« 各種ポイントの残額 | トップページ | 10月31日 »

2022.10.18

もろいもろい旅はいかが(中野栄→東京)

 太平洋フェリー「きたかみ」苫小牧-仙台、乗船記から続いてます。
20220911_095002
 まだまだ夏の匂いが残った仙台港に入港っ。
 はじまりですか。

09/11
 中野栄の駅からは、仙石線で仙台へと向かいます。
 結構混雑していたよ。
 仙台に着いたら、地下ホームから幹線ホームへと真っ直ぐ上がって。
 もうさっさと帰りましょう。
 って、いくら何でも、まだ早過ぎるのですよね。
 常磐線経由の特急「ひたち」で帰りたいけれど、この時間には走っていません。
 あ、なら、磐越東線を回って、いわきで「ひたち」を捕まえよう。
 磐越東線の列車本数は少ないけれど、調べたら丁度良い接続が有りました。

 仙台から郡山までは、さくっと幹線で。
 盛岡方面からの列車は混んでいたから、仙台始発を採用です。
 11:45の「やまびこ138」号に乗った気がするな…。
 早目にホームで並んで。
 でもまあ、がらがらなのでした。
 この暑さには、かなりやる気を削がれちゃいます。
 何故か、車内もあまり冷房が効いていなくって。
 暑いー。
 早く降りたくなっちゃいました。
 福島では「つばさ」を連結するよ。
 途中、200系塗装車とすれ違ったりもして。
 今となっては、あの色はインパクト有りますね。

 福島の駅ナカでご飯を食べて時間調整。
 30分前にホームへ降りたら、いわき行きはもう停まっていて。
 2両編成の車内は、ほぼボックスが埋まっていました。
20220911_140402
 列車本数、少ないですものね。
 車内には冷房がしっかり効いていて、俄然やる気が出て来たですよ。
 単純だなあ。

 13:24に発車すると、私のボックスにもお1人が来られます。
 久しぶりの磐越東線の車窓は、なかなか楽しかった。
 山とか川とか小さな街とか、くるくる変わる景色。
 途中、小野新町の読みが「おのにいまち」なことに衝撃を受けたり。
 「しんまち」だとばかり思ってましたもん。
20220911_144813
 小川郷には、謎の客車が居ましたです。
 そんなこんなで、15:00にいわき到着です。
 電車が沢山。
20220911_150012
 体感時間は凄く短かったよ。

 駅前に出てみると、アニメのカットが沢山貼られていて。
 あ、ここは映画「フラ・フラダンス」の舞台でしたね。
20220911_150320
 私は見たことないけれど。
 食料の調達もしたいところですが、各種お店は改札からちょっと離れています。
 なら、駅ナカの小さなニューデイズでいっか。
20220911_151233
 丁度、北海道フェアをやってました。

 15:18の「ひたち20」号が最後の行程。
 のんびり車窓を眺めて進むよ。
 がらがら。
 勝田の手前で「この先、多くのお客様がご乗車になります」との車内放送が流れて、何気なく座席上のランプを見上げると、私の隣の席が黄色になっていて。
 びっくり。
 慌てて荷物を片付けて。
 え、どうしてここに…?。
 他に、2席両側空いてるところ有るのに。
 トナラーなの?。
 不思議に思っていたら、乗って来たのは6人の家族連れで、成る程、6人固まるには、通路側も使うしかなかったみたい。
 納得なのです。

 そんなこんなで、私は17:43の東京まで乗って行き、京葉線で帰ったのでした。
 久しぶりな遠出だったにゃあ。

« 各種ポイントの残額 | トップページ | 10月31日 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 各種ポイントの残額 | トップページ | 10月31日 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー