2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

« 空の上はいつもお天気なのに | トップページ | ありがとうつだぬまパルコ »

2023.02.21

名門大洋フェリー「フェリーふくおか」乗船記

 ここには、名門大洋フェリー「フェリーふくおか」大阪南港19:50-新門司08:30、の乗船記が有ります。
 こちらから続いてます。
01/21
 出航の2時間近くも前にフェリーターミナルに着いちゃいました。
 珍しいの。
 乗船手続きをしに窓口へ行くと、机の並んだ仮設カウンターが有って、そこで全国旅行支援割引の手続きを行います。
 名門大洋フェリーでは、ネット予約時に適用のチェックボックスが有るので、便利でした。
 体温の測定もされて。
 続けて正規のカウンターに移動する方式だよ。
 ネットから予約したファーストSの9,400円が7,520円に割引されて、カードで決済。
 待ち時間も無く、さくさくと進むのでした。

 もう既に乗船開始になっているとのことで、QRコードのチェックを受けて、本船へと続く通路を歩いて行きます。
 お隣にはオレンジフェリーが居るよ。
20230121_183610
 今日の配船は、間違いなく「フェリーふくおか」ですね。
20230121_183618
 「フェリーきょうと」に続いて、これで「フェリーふくおか」をクリア。
 やっとです。
 丁度就航1周年キャンペーンで、両船に乗船してスタンプを集めるスタンプラリーを実施中でした。
20230121_183129
 特別な御船印もあるです。
 千葉県在住な私には、船名での縛り乗船はなかなかキツいものが有るので、参加はちょっと難しいかな。
 実際、2船のクリアに1年がかりですもの。

 船内の案内所でお部屋のキーを貰いましょう。
 本船は物理キーなのでっ。
20230121_184052
 ちなみに、返却の案内は特に無く、返し忘れたら大変なので、翌朝は早目に案内所に持って行ったです。
 部屋は7階ですね。
 階段をとてとて登って、と。
20230121_183801
 何となく、ブルーが名門大洋フェリーらしいと言うか。
 そんな雰囲気の階段でした。

 洗面台付きの、いつもの船室は安心感が有ります。
20230121_183948
20230121_184014
 ナイトウェアとスリッパがベッドの上に置かれていて。
20230121_183931
 スリッパがベッド上なのは、ちょっと珍しいパターンかも。
 使い捨てタイプのタオルは洗面台にセットして有って。
 お茶とポットも有りますが、使ったことが有りません。
 フェリーに限らず陸上でも、自室でお湯を沸かす状況にはならないのですもん。
 壁の掲示には、火災防止の為に禁煙であることが厳しめに書かれていて。
 これは前回と変わりません。

 レストランは19:00からオープンしましたが、混雑していたら嫌だなあ。
 お腹は空くので覗きに行ってみたら、がらがらでした。
20230121_194849
 なので、そのまま入場しちゃいます。
 夕食は1,600円、朝食は750円のバイキング。
 私は、2,150円の夕食&朝食セット券を購入です。
 テーブルは、トラックドライバーさんの方が目立っている感じで、かなり賑やか。

 おかずを選ぶと、何だか凄く茶色になってしまいましたが、なかなか美味しかったです。
 カレーが結構辛くて、攻めてる感じがしたり。
 カレー好きなので、嬉しいよ。
 フルーチェ2種類が有ったのも面白かった。
 懐かしくって、喜んで頂きました。

 食後、程無く出航です。
 マルエーの「琉球エキスプレス2」を眺めつつ、くるっと転回して。
20230121_195519
 真っ暗な大阪から、新門司へと向かいます。
 寒いので、早々に船内に戻ってしまいましたけど。

 20:25に船長さんからの放送が有って、本船が第2便であること、この先の天気、感染対策についてのお願いなんかが有りました。
 私はベッドでごろごろしつつ、そのまま寝てしまいそうに…。
 あ、お風呂には行かなくちゃ。
 頑張って起き上がります。

 にしても、今になって見直してみると、船内の写真を殆ど撮っていないのですよね。
 いきなり翌朝になっていたような。
20230121_183715
 記念撮影のスポットとか。
20230122_070617
 冷水器とか。
20230122_071232
 記念スタンプとか。
 そんな感じの写真がいくつか。
20230122_080616
 何故か、救命胴着の着用説明が有ったり。
 売店もチェックはしましたけど、特に何も買っていません。

 朝焼けの光の中に立つ影は。
20230122_070522
 お天気で、波も静かで、空気が澄んでいて、そんな朝のフェリー。
 いい雰囲気なのです。
 船旅はいいなあって、凄く思える瞬間。
 出来ればもっと乗っていたいけれど、もうすぐに下船しなくちゃなんです。
 まあ、下船がもっと遅いと、私は朝から起きて来たりはしないので、この雰囲気は味わえません。
 二律背反なのですよ。

 朝ご飯を食べに行くと、レストランはやっぱり空いてます。
 さらっとご飯を食べますよ。
 バイキング形式ですが、特におかわりとか2巡目とかはしませんでした。

 沖出しされた第1便が見えて来て、先着している阪九フェリーとオーシャン東九フェリーが大きくなって。
20230122_080910
 新門司に入港です。
 私はそのままデッキに残って、ボーディングブリッジが架かるのを見守っていたのでした。
20230122_081151
 08:25には下船出来て、ぞろぞろバスに乗り込みます。
 09:00の門司駅で10人が下車。
 結構降りたですね。
 09:17には小倉駅に到着したのでした。
20230122_091929
 ちなみにこのバスは、北九州市営バスの運行なのです。
 途中で他のバスとすれ違ったり、既に1台が小倉駅に居たり、動きがちょっと謎なバスでは有りますね。
 こちらに続いてます。

« 空の上はいつもお天気なのに | トップページ | ありがとうつだぬまパルコ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

分かって貰えて嬉しいです!(笑)。

♪ミラーマーーン♪笑

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 空の上はいつもお天気なのに | トップページ | ありがとうつだぬまパルコ »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー