« ちば割テレワーク(千葉2) | トップページ | 武蔵丸の悲劇と高校野球とギャラクシー »

2021.08.15

阪九フェリー「せっつ」乗船記

 ここには、阪九フェリー「せっつ」神戸18:30-新門司07:00、の乗船記が有ります。
 就航は2020/03/10なので、かなり時間が経ってからの乗船になってしまいました。
 先代の「やまと」と「つくし」も、まだ新造船のイメージだったのに。
 こちらから続いてます。
08/01
 今日は久しぶりに六甲ライナーに乗ってみよう。
Dsc_3191

 てことで、住吉から六甲ライナーです。
 アイランド北口まで乗るなら、連絡バスの方がお安いのですけど。
 ちょっと早く着き過ぎたかも、なんて思いながら階段を降りて行くと、既に17:25発のバスが停まっていたので、慌てて乗り込みます。
 後から、同じライナーに乗っていたお2人が到着して。
 車内はがらがらでした。
 「さんふらわあごーるど」の待つフェリーさんふらわあ前で数名が降りて、残りの10人位が阪九フェリー前まで行きます。

 ターミナルの正面からは建物の中には入れず、左手の裏口みたいな所へぐるっと回った所が入口です。
 変なの。
 実はこれって、検温の為なのでした。
 入口で検温をして証明の紙を貰わないと、乗船券の発券が受けられません。
 私は予約をしていないので、乗船名簿の記入もしなくちゃなのです。
 ちっこい使い捨ての鉛筆?が凄く書きにくい…。

 ネット予約の期限をすっかり忘れていたせいで、ネット割引もふねポも適用されず、正規運賃での乗船になります。
 勿体無いの。
 ショックのあまり、もう家に帰ろうかとも思ったりして。
 あながち冗談とも言えないのが怖い…。
 でも、この先、どうせまた乗りに来ることになるのですし。
 落ち込むことの全て、いちいち傷付いたら、心がいくつ有っても足りないよ。
 一番お安い等級で乗って、レストランも利用せず、船内ではずっとふて寝して過ごしましょう。
 ↑やさぐれてます。

 なんて意気込みでしたけど、まあ、ここは、やっぱり、ねえ。
 どんな悲しみや不安も、満喫していれば、きっと小さく見える筈。
 デラックスシングルを購入して、11,620円になりました。
 カードキーも陸上で渡されます。
 乗船券には何やら紙がホチキス止めされたから、新型コロナウイルス関係かと思ったら、レストランへの持ち込み禁止のお知らせで。
Dsc_3259

 えっ。
 ここまで注意喚起が必要な程なのかしらん。

 既に乗船開始にはなっていますが、一旦建物の外に出て、「せっつ」の船体を眺めに行きます。
 結構でっかいのですよ。
Dsc_3193

 そりゃあ、トラック277台と乗用車188台が積めるのですから。
 これを何も知らない人に言うと、滅茶苦茶驚かれますよね。
 フェリーの積載舐めんなよ、って感じなのです。
 この車両全てを陸上に並べたら、凄いことになります。

 ターミナルの入口を通るときには乗船券を見せて、検温済みのアピールを忘れずに。
 船内へと進みましょう。
 入口で半券を渡して。

 売店を覗いたら、パイなんかを販売中。
 後で買おうと思ったけれど、売り切れちゃってました。
 お弁当の販売は、最近全く見掛けません。
 あれ、お安くて美味しくて好きだったけれど。
Dsc_3213

 朝は、パンやおにぎりを売ってましたね。

 私は7階フロアのお部屋に行って、そのまま休憩です。
 今日も一日、暑かったから…。
 個室が個別の空調なのは、凄く有難いのです。
 船内放送は色々な案内が流れて、何かテーマ曲も流れていたような。
 意外にも、レストランはまだオープンしていないのですね。
 その代わり、21:00までと、かなり長く営業しています。

 暑さに負けてしまい、出航を見届けにデッキへ出て行くのは断念。
 怠惰なのよさ。
 船長さんの挨拶も、ベッドでごろごろしながら聞きました。
 「せっつ」は汽笛を鳴らして出航したよ。

 デラックスシングルの設備は充実していて、色々なものが置かれています。
Dsc_3195
 私は使わないものも多いのですけど。
 ふねこのタオルは記念に持ち帰ろう。
 ポケットティッシュまで入っています。
Dsc_3196
 ワンナイトのフェリーだと、個室内で洗面台が使えるの、凄く助かります。
 ついついデラックスシングルにしちゃう理由。

 ようやく部屋の外に出たのは、トイレに行きたくなったから。
 トイレ前の目隠しが新鮮です。
Dsc_3209

 タイミング良く、明石海峡大橋の通過の放送が流れたので、デッキに出てみます。
 先程、バスで渡って来た橋が、シルエットになって浮かび上がって。
 この橋は、鉄道併用橋としては造られていないのですよね。
 大鳴門橋は対応しているそうですけど。
 時間帯が良いので、かなり大勢の人達がデッキに出て来て、写真を撮っていました。
Center_0001_burst20210801192739721_cover

 橋の真下を潜ると、歓声が上がって。
 この風景は確かに凄いのです。
 一見の価値ありです。

 レストランを覗くと、空席多数だったので、私もご飯にします。
 バイキングは嫌いなので、名門大洋フェリーよりも阪九フェリーの方が私は好き。
Dsc_3206

 何となくチョイスしたおかずは、鳥に全振りしたみたいになってしまった…。
 海鮮サラダ400円、鳥皮煮物500円、鶏唐揚500円、生ビール600円、合計で2,010円。
 自分で電子レンジ使って温めるのが微妙に面倒かな。
 レストランは、閉店後にはフリースペースになるみたい。
Dsc_3212

 それとは別に、野球部のユニフォームを来た学生さんをあちこちで見ました。
 何故に船内でユニフォーム?。
 新門司で下船したときに見たら、チーム専用の大型バスと一緒に乗っていたので、強豪校だと思うのですが。

 お風呂は露天風呂付きの、ある意味お馴染みの構造です。
 混んでいない時間帯を選んだので、のんびり過ごせました。
 最近の船らしく、エレベーター回りも華やかな感じになりました。
Dsc_3197

 ゲーミングフェリーに近付いて行ってるかも。

 後はもう、寝てしまうのです。
 Wi-Fiの電波は全く捕まえられなかったにゃあ。
 まあ、特に困りません。

 翌朝は06:00にレストランがオープンするので、朝ご飯を食べに行って。
 現在地は宇部の沖合い。
 レストラン、狭そうに見えたけれど、実は結構奥行きが有ります。
 利用者さんは少な目。
 朝食和定B(塩鮭)700円をチョイス。
 鮭が妙に硬くって、箸で悪戦苦闘して食べました。
 のんびりしていましたが、入港はもう間もなくの07:00なので。
 お部屋を片付けて、下船の準備をしなくちゃです。
 赤いカードキーの返却が不要なのは、やっぱり楽だよ。
 ただ、青いキーは返却が必要とのことで。
 物理キーの部屋も有るんだ。

 折角なのでデッキに出て、沢山のフェリーを眺めます。
 丁度、トヨフジ海運のRORO船が出航していくところ。
Dsc_3216
 今夜乗船する「はまゆう」が見えるよ。
 前日は日曜日なので、休航でした。
 オーシャン東九フェリーの「フェリーびざん」も居るね。
 そんなことをしていたら、既に下船が始まっているらしく、何だか私が一番最後みたいな…。
 慌てて下船です。
 連絡バスも、既にみんな乗っているみたい。
 なんて、私の後にも2名程来られて。
 バスの車内は、相席にならないぎりぎりの人数でした。
 26人位。
 門司駅前には07:34に到着して、数名が降りたのでした。
Dsc_3218

 「せっつ」の乗船記なので、せっつーのお誕生日の08/08に公開すれば良かったにゃあ。
 と、後になって気が付きました。
 せっつーって誰だ…?。
 優木せつ菜ちゃんですっ。
 「せっつ」で検索したら、そっちがやたらとヒットしたので…。
 次は第2船、「やまと」を狙って乗りに来るです。
 こちらに続いてます。

« ちば割テレワーク(千葉2) | トップページ | 武蔵丸の悲劇と高校野球とギャラクシー »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ちば割テレワーク(千葉2) | トップページ | 武蔵丸の悲劇と高校野球とギャラクシー »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー