カテゴリー「B型H系」の12件の記事

2010.06.18

■B型H系 第12話「僕らのために世界は回る さよなら…B型H系/天使になった山田!さらば!B型H系!!」

 小須田と山田の関係も、いよいよ最終段階に突入だよっ。
 二人共、ようやくお互いの気持ちを認識し合って、好きとか嫌いとか、そういう堂々巡りからは脱出して、後はもうそれだけ、みたいな雰囲気になりました。
 良かったね(^^)。
 長かったのですよー。

 それでもやっぱり経験不足なので、覚悟が足りないってゆーか。
 どうしていいか分からなくなって、余裕が全く無いんだもん。
 小須田と山田に関しては、成り行きでそのまま一気に、みたいなことにはならないのですよねー。
 もお、すっごくドキドキしていたよ。
 緊張が伝わって来ましたもん。
 見ていた私も、テレビシリーズで一体何処までやるのか、別の意味でドッキドキだったりして…。
 あはは。
 なかなか頑張っていましたよね。
 えと、作中の二人も、スタッフさんも(^^;。

 事前の準備として、小須田は実の姉に、山田は実の妹に、相談しに行ったりとかして…。
 こらこら。
 香月の話は、何だかかなりエロかったのでした(^^;。
 実体験に基づくお話なんだもん。
 美春は恥ずかしがって、そういう話はしてくれないから…。
 まあ、当然ですよね。
 香月って、実は結構、経験豊富だったりするのかにゃ。
 千夏はですね、そっち方面は管轄していないみたい。
 一応、年齢相応だったりします…?。

 その後、何故か早朝6時に待ち合わせをしてのデート。
 そりゃあ確かに、なるべく早く会いたいって言うのは有るのでしょうけど…。
 早過ぎだよお!。
 電車で移動した距離が駅で3つなのは、結構近いような気がするよ。
 赤井先生居たし(^^;。
 イブからクリスマスになった早朝、ホテルは満室かと思ったけれど、そんなことは有りませんでした。
 やっぱり、バブルの頃とは違うのですよね。

 ホテルでは、山田も積極的だったよ。
 今までより、ずっとずっと頑張りました。
 余計なことは考えず、そっちに集中していたのは、良かったと思いますです。
 腰が引けていたのは、仕方無いですものね。
 小須田も積極的だったです。
 あれなら、まだ落ち着いていた方かなって思うよっ。

 で、ベッドを上から見たカットで、ずっと気になっていた「故障中」の札。
 あんなになるなら、電源をカットしておいて欲しい所なのです。
 結果、骨折したのは小須田だけかあ。
 山田は全くの無傷だったのですねん。
 頑丈だなあ(笑)。

 彼氏が入院したら、彼女はせっせと介抱してあげて欲しいけれど、山田はナナメ上に行っちゃうのがお約束だよ。
 もっとフツーに、優しくしてあげればいいのに。
 そっちはまゆが担っているし。
 看護士さんからは、まゆが彼女だと思われちゃう始末なのです(^^;。
 ナースコスでお医者さんごっこ?とか、誰かに見られたら恥ずかし過ぎでしょー。
 ばれなくって、良かった良かった。
 ちなみに今は、ナースキャップって絶滅しちゃったんだあ。
 病院には行かないから、良く分からないや。

 てことで、小さな神社で二人きりの初詣をして、めでたしめでたし。
 ちゃあんと彼氏彼女になったのか、イマイチ分からない二人なのですが、それはまたこれからってことで(^^)。
 山田のエロ神様も、それなりに頑張りましたよねっ。
 山田って、予想もしない行動に出るから…。
 小須田のエロ神様は、今回は大活躍だったけれど(笑)。

 なかなか楽しい作品でしたよお。
 とにもかくにも、美春は本当にお疲れ様でした。
 私は、そんな美春が大好きでしたっ(^^)。
 クラスメートみんなと行った初詣に、彼氏を呼ぶのはどーかと思いますけど…。
 それとは別に、あのクラスって、何気に仲が良かったです。
 お見舞いにも来てくれたし。
 小須田と山田以外のカップリングは、あまり望めなさそうな感じかなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2010.06.11

■B型H系 第11話「2年H組のクリスマス・イブ あたしをベッドにつれてって♡/金城さんが見てる!?限界ギリギリ『生』放送!」

 お兄様部屋の存在、まゆにはばれてしまったけれど、特に問題にはならなかったみたいです。
 てゆーか、叶いにくい願いを持つ者同士、分かり合えちゃったりしそうだよ。
 あんな厳重にロックされたお部屋にまで入り込めちゃうまゆ、その才能、何かに活かせないかしら(^^;。

 監視カメラの京香の眼、もうやたらと怖いのですよー。
 さすが、小須田はいい勘をしていたです。
 それだから、京香の接近も探知出来たのかなあ。
 危なかったね。
 まあ、別に隠れる必要は無かったとも言えますけど。
 京香が録画していた映像は、何かに使えたりとかしそうです。
 …何か?(^^;。
 てゆーか京香、自分の寝室にまで、監視カメラを設置していたですか…。

 小須田と山田、何だかんだで、結構頑張ったのではないでしょうか。
 あそこまで辿り着ければ、上出来なのではないかと。
 山田は何かを掴んだみたいですもん。
 小須田はですね、ガツガツしていた位の方がいいとも思えますけど、今後の行動に期待ってことで。
 とりあえず、フツーにカップルしてればいいんじゃない?(笑)。

 美春が参考になりますよねー。
 この作品唯一の、彼氏彼女なんですから!。
 一人で幸せとか、何だかずるいような気持ちになって来ちゃいます。
 金城家のパーティなんかどうでも良くって、松尾と待ち合わせだもん。
 美春には、エロ神様は居ないのかなあ。

 まみは…。
 一体どうなっちゃうの?。
 一応、圭一の言質は取っていたけれど、そんなの理由にはなりませんよね。
 赤井先生が真っ青になっていたのが、意外だったです。
 お気の毒に…。
 まみ本人、もっと罪悪感持ちましょうよう(^^;。

 次回はもう最終回。
 この3ヶ月(1年9ヶ月)は、小須田と山田に何をもたらしたのでしょうね(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2010.06.04

■B型H系 第10話「金城家の一族セレブな兄のキラキラな秘密!/恋する途中?私の男(コスダ)に手を出すな!!」

 金城圭一、何て恐ろしい…。
 たまたま立ち寄った喫茶店を、一瞬で凍り付かせてしまったです。
 マスターとウェイトレスさんまでびっくりしていたのが、何だか妙に可笑しかったよ。
 確かに、意外でしたよねえ。
 女の子を取っ換え引っ換えしているような印象だったもん。
 そんなことは、京香が許さないにしても。
 山田が妄想していた、メイドさんの手ほどきで、っていうのは、何だかちょっと良さげな感じかもっ(ばか)。
 メイドさん達、可愛かったです♪。

 圭一ってば、山田の価値観を揺るがすようなことを言うから、山田はまたまた大混乱なのです。
 いくら美春に駄目押しされても、素直じゃ無いから、なかなか小須田を好きって認めません。
 煙を吹いてブレーカー落ちちゃうなんて、ずるいんだから!(笑)。
 セーブポイントが戻ってしまうのは、いつものことなんですけどね。

 折角のデートも、まみの登場で、結局は有耶無耶になっちゃいました。
 勿体無いなあ。
 西武電車で駆け付けた小須田、あれだけのトラブルに巻き込まれながらも、時間にはちゃあんと間に合ったのですねー。
 それは結構、凄いかも。
 きっと、愛の力なのですよ。
 どーでもいいのですが、まみみたいなタイプって、実は百戦錬磨の達人だったりとかしそう。
 圭一の例も有るし、人は見掛けで判断してはいけません。
 小須田は、見たまんまですけどねー。

 あ、まゆも見たまんまですう。
 恋の相談をされているなんて、まゆ、実は試されてる…?。
 なんてねっ。
 小須田ってば、全く意識して無いんですもの。
 もし、まゆが気持ちを伝えていたなら、展開はかなり変わって来るとは思うのですけど。
 まゆのエロ神様も、あんな呑気でいいのかしら。

 そして、怒りの京香は、とうとう実力行使なのです。
 惚れさせるけど、襲われないような誘惑の仕方って、京香には難しかったみたい。
 余裕が全く無くなっていたもの。
 そういう所は、山田と一緒だなあ。
 勢いで一気に突き進むには、経験不足なのでした。

 小須田のピンチを救ったのは、肉食獣な山田だったり。
 山田、追い掛けて来てくれたのですねー。
 本当にトラさんかと思って、私もびっくりした(笑)。
 あんなに沢山のお部屋が有る金城家なのに、ピンポイントで小須田が居る場所の窓を見付けたですかあ。
 山田には、特殊な小須田探知機が搭載されているみたい。

 何だかんだで、バランスの取れた、いい感じな二人になって来ている気がしつつ、小須田にはもっと頑張って欲しいかな。
 美春は、最初からずっと頑張っていて、私の一押しだったりしますけど、さすがにそろそろ、ツッコミを入れるのが面倒になって来たみたいで…(^^;。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

2010.06.01

■B型H系 第9話「そんな!みんなの見てる前で… 嫌いなんて言ってないじゃん…秋/体育祭にかけろ!好きにすればいいじゃん…秋」

 山田の成長を、みんなが優しく見守ってくれてます。
 千夏と美春とエロ神様と。
 恋愛に関して、千夏は先輩ですものねー。
 美春は山田のことを分かってくれているから、適切なアドバイスをしてくれて。
 山田、ちーっとも話を聞いてませんけど(^^;。
 山田がカップリングするの、美春は凄く嬉しそうだったよ。
 エロ神様は、直接の関わりが出来無いから、何だかとっても気苦労が多くって。

 それでも山田は、とっても小さな一歩を踏み出したばかりなの。
 あれが山田の精一杯。
 資料室へ行くときとかの、山田が醸し出していた微妙な雰囲気が、私はとっても好みです(笑)。
 小須田も大変だあ。
 京香が小須田にちょっかいを出すようになれば、少しは焦って、素直になってくれるのかなあ。
 まゆは、告白を聞いても、自分から動いたりは出来無いみたいだし。

 小須田の相談相手として、松尾がいつも近くに居てくれたらいいのにね。
 安心出来るでしょ。
 むしろ、小須田は美春に助けて貰えればベストなのですけど。
 なかなかそうはなりません。
 圭一とは、一体どーいう関係になるのやら…。
 山田の目的としては、圭一は手っ取り早そうなのですが。

 お付き合いを始めるまで、ここまで手間のかかる二人、最終目標まで、まだまだゴールは遠いのです。
 そりゃもう、途方も無く。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010.05.21

■B型H系 第8話「わーーい、修学旅行だ!二人っきりになれなくて…/俺、山田の事が、す…すったもんだの珍道中!」

 京都への修学旅行っ。
 今回は、電車もいっぱい出て来たし、鉄な私は嬉しいのです。
 ちなみに私も、今まさに東海道新幹線に乗っていて、その車内で今回のお話を見て、そのまま車内で感想を書いていたりします。
 「ねがい」じゃ無くって、「こだま」で新大阪まで。
 ちょっとした偶然だけれど、何だか嬉しいな。
 東京駅のホームでは、京都の中学校の、修学旅行の団体さんを見かけたりしましたよん。
 ちなみに、私が京都に着くまで、まだ2時間程かかります。
 三島付近で記事を送信、と。

 今回も、山田は凄くやる気が有ったのに、小須田との進展は全く有りませんでした。
 状況が切迫して来ると、とにかくH!っていうやる気よりも、気持ちの方が溢れ出しちゃうみたいなの。
 山田、どうしてそんなにピュアピュアなんですかあ(^^;。
 小須田の本気の告白に、逃げ出しちゃうなんて。
 好きとか嫌いとかが分からない、なんて言ってたりもしたよ。
 可愛過ぎるのですよー。
 でもあれ、小須田から見たら、避けられてるようにしか見えませんもの。
 あれは、小須田的にはキツイと思うな。
 小須田はあそこまで頑張ったけれど、さすがにもう限界だよね。

 こういうときこそ、美春や千夏や香月が、うまく間に入ってくれるといいのですけど。
 千夏と香月は無理かなあ。
 千夏は姉の行動に呆れはするけれど、アドバイスとかはしてくれませんもん。
 妹の立場をわきまえているとゆーか。
 香月はなかなかいいことを言ってくれるけれど、山田攻略の具体策までは教えてくれませんから…。
 やっぱり、美春に期待!、かな。
 小須田のことも山田のことも、凄く分かってますものね。

 その美春、いよいよ覚悟を決めて、自分の初体験のこと、お話する気になってくれたよ。
 それは、是非聞いてみたかったです。
 邪魔が入ってしまったのは、凄く残念。
 先生、お仕事頑張り過ぎですよお。
 にしても、彼氏持ちはいいですよねえ。
 毎日が楽しそうだもの(^^;。

 まみは、もうやたらと元気いっぱいだったっけ。
 帰りの新幹線でも、ずっと元気なまま。
 あのテンションを維持出来るのは、凄いって思う。
 まゆは何だかヘンな妄想に入っていたよ。
 出番は殆ど有りませんでしたけど、小須田にまでお土産を買うのは、さすがにヘン。
 どうせなら、何か二人の記念になるようなものを買えばいいのに。
 京香も、特に動きは無し。
 あの凄まじいまでの煩悩を内に秘め、今まで京香は戦って来たのですねえ。
 凄まじいコなのです(^^;。

 修学旅行で京都へ行っても、回る場所は同じような所になってしまうけれど、だからこそ懐かしかったりしましたよお。
 保津峡を船で下ったとき、トロッコまで出て来たのはびっくりでした。
 どうせなら、小須田と山田、あっちに乗れれば良かったのにね。
 私的には、絶対そっち!(^^;。
 富士山をバックに鉄橋を渡るシーンは、真横から見たカットが幅を利かせている昨今、なかなか斬新で良かったです。
 扉に、小須田の首を挟んだまま発車して行く西武電車も、斬新かと(^^;。
 危険なので、絶対に真似はしないで下さいね。
 真似をしたくても、出来ませんけど…。
 新幹線は妙に安定感の有る作画で、安定感だけなら実車より好きかもっ。

 今回のお話、山田が随分と可愛く描かれていたし、笑える所では笑えて、楽しかったです(^^)。
 小須田は、みんなから便利に使われちゃっていたよ。
 写真担当だと、女子からもモテモテだし、ちょっとだけ役得かもっ。
 そこで山田にヤキモチを妬かせちゃうぞ!作戦はどうでしょう(笑)。
 今ではみんなカメラを持っているから、写真係の必要性は良く分からないところでは有りますけどねー。

| | コメント (0) | トラックバック (14)

2010.05.14

■B型H系 第7話「スク水で大決闘!アンタにだけは絶対負けない!/夏の日の思い出…山田、野生に帰る!」

 山田のいい所って、一言では、なかなか説明しずらいかもしれませんねー。
 はっきりとカタチになっているものでも無いですし…。
 まあ、とにかく、そーいうことでっ(^^;。
 まゆや京香と比べて、劣っている部分が有るのは、仕方無いんじゃないかしら。
 山田の性格だと、全てパーフェクトに勝ちたいって思うのも分かりますけど。
 それに、劣っている所が有ると思うと、小須田にも強気に出れなくなってしまう、繊細な山田だったりもして。
 私を見て!って、いつでも強気では居られませんもん。

 勝負には拘る山田、水泳で京香との直接対決とか、熱いのです。
 負けちゃいましたけどね。
 水泳が得意だったなんて、ちょっと意外でした。
 自己分析によると、泳げない美春との違いは、水中の抵抗の違い…?。
 あらら。

 そういえば、小須田はもう、山田の水着姿は見ていたんだっけ。
 あれから1年経ったなんて、とてもそうは思え無い、2人のリレーションだったり。
 京香の能力を以てしても、山田の彼氏が一体誰なのか、未だに分からないのですって。
 それはそうかも、です。
 本人、別に隠してはいないけれど、そもそも彼氏が実在しないのですもん。
 実は居るのかも知れないけれど、どうにも自覚に乏しいから…。

 ここに来て、とうとう千夏に頼ることになっちゃいました。
 でも、それはいい判断かも、なのです。
 千夏なら、実戦経験も豊富で、いいアドバイスをしてくれそうでもん。
 あ、本人、何だか嫌そう…。
 それに、結局、千夏と京香を引き合わせただけで終わってしまったよ。
 二人、何だか意気投合していたし。
 千夏も、姉には何を言っても無駄って、ちゃんと分かっているのかもしれません。
 エロ神様のツッコミも、何だか切なくなって来たです(笑)。

 そして、小須田は家族でキャンプへお出かけっ(実はまゆ付き)。
 山田とスケジュールが全く合わないなんて、小須田、色々と忙しいのですね。
 その内容はともかく…。

 あの山田が、キャンプ場まで小須田を追い掛けて来たなんて、結構凄いことかと思ったり。
 嫉妬に狂った女子高生…?(^^;。
 銃なんて持たせたら、危なくって仕方無いよお。
 野性って、一体どーいう野性なの。
 まあ、サバゲで走り回って、少しは怒りも収まったんじゃないかと…。
 自然に小須田の隣りに居られるって点では、まゆも山田も、結構対等かなって思ったりもしたのでした。
 星空を見上げて、山田も何だか可愛かったよ。
 自然で柔かな雰囲気がね(^^)。
 普段から、それを出せたらいいのにな。

| | コメント (0) | トラックバック (15)

2010.05.07

■B型H系 第6話「金城さんが来る!あのキラキラが許せない!/バラ色の笑顔の裏に…金城の黒い秘密!!」

 学園のクイーンって、実は千夏なんじゃないかと…。
 びっくりだよね。
 ポイントは、あの可愛らしさと親しみやすさ、なのでしょうか。
 それは確かに、姉の山田にはちょっと難しい領域かもしんない(^^;。

 京香も、実はとってもプライドが高くって、勝負する気満々なのですよー。
 山田の彼氏を奪うとか…。
 つまり、山田の土俵で勝負するってことだよね。
 それは、泥沼ってゆーか、あらぬ方向へと向かってしまいそう。
 その時点で、山田も京香も、どちらの負けも決まったみたいな?。

 まだ彼氏が居ないとか言ってる山田、思い出しても貰え無い小須田がお気の毒。
 今回は、2人、会話も全く有りませんでしたよねー。
 おはようの挨拶に、一言「ん」って返しただけだもん。
 お前は一体、何がしたいんだと…(笑)。
 いきなり高い壁を作ったら、最初の1人もこなせませんよお。

 結局、殆ど進展の無いまま、1年が経ってしまったよ。
 折角2人でやっていた図書委員も、何も無いまま終了ですかあ。
 勿体無いの。
 てゆーか、山田は書記かい!(^^;。

 今後、京香がどんな行動を取るのか、ちょっと楽しみなのです。
 そっち方面(←?)は、どんな感じなのでしょう。
 市原さんの前では体裁を取り繕っていたけれど、秘密のお部屋と嗜好は、もおみんな知られてしまっていたよ。
 市原さんは、あのお部屋にも出入り自由なのですね。
 じゃあ、あんな厳重なセキュリティ、全然要らないじゃ無いですかあ。
 泥棒避けなのかしら。

 京香ってば、実の兄が大好きな変態さんなんだもの。
 こら。
 でも、兄はハーバードに留学していて、帰って来ません。
 そういう報われない所を山田と共有出来たら、2人、仲良くなれるかもしれません。
 なんて、お互いの性格上、弱みを握られるのは嫌がるでしょうし、牽制し合うネタってことに落ち着きそうではあります。

 それにしても、挨拶が「ご機嫌よう」だなんて、山田の学校、いつからそんなお嬢様学校になったのでしょうか(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (12)

2010.05.04

■B型H系 第5話「汗と涙のバレンタイン!山田より愛?を込めて/磨けエロパワー!こんな感覚、初めてなの…」

 サンマの正しい選び方と、日高昆布の使い方。
 お料理に関して、宮野は手練の主婦クラスなのです。
 お正月のお節も、3段作っちゃったんだって。
 そして宮野は、竹下の師匠になりました。
 ちなみに、竹下も向上心が有りますよねー。
 エロに特化した山田とは、大違いなのです。

 山田は変に自信付いちゃったけれど、竹下が言う通り、ちょっと調子に乗り過ぎみたい。
 竹下だって、宮野の方を応援したくなるってものなのです。
 試作品のチョコケーキは、殆どお城。
 そこまで健気なのに、幸薄くって。
 小須田は何も気付いてくれないし。
 香月が味方に成り得ないから、宮野も辛い所ですよねえ。

 一応、山田もチョコを作ったけれど…。
 手間を惜しみ過ぎとゆーか。
 千夏には同情されちゃってたもん。
 それなのに、いざとなったら手渡す勇気が出ないとゆー、微妙に弱気な山田なのです。
 そういう所は、可愛いのにね。
 自分では絶対に認めません(^^;。

 小須田も、出所の分からない怪しいチョコ、良くもまあ全部食べたなあ。
 何か、山田っぽさを感じさせるものが、あのパッケージには有ったのでしょうか(^^;。
 謎なのですよー。

 そして、エロ神様のアドバイスも有って、山田はノーパンへと移行するです。
 …どーして(^^;。
 恥じらいを身に付けたってゆーか、それは何だか違うと思うぞ。
 小須田も大変だし、竹下も大変だ。
 そーゆー直接攻撃よりも、もっと精神的に攻めた方が効果的だと思うけれど、そんな高等テクニック、山田にはとても使いこなせそうに無いのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

2010.04.23

■B型H系 第4話「ときめく聖夜 ファーストキスって、なんの味?/このままじゃ帰れない!いちゃラブ公園に行こうよ!」

 山田の妹の千夏って、スキル高いのですねー!。
 どうすれば可愛く見られるのか、大切にして貰えるのか、ちゃあんと分かっていますもん。
 そういうの、少しは姉にも教えてあげればいいのに。
 あ、服は選んでくれてたっけ。
 一応、姉を立ててくれてるのかしら。
 ちなみに、千夏の彼氏って、みんな年上なんだ。
 選り取り見取りで、プレゼントもたっくさん。
 懸賞なんかより、ずっと効率が良さそうですが、それは本人の性格にもよりますものね。

 山田は、意外とそれが駄目な人だったよ。
 実はピュアだったりとかしますかあ。
 少なくとも、勢いで一気に!、っていうのが出来ないの。
 まあ、それが出来れば、もうとっくにどうにかなっていますよねえ。
 自分からキスをしたのは、かなり頑張ったのでは無いかと…。

 小須田も、美春と香月のおかげで、それなりに行動は出来てたみたい。
 香月はそんなにお役に立たなかったかしら。
 まあ、とっかかりにはなったよね。
 美春は、山田の親友なんですもん、小須田も、そこは押さえておかなくっちゃ。
 山田だって、美春のこと、凄く頼りにしています。
 そんな美春は、松尾と宜しくやっていたみたいなのですよー。

 山田と小須田、微妙に波長が合わない様子は、やっぱり見ていて楽しいです。
 ようやく波長が合ったと思ったら、それは目指すべき方向とは逆のベクトルだったりもして。
 クリスマスの後、何にも無いまま年越しですかあ。
 でもでも、一応の進展はしたんだし、そこは喜んでいいんじゃないかとっ。
 来年また、頑張ればいいのですもん(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (11)

2010.04.16

■B型H系 第3話「暗室で急接近!ちょっとキケンな部活動!?/燃える文化祭!学園の女王はこの山田(わたし)!!」

 まゆが小須田を大好きなのは分かったけれど、そのきっかけは、まだ分からないままなのでした。
 助けて貰った香月と勘違いして、という訳では有りませんでしたし。
 幼い頃のそんな経験が元で、まゆ、一歩が踏み出せない性格になってしまったのですねー。
 納得だよ。
 まあ、慎重なのは、決して悪いことでは有りません。
 恋敵が居たりすると、先を超される可能性が高くなっちゃうけれど。
 その点、小須田なら安心の筈だったのにね。
 山田の出現は、まゆにも影響大有りなのです。
 にしても、香月ってば、いくら何でも鈍過ぎだよお。

 まゆのことでちょっとした誤解も有って、山田はやる気を取り戻したです。
 ん、やる気はすっごく有るのにな。
 山田はどうも、雰囲気作りが苦手ってゆーか。
 小須田が相手だと、ペースを乱されちゃうっていうのは有るのでしょうね。
 相手よりも、常に優位なポジションに居たい、みたいな気持ちも有るのかな?。
 肝心な所で、変なモードにはまってしまうの。
 小須田の方は、いつでもOKな筈なのに。
 ままならないです。

 写真部の小須田、専門は風景なんですって。
 写真撮る人って、そういうのが細分化して行きますよね。
 風景を撮る人は、人物は全く撮らない、とか。
 家族オンリーだとか。
 風景を撮るのが大好きな小須田、ちょっといいことを言ってたのです(^^)。
 男の人は、そうでなくっちゃ!。
 山田も、感動していたみたい。
 目と心に映った光景を、そのまま写真に写し込むのって、それはそれで難しいことだと思いますし。
 いつか、山田もちゃんと撮って貰えたら、いいですよね。
 クラスの記録にも、山田は写っていないのでしょう?。

 あ、暗室は、確かに暗くて狭いのです。
 そして、臭い(^^;。
 現像液の酸っぱい臭いって、なかなか破壊力有りますよお。
 夏は暑いし。
 まあ、そんなのはムードで吹き飛ばして、ラブラブすればいいのですけど。
 山田ってば、いきなり服を脱いでるしい。

 これなら上手く行きそうだったのに、お約束みたいに邪魔が入っちゃいました。
 山田も正気に戻ってしまって…。
 そのまま飛び出して行っちゃうのは、気まずいですよお。
 絶対に、逆効果!。
 今回はですね、小須田が頑張って、追い掛けて来てくれたよ。
 頑張ります(^^)。
 山田も満更じゃ無かったみたいで、何だか幸せそお。
 本人の意気込みとは違った方向で、妙に爽やかな純愛系へ進んでいるみたいな…。
 見ていて恥ずかしくなっちゃう位なのです。

 山田が美春をお姉様って呼ぶのは…。
 有りです!(^^;。
 ちょっといい感じに思えたりもしたもんっ。
 今でも美春は、お姉様みたいなものですものね。
 いい意味で。
 ちなみに京香は、山田のもう一人のライバル候補?。
 どーいうライバルになるのかにゃ。
 本当、転校して来るのが、明日だったら良かったのにね。

 後夜祭のダンスでも、小須田は頑張りました。
 山田の本心とか、扱い方とか、そういうのがまだまだ分からない中で、小須田も一生懸命になってくれて、山田は幸せ者なのです。
 そこまで出来れば、上出来だよ。
 …あれれ?。
 山田の本来の目的って…?。
 やっぱり、ツンデレ純愛系へと、着々と進んでいるみたいなのですよー。
 面白いね。

| | コメント (0) | トラックバック (9)

その他のカテゴリー

11eyes | 30歳の保健体育 | AIR | AYAKASHI | BLEACH~ブリーチ | BLUE DROP ~天使達の戯曲~ | B型H系 | C3 -シーキューブ- | Canvas2 ~虹色のスケッチ~ | CHAOS;HEAD | D.C.II ~ダ・カーポII~ | D.C.III~ダ・カーポIII~ | D.C.S.S.~ダ・カーポ セカンドシーズン | DOG DAYS | ef - a tale of memories. | Fate/stay night | FORTUNE ARTERIAL 赤い約束 | GA 芸術科アートデザインクラス | Gift ~ギフト~ eternal rainbow | GIRLSブラボー first season | GIRLSブラボー second season | GO!GO!575 | GOSICK -ゴシック- | H2O ~FOOTPRINTS IN THE SAND~ | IS <インフィニット・ストラトス> | IZUMO-猛き剣の閃記- | JINKI:EXTEND | Kanon | LEMON ANGEL PROJECT | Mission-E | Myself;Yourself | Phantom~Requiem for the Phantom~ | R-15 | REC | RIDEBACK -ライドバック- | Rio RainbowGate! | Saint October | School Days | SHUFFLE! | SHUFFLE! MEMORIES | sola | Soul Link | Steins;Gate | To Heart~Remember my memories~ | To LOVEる -とらぶる- | ToHeart2 | true tears | UG☆アルティメットガール | Wind -a breath of heart- | WORKING!! | WORKING'!! | Φなる・あぷろーち | あかね色に染まる坂 | あそびにいくヨ! | あっちこっち | あにゃまる探偵 キルミンずぅ | あの夏で待ってる | あまえないでよっ!! | いちばんうしろの大魔王 | いつか天魔の黒ウサギ | いぬかみっ! | うた∽かた | うたわれるもの | うぽって!! | うみものがたり~あなたがいてくれたコト~ | えびてん -公立海老栖川高校天悶部- | えむえむっ! | おおかみかくし | おくさまは女子高生 | おとぎ銃士赤ずきん | おとめ妖怪 ざくろ | おねがいマイメロディー | おまもりひまり | お兄ちゃんだけど愛さえあれば関係ないよねっ | お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!! | かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ | かのこん | かみちゃまかりん | かみちゅ! | かんなぎ | きらめき☆プロジェクト | きらりん☆レボリューション | けいおん! | けいおん!! | けんぷファー | げんしけん | こいこい7 | こどものじかん | この中に1人、妹がいる! | この青空に約束を―~ようこそつぐみ寮へ~ | こみっくパーティー Revolution | これが私の御主人様 | これはゾンビですか? | これはゾンビですか? オブ・ザ・デッド | ご愁傷さま二ノ宮くん | さくら荘のペットな彼女 | ささめきこと | さんかれあ | さんふらわあふらの | しゅごキャラ! | じょしらく | そふてにっ | そらのおとしもの | そらのおとしものf | たまこまーけっと | だから僕は、Hができない。 | ちとせげっちゅ!! | ちび☆デビ! | つよきす Cool×Sweet | てーきゅう | とある科学の超電磁砲 | とある魔術の禁書目録 | とある魔術の禁書目録II | ときめきメモリアル Only Love | となりの関くん | となグラ! | とらドラ! | ながされて藍蘭島 | ななついろ★ドロップス | にゃんこい! | ぬらりひょんの孫 | はぐれ勇者の鬼畜美学 | はっぴぃセブン ~ざ・テレビまんが~ | はなまる幼稚園 | はぴねす! | ひぐらしのなく頃に | ひだまりスケッチ | ひだまりスケッチ×365 | ひだまりスケッチ×SP | ひだまりスケッチ×☆☆☆ | ひだまりスケッチ×ハニカム | ひとひら | ひまわりっ! | びんちょうタン | ぽてまよ | まおゆう魔王勇者 | まかでみ・WAっしょい! | ましろ色シンフォニー -The color of lovers- | まじかるカナン | まほらば~Heartful days~ | まほろまてぃっく特別編 | まもって!ロリポップ | まよチキ! | まりあ†ほりっく | まりあ†ほりっく あらいぶ | みなみけ おかえり | もえたん | もっけ | もっとTo LOVEる -とらぶる- | ゆるゆり | ゆるゆり♪♪ | よくわかる現代魔法 | よみがえる空 -RESCUE WINGS- | らき☆すた | らぶドル ~Lovely Idol~ | わがまま☆フェアリーミルモでポン!ちゃあみんぐ | アイドルマスター | アイドルマスター XENOGLOSSIA | アガサ・クリスティーの名探偵ポワロとマープル | アキカン! | アクセル・ワールド | アスタロッテのおもちゃ! | アスラクライン | アズサ、お手伝いします! | アニマル横町 | アニメ・コミック | アマガミSS | アマガミSS+ plus | アリソンとリリア | ウェブログ・ココログ関連 | エルフェンリート | エレメンタル ジェレイド | オオカミさんと七人の仲間たち | カンピオーネ!~まつろわぬ神々と神殺しの魔王~ | キディ・ガーランド | キミキス pure rouge | クッキンアイドル アイ!マイ!まいん! | グレネーダー~ほほえみの閃士~ | ケメコデラックス! | ココロコネクト | シゴフミ | シュガシュガルーン | スカイガールズ | スクールランブル | ストライクウィッチーズ | セキレイ | ゼロの使い魔 | ゼロの使い魔 ~三美姫の輪舞~ | ゼロの使い魔F | ソードアート・オンライン | タクティカルロア | タユタマ -Kiss on my Deity- | ティアーズ・トゥ・ティアラ | ドラゴンクライシス! | ドルアーガの塔 ~the Aegis of URUK~ | ドージンワーク | ナイトウィザード The ANIMATION | ニニンがシノブ伝 | ネギま!? | ハイスクールD×D | ハヤテのごとく! | ハヤテのごとく!! | バカとテストと召喚獣 | バカとテストと召喚獣にっ! | バンブーブレード | パパのいうことを聞きなさい! | パピヨンローゼ New Season | ヒャッコ | ビビッドレッド・オペレーション | フリージング | プリズム・アーク | プリンセスラバー! | プリンセス・プリンセス | マケン姫っ! | マシュマロ通信 | マジカノ | マリア様がみてる 4thシーズン | マリア様が見てる~春~ | ミラクル☆トレイン~大江戸線へようこそ~ | モーレツ宇宙海賊 | ヨスガノソラ | ラブゲッCHU ミラクル声優白書 | ラブライブ! School idol project | ラムネ | リトルバスターズ! | レンタルマギカ | ロウきゅーぶ! | ロザリオとバンパイア | ロザリオとバンパイア CAPU2 | ローゼンメイデン | ワンワンセレプー それゆけ!徹之進 | 下級生2~瞳の中の少女たち~ | 中二病でも恋がしたい! | 乃木坂春香の秘密 | 乃木坂春香の秘密 ぴゅあれっつぁ♪ | 乃木坂春香の秘密ふぃな~れ | 乙女はお姉さまに恋してる | 人類は衰退しました | 会長はメイド様! | 伯爵と妖精 | 侵略!?イカ娘 | 侵略!イカ娘 | 俺たちに翼はない | 俺の妹がこんなに可愛いわけがない | 僕の妹は「大阪おかん」 | 僕は友達が少ない | 僕は友達が少ないNEXT | 光と水のダフネ | 初恋限定。 | 双恋 | 味楽る!ミミカ | 咲-Saki- | 咲-Saki- 阿知賀編 | 喰霊―零― | 図書館戦争 | 夏のあらし! | 夏色キセキ | 夜明け前より瑠璃色な -Crescent Love- | 夜桜四重奏 ~ヨザクラカルテット~ | 夢喰いメリー | 夢色パティシエール | 大正野球娘。 | 女子高生 GIRL'S-HIGH | 妖狐×僕SS | 学園アリス | 宇宙をかける少女 | 宙のまにまに | 屍姫 赫 玄 | 忘却の旋律 | 快盗天使ツインエンジェル キュンキュン☆ときめきパラダイス!! | 恋と選挙とチョコレート | 我が家のお稲荷さま。 | 戦国乙女~桃色パラドックス~ | 戦場のヴァルキュリア | 探偵オペラ ミルキィホームズ | 探偵オペラ ミルキィホームズ 第2幕 | 新年のごあいさつ | 旅行・地域 | 日記・コラム・つぶやき | 明日のよいち! | 星空へ架かる橋 | 月は東に日は西に~Operation Sanctuary~ | 月詠-MOON PHASE- | 桜蘭高校ホスト部 | 森田さんは無口。 | 極上!!めちゃモテ委員長 | 機神大戦 ギガンティック・フォーミュラ | 氷菓 | 涼宮ハルヒの憂鬱 | 涼風 | 瀬戸の花嫁 | 狼と香辛料 | 猫神やおよろず | 献血 | 生徒会の一存 碧陽学園生徒会議事録 | 生徒会役員共 | 異国迷路のクロワーゼ The Animation | 百花繚乱 サムライガールズ | 真剣で私に恋しなさい!! | 石田とあさくら | 砂沙美☆魔法少女クラブ | 砂沙美☆魔法少女クラブ シーズン2 | 祝福のカンパネラ | 神のみぞ知るセカイ | 神のみぞ知るセカイII | 神様のメモ帳 | 神様ドォルズ | 神無月の巫女 | | 素敵探偵ラビリンス | 緋弾のアリア | 練馬大根ブラザーズ | 聖剣の刀鍛冶 | 舞-HiME | 芸能・アイドル | 苺ましまろ | 落語天女おゆい | 薬師寺涼子の怪奇事件簿 | 護くんに女神の祝福を! | 貧乏神が! | 輪廻のラグランジェ | 迷い猫オーバーラン! | 這いよれ!ニャル子さん | 銀盤カレイドスコープ | 錬金3級 まじかる?ぽか~ん | 鍵姫物語 永久アリス輪舞曲 | 陰からマモル! | 陰陽大戦記 | 電波女と青春男 | 風のスティグマ | 魔法先生ネギま! | 魔法少女リリカルなのは | 魔法遣いに大切なこと~夏のソラ~ | W~ウィッシュ~