« 高輪ゲートウェイから高瀬へ | トップページ | 小さな旅 »

2021.03.21

館山へ

01/23
 たまには房総半島にも行かなくっちゃ。
 千葉県民として!。
 てことで、東京11:00発の「わかしお7」号で出発です。
 自由席はがらがら。
 海浜幕張に停車する特急に乗るの、実は初めてだったりします。
 蘇我から、結構沢山の人が乗って来たのに驚いたりしつつ。
 外房線内はスピードも早くって、快適です。
 大網の貨物線跡は、もう痕跡も分からないや。
 新茂原の貨物駅は、殆どそのまま残っていたけれど。
 小学生の頃は、夏になると上総興津の海の家に連れて来て貰っていたので、懐かしい駅名が続きます。
 行川アイランドは、今でも駅名がそのままなのが不思議な感じ。
 次の機会には下車してみようっと。

 そうやって辿り着いた安房鴨川ですが、降りたのは数人だけで。
 寂しいね。
Dsc_0067_20210321154301

 駅前には、ご飯の食べられそうなお店は無いなあ。
 立ち寄り温泉とかも。
 そうこうするうち、雨が激しくなってしまい。
 やる気を無くした私は、さくっと先へ進むことにして、13:08の館山行に乗り込むのでした。
Dsc_0068_20210321154301

 ホームから、反対側にはイオンが見えて、あそこなら時間が潰せそうって思ったけれど、今更なのです。

 北海道と同じ駅名な千歳はひっそりとしていて。
Dsc_0069_20210321154301

 途中、乗り降りは殆ど有りませんでした。
 折角の6両編成が勿体無い感じ。

 館山の改札を通ると、みどりの窓口の前にシグルドリーヴァのスタンディングが設置して有ったから、びっくりしたよ。
Dsc_0071_20210321154301

 戦翼のシグルドリーヴァって、舞台が館山だったのですね。
 見ていないので、知りませんでした。
 駅構内は、シグルドリーヴァのポスターだらけで。
Dsc_0072_20210321154301

 鴨川が舞台な輪廻のラグランジェに続いて、売り出し中みたい。
 館山なら、他に観光資源はいっぱい有ると思うのに、何処も集客には苦労しているのでしょうね…。

 ともあれ、私はご飯です。
 東口にはちっこいおそば屋さんが有ったけれど、時間が潰せないので、西口に回ってみます。
 何だか、台風の接近前みたいに、低気圧な雰囲気。
Dsc_0074_20210321154301

 実は今夜から、積雪の予報が出ていたりします。
 私は駅前の洋食屋さんでハンバーグを食べるのでした。
 デザートにはケーキなんぞを。
Dsc_0076_20210321154301

 のんびり。
 店内にはお客さんが1人しか居なかったけれど、私の後に3組程見えられて。

 15:05の「新宿さざなみ2」号で帰ります。
Dsc_0077_20210321154301

 平日の「さざなみ」は館山まで来なくなってしまいました。
 その昔は、千倉まで延長運転していたりもしたけれど。
 高速バスには勝てなくって。
 厳しいのです。

 新宿に着いた後は、高田馬場18:18の「拝島ライナー」に乗ってみます。
 なかなか乗る機会の無い列車ですから。
Dsc_0080_20210321154301

 高田馬場を発車した直後、非常ブレーキで急停止しましたが、何事も無かったかのように運転再開になって。
 何だったんだろ。
 小平からは各駅停車になって、フツーに乗り降りが繰り返されます。
 終点の拝島では、小平行きの各駅停車になって折り返して行くみたい。

 私は青梅線に乗り換えです。
 JRの拝島駅は、改札内にもお店が色々と有って便利そう。
 既に到着していた東京行きの快速に乗って、私は職場へと向かうのでした。
 大雪に備えて、今日は会社に泊まってしまうつもり。
 時々真面目なのですよん。

« 高輪ゲートウェイから高瀬へ | トップページ | 小さな旅 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 高輪ゲートウェイから高瀬へ | トップページ | 小さな旅 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー