« 夜の函館にて | トップページ | 冬の大街道のパッセージ »

2019.04.23

ハミングデイ浜厚真

04/13
 今日は、浜厚真まで行きます。
 本当は南千歳の筈だったのに、成り行きでこうなりました。
 揺れる心の迷いの結果。
 例によって、JALのダイナミックパッケージを申し込んで有ります。
 フライトは、羽田を18:30発。
 この便も空いていて、空港の端末からファーストクラスに変更したよ。

 ダイヤモンド・プレミアラウンジで、カレーパンとか食べて過ごします。
 本当は、甘いパンが食べたいなあ。
 随時補充されるメゾンカイザーのパンって、トマトとかバジルとか、そういうのばっかなんだもん。
 おにぎりは、食べると機内のご飯が食べられなくなるー。
 搭乗直前になって、オレンジのパンが補充され、ひとつだけ貰ったよ。
 嬉しい。
 いえ、そんなこと、別にどーでもいいんですけど…。
Dsc_0003

 前回の搭乗では、この時間、出張帰りな皆さんでラウンジは大賑わいでしたけど、今日は土曜日。
 ビジネスのお客さんが殆ど居ないので、とっても静かなのでした。

 搭乗したファーストクラスのシートには、スリッパやモバイルバッテリーが装備されていて。
Dsc_0004_1

 このスリッパ、今まで使ったことが有りません。
 機内で靴を脱ぐ習慣が無いので…。
 毛布もお返してしまいます。
 暑がりだもん。
 モバイルバッテリーとか、USB端子をシートに増設した方が早そうなのにな。
 国内線は、ずっとこれですよね。

 CAさんが入れ代わり立ち代わり挨拶に来てくれるので、搭乗直後はちょっと落ち着かない感じ。
 ご飯はこんなでした。
Dsc_0006_1

 ロレオール田野畑との提携メニューだよ。
 森伊蔵のロックと一緒に頂きます。
 田野畑、宮古方面には、全通した三陸鉄道、寄港便になったシルバーフェリー、どちらも乗りに行きたいところ。

 新千歳空港からは、20:30の快速「エアポート」で南千歳へ一駅移動して。
 降りたホームの反対側から、苫小牧行普通列車に乗り換え。
 がらがらだあ。
 切符は事前にえきねっとで発券済みなのです。
Dsc_0007

 目的地は浜厚真なのですが、苫小牧の30分乗り継ぎの間に買い物をしたいので、分割して有ります。
 実は、この方が通しで買うより80円お安いとゆー。
 日高本線は地方交通線のカテゴリーなので…。

 苫小牧の改札を通り、最寄りのセイコーマートへ行きましょう。
 ポイントカードも持っているのだ。
 夜食や飲み物なんかを調達しておくよ。
 結局、これは翌日の朝ご飯になりました。
 苫小牧の駅前は、いつ来ても寂しいのです。
 それでも、新しいビルが出来て、駐車場を造っているね。

 21:30の苫小牧駅ホームには、札幌行と岩見沢行と鵡川行の気動車が並んだよ。
 札幌行も気動車なのが珍しー。
 車庫との送り込みの為に、朝夕に気動車の設定が有ります。
 岩見沢行では、サボ返しが始まりました。
Dsc_0010

 ホームの反対側は、窓を開けて交換する、懐かしい光景です。
 その岩見沢行、所定4番線発が2番線発に変更されていて、鵡川行共々ナチュラルに5分程遅れています。

 私の鵡川行には、6人位しか乗っていなくって。
Dsc_0011

 途中、警笛を鳴らしつつかなり徐行していたのは、鹿が線路に入り込んでいたのかしら。
 てことで、浜厚真に到着だよ。
 勿論、降りたのは私一人だけなのでした。
Dsc_0012_1

 ヨの駅舎が有って、周囲には原野が広がり、人家も何も有りません。
 初めての人とか、無茶苦茶不安になりそうなシチュエーション。
 まさに初見殺し。
 私は何回も来ているので、別に何とも思いませんが…。

 それでは、新日本海フェリー「すいせん」苫小牧東-敦賀、乗船記に続きます。
 プロセスなんて気にしなくてもいいじゃない。

« 夜の函館にて | トップページ | 冬の大街道のパッセージ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 夜の函館にて | トップページ | 冬の大街道のパッセージ »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー