カテゴリー「かのこん」の12件の記事

2008.06.24

■かのこん 第12話「ついにしちゃう?」

 ついにしちゃう、っていうのは、勿論キスのことじゃ無くって。
 キスもしてましたけどねー。
 じっくりと。
 ちずるはその次でも更にその次でもどんどん進んで行こうとするけれど、状況がそれを許しませんでした…。
 耕太がついて行けないんですもん。
 耕太にも、その気はちゃんとあったみたいなのにな。

 この作品も、いよいよ最終回。
 バトルは前々回で済ませてしまったので、ちずるが耕太に憑依することも無く、交通事故とか不治の病とかそういうのも無く、呑気にお話は進みます。
 そういうのって、いいですよね。
 ちずるは耕太からのお返事を待って、どきどきそわそわ。
 可愛いの。
 こういうラストの方が、私は嬉しいよ。

 耕太が自分の気持ちを伝えるのって、今更だし、凄く簡単かと思ったら。
 他ならぬちずるが、邪魔をしていたみたい。
 耕太も耕太で、ちずるが頑張って普通にしていると、途端に安心しちゃって、お返事を先延ばしにします。
 こらー!(^^;。
 ちずるも苦労はしてるんだ。
 色々なシチュエーションを演出して。
 臣&澪の幸せカップルにムカツクのも分かりますけど、おっかしいの。
 で、結局は他に方法が無くなって、押し倒しちゃうわけですけど…。

 いずれは、冒頭で言ってたみたいに、耕太のおじいちゃんの家へ挨拶に行く、っていうイベントも発生するのかしら。
 あ、そだ。
 とりあえず、ちずるのお料理はお稲荷さんオンリーだけでした。
 ありゃ。
 それなら、望が一緒に居れば頼りになるかな。
 愛人設定の許可も、あっさり出てましたし…。
 それに対しての、耕太のリアクションが素敵です。

 あかねとたゆらはですね…。
 まだまだたゆらの道程は厳しそうですけど、以前と比べたら凄い進歩なのですよー。
 頑張ってあかねを落として下さいね。
 脈はあるよお。

 EDでは、みんな幸せそうだった。
 何故か熊田だけが違っていて…。
 頑張れ!(^^;。
 朔と美乃里は顔見知りだったみたいだけれど。
 どんな因縁があるのでしょうねー。
 耕太をお兄ちゃんって呼んでた理由とか、気になる気になる。
 結局、耕太本人とは接触しないままだったし。
 ユウキとキリコが鍋からお箸でにょろにょろを摘み上げていたのは、凄くツボに来たです。
 大笑いしちゃったもん。

 毎回のOPで、「PHOSPHOR」をバックにお天気雨の中に立つ耕太とちずるも雰囲気出していたけれど、今回のED、「恋の炎」での同じシーンも負けていません。
 いいないいな。
 二人、仲良しさんなのです♪。

 余談。
 この作品の思わせぶりなサブタイを見ていたら、これ↓を思い出しちゃいました。
第9話「カレシ、できました!」
第10話「ああ、初キッス」
第11話「はじめてのぬめぬめ」
第12話「愛のドッキング」
 ぬめぬめっすか!(^^;。
 さてさて、何て作品のサブタイだか、分かりますかあ?。
 ちなみに私は、DVDを買ってたです。
 答え→「ももいろシスタ-ズ」です。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.06.18

■かのこん 第11話「もう濡れちゃう?」

 海です!。
 耕太とちずる、二人きりなのかと思ったら、たゆらと望も一緒だよ。
 何故か、あかねとユウキとキリコも居たりして。
 前回の続きとか、そういうのは一切有りませんでした。
 でもでも、今回はちずるがそんなに過激じゃ無くって、結構普通にしていてくれたから、私は嬉しい。
 逆に、望の抑えに回ってたりとかして。
 珍しいですよねー。
 本当は、そういう見方じゃ駄目なのでしょうけど…(^^;。

 望の水着は絆創膏。
 上も下も絆創膏だけ。
 えーと、それは既に水着じゃ有りませんけど…。
 なかなかに凄い光景だったり。
 すかさずちずるもそれを真似するのかと思ったけれど、そういうことはありませんでした。
 今回の望は、オイルでも無茶してたっけ。
 折角、ちずるの許可が出てたんですもん、フツーに塗って貰えば良かったのにね。

 あ、鉄板でお肉を焼いていたのは、凄くらしかったっけ。
 たゆらに負けない位、大量の食料を調達していたです。
 耕太と二人、仲良く棒倒しをしていたり。
 ちなみにあれは、仲良しさんってことなので、いちゃいちゃって感じでは無かったみたい。
 当然、ちずるは気に入らないわけですけど。

 今まで、地味な活躍ばかりだったたゆらも、やっとあかねといい雰囲気になれて。
 良かったね。
 流されちゃって溺れそうな女の子を助けるの、本当は主人公の役目だと思うけれど、今回の耕太は全くお役に立たないのでした。
 んと、流されちゃった女の子は、別にヒロインじゃないから…。
 酷い(^^;。
 それとは別に、外で堂々と着替えるのは、あかねで無くても抵抗ありますよー。
 せめてタオルでガードを…。

 何故か海の家をオープンしていた玉藻と雪花、何か大きな事件が起きるのに備えているのかなって思ったけれど、今回は特にそういう雰囲気は無く…。
 あれれー?。
 耕太とちずると見守っているのは確かみたいなので、やっぱり何かが起きるのかしら。
 次回はもう最終回です。
 二人の関係が何処まで描かれるのか、楽しみにしつつ♪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.11

■かのこん 第10話「遠慮しちゃう?」

 前回の続きっ。
 ちゃあんとお話は続いているのですねー。
 ちずるの胸は無くなったまんまで、たゆらは食材探しの旅を続けて…。
 耕太とちずるが見ていて恥ずかしいのは相変わらずなのです。
 ぺたんこのままでも平気か安心したい、なんて言ってましたけど。
 実際の所、耕太も無いよりは有った方がいいですよね。
 だって、クルセイダーなんですもの。

 望の微妙に過剰な要求に対して、ちずるは寛容だったにゃあ。
 友情とか、二人のプレイを黙認してくれた見返りとか、そういう理由みたい。
 蓮と藍にも優しかったね。
 たゆらには目茶苦茶冷たいけれど。
 私は、たゆらの武勇伝、聞いてみたかったよ。
 ちゃんと生きて帰って来たし。
 食材を全て確保したのは凄いって思うもん。

 そして、いよいよ美乃里が仕掛けて来て、学校が襲撃されちゃった…。
 なのですが、お話はさくさく進んだです。
 随分とあっさりしていたなあ。
 蓮と藍も、望も、その後どうなったかはフォローされません。
 まあ、勿論無事なのでしょうけど。
 その辺りは次回かしら。

 今回の合体は、ちずるが憑依したっていうか、耕太がちずるを取り込んだみたいな感じ。
 尻尾が九本あったかは、数えるの忘れちゃいました。
 尻尾をしっかり使った戦い方と防御だったのは面白かったです。
 耕太にちゃんと見せ場があるのは嬉しいな。
 描き方としては、もうちょっと盛り上げて欲しかったけれど…。

 そして、最後はまた相変わらずな二人で終わるのでした。
 …恥ずかしいってば!(^^;。
 美乃里もあっさりと引いちゃいましたねー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.03

■かのこん 第9話「感じすぎちゃう?」

 いっつも細々としたご飯を食べていた女の子二人、やっと出番が回って来たです。
 七々尾蓮と七々尾藍。
 私は名前も覚えてなかったよー。
 本当に、凄く貧乏なんだあ。
 儚げな印象だったけれど、実は忍者さん…?。
 忍者なんかより、普通にバイトをした方がいいみたい。
 そうしたら、ちゃんとご飯も食べられるのにね。
 本当は、妖怪ハンターだそうですけど、やっぱり稼げてないもの。

 三珠美乃里は、耕太の妹ちゃん。
 と、本人は言ってましたけど、どーいうこと?。
 本当の妹じゃありませんよね。
 お人形を抱いてて、可愛いけれど…。
 どちらかと言うと、そのポジションは望にあげたいような気がするよ。
 妹ちゃんなら、耕太にいつも引っ付いていたって、ちずるも文句は…。
 言うか(^^;。

 耕太が食べていた豪華なお弁当、ちずるが頑張って作って来たのかと思ったら、実はたゆらが作ったんですって。
 とほほです。
 実際の所、ちずるのお料理の腕って、上達しているのかしら。
 分からなくなっちゃった。
 そういう努力は、ちゃんとしてますかあ?。
 じゃないと、耕太に見捨てられちゃいますよん。

 今回、胸が無くなってしまったちずるの落ち込みっぷり、物凄かったし。
 胸が無くなると、自分自身の存在理由まで無くなってしまうみたいで…。
 いつも熱心でしたもんねー。
 耕太的には、どうなのでしょう。
 実は結構、気にする方とか…?。
 ちずるのおっぱいが大好きっていうのは、本当なのかしら。
 「あまえんぼさんして」のお願いは、見ていてかなり恥ずかしかったよお。
 そーいうプレイばっかしてちゃ駄目だぞ。

 ていうか、今回もヤバげな描写がたあくさんあったりとかして(^^;。
 「パンが無ければ、ケーキを食べればいいんだよ」。
 望さん望さん、それは確かにその通りなんですけど、あれは絶対に方向性を間違っているとしか。
 見ている方としては、ちょっと困っちゃいます。
 ていうか、凄く困る!(^^;。
 耕太、お尻の上をぺろぺろ舐めてるしい。
 絵的にも、かなりぎりぎりなんじゃ…。
 きゃあ。

 ちずるって、実は九尾の狐みたいなのですが、あれで尻尾が出て来たりするのかしら。
 九尾の狐とか殺生石とか、そういう展開って、楽しそうなんですけどねー。
 この作品では、そういうのをストレートに描いたりはしなさそうだし、どんな見せ方をしてくれるのかしら。
 あくまで一般向けだといいなあ(^^;。
 でも、わくわく。

 そういえば、今回の望はちずるに凄く協力的で、本当にフェアなライバルって感じなのでした。
 そういうのって、いいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.28

■かのこん 第8話「一緒に入っちゃう?」

 ちずるといい玉藻といい、耕太にとっては色々と迷惑な話なのです。
 耕太は別に胸を重視している訳じゃない(と思う)のに、何故かその大小で二人の勝負は付いてしまってるみたい。
 どうしてえ?(^^;。
 外見はともかく、ちずると玉藻の性格はそっくりな気がするけれど、血の繋がりは無くって、400年前に親子になったんですって。
 やっぱり、何か事情があるのでしょうねー。
 ちずる、あの宿を継ぐのは本気で嫌そうだったし…。

 今回、わざわざ実家に呼ばれたってことは、何か裏があるって分かりそうなものなのですが、ちずるはそういうこと、殆ど警戒して無かったみたい。
 玉藻にひたすら振り回されてしまうちずるなの。
 ちずるなら、カレを親に紹介するっていうシチュエーション、喜びそうなのにな。
 耕太は耕太で、強制的に望のこと、惚れさせられてしまったよ。
 ちなみに、わざわざ強調しなくっても、望は十分可愛いと思うのですけど。
 何げに耕太の要求レベルは高いのかしら。
 まあ、望って、あんまり笑顔を見せないコではありますが。

 望自身は、何故かそんなに積極的でも攻撃的でも無かったので、とりあえず耕太と望、致命傷には至りませんでした。
 何だか面倒な段取りを踏んでいたし。
 一気に行っちゃえば良かったのに。
 って、どっちの味方なんだか(^^;。
 耕太から邪険にされて、落ち込んでいたちずるの姿は、見ていて結構新鮮だったりもして。
 たまにはそういうのがあってもいいよね。
 今更ながら、ちずるさん、耕太君に本気の本気みたいです。

 たゆらは相変わらず不幸なの。
 あかねに惚れ薬効果が発動しなかったのは、本当にお気の毒でした…。
 私もちょっとは見てみたかったのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.19

■かのこん 第7話「あたためてあげちゃう?」

 ちずるってば、すっかり耕太のお部屋に入り浸りなのです。
 あれじゃあ、耕太、寝ている間に襲われちゃうよお。
 例え起きていたとしても、耕太もそんなには抵抗しませんし。
 口では嫌がってますけどね。
 いっつもされるがまま、みたいな。
 おねーさんに優しくして貰えるのは、男の子的には嬉しいのでしょうけど…。
 見ている方としては、さすがにそろそろ飽きて来たです(^^;。

 ちずるの実家の方でもそれは同じだったみたいで、雪花が送り込まれて来ましたよん。
 さすがのちずるも困るのかと思ったら、全然そんなことは有りませんでした。
 だって、無視に近いんですもの。
 雪と氷で閉ざされようが、耕太といちゃいちゃ出来れば、それでいいんだって。
 流石だなあ。
 ついでに、望も一緒だよ。
 望が寒さに強くって、良かったです。
 カエルさんや熊さんは、完全に冬眠に入っちゃったから…。

 雪だるまになったりとかもしたけれど、望は頑張っていました。
 私は、そんな望が大好きです。
 お約束として、ハダカになってお互いに体を暖めるっていうのも、しっかりやってたっけ。
 あれは、明らかに過剰だったけれど。

 今回の騒動に巻き込まれた生徒達は、お気の毒。
 遭難者や凍死者は出なかったのかなあ。
 サバイバル能力の高い蓮と藍は、豊富な知識で大活躍だったね。
 あの双子ちゃん、色々と苦労してるんだあ。
 一体どーいう境遇なのでしょう。
 それでも、めげずに逞しく生きてる!って感じなのです。

 いくら雪花が雪を降らせても、耕太とちずるは合体出来るし、とてつもなくでっかい狐火を出せるし、更には憑かれた状態でも耕太は自分の意識を保っているし、実家の指示で絆を試されたって、何の心配も無く見ていられますよー。
 この作品は、そこが嬉しい所なのです。
 次回はちずるの実家へ行っちゃうみたい。
 耕太は、また何かを試されるのでしょうか…。
 とりあえず、温泉は凄く危険ですよお(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2008.05.13

■かのこん 第6話「お願いしちゃう?」

 お正月、です。
 耕太が初めて都会で迎えるお正月は、静かで一人の朝なのでした。
 どうしていきなりお正月…?(^^;。
 てゆーか、コタツでお餅を食べてる耕太の姿、本気で寂しげなんですけど!。
 これなら、ちずるが居てくれた方がずっといいよね。
 …そうでもないみたい。
 耕太にとって、ちずるは頭痛の種でしか無いような気がするぞ。
 ちずる、とりあえず美味しいお雑煮を作れるように、進化はしてたっけ。

 まあ、耕太にはエロス大王としての血がしっかり流れているみたいだから、別にいいのかにゃ。
 ちずるの晴れ着姿も、なかなか似合ってましたあ。
 ちずるってば、ずっと晴れ着姿で居てくれればいいのに、すぐに脱ごうとするのが残念な所なのです。
 下がスク水だったのにはびっくりしたよ。
 ちゃんと考えているのですねえ(何を)。
 下に何も着ていなかった望は、まあ、普通かしら。
 …普通じゃ無いってば。

 望も折角来てくれたことだし、あの双六、三人でやれば良かったのにな。
 ちずるの作戦がみんな裏目に出ちゃうから、そのときのリアクションが楽しそう、とか思ったりして。
 耕太には、また迷惑な話だけれど。
 何だかんだで、ちずると望は気が合いそうなのです。
 おみくじ、二人共大吉だったし。
 耕太とたゆらは、仲良く凶でしたあ。
 二人の境遇、今年一年の運勢、それは神様で無くっても予測出来ちゃいますよねえ。
 お気の毒です。

 臣と澪は、唯一まともって言うか。
 見ていて安心出来る存在なのでした。
 臣は喧嘩っ早いけれど、完全に澪の管轄下にありますから、特に危害はありません。
 みんな、ちゃんと新年の挨拶をしてましたねん。
 何故か、揃って耕太の家に行くことになったけれど、耕太の家、っていうかお部屋、何もありませんよお?。
 だから、お話はここで終わってしまうのでした。

 いつもながら、ころころと変わるちずるの表情は、見ていて楽しかったです。
 耕太にはそれを受け止める余裕が無いので、ちずるは際限なく暴走しちゃうね。
 そろそろ、耕太からちずるへの、何らかの働きかけが欲しいって思うけれど…。
 お話は全く進んでいないような感じですけど、実はこれでもちゃんと進んでいるのかもしれないね。

 そうそう、OPの「PHOSPHOR」とEDの「恋の炎」、この曲が私はすっかりお気に入りで、電車の中でずーっと繰り返し聴いてるです♪。
 二人のLoveは、やっぱり炎なのですねん☆。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.05.06

■かのこん 第5話「ダメになっちゃう?」

 ちずるは今日も、相変わらずなことをやってます(^^;。
 耕太も、あんな弱々しい抵抗じゃ駄目だと思うけれど、必ず邪魔が入るので、とりあえず純潔は保てているのでした。
 って、こら。
 今回のお邪魔虫は、ようやくちゃんと登場した朔。
 望のお兄ちゃん。
 やっと出て来たと思ったら、最後にまた何処かへ行ってしまいました。
 はやっ。
 まあ、本気でちずるをモノにしようとしていたなら、望と同じタイミングで学校に来ていた筈ですもんね。
 依頼を受けて、あんなことしたんだあ。

 耕太に腕輪を付けられちゃって、ちずるは耕太に近付けず。
 ちずるにとっては、いちゃいちゃするか近付かないかの二択しか無いらしくって、フツーに隣りに居るっていう選択肢は全く全然無いのでした。
 それもどうかと思うけれど…。
 フツーにカップルしましょうよう(^^;。
 望も同じだったのか、或いはちずるがああだとつまらないからか、耕太とは殆ど接触しません。
 耕太、一人で寂しそうでしたよ?。
 隣りにちずるが居ても居なくてもお話が進まなくなるのは、どうにも困ったものなのです。

 そして、実は結構お姉ちゃん思いだったたゆら。
 どうして桐山まで付き合ってくれたのかは分かりませんけど、朔に勝負を挑んで、二人共ぼろぼろになってしまった…。
 そうなったら、合体した耕太とちずるの出番です。
 腕輪も全く障害にならず、朔を吹っ飛ばしちゃいましたねん。
 当然のように、望はここに残ることになったのでした。
 にしても、戦う相手としては望の方が厄介っていうのは、本当なのでしょうか…。
 そういえば、望はまだ戦闘モードにはなっていないです。
 何げに、お兄ちゃんの言うことはちゃんと聞いていた望が、かなり魅力的だったりした今回なのでした♪。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.28

■かのこん 第4話「脱げなくなっちゃった?」

 やっぱり、ああいうストレートな攻撃じゃ無くって、さりげなく情に訴える作戦の方が、耕太へのアピール度は高いと思うのですよね。
 ちずるの胸、本当にただの脂身に見えて来たもん。
 だからか、ちょっと控え目な望の方が、魅力的な気がするよ。
 いえ、私の好みなんて、別にどーでもいいんですけど…。
 耕太的には、まだまだ驚かされてばっかりみたい。
 そろそろ、ちずるへの対抗手段を身に付けた方がいいかも。

 ちずるの方は、たゆらを巻き込みつつ、また次々と作戦を考えて来るし。
 今度はバニー服だよ。
 ちずるさんてば、学校内でそんな衣装を…。
 制服のままでも、十分戦えるのにね。
 まあ、惚れ薬があったら、本気で飲ませるつもりみたいだったし。
 あのバニー服の効力は魅力的だったのですねえ。

 って、どうしていきなり、脱げないって気が付いたんだろ。
 あの場では、また制服に着替えようとしたのかなあ?。
 ちずるも、一応はTPOを考えてるとか。
 てゆーか、エプロンを羽織えるなら、上から制服を着ろと…。
 合体すれば脱げるなら、最初からやれと…。
 それをしなかったのは、やっぱりプレイの一環だったのでしょうか(^^;。

 何だかんだで、被害は広範囲に拡大したです。
 絡新婦って怖いにゃあ。
 一番の被害者は、ちずるじゃなくって、あかねだったりもして。
 机の上で、あんなポーズ取らされて…。
 あれはショックです。
 見ていたのが4人だけだったのが、せめてもの救いだよー。
 更には、テニスコートの人達、みんなハダカだし。
 何だか落書きみたいな絵だったから、そんなにいやらしくは見えなかったけれど。
 それって、新手のプロテクトですかあ?(^^;。

 望のメイド服は、何げに似合ってたりしました。
 そのまま耕太の顔面に腰を下ろしていたのは、何だかちょっと羨ましい気がしたり。
 こら。
 ちずる的には、今回の騒動で、いいことは何も無かったような気がするけれど…。
 本人は絶対に懲りてないって思うのでした。
 今の状況を改善するには、もう耕太が覚悟を決めるしかないよね。
 でも、そこに辿り着くまで、まだまだ時間がかかりそうな二人なのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.04.21

■かのこん 第3話「美味しく食べちゃう?」

 お風呂にまで雑誌を持ち込んで、何やら悪巧みをするちずる。
 勿論、耕太絡みだったりする訳で。
 直接的なお色気攻撃から、お弁当作戦へと切り替えたみたい。
 ん、その方が絶対にいいですよお。
 でもでも、あまりにもお料理が下手過ぎた為、かえって耕太の体に危害が及ぶのでした。
 あらら…。
 食材に拘ったり、凝った料理を作ろうとしたり、それって初心者さんが陥りやすい罠だもんね。

 今回は、更に望まで参入して来ちゃった。
 転校生っていう自分の属性を最大限に活かす作戦、それも悪く無いけれど。
 「遅刻遅刻遅刻~」じゃないって(^^;。
 って、ちずると同じ雑誌を読んでたですかあ。
 そんなピンポイントな属性別の攻略法が載ってる雑誌って一体(笑)。
 ちずるはお稲荷さん、望はホットドック、それぞれが作る物はらしくて良かったけれど、後半になると中の具がとんでもないことに…。
 明石の鯛なんて、頭に被さってるのが油揚げだってこと、最初は分かりませんでした(^^;。

 考えてみたら、一番最初の朝食すら、大変だったもん。
 あそこで何とか食い止めることが出来たなら!。
 って、無理なんですけど。
 不味いなら不味いって、ちゃんと言わなくっちゃ。
 あかねの言うことは正しいよ。
 今後の二人の為にも。
 結局、おしおきも何だか変な方向へ行っちゃったね。
 二人、まだ対等の関係にはなれてない感じなのです。
 いつかは、耕太がちずるをコントロール出来るようになるのかなあ。
 その過程を楽しく見守りたいって思う私なのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~