« 市川駅北口といちかちゃん | トップページ | G »

2022.10.12

一歩目を一緒に飛ぼう(御影→羽田空港)

 阪九フェリー「やまと」新門司-神戸、乗船記から続いてます。
10/02
 この後は伊丹から飛行機なので、連絡バスで阪急の御影までやって来ました。
 このルートでバスに乗るのは初めてだね。
 寄り道とかはしないで、もう、さくっと家に帰ってしまいます。

 御影の駅前は、何となく関東の駅とは違った雰囲気で。
 ちっこい駅だけれど、何か楽しい。
 乗り換え案内で検索してみると、御影から大阪空港までは47分、520円。
 はやっ。
 そして安っ。
 距離感も土地勘も皆無なので、尚更にそう感じてしまいます。

 御影09:22の普通に座ると、次の岡本で特急への乗り換え案内が流れたので、早くも乗り換え。
 先頭車に立って、前面展望を眺めつつ進んだのでした。
 十三では、反対側ホームの雲雀丘花屋敷行にすぐの接続だよ。
 蛍池まで、駅名をひとつひとつ確認しながら進みます。
 降り損ねたりしそうなんだもん。
20221002_100149
 てことで、久しぶりな阪急乗車体験なのでした。
 一応、全線に乗ったことはあるのですけどね。

 モノレールのホームまで歩いて、大阪空港には10:09の到着です。
 フライトは11:30のJL114なので、丁度いい感じ。
 特便割引1で、ファーストクラスを予約しておいたよ。
 日曜日午前の便だけあって、6席しか無いファーストクラス、搭乗前にも△マークでした。
 さすが、乗ってみたら満席になってましたけど。

 折角なので、ファーストクラス専用レーンを通って、ダイヤモンド・プレミアラウンジへ。
20221002_103013
 改装後の利用は初めてですが、他と似た感じのデザインでした。
 フードはその時によって種類が変わっていて。
20221002_101728
 おにぎりとか、特に美味しくは無いので、あまり有り難みはないかも。
 スープとか好きだったのにな。
 今はサーバーでの提供なのです。

 出発の20分前にラウンジを出て搭乗口へ行くと、既に誰も居らず、「東京へご出発の~」と声掛けが始まっていて。
 早いです。
 ファーストクラスでは、勿論私が最後の搭乗でした。
 座席に置かれていたノイキャンヘッドホンとスリッパをCAさんに返して、と。
 機内や車内で靴を脱ぐ習慣が有りませんし。
 イヤホンは自前のが有るです。
 CAさんが2人も挨拶に来られました。
 ひじ掛けには、おしぼりとクレンジングワイプがセットされていて。
 「機内の窓を拭かないでください」との注意書きが有ったよ。

 程無く動き出しましたが、外の様子は全く見えません。
20221002_114057
 私は2C席なのですが、ファーストクラスは鉄壁のガードなので、お隣の様子はさっぱりなのです。
 機外のカメラとか、付いていたのかな。
 モニタには触りもしていません。

 お昼の機内食は、こんな感じだよ。
20221002_115136
 美味しそう。
 森伊蔵をロックで貰った。
 いや、ちゃんと開封してから写真を撮ればいーのに。
20221002_121429
 私の配膳が一番最後だったので、ちょっと焦ったです。
 何しろ飛行時間が短いので、さくっと食べてしまわないと、すぐ着陸態勢に入ってしまいます。
 急いでやっつけないと!。
 追加でうどんですかいをオーダーしていた強者を見たこと有りますけど…。
 無理。
 滅多に食べない食材が出たりするので、本当はメニューと見比べつつ、じっくり味わいたいのですけどね。
20221002_120659
 食後のコーヒーを貰って、やれやれなのです。

 風に乗った飛行機は空を滑り、やがて降りた。
 12:40の定刻よりも11分の早着となったのでした。
 実は、今回のフライトが今年初の有償搭乗だったりとかして。
 長崎までの往路は、マイルを使ったので…。
 JGC会員ボーナス3,000マイルとJALカード毎年初回搭乗ボーナス2,000マイルを今頃ゲットなのです。

 さあ、帰って来たよ。
 西船橋までバスで帰りたいところですが、丁度バスの空白時間帯なので、モノレールを採用です。
 旅の最終日は、家にさくっと帰るのがジャスティスなのですよん。
 久しぶりの連休だったけれど、結局、1日半だけしか旅行しなかったね。
 動き出したくなったら、後は勇気ときっかけ。
 今回は負けちゃいました。

« 市川駅北口といちかちゃん | トップページ | G »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 市川駅北口といちかちゃん | トップページ | G »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー