2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

« 「阿波EXP大阪28」号と「こだま682」号 | トップページ | 湯河原へ »

2019.10.10

「リバティ会津117」号

10/07
 会津田島の駅構内に、「ノラと皇女と野良猫ハート」のラッピング車が居ました。
Dsc_0017_20191010043001

 会津鉄道の芦ノ牧温泉駅とは、色々とコラボをしているみたい。
 ホームには、ちょっとした撮影スポットも有りましたが、下車する余裕が無かったのは残念で。
 また、改めて訪ねてみたくなっちゃいます。
 温泉にも泊まりたいですよね。

 それでは、新日本海フェリーを乗りに行きましょう。
 予定は当初からころころ変わって、最終的には新潟からの寄港便に決定だよ。
 ネットから予約を入れたり消したり、何やってんだか、って感じなのですけど。

 スタートは、浅草11:00発の「リバティ会津117」号です。
 「らいらっく」の出航まで、時間はたっぷり有るので、お久しぶりな会津田島経由を採用なのです。
 特急券は、ネットから進行右側の窓側席を指定して、と。
 2,160円。
 会津田島到着は14:18と、結構な長旅になります。
 この区間には、臨時の夜行列車まで走っていますもの。
 ちなみに運賃は、東武鉄道、野岩鉄道、会津鉄道の3社合算で4,580円。
 Suicaで購入すると、残額がごっそりと減らされて。
 きっぷはごく普通な、ぺらぺらのロール紙なので、失くさないよう、大切にパスケースにしまっておくよ。

 船橋から浅草橋まで、総武緩行線の車内、ぐっすり寝てしまい、一駅寝過ごしたりとかして。
 時間に余裕は有るので、特急に乗り遅れたりはしませんけど。
 どんなピンチのときも絶対諦めない!。
 って、困ったものなのです。

 「リバティ会津117」号はまだ入線していないので、ホームの売店でお弁当を買っておきます。
 車内販売が有りますけど、飲み物とお菓子しか積んでいないそうなので…。
 浅草鶏シュウマイ弁当、950円。
Dsc_0011_20191010043001

 程無く「リバティ会津117」号が入線して、先発の特急が発車して行きました。
 スマホの予約画面を見せて、中間改札を通ります。
 先頭車の方へと歩いて行くと、カーブしたホームと車体の間に、踏み台が渡して有るよ。
Dsc_0005_20191010043001

 浅草駅の名物なのです。

 車内には比較的余裕が有って、最終的には窓側が全て埋まる位のお客さんでした。
 「リバティ会津117」号はさくっと走り、下今市に到着です。
 今日の運行は有りませんが、SL「大樹」が煙を吹いて待機中。
 ここで、「リバティけごん」を切り離し、3両になって、鬼怒川線内をゆっくりと進んで行くよ。
 妙に停車駅が多いと思ったら、この先は各駅に停車するのですねー。
 この区間内だけの利用なら、特急料金も不要です。
 殆ど誰も乗って来なかったですけど…。
Dsc_0012_20191010043001
 だいやむこうって、どんな字を書くのか、悩みまくったり。

 野岩鉄道内では、乗車券の車内改札が有って、赤いスタンプが押されます。
 ここまで来ると、車内はもうがらがら。
Dsc_0016_20191010043001

 私の車両には、2人しか乗っていませんでした。
 窓から見える景色は凄く雰囲気が有って、この辺りの温泉に泊まりたくなっちゃいます。
Dsc_0013_20191010043001
 いいなあ。
 鬼怒川温泉では、問題になっている廃墟と化したホテルも見えましたが…。
 ちなみに、乗り心地は途端に悪くなって、ガタガタとかなりの揺れが有るのでした。

 終点の会津田島では、8人位が下車して、ほぼ全員が「会津鉄道リレー117」号に乗り換えです。
 2両編成なので、余裕たっぷり。
Dsc_0018_20191010043001

 改札前、お弁当やドリンクのワゴンが置かれていましたが、売り子さんはおらず、そもそも乗り換えの時間があんまり無くって、買い物は厳しいです。
 それよりも私は、構内に停まっていた「ノラと皇女と野良猫ハート」のラッピング車が気になって。
Dsc_0019_20191010043001

 危うく乗り遅れるところなのでした。

 会津鉄道でも車内改札を受けて、私のぺらぺらの切符、大活躍なのです。
 塔のへつりでは、減速して景色を見せて貰えました。
Dsc_0020_20191010043001

 この「会津鉄道リレー117」号は会津若松まで直通ですが、西若松から先はJR東日本なので、精算が必要です。
 面倒だあ。
 車内放送では、特に乗り入れの案内は無く、会津若松の到着時も、そのまま会津鉄道名で放送が流れていたよ。

 15:31に、会津若松到着です。
 190円を支払って、改札を通ります。
 でっかい精算書が出て来たからびっくりしたよ。
 でも、何か疲れたあ。
 やる気が出なくって。
 これから新潟へ向かうの、超面倒臭くなって来た…。
 てことで、新日本海フェリーの乗船は断念、郡山経由で家に帰ることにしたのでした。
 って、こら。
 折角ここまで来たのにい。
 悪い癖が出まくりです。
 キラキラやたらに輝いてる、あの日のフェリーに恋した。
 キラキラ眩しい船旅までの、距離は今でも、㍉すら減らない…。

 この後、くたびれ果てて、夜のベッドに倒れていたら、22:15頃に新日本海フェリーから着信が有って。
 わ、今夜の乗船、予約をキャンセルするの忘れてたあ!。
 慌てて、ネットから往復の予約を取り消したのでした。
 すいません…。

 会津若松16:23発の郡山行で離脱です。
 随分と長い編成だったにゃあ。
 郡山では、49分の待ち合わせ。
 階段を昇り降りして、あちこち歩き回ってみましたが、改札内には飲食店が全く無くって。
 NewDaysとお土産屋さんしか無いよー。
 ここでのご飯は、諦めるしかないみたい。
 テンション下がるよう。
 今から普通列車を乗り継ぐと、船橋到着は24:00頃になります。
 幹線で帰るのはつまらないですし、いっそ、ここでもう1泊しちゃおうかなあ。
 明日のことを考えると、新白河まで進んでおくのがベストです。
 てことで、ネットからホテルを検索して、新白河の駅前に泊まっちゃうことにしたのでした。
 本当、つくづく行動がアトランダムなのですよー。
 いつか誰もが散華する捨て石。
 …何か違う。

 こちらに続いてます。

« 「阿波EXP大阪28」号と「こだま682」号 | トップページ | 湯河原へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「阿波EXP大阪28」号と「こだま682」号 | トップページ | 湯河原へ »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー