とは全く噛み合ってなかったけれど。
 あの口調と世間知らずな所、もう可愛くって仕方有りませんわ。
 落ち込んだら、年相応に悲しそうな表情だってするし。
 真九郎の言い付けを守って、夕乃には決して携帯電話は渡しませんでしたし。
 見ていて凄く楽しいの。

| | コメント (2) | トラックバック (8)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~