2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カテゴリー「C3 -シーキューブ-」の11件の記事

2012.01.01

■C3 -シーキューブ- 第12話「超越者は何処にでもいる」

 春亮の家に居る人達は、確かに色々と超越しちゃってます。
 呪いとか、そういうこととは、全く無縁に見えますもん。
 本当は、すっごく近い所に居るのに。
 常に呪いそのものと向き合っていて…。
 春亮的には、呪いと同居なのですよ。

 このはも、ようやくこっちの世界に来てくれた、みたいな感じ…?。
 色々と考えちゃうことも有るけれど、それはそのとき個別に対処して行けば良くって。
 そうさせるだけの環境が、春亮には有るです。
 後は、このはの呪い(衣装)が、もっと可愛ければ…(^^;。
 このはの意識の持ちようで、可愛く変形してくれたら、楽しいのですけどねん。

 ピーヴィーと言いアリスと言い、敵に回るのは性格が歪んでいる人達ばかりなので、見ていてかなりキツかったりもするのですけど、呪いってものは、本来そういうものなのでしょうし。
 呪いが解けたとは言え、黒絵みたいなのは例外かしら。
 あ、サヴェレンティもだ。
 それなりの出会いが有れば、みんな変われるのかにゃあ。
 それとも、元々持っていた性格…?。

 アリスはですね、えげつない攻撃をしまくりでした。
 フィアに対しても、このはに対しても。
 あれはきっついの。
 2人共、ぎりぎりの所で、辛うじて自分を保っていたよ。
 白穂には、すっかり助けられちゃいました。
 ハッタリだけで、アリスの動きを一瞬止めたもん。
 にしても、サヴェレンティってば!(^^;。

 そのアリスも、救いを求めているのは確かみたい。
 ちょっとだけ安心したけれど、それだけに根は深いのです。
 EDでは、安らかな雰囲気を出しまくっていたけれど、あれって、実態はそんなにいいものじゃ無さそうってゆーか。
 剣呑剣呑(^^;。

 ともあれ、後はダンスの完成を待つばかり。
 ダンスと言うより、むしろバレエな踊り、ちゃあんとマスター出来るといいね。
 まだまだ、時間はいっぱい有りますから。
 みんなで一緒に頑張りましょう(^^)。

 呪いの世界は奥が深くって、まだまだ大変なことが起きそうなのです。
 最終的には、春亮自身のこと、もっと深く描かれたりするのでしょうね。
 ちょっと怖いかも…。

2011.12.11

■C3 -シーキューブ- 第11話「狂信者は何処かにいる」

 黒絵が殺人事件に関わってなくて、良かった良かった。
 そういうコじゃ無いって思いますもん。
 フィアに疑いをかけられても、全く動じていなかったよ。
 アリスには、動きを封じられてしまって、ずっとそのまんまの姿で固定。
 可笑しいの。
 本人、全然へいちゃらだし。
 そんな黒絵を担いで走る春亮の図、っていうのが、私は凄く見たいです!(^^;。

 にしても、犠牲者の共通点、それってどういう意図が有ったのでしょう。
 更に、十字架とか…。
 臓器の一部が欠損していたのは、食べられてしまったせい。
 こういうのって、意外とどーでもいいの?。
 共通点を探させる為の共通点、みたいな。
 黒絵が髪の毛を食べていたのも、そんな感じなのかにゃ。
 妙に思わせぶりなのですよー。

 錐霞の心労は、まだまだ続きます。
 何気に、フィアよりも大変そうなのですよね。
 所属している組織のこととか、春亮のこととか。
 呪い以外にも、悩みは尽きなくって。
 それで、自分だけ救出されてしまいましたものね。
 それは確実に、何かの決心に繋がりそう。

 にしても、日村に担がれて、くつろぐアリスの真横をひょいひょいと横切っていたのは…。
 何だか妙に笑えたです。
 呪いって便利!、なんて勘違いをしそうになったり。
 まあ、それなりの代償は有るのでしょうけどね。

 あと、どーでもいいのですが、アリスがコンテナの扉を閉めたときの音が、有り得ない変な音でしたよ…?。
 まあ、フツーの人は、コンテナに閉じ込められたことなんて無いのでしょうから、仕方有りませんけど。
 じゃあお前は有るんかい!、って話ですけど、有りますよお(笑)。

 今回の決着、キーはやっぱり錐霞なのでしょうか。
 ピーヴィーと言いアリスといい、性格の捻じ曲がった人達ばかり相手にしていると、見ている私の方も頭がおかしくなりそうです(^^;。
 やっぱり、呪いって嫌だなあ。
 間接的に、精神を蝕まれてしまいそうで。

2011.12.04

■C3 -シーキューブ- 第10話「嗜虐者は何処にもいない」

 世界には、色々な同盟が有るのですねん。
 でも、フィアと黒絵の同盟は、ちょっとだけ寂しさが漂います。
 負けちゃってる感と言うか…。
 本当は、そんなに気にしなくってもいいのですけど。
 ちなみに、2:1なら、このはの方が不利だと思うのですよん。
 んで、肝心の春亮からは、特に何もリアクションは有りません。
 つまんないやつ(^^;。

 呪いには、それこそ色々な種類が有って、そんなのは全部無くなって欲しいけれど、対処方法は様々なのかもしれません。
 錐霞みたいな使い方も有るわけですし…。
 その辺り、春亮の基本姿勢は、相手次第ってことなのかなあ。
 あまり押し付けがましいことはせず、相手の主体性に任せるみたいな感じ。
 それはそれで、有りなのです。
 錐霞のあの姿を見ても、結構冷静でしたものね。
 私なんかは、えっちい感じに見えてしまいましたけど…。

 しっかし、人間を立方体に圧縮って、怖過ぎです。
 画像が出て来なくって、本当に良かったよう。
 しかも、無関係な人達ばかりなのですものね。
 その接点は、黒絵のお店…?。
 フィア、良く気が付きました。
 これって、明らかに営業妨害です!。
 …そういう問題じゃ無いけれど。

 そもそも、アリスは黒絵を追い掛けていたのですよねー。
 その理由も、まだ分からなくって。
 アリスの言動は、どうにも掴み所が無くって、困ってしまいます。
 さすがに、黒絵自身に原因や理由が有るとも思えないのですが…。
 ん、謎です。
 むしろ、春亮の呪いへの姿勢が、問われちゃったりするのかしら。

 相変わらず、へんてこりんなポーズを決めていたフィアのダンスは、面白かったです。
 呪いをダンスに応用したりは出来ないのかしら。
 …無茶ですよねえ。
 音感とかって、センスが物を言うからなー。
 フィアは、コツを掴むまで、このはの鬼特訓、頑張って下さい!。

2011.11.27

■C3 -シーキューブ- 第9話「帰還者は何処か不思議な」

 OPとEDは、激しさとほんわかさと、かなりはっきりとした対比になっている感じ、かな。
 それはそのまま、この作品の内容とイコールだったりするわけで。
 次に何が起きるのか、結構冷や冷やするもん。
 黒絵にはもう呪いがかかっていないそうなので、安全そうだけれど。
 アリスは不気味です。
 今回は特に何もしなかったのが、ますます不気味。
 それで、ラストにあの台詞ですから。
 あのお金、しっかり貰っておくべきだったのではないかと…。

 黒絵は明るく元気で、商店街の人気者。
 あれなら、チラシを配ったり広告を打ったりしなくっても、大繁盛間違い無しだよ(^^)。
 夜知家の家計も安定して、おかずが一品増えたりとかっ(笑)。
 呪いがかかっていた頃も、黒絵なら生気を吸い放題だったのでしょうね。
 怖いなあ。
 でもでも、私だったら、むしろ喜んで吸われてしまいそう(^^;。

 サヴェレンティも、そんな雰囲気でしたもの。
 人形っていうのは、基本的にそういうものなのでしょう。
 誕生したときからの、愛され属性が(^^)。
 黒絵とサヴェレンティ、早速心を通わせ合っていたっけ。
 何か可笑しいの。

 フィアは、そう簡単には懐かなかったのにね。
 でも、お風呂で一緒に仲直り(^^)。
 春亮は一体何をしているのやら。
 携帯の回収なんて、別に後でもいいのに。
 レディの入浴を一体何だと…。
 まあ、フィアと黒絵は平気なのかもしれませんが、このはが許してくれる筈も無く。
 春亮、もう少しだけ気を付けてくれなくっちゃ。

 今回のフィアは、色々とお着替えをして、変なポーズを決めて、頑張っていましたよねー。
 面白かったよ。
 やることが沢山有るなら、余計なことを考えずに済むって思いますし。
 いいことなんじゃないかな。
 それでも、トラブルの種は、勝手に向こうからやって来ます。
 実際に呪いが解けている黒絵の存在は、支えになったりしそうかな。

 何気に、錐霞もかなり辛いポジションに居るみたい。
 呪いが効かず、そういうのも気にしない春亮が相手なら、恋心をぶつけてもいい気はするのですけどねー。
 試してみる価値は有るんじゃないかと(^^)。
 やっぱり、妨害が入るのでしょうか。
 辛そうだなあ…。

2011.11.21

■C3 -シーキューブ- 第8話「逃れ得ぬ呪いのような-」

 みんな、呪いの発動に関しては、手馴れたものなのですよ。
 フィアとこのはなんて、呪いそのものなのですし。
 フィアの顔、怖過ぎです。
 あっちが本当のフィアなのかなって、ちょっと不安になったりもするのですけど。
 それって実は、重要なことではないのかもしれません。
 そういう部分は、白穂が一番良く分かっていたみたい。
 春亮は最初、全く分かっていなかったですけど。
 私も、あんまり良くは分かりません…(^^;。

 呪いと隣り合わせに、呪いと向き合って行くのって、単純に凄く大変そうですものね。
 今回の白穂とサヴェレンティみたいに、愛情をキーにした呪いとかまで有ったりもして。
 心の奥の方を、ざくざくと削られているみたい。
 相当に辛いのですよー。
 これからも、ずっとこんななのかしら。
 いつもにこにこしている春亮は、とっても凄い存在なのです。

 でもまあ、普段のフィアは、色々なことを勉強中で、色々なことに興味津々な、普通のお子ちゃまなので。
 最後まで面倒を見てあげなくっちゃ、ですよね。
 取り敢えず、体育祭とか。
 女の子同士の話とか。
 色々有りますもの(^^)。
 サヴェレンティも、フィアの質問には答えてくれませんでした。
 その方が面白いから…?。
 おい(^^;。

 そのサヴェレンティ、メイドさんとして働くことになりました。
 学園付きのメイドさん。
 その場に居た全員が、思わず顔を赤らめてしまう程の可愛らしさなのですよ。
 ドジっ子属性は別に要らないと思うのですけど、それはそもそものサヴェレンティの仕様みたいなので…。
 直りませんね。

 そして、サヴェレンティより心配な白穂も、クラスには馴染めそうな感じで、良かった良かった。
 彼氏は、男じゃないけど、いいのかなあ。
 まあ、いつでも男にはなれるのでしょうし。
 問題無いよ。

2011.11.13

■C3 -シーキューブ- 第7話「予見者の眼に映らない」

 このはの服を着替えさせてあげたのはいいけれど、どうせなら眼鏡も外してあげれば良かったのにな。
 もしかしたら、あの眼鏡は体と一体になっていて、外すことは出来ないとか…。
 確かに、胸と眼鏡は、このはそのものって感じですものね(^^;。

 このはが元気になる為には、春亮から精気を吸い取る、ではなくって、もっと別のエネルギーの作用が有るみたい。
 その正体、このはは分かっているのかな?。
 春亮は、全く分かっていないみたいでしたけど。
 あ、でも、かなり嬉しかったご様子で(笑)。

 フィアは何にも出来ないって凹んでいたけれど、こういう場合、他の誰かが一緒に居てくれるだけで、頼もしかったりしますから。
 お役に立っていると思うよ。
 ちょっとしたことで、みんな嬉しい気持ちになったりするもの。
 私は、ころころ変わるフィアの表情が、とてもとても楽しかったです。
 ちなみに、ICカードは持たせて貰って無いのかな?。

 キャベツマスターにもなったりしたフィア。
 料理と言えば、キャベツは基本ですからっ。
 特に、アニメでは(笑)。
 キャベツとレタスの描き分けは、ちゃあんと出来ていたみたい。
 ついでに、おせんべいの種類も。

 錐霞も、もじもじした様子が、何だか可愛かったですよお。
 春亮に真意が伝わらないもどかしさとかも、しっかり伝わって来ましたです。
 錐霞だって、もう関係者なんですもん、春亮も頼ることは必要かな、って。
 錐霞自身の言葉にも、ちょっと誤解は有った感じでは有りますけど。

 白穂の顔写真がサヴェレンティだったのは、ちょっとした衝撃でした。
 びっくりしたよ。
 実は、2人共、人形だったですかあ。
 住所を調べるのに保健室へ行ったり、制服を入手する為に被服室へ行ったり、確かにその方が手っ取り早いよねって、何だか妙に納得してしまった私だったり。
 サヴェレンティの呪いは、何だか酷い話だけれど、呪いって言うのは、そもそもそういうものなのかもしれないですね…。

2011.11.06

■C3 -シーキューブ- 第6話「球形硝子に似て脆弱な」

 春亮とフィアとこのはで三角。
 確かに、傍目にはそう見えたりもします。
 ただ、それを実感しているのは、このはだけなのではないかと…。
 フィアは全く分かっていませんよお。
 春亮だって怪しいもんだ。
 だから、このはの頭痛の種になったりもします。
 そもそも、呪いと恋って、対極に有るような。
 …意外とそうでも無いのかにゃ。

 ガブリエルからの依頼は、また怪しいものでした。
 本人、えらくあっさりと依頼を伝えて、あっさりとその依頼内容を変えて。
 さすがの春亮も、心底嫌そう。
 フィアは既に、投げるものを探す体制に入っていました。
 事前に灰皿を取り上げていた春亮が可笑しいの。

 それでも、平和な学園生活の為に、サヴェレンティを捜索するよ。
 フィアはすっごく乗り気です!。
 いいことをしてお役に立つって言うのが、嬉しくて仕方無いみたい。
 気持ちは、何となく分かるかも。
 そういうの、応援してあげたくなります。

 ただですね、取り出す道具はやたらとでっかくて、大袈裟で、禍々しいものばかり。
 そこで素性が分かってしまうのが、辛い所なのです。
 人形を倒すのも全力で、あそこまでしなくってもいいのになあ。
 机とかイスとか、みんな破壊してしまったもの。
 骨格標本とか人体標本まで人形扱いなのには、ちょっと参ったですよ。
 盲点でした。

 サヴェレンティは、何だか妙に哲学的とゆーか、気怠るそうに会話をします。
 もっと分かりやすく話してくれてもいいのに。
 知られたくない本心でね有るのかにゃ。
 単純に、壊されてしまうことを怖れている訳では無さそうで。
 そして、イケメンとの関係は…?。

 白穂とサヴェレンティのその繋がりも、まだはっきりとは分かりません。
 白穂ってば、随分と明るく元気だけれど、呪いとの関係は有るのですよね…?。
 てゆーか、さくっと病死してしまったお父さんはどーなのさ(^^;。
 この作品、胸の大きさではっきりと序列が決まるらしく、白穂に慰められていたフィアが可笑しかったりもするのでした。
 恋のことは知らなくっても、胸のことは気にしているらしいフィア。
 大変そうなのですよ。

2011.11.02

■C3 -シーキューブ- 第5話「たとえ呪われても」

 ピーヴィーのあの執念と言動は、私が今まで見て来たキャラの中では、最強クラスだったかも。
 メインキャラ以上に、忘れられない存在になりましたもん。
 本当にゲロ吐いてましたしね…。
 呪いに立ち向かって行くには、あれ位じゃ無いと駄目なのかもしれないです。
 過去に、そうなるだけの体験をしていたみたいですし。

 今度こそ死んでしまったと思ったけれど、ピーヴィー、まだ生きてるですかあ。
 どーするんだろう。
 一思いに殺してあげた方が良かったような。
 呪いの連鎖は断ち切ってしまわないと。
 その辺り、どうすればいいのかな…?。

 錐霞の工作が有ったとはいえ、マミーメーカーはあっさりと殺してしまったね。
 それでも、最後にはマミーメーカーに縋ろうとしていたっけ。
 そういう所に、ピーヴィーの弱さが少し感じられたりもしたけれど…。
 錐霞のこと、解剖したとか言っていたのは、何なのでしょう。
 内蔵とかを取り出したってことなのかしら。
 錐霞以外だったら、死んでたじゃん。
 人間はなるべく傷付けないって言ってたのにい。

 まあ、錐霞はフィアの関係者ですものね。
 ちなみに、錐霞は春亮にどんな用事が有ったのでしょう。
 しきりに前髪を気にしていた仕種、可愛かったのにな。
 戦闘後は、元の委員長に戻ってしまった…。

 このははですね、何かと口うるさい存在になりました(笑)。
 周囲の状況から、苦労が絶えませんからねー。
 ラストのフィアは、春亮に座薬でも入れて貰ってるのかなって…。
 それはそれで困った状況なのですけど(^^;。
 ディスクだったかあ。
 また大袈裟な(^^;。

 ディスクが増えると拷問処刑用具は減って、選択肢とか戦闘力とかが落ちてしまうと思うけれど、フィアとしてはその方がいいみたいです。
 それはそうですよねー。
 今回、フィアは良く耐えたと思うのですよ。
 凄い精神力だったと、素直にそう思うのでした。

2011.10.17

■C3 -シーキューブ- 第3話「彼らの温度の二律背反」

 フィアは、本当に虐殺対応だったのですねえ。
 あの能力、他には全く使い道が有りませんもの。
 平和的な道具には、決して成り得なくって。
 あれじゃあ、お付き合いするの、大変そう。
 だって、春亮にも襲い掛かって来ちゃうんだよー。
 どうすれば元のフィアに戻せるの?。

 まあ、春亮はですね、どっちが本当のフィアなのかとか、そういうことは考えないみたいですから。
 取り敢えず、同居して仲良く暮らすことが目標。
 凄いのです。
 あの程度の怪我で済んだことは、むしろラッキーだったのにな。
 私なんかは、フィアの制御の方法とか、そういうのを真っ先に心配してしまうのですけど。

 フィアの過去を思うと、ピーヴィーにはフィアを殺す理由が確かに有るって思います。
 あの性格は、どうにも好きになれませんが…。
 ただ、ビッチビッチ言ってるのが、何だか癖になって来ました(^^;。
 ちょっと心地良く響いたりして。
 おいっ。

 フィアに直接の恨みが有るのか、禍具そのものへの憎しみなのか、その辺りの事情は不明。
 ギロチンの直接の描写は曖昧でしたけど、片腕は無くなってしまったのですね。
 手負いになって、この後のことを考えると、凄く怖いのですけど!。
 基本、人間に危害は加えないって言うけれど、春亮は自分から関わって行くからなあ。

 錐霞も、良くもまあ無事だったものです。
 フィアは見境無しなのですよ。
 あれって、本当、どうやったら元に戻せるの(^^;。
 辛うじて残っていた春亮への思いが、心を繋ぎ止めていたみたいな感じ。
 実際のところ、あのまま海に沈んで貰った方が、実は良かったのではないかと…。
 ちょっとそんなことを思ったり。
 後味が悪いから、却下なのですが。

 ハダカでお風呂へ一緒に入ろうっていうフィアを見ちゃうと、そんなの吹っ飛んでしまいますけどっ(笑)。
 取り敢えず、ぬくもりとか暖かさとかは感じてくれてるみたいなので、同居、うまく行くといいんだけどな。

2011.10.10

■C3 -シーキューブ- 第2話「どこに、なにを、なにか」

 わわ、突然に殺伐とした雰囲気になりました。
 ちょっとびっくりしたよ。
 そういう作品だったんだあ。
 フィアだけじゃ無く、春亮もこのはも、そっちの世界の人間だったみたい。
 あの状況にも、あまり驚いて無かったですもん。
 この2人って!。
 キーになっているのは、呪い、らしく。

 フィアって、殺戮だけならともかく、拷問までしちゃうのですかあ。
 それはきついのですよ。
 私にとっても、本人にとっても。
 今のフィアからは、全く想像出来なかったもの。
 当時のフィアは、命令を忠実に実行するのが喜びの、単なる操り人形だったのかしら。
 そうしたら、今のフィアの意識は、いつどうやって出現したの?。
 その辺りが、今後のポイントになったりしそう。

 このはは、春亮のお世話担当の幼馴染みってだけじゃ無かったですね。
 もっと深い所での繋がりが有って。
 二人の関係、俄然興味がわいて来たです。
 ラストを見るに、一筋縄ではいきそうにありませんし。
 血。
 しかも、春亮の血。

 下品なおばちゃんも、完全な悪人では無いのかにゃ。
 強い信念は有るみたいでしたから。
 でも、やっぱり下品だ(^^;。

 制服に喜んできゃいきゃいしていたフィア、その後との対比は、凄まじいものが有りますよー。
 今後、ほのぼのと殺伐がどういうバランスで進むのか、興味津々なのです。
 てゆーか、前半の印象が、みんな吹っ飛んでしまった(^^;。
 最終的には、優しい結末になってくれたらいいなあ。

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ