2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

« キハ183の旅(札幌→旭川) | トップページ | ななつの選択(網走にて) »

2021.11.12

こころあるといいな(旭川→札幌)

11/10
 こちらから続いてます。
 今日の旭川も、雨でした。
 傘を差して、何気に愛用しているロッテリアで朝ご飯。
 07:30のオープンと同時に入店です。
 今日の行程を考えましょう。
 今晩のフェリーで帰る案も有ったけれど、日本海も太平洋も、凄く時化ていて。
 却下。
 旭川に居るので、留萌本線から萌えっ子フリーきっぷ利用、石北本線方面へ「オホーツク」利用、2択になるです。
 雨の中、バスの乗り歩きは面倒なので、却下。
 特急「オホーツク1」号に乗りましょう。
 今晩のホテルは札幌予定なので、北見折り返しでレンタカーを借りるか、釧路へ抜けるか、それは車内で考えようっと。
 にしても、旭川の駅は広々としていて、羨ましいのです。
Dsc_0158
 改札内も改札外も、駅前広場も余裕たっぷり。
 地元の船橋や西船橋の駅も、こんなだったらなあ。

 08:35の特急「オホーツク1」号は、やっぱりがらがら。
 車内を眺めて、シートの良い3号車に座ります。
 最初は暖房効き過ぎで暑かった車内は、何故か寒い位に涼しくなって。
 快適。
 ただ、外は雨で視界が悪く、あんまり気分は上がりません。
 レンタカーは止めて、釧路に抜けちゃうことに決めました。

 遠軽で座席を転回して、と。
 状況が良く判っていない外人さんに質問されて、方向転換を教えてあげたり。
 遠軽や生田原は、ネットのお友達の地元なので、かつて結構マメに回ってました。
 懐かしい。
 そして、留辺蘂。
 ここを通る度に留辺蘂の漢字を覚えるのですが、すぐに忘れます…。
 心がみっつ。
 常紋トンネル、そしてスイッチバックの跡地も確認して。
 北見では、タマネギ輸送の貨物列車が荷役をしています。
 両端に機関車を連結したプッシュプルなのです。

 例によって、12:17より若干の遅れで網走に到着。
 数人が下車します。
 私は約3時間の待ち合わせになるので、ご飯を食べて小休止です。
 雨の中、10分ちょっと歩いて、レストランホワイトハウスへ。
Dsc_0159
 お昼時ですし、人気店なので行列も覚悟しましたが、空いてたです。
 さすが、雨の平日。
 ビーフとミックス丼(イクラとウニとホタテ)をオーダー。
Dsc_0161_20211111195601
 1,980円。
 こんな組み合わせの定食は初めてでした。
 満足だよ。

 電車の時間までは、まだ2時間も有るので、カフェを検索したら、近くにミスドが有りますね。
 ミスドで暫く過ごして、駅に戻ったのでした。
 雨も上がり、丁度30分前。
 非常用の食料に、駅弁を買っておこうかなあ。
Dsc_0168_20211111203001
 駅の待合室に、サッポロクラシックのサーバーが有るのは何気に凄い。
 それはいいのですが、改札横の窓口に、何やら掲示が出ていて。
Dsc_0163
 って、15:10の釧路行き、運休になってるじゃん!。
 その次も。
 最終だけは出す感じ。
 てゆーか、これ、前日から運休が決まっていたのですよね…。
 全然気が付きませんでしたよ。
 確かに、「オホーツク」でも乗り換えの案内が有りませんでしたけど…。
 支障箇所は十弗〜豊頃なのに、何故に釧網本線が運休に…?。
 車両の送り込みが出来ないのかなあ。
 なんて、実は釧路地方はかなりの荒天で、路盤流出やらで、全ての「おおぞら」も運休していたのでした。
 わざわざそんな所へ飛び込んで来た私ってば!。
 テレビとか、全然見ませんもの。
 情弱だあ。

 となると、この後のことを考えなくちゃ、ですね。
 札幌行きの「オホーツク」を2時間半も待つのは嫌だよね。
 幸いなことに、今晩のホテルや帰りの飛行機の予約、まだ何にもしていません。
 えー…。
 幸せはいつでも、危険と背中合わせ。
 目に見えるものじゃ無いから。
 こちらに続いてます。

« キハ183の旅(札幌→旭川) | トップページ | ななつの選択(網走にて) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

Newtypeさん

 旭川に帰省でしたか。
 西武に続いてヨーカドーも閉店とのことで、旭川クラスの街でも耐えられないのかと、なかなかショックでした。
 まあ、津田沼も同じようなことになってますけど…。

つい二週間前、僕も旭川に行ってました。
帰省です^_^

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キハ183の旅(札幌→旭川) | トップページ | ななつの選択(網走にて) »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー