« 新日本海フェリー「ゆうかり」乗船記6 | トップページ | 流山免許センターと野田市の高架線 »

2021.03.27

10月の北海道2日間

 新日本海フェリー「すいせん」敦賀-苫小牧東、乗船記から続いてます。

10/20
 ホテルをチェックアウトして、直ぐ近くにあるレンタカーの営業所へ向かいます。
 なのですが、場所が良く分からなくって…。
 レンタカーの営業所なんて、見逃す筈は無いのにな。
 周囲をうろうろ一回り。
 実は、郵便局のお隣、ビルの一室が営業所なのでした。
 都市型店舗なのですねえ。
 車は近くの駐車場に用意されていたよ。

 ともあれ出発ですが、特に行くアテは無くって。
 あ、これ、駄目駄目な旅のパターンだ…。
 走り出す前に、ちゃんと考えておかなくちゃいけないのに。
 それでも、何となく、平取へ行くことに決めました。

 ナビを頼りに、札幌市内の入り組んだ道を抜けて、上野幌の駅前を通って、道の駅マオイの丘公園で一休み。
 むむむ、このペースだと、平取まで行くのは厳しそうな感じ。
 そこで、目的地を安平に変更です。
 ご飯食べて温泉に入れるなら、別に何処だっていいんだもの。

 続けて、道の駅あびらD51ステーションに寄り道します。
 オープン当初は入場待ちの大渋滞で、立ち寄りを断念したのですよね。
Dsc_0736

 国道沿いに展示された、キハ183系の展示を眺めて。
 機関庫内には、D51も展示されていますよん。
 人出は結構有って、機関庫内を一回り。
Dsc_0740

 軽食コーナーを覗きますが、特に食べたいものは無かったので、次の目的地を目指しましょう。
 ハロウィンのかぼちゃが沢山売られていましたです。
 まきも。
Dsc_0741

 キャンプ、かあ。

 そして、安定のこぶしの湯あつまにも寄り道します。
 肉厚なあつま豚丼を頂きました。
 レストラン内は、新型コロナウイルス対策で、中央に滅茶広いスペースが取って有って。
Dsc_0742

 何だか落ち着かない…。
 その後はお風呂に入って、のんびり過ごしたのでした。

 レンタカーの返却は苫小牧なので、後はひたすらに真っ直ぐ走って行くだけ。
 駅の近くに新しい営業所が出来て、便利になりました。
 今日はグランドホテルニュー王子に泊まるので、ホテルもセイコーマートもお隣りだよ。

 グランドホテルニュー王子には、一度泊まってみたかったのですよお。
 今回、かなりお安くなってましたし。
 念願達成なのです。
 翌朝は、最上階なレストランの窓からの景色を堪能して。
Dsc_0745

 海をバックに煙突から煙が上がる、苫小牧の風景でした。

10/21
 今日はカーシェアの利用で、美笛峠を経由して、洞爺湖温泉を目指します。
 目的は、望羊蹄でオムライスを食べる!、ただそれだけだったり。
 単純だあ。

 支笏湖を経由して山道を走って行くのは、なかなか快適です。
 窓を開けて走っているのは、さすがに私だけでしたけど。
 秋の風が気持ちいいよ。
 ひたすら真っ直ぐに、今日の開店をしたばかりの望羊蹄へ。
Dsc_0761

 アニメと全く同じ外観なのです。
 オムライスとアイスコーヒーを頂いて。
 ちなみに、結構お高かったりします。
 でも、凄く満足。
Dsc_0748

 ノエルちゃんになった気分。
 ばか。
 店内には、ちゃんと天メソ関係の資料が健在でした。

 道南バスの洞爺湖温泉ターミナルに寄って、洞爺湖観光情報センターに「天体のメソッド」関連の展示が健在なのも確認したよ。
Dsc_0751

 可愛い可愛い。
 円盤歓迎。
 展示されていた設定資料に、先程の望羊蹄も確認して。
 上の階では、洞爺湖サミットのスタンディングを眺めたりして過ごします。
Dsc_0765

 こちらは、あんまり可愛く有りませんけど…。
 円卓とか、そのまま残して有るのですね。
 火山関係の展示を見て回ったり。

 湖の駅前桟橋に行ってみると、丁度観光船が入港して来ました。
Dsc_0770

 中島にも渡れるみたい。
 何故か、乗ろうっていう気分にならなかったので、そのままお見送り。
Dsc_0773

 暫く湖を眺めて過ごすのでした。

 さあて、それじゃあ帰りましょう。
 看板を見掛けた白いおしることか、食べてみたいけれど、それはまた次の機会に。
 ちなみに、温泉には入っていません。
 洞爺湖温泉に来るのは3回目ですが、どうも未だに温泉に入ったことが有りません…。

 帰りには、来るとき気になっていた旧優徳跨線橋で小休止して。
Dsc_0777

 胆振線の廃線跡なのですよ。
 胆振線、今となっては何処を走っていたのか、道路からは殆ど分かりませんが…。
Dsc_0779

 ここは分かりやすく残っていました。

 苫小牧に戻って、電車まで時間が有るので、駅近くの図書館で本を読んで過ごしたり。
 カフェで、地元食材なじゃがいもクリームスープとスイートポテトを頂きます。
 半額セールで、凄くお安くって。
Dsc_0780

 225円と、140円。
 結構凝ってますよね。
 苫小牧駅の近くで、食事が取れるようになったのは嬉しいのです。

 それでは、新日本海フェリー「ゆうかり」苫小牧東-新潟、乗船記に続きます。

« 新日本海フェリー「ゆうかり」乗船記6 | トップページ | 流山免許センターと野田市の高架線 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新日本海フェリー「ゆうかり」乗船記6 | トップページ | 流山免許センターと野田市の高架線 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー