« FDA日帰りの旅 | トップページ | 夜の函館にて »

2019.04.21

四国開発フェリー「おれんじおおさか」乗船記

 ここには、四国開発フェリー「おれんじおおさか」大阪22:00-東予06:00、の乗船記があります。
 先日乗船した「おれんじえひめ」に続いての新造船なのです。
 こちらから続いてます。

01/16
 今回は、珍しくネットから予約をしたよ。
 予約完了のメールがすぐには戻って来ないので、ちょっとドキドキなのですよ。
 空席多数なのは分かっていましたけど、エラーとか出ちゃうかもしれませんし。
 オレンジ予約センターから、無事に予約確認メールが届いて。
------
<乗船日>
01月16日(水) 大阪南港 22:00発 ~ 東予港 6:00着
DXシングル
大人1名様

<料金>
合計 ・・・・・       ¥8,450
上記の内容で御予約をお取りいたします。

※別途「松山バス(東予~JR松山)料金」@1,230円必要となります。
 乗船券ご購入時併せてご購入下さい。
※12月6日より新造船2隻就航による「季節運賃の導入」
 「割引改訂」となっております。
 詳しくは「HP」でご確認下さい。
 新造船「全室個室」となっております。

・当日、乗船開始予定時刻は20時からとなります。
・乗船名簿に必要事項・予約番号をご記入の上、窓口に提出下さい。
------
 今回は、DXシングルにしてみた。
Dsc_0057
 乗船名簿の記入は必須らしいので、ネットから印刷して、予約番号も事前に記入しておきました。
 私は丁度、乗船開始直後の20:10頃、フェリーターミナルに到着したよ。
 クレカで決済をして、と。
 暫くは、待合室でごそごそと雑用を片付けて。
 萌えキャラなポスターの撮影をしたり。
Dsc_0056
 大阪からのマルエーフェリーには、もう乗れなくなってしまったなあ。

 船内へと進むと、DXシングルは広々とした個室で、なかなか使い勝手が良くって。
Dsc_0058

Dsc_0059
 乗船時間が短いので、殆ど寝るだけで終わってしまうのが残念なのです。
 てゆーか、実際、私はずっと寝ていたので、特に書くことが無かったりとかして。
 こら。
 オレンジフェリーの公式サイトの方が、ずっとずっと情報が細かいもん。
 クローゼットの中には、ハンガーが2本とタオルセットと浴衣が入ってました。

 ともあれ、レストランに行きますよー。
 地場のお魚メニューがかなり充実していました。
 レストランの対面販売でしか買えないアルコール類も同様に。
 色々なお酒が有って。
 ただ、私はお酒を飲む気分では無いので、カレーと唐揚げの単品を注文したよ。Dsc_0061
 とってもシンプルなカレーだったです。
 番号で呼ばれて、別々に取りに行きました。

 朝のレストランは、バイキングでは無く、500円のセットメニューのみの販売なのかな…?。
Dsc_0063
 前回も今回も利用はしなかったので、分かりません。
 眠くって。
 あっさりメニューだにゃあ。
 公式サイトで確認すると、大阪着だとバイキングなのですねん。
 理にかなっています。

 お風呂はずっとオープンしているので、広々とした浴室でのんびり過ごせます。
 これは嬉しいのです。
 一推しポイントだよっ。
Dsc_0062
 何事も無く進む船と、ほんの少しだけ気怠い朝。
 東予港からの松山行バスは、12人を乗せて定刻の06:20に出発です。
 道後温泉まで乗って行っても良いのですが、私は敢えてJR松山駅前で降りたのでした。

 こちらに続いてます。

« FDA日帰りの旅 | トップページ | 夜の函館にて »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ごんたろうさん☆

 こんばんはです。
 はい、カレーでした。
 ついついカレーを注文してしまいます。
 先日の新日本海フェリーでも、やっぱり…。
 「おれんじおおさか」の船内放送、地場のお魚関連のメニューは凄くプッシュしていたので、次回はそちらにチャレンジしてみようと思います。
 宇和島鯛めし、いいですね。

 GWの船中泊、凄く楽しそうです。
 繁忙期には、特別なイベントやメニューが有ったりもしそうで、普段とはちょっと違った船内が見れるかも!、ですね(^^)。

こんばんは!C.Mayaさん。

おれんじおおさかでは、やはりカレーでしたね。
私も始めは「宇和島鯛めし」と固まっていましたが、レストランに入った瞬間の
カレーの香りに負けてカツカレー、きつねうどん、ハガツオ刺身を注文。
他の方もカレーが一番人気でした。

おれんじおおさかは出航したのがわからないくらい静か。快適でした。

10連休は、北海道へ乗りっぱなしの2泊3日全部船中泊に行ってきます!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« FDA日帰りの旅 | トップページ | 夜の函館にて »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー