« HIGH RAIL 1375 | トップページ | 始まりの空飛ぼうよ »

2021.04.24

始まりは君の空へ

04/23
 お仕事でモヤモヤすることばかりが続いて、精神状態が悪化の一途を辿っています。
 こんな私じゃ駄目だよね。
 そろそろ限界なのよさ。
 てことで、船に乗りに行くのです!。
 このところずっと、海上模様は宜しく無いのですが、日本海側なら波もそんなに高くは無さそう。
 行程を考えてみたものの、何だかんだで、結局は当日朝の修正と手配になってしまうのでした。

 9時過ぎの総武緩行線で出発だよ。
 定期券の使える秋葉原で下車して、えきねっとの発券を済ませます。
 東京では、駅ナカの雷に寄って、とみ田のラーメンなんぞを食べて。
 二郎系のラーメンが、改札内で食べられるとゆー。
 予定よりも1本早い、10:51発の広島行き「のぞみ」に乗りましょう。
 自由席は、新横浜で窓側が全て埋まった感じかな。
 「のぞみ」に乗るのも久しぶり。
 さすがに速いのですよ。
 雪を頂いた富士山を眺めつつ。
 名古屋で1/3位が下車しましたが、乗って来る人は極僅か。

 12:48の特急「ひだ11」号まで、乗り継ぎ時間は10分ちょっとかあ。
Dsc_2033

 ホームの売店で、アイスコーヒーと食料を買って、さくっと乗車しちゃいます。
 座席は既に高山向きになっていて、岐阜までは逆向きに進むです。
 車内はWi-Fi装備。
 さすがにコンセントまでは有りませんけど。
 木曽川の案内が流れて、進行右手に何かタワーが見えたよ。
 マップで調べると、国営公園?みたいな。
 犬山城の案内も流れて、その先、怪しいオブジェみたいなものが見えたけれど、あれは一体何なんだろ…。
 鵜沼の連絡線は、とっくに消えてしまっていたね。
 この「ひだ11」号、指定席8号車には3人しか乗っておらず、自由席もがらがらです。
 高山が近付くと、まだ桜の花が残っていて、田んぼでは田植えの準備が進んでいて。
 日射しが降り注ぐ車内は暑い位で、切り離しの高山でホームに降りてみたけれど、外もやっぱり暑くって。
 あれれ。
 高山でも、人の動きは殆ど有りません…。
 3両と身軽になって高山を出ると、自動放送が流れなくなったです。
 猪谷駅近くでは、川に橋を架けてます。
Dsc_2036
 駅前に有る、比較的大きな集合住宅2棟、今も人は住んでいるのかな…?。

 富山に着いたら、早速地鉄の富山港線に乗らなくちゃ。
 前回来たときには、環状線方面の、まだ半分しか開通していなくって。
 駅構内の踏切は、遮断機が無い、面白い造り。
 新線区間は、正直、歩いた方が早いけれど、それじゃあ乗ったことになりません。
 奥田中学校前まで乗って、JRだった頃の廃線跡、遊歩道を歩いて戻りましょう。
 約1キロ。
 この道、富山駅前まで続いているのかと思ったのに、中学校横の橋を渡ると、すぐに一般道へ合流してしまいます。
 つまんないの。
 あ、踏切の痕跡を発見!。
Dsc_2039

 地下道で線路を潜り抜け、駅前に戻ったのでした。
 にしても、暑いよう…。
 日が落ちたら、一気に涼しくなったけれど。
 これで、重要なミッションはクリアです。
 本当は今回、小松空港から入りたかったけれど、小松から富山へ戻るのが面倒過ぎて。

 さあて、この後は18:20の北陸新幹線「つるぎ727」号で金沢へ出て、20:07の特急「しらさぎ66」号で敦賀に向かいます。
 「はまゆう」に乗るつもり。
 タイミング的に、もうぎりぎり。
 予約とかはしていませんが、まあ何とかなるでしょう…。
 金沢駅近くでご飯を食べて、と。
Dsc_2041

 旧敦賀港駅跡は、鉄道資料館になったのですね。
 駅にパンフが有りました。
 今度行ってみましょうか。

 それでは、新日本海フェリー「はまゆう」敦賀-苫小牧東、乗船記に続きます。

« HIGH RAIL 1375 | トップページ | 始まりの空飛ぼうよ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« HIGH RAIL 1375 | トップページ | 始まりの空飛ぼうよ »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー