« 降板は辛いのです | トップページ | 阪九フェリー「やまと」乗船記 »

2022.11.08

小豆島にて

 四国フェリー「第二しょうどしま丸」高松-土庄、乗船記から続いてます。
10/29
 初めての小豆島に上陸しましたっ。
 とは言うものの、既に暗くなっていて、直ぐに島から離れてしまうので…。
 景色とかは全然分かりません。
 寒霞渓とエンジェルロード位は見ておきたかったな。

 バス発車までの接続時間は約45分。
 まずはバス停の場所を確認しておかなくちゃです。
20221029_201749

 とことこ歩くと、平和の群像前バス停を発見したよ。

 岸壁に出て、高松へと折り返す高木さんを見送ります。
 最終便です。
 函館みたいに、オブジェが設置されていて。
20221029_200208

 ここはオリーブの葉っぱだね。
 程無く出港時間になり、高松へ向け、「第二しょうどしま丸」は遠ざかって行ったのでした。

 高速船ターミナルは既にクローズしていて、周囲は真っ暗。
 人通りは殆ど無く。
 寂しいね。
 避難場所としては、セブンイレブンが有ります。
 周囲にあるホテルの明かりを眺めていると、ここに泊まっていけたらなあ、なんて思うのですが。
 そんな余裕は許されません…。

 時間を持て余すので、平和の群像を眺めて、うろうろお散歩。
 24の瞳がモチーフです。
20221029_201520

 真っ暗なので、ちょっと怖い雰囲気が…。
 そこまで寒くは無くって、気持ちのいい気候だよ。

 最終のバス、さすがに早発はしないでしょうけど、置いて行かれては困るので、5分前からバス停で待機します。
 20:31のバス車内には2人の先客が居て、途中から2人が乗って来て。
 ちょっとびっくり。
 もう深夜の雰囲気だったですし。
 小豆島オリーブバスではSuicaが使えて、バス自体もEDSS装備の新車だったです。
 凄いなあ。
 モバイルSuicaの履歴を見たら、高松空港のリムジンバスも小豆島のバスも、同じ「ことバス」表記でした。
 運賃は300円。

 バスには約45分の乗車です。
 右手には海が見えている筈なのですが、真っ暗で何がなんだか…。
 道すがら、セブンイレブンが何軒か見えました。
 池田港ではパンダのフェリーが見えて。
 草壁港からのフェリーは、3月末で休止になってしまったそう。

 最後まで残った私が一人、21:16の坂出港バス停で下車して、バスは終点の坂戸東へと走って行きました。
 それでは、ジャンボフェリー「あおい」小豆島-神戸、乗船記に続きます。
20221029_212557

 ターミナルの建物が何処か分からず、うろうろ歩き回ってしまったり。
 この壁絵?に騙されたあ。

« 降板は辛いのです | トップページ | 阪九フェリー「やまと」乗船記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 降板は辛いのです | トップページ | 阪九フェリー「やまと」乗船記 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー