« 七月のカレンダーと北総の旅 | トップページ | 八月一日 »

2022.07.14

からかい上手の高木さん3 第9話の四国フェリー

 アニメ、からかい上手の高木さん3期の9話に出て来たフェリー。
 本放送で見て、これは乗りに行かなくちゃ!と思ったのに、そのまますっかり忘れてました。
 そもそも、何処へ行けば乗れるんだろう…?。
 そこからかいっ。
T01
 四国フェリーって、はっきり出て来たのにね。
 調べてみたら、高松と小豆島の土庄を結んでいて。
 てゆーか、高木さんのラッピングフェリーを運航中なんです。
 時刻は公式サイトに掲載中。
 でも、高松ですかあ。
 微妙に行くのが面倒なのです。
 暑そうだし。
 さくっと日帰りで行っちゃおうかなあ。
T02
 いっぱい車を積めるのがフェリーの利点。
 橋を通らず、小豆島経由で本州へ帰るのも有りかな、なんて。
 そんな割引きっぷも販売しています。
T03
 「第七しょうどしま丸」ってはっきり読めます。
 オリーブしまちゃんも居るよ。
 ちなみに、高木さんのラッピングがされているのは「第二しょうどしま丸」です。
T04
 デッキが賑やかなフェリーって、いいですよね。
 子供さんが多いのも。
 私は閑散期の平日ばかりに乗るので、なかなかこういう光景は見れません。
T05
 クリスマスの装飾がされているね。
 きらきら光って、雰囲気有ります。
 この眩しさを忘れない、多分死ぬまで。
T06
 流線型の、特徴的なファンネルなのです。
 船内放送、「四国フェリーグループでは、常に安全第一、便利で楽しく快適な船旅を皆様にご奉仕致しております。」と聞こえますが、これは本物の音源なのかしら。
T07
 彼氏彼女と乗船したら、景色もきっと違って見える筈なのですよ。
 いいなあ。
 まさに、海を見ている少女。
T08
 雪の中に、そっと佇むフェリー。
 作品の舞台としてのお役目も、しっかり果たしたです。
T09
 おケツ。

 ちなみに、原作者さんが土庄町出身なのですって。
 現地では、コラボ企画も色々有るみたいですが、期間がいつまでなのか分からないですし、早目の訪問が推奨されますねん。

« 七月のカレンダーと北総の旅 | トップページ | 八月一日 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

お返事ありがとうございます!土曜の関東方面は大変な天気だったようですが、お住まい、お体など大丈夫でしたでしょうか。

それにしても11年とひと月でしたか、歴史と言って頂き恐縮ですが、随分と不義理続きでごめんなさい。あの頃はあちこち動いたり、船の同人誌を作ったりして楽しかったですが、今は中々。
でも楽しい時間は自分から作っていかなきゃです。

高木さんはMaya様の周りでもお好きな方が多いのですね。仰るようになんとも言えない楽しさや微笑ましさがあって、つい引き込まれてしまいます。

ずっとデッキで・・・いいですね。二人の航跡を辿って、なんて素敵です。
お帰りは連絡切符は使えませんが、小豆島大部ー日生航路など如何でしょう。
丁度夕刻の便に乗ったことがありまして、それはもう見事な夕景でした。生憎彼女はいませんでしたが、入港までデッキで見入っていた思い出があります。

オーシャン・オレンジ・ジャンボなども絡められるのでしたら是非、ゆったりしたお時間を楽しんできて下さいませ。

と、また長くなってしまいました(ぺこり)

来島ゆうさん☆

 お久しぶりです!。
 遡ってみたら、前回コメント頂いたの、11年と1か月前でした。
 ちょっとした歴史ですね。

 高木さんシリーズ、私の周囲でも、この作品だけは見ている人が多くって。
 やっぱり人気。
 西片と高木さんの関係、見ていて楽しいですもの。
 雰囲気たっぷりなんです。

 四国フェリーでは、二人、ずっとデッキに居たみたい。
 そんな描写でした。
 私も真似してみようかな、なんて。
 行くなら、オーシャン東九フェリーかオレンジフェリーと絡めたり。
 ジャンボフェリーも有りかなあ。
 学校の夏休み中は避けたいところですが、どうなるやら。
 ちょっと楽しみに、行程を考えたりしています。

大変ご無沙汰しております、10年位前に時々コメントさせて頂いておりました来島と申します。
C.Maya様は旅にアニメにと、お元気そうで何よりです。

自分は長らく趣味の類いから離れておりましたが、ひょんなことから手に取った`高木さんシリーズ`にすっかりハマリこんでしまい、3期の放送が始まったアニメを見てまたビックリでした。
あの四国フェリーが!船もしっかり描かれていますし。ご紹介の9話では船旅ならではの開放的な楽しさ、ロマンチックな雰囲気も(^^)

ラッピング船は中々凝った絵のようですが、関東からだと確かに遠いですよね。折角いくなら周辺の話題のお船と絡めて・・・でしょうか。
自分も久々の瀬戸内の船旅を楽しんでみたいものです。
では、長文失礼致しました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 七月のカレンダーと北総の旅 | トップページ | 八月一日 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー