2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記2 | トップページ | 「リバティ会津117」号 »

2019.10.05

「阿波EXP大阪28」号と「こだま682」号

 オーシャン東九フェリー「フェリーりつりん」東京-徳島、乗船記から続いてます。
Dsc_0052_20191005000401
09/30
 徳島の沖洲ターミナルから、直行バスで徳島駅前に到着です。
 取り敢えず、改札口の前まで行ってみましょう。
Dsc_0054_20191005000401
 当初の予定では、高松まで特急「うずしお」で移動して、空路で帰るつもりだったのですけど。
 高速バスで大阪まで出て、幹線経由に変更なのです。
 最近、フェリーで四国や九州に上陸しても、現地のJRには全く乗らなくなっちゃいました。
 今年の1月、松山とここ徳島へ来たけれど、JR四国には全く乗っていません。
 だって、乗る用事が無くって…。
 あわわ。
 バースデーきっぷで四国を回ろう!って、毎年思うのですけど。
 3月に連休取るの、大変なんですよお。

 今日は、駅前の徳島ラーメンのお店で、ラーメンを食べます。
 前回来たとき、替え玉無料券を貰っていたので…。
 せこい。
 500円のラーメンに、50円の生卵と150円の豚バラ肉をトッピングして。
 本当は、ライスも食べるのが徳島風みたい。
 スープがちょっと辛めですものね。

 高速バスネットから予約した「阿波EXP大阪28」号は、徳島駅を14:30に発車です。
 本四海峡バスの担当便。
 スマホにWEB乗車票を表示させて、と。
 お客さんは、7人だけでした…。
 空いてます。
 まあ、前便から15分しか経っていませんし。
 神戸行も出たばかり。

 バスの道中、大鳴門橋からは渦潮っぽいものが見えたよ。
 いつもなら、時間の読める高速舞子で降りてしまうのですが、今日は余裕が有るので、終点の大阪駅まで乗って行きます。
 途中、三宮付近で高速から一旦降りたりしてたっけ。
 スマホのマップで現在地を確認。
 京橋からハーバーハイウェイへと。
 16:20には、阪九フェリーとさんふらわあが見えました。
 なんばを経由し、大阪駅JR高速BTには、ほぼ定刻の17:20に到着です。
Dsc_0056_20191005000501
 3人が下車。
 意外と退屈しなかった。
 運賃は、ネット割で3,630円でした。

 大阪駅のエキナカをうろうろ歩いて、晩ご飯の食べられるお店を探します。
 何処も空いているので、逆に入りにくいとゆーか。
 男女高校生の皆さんが沢山並んでいたのは、タピオカドリンクのお店だあ。
 一体どんなスイーツなのかな、なんて。
 私は行列、苦手なのですよね…。
 結局、オムライスとか食べました。

 それじゃあ、新大阪へ移動なのです。
 ちょっとしたラッシュなので、新快速は避けて。
 「こだま682」号でのんびり帰りますよー。
------
乗車日 9月30日
新大阪(18:50)→こだま682号→東京(22:47)
N700系/全席禁煙
グリーン 禁煙
10号車9番A席(喫煙ルーム付近)
おとな1名
発売額 11,200円
------
 東京まで、4時間近くかかるとゆー。
 まあ、コンセントもフリーWi-Fiも使えるので、色々と雑用を片付けつつ、有意義に過ごすことが出来ました。
 各駅で殆ど6分停車なので、自販機のジュースを買いに行ったり。
 飛行機と違って、気分転換に歩き回れるのがいいところ。

 Suicaを改札でタッチすると、さくっと「EXご利用票(座席のご案内)」が出て来るの、毎回びっくりなのですよ。
 新大阪には結構早くから入線して来ましたが、ホームには誰も居ません…。
Dsc_0058_20191005000401
 車内も空いていましたが、車掌さんと警備員さんが何度も車内を巡回してたっけ。
 非常通報ボタンと非常停止ボタンの案内放送も、都度流れて。
 「フェリーりつりん」でぐっすり寝たので、居眠りをすることなく、東京に帰って来ました。
 乗り換えた山手線は、アズレンのラッピング車だったにゃあ。

« 東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記2 | トップページ | 「リバティ会津117」号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京湾フェリー「しらはま丸」乗船記2 | トップページ | 「リバティ会津117」号 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー