« 自分一人が選ぶ道を…(門司-角島) | トップページ | 心が信じたあの日の汽笛を(横須賀-船橋) »

2021.08.04

行動は問題を解決してくれるわきっと(小倉)

 こちらから続いてます。
08/02
 懐かしい415系に乗って、門司から一駅、小倉に移動しましょう。
Dsc_3231_copy_1000x750

 懐かしいとは言っても、こちらではフツーに走ってますけど。

 小倉では、献血をします。
 時間はたっぷり有りますから。
 まだ13:00なのですよ。
 駅から程近い献血ルーム、直近の成分献血は、やっぱり予約でいっぱいでした。
 なら、今日は全血400mlでいいですよ。
 次回まで8週間の間隔が必要との確認をされましたが、献血お願いメールがやたらと来て鬱陶しいので、別にいいです。
 こら。
 血が足りないのは事実ですけど、ガチ勢は定期的に献血するのですよね。
 習慣みたいなものなんです。
 コロナで献血バスの稼働が落ちているのが問題なので。
 ともあれ、1時間弱で250回目の献血は終了。
 水分補給のジュースを飲まされ過ぎて、お腹がいっぱいになりました。

 さあて、いよいよすることが無くなりました。
 暑いし。
 2枚切符を買って、用も無く大分まで往復する作戦も考えたけれど。

 結局、駅前のネカフェに逃げ込んでしまうのでした。
 暑過ぎだもん。
 東京九州フェリーの連絡バスが発車する22:10まで、6時間26分もネカフェに居たよ。
 居すぎでしょお。
 基本がヲタなのでっ。
 料金は1,640円。
 ソフトクリーム沢山食べた。

 それでは、東京九州フェリー「はまゆう」新門司−横須賀、乗船記に続きます。

« 自分一人が選ぶ道を…(門司-角島) | トップページ | 心が信じたあの日の汽笛を(横須賀-船橋) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 自分一人が選ぶ道を…(門司-角島) | トップページ | 心が信じたあの日の汽笛を(横須賀-船橋) »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー