« 2018年9月 | トップページ

2018年10月の4件の記事

2018.10.08

天草エアライン「みぞか」熊本-伊丹

 こちらから続いてます。

10/05
 熊本で目覚めた朝は、曇り空。
 ちょっとだけ青空も覗いているよ。
 これなら、傘は必要無さそう。
 明日には台風が最接近するような予報なのですが、そんな気配は全然無くって。
 取り敢えず、良かった。

 昨晩は早くに寝てしまったので、06:00過ぎには起きてます。
 「四万十川」船内で購入した、「せとうち旅情」サイダーなんぞを飲みつつ、のんびり過ごしましょう。
Dsc_0123
 ホテルの大浴場にも入って、と。
 そんなことをしていたら、のんびりし過ぎて、バスの時間が結構ぎりぎり。
 慌ててチェックアウトして、交通センター09:14発の空港行きバスに乗るのでした。
 暑いよう。
 超暑い…。

 ここ熊本からは、伊丹まで飛びますよん。
Dsc_0130
 台風から逃げて、九州脱出しちゃいます。
 フライトを検索していたら、AT4なんて機材の便が出て来て、天草エアラインのコードシェアなのですね。
 これは面白そう。
 てことで予約したのですが、コードシェアなら、最初からAMXで予約した方が安上がりなことに、決済してから気が付きました(^^;。

 空港の端末にICをタッチすると、何故かその先へは進めません。
 あ、カウンターでの手続きが必要なのですね。
 長蛇の列に並んで、自分の番が来たところで、AMXのチェックインは別のカウンターなことが発覚して。
 だって、JALとFDAの案内しか出てないんですもん。
 何げに初見殺しだあ(^^;。
 そちらはがらがらでしたけどねー。
 搭乗券にはJALのシールが貼られて、JGCMと手書きされて。
Dsc_0125
 搭乗開始は10分位遅れそう、とのことです。
 コードシェアだから、ラウンジが使えるよね。

 JGCのメンバーカードは持って来て無いけれど、JALカードでいいかしら。
 そんなことを思いつつサクララウンジへ行ってみたら、受付は無人なのでした…。
 東京便の搭乗が始まると、ラウンジには誰も居なくなってしまって。
 程無くおねーさんが来て、AMXはまだ到着もしていないとのことで。
 のんびりしていましょう。
 焼酎とか飲んでみた。
Dsc_0127
 ここのラウンジには、あられの他、バナナチップスとか有るのが謎です。

 おねーさんから搭乗開始の案内が有って、搭乗口へと進みます。
 あれが、ATR42-600かあ。
Dsc_0132
 名前は、みぞかちゃん。
 ひそねとまそたん、的な響き。
 半券を切られての搭乗なんて、本当に久しぶりだなあ。
 逆に新鮮なのです。
 雨が降っているので傘を用意してあるとのことですが、実際には降っていませんでした。
 カートには懐かしの日本エアシステムが未だに健在で。
Dsc_0131
 こまけえことはいいんだよ!(^^;。

 滑走路を歩いて、みぞかちゃんに搭乗です。
 後ろから乗り込むよ。
Dsc_0135
 お腹にはくまモンが描かれているそうなのですが、当然ながら見えません。
 元気なCAさんに迎えられて、着席です。
 機内は特に狭くは感じません。
Dsc_0139
 フツーだね。
 ポケットには、手作りのガイドマップやCAさんを紹介した冊子が入っていて、楽しかったです。
Dsc_0140
 天草にも、改めて訪問しなくちゃですね。

 窓の外には、トーイングカーに牽引されたANAが走って行って。
Dsc_0138
 タラップカーと追いかけっこをしているようにしか見えませんが(^^;。
 こちらのみぞかちゃんも、定刻の10:55から15分遅れで、出発です。
 さすがターボプロップの小型機だけあって、真ん中から滑走路に合流して、そのまま離陸です。
 さくっと上昇。
 この先、気流が悪いので、シートベルト着用サインは消灯しないとのことで。
 特に揺れは有りませんけどね。

 私は、窓に引っ付いて、ずっと景色を眺めていました。
 雲の真上を飛んでいるので、見通しは良く有りませんけど。
Dsc_0142
 私の席の周囲は、見渡す限り、全員がお昼寝中とゆー(^^;。
 11:40に宇和島の上空を通過して、ここでようやくシートベルト着用が解除になって。
 「みかんちゃん」ジュースとイチジク餅「四郎の初恋」が配られました。
Dsc_0141
 後で食べたら、どっちも凄く美味しかったよ。

 伊丹では、当然短い方の滑走路に降ります。
 みぞかちゃんともお別れ。
 なかなか楽しかったです。
 その後、私がベンチに座ってこの後の予定を考えていたら、窓の外をみぞかちゃんがドナドナされて行くのが見えました。
Dsc_0144
 調べてみたら、折り返しの熊本行きから、台風に備えて欠航なのですね。
 天草はともかく、せめて熊本までフェリーすれば良い気がしますけど、ここ伊丹で退避した方が無難なのかしらん…。
 ちょっと不思議なのです。

 こちらに続いてます。
 てゆーか、この後の予定、何にも考えてません…。
 どーしようかなあ。
 フェリーは続々と欠航が決まってますし。
 大切なのは、頑張ってるときの真っ直ぐな気持ち。
 きっと全てが変わります!。

2018.10.07

松山にて

 四国開発フェリー「おれんじえひめ」大阪南港-東予、乗船記から続いてます。

10/04
 予定を変更して、松山市駅で連絡バスを降りました。
Dsc_0068_2
 まだ07:20だよ。
 入れ替わり、乗り場には京阪バスの京都駅行きが到着です。

 腹ペコな私は、朝ご飯を食べようとカフェを探しますが、目の前のドトールしか見当たらなくって。
 ドトールは、昨日、沼津で利用したからなあ。
 周囲をうろうろ歩いても、他にお店は見付からず。
 雨が強くなって来ますし。
 何にも無いよー。

 諦めて、07:35発の高浜行きに乗っちゃいましょう。
 券売機は凄くカラフル。
Dsc_0069
 松山観光港まで、バス連絡の切符も買えます。
 運賃は510円。
 改札自体は、ICのアンテナだけの、とってもシンプルなつくりです。
 Suicaが使えないのは残念。
 あまり現金を持ち歩いていないので…。

 到着した電車は、井の頭線のお下がりだね。
Dsc_0071
 先頭車に立って、大手町の平面交差や、古町の斜め交差を観察しつつ。
 車内はちょっとしたラッシュです。
 学生さんが山西で降りたら、一気にがらがらになりましたけど。
 最後の一区間では単線になるのですねん。

 終点の高浜で、目の前に停まっていたバスに乗り換え。
Dsc_0072
 幕は電車連絡バスになっていて。
 3人が乗って、バスは直ぐに発車です。
 ここのバスに乗るの、もしかしたら初めてかもしれません。
 歩いた記憶は有るけれど。

 松山観光港のターミナルに着き、いそいそと2階のカフェへと向かったら、オープンは09:00なのでした…。
 今はまだ08:00。
 とほほ。
 未練がましく、店頭のメニューをめくってみたり。
Dsc_0074
 いい雰囲気のカフェなんです。
 でもまあ、予定よりも1本早い便に乗れて、フェリー船内のお食事コーナーも利用出来たので、結果的には良かったです。

 それでは、瀬戸内海汽船「四万十川」松山-広島、乗船記に続きます。

2018.10.06

京阪のプレミアムカーに乗ってみたい

 こちらから続いてます。

10/03
 京阪のプレミアムカーに乗ってみたい!、ってことで、幹線を京都で降りたのですが、チケットの買い方が良く分かりません…。
 奈良線から乗り継いだ東福寺の券売機をチェックしてみますが、該当の口座は無くって。
 わざわざネットに会員登録するのも面倒ですし。
 なので、特急停車駅の三条まで移動しちゃいます。
 ホームにも券売機は無くって、改札を出てもやっぱり同じ。
 ???な気持ちで周囲を見回すと、カウンターが見付かりました。
Dsc_0029
 対面販売なのですねー。

 1人席は満席とのことで、空いている2人席から、好きな席番を選ばせて貰えます。
 何処でもいいですよー。
 窓側でしたらっ。
 もう暗くなってしまい、景色は楽しめませんけど。
 料金は500円。
 ICカードでの支払いは出来ず、現金のみとのことでした。
 チケット自体は、ぺらぺらのレシートだね。
20181007_0002
 謎のバーコード付き。
 三条17:40発の1707号です。

 プレミアムカーは、ドアを片側に寄せた1扉車で、おねーさんが出迎えてくれ、さすが高級感有ります。
Dsc_0030
 私は、2階建て車がプレミアムカーなのかと思ってました。
 車内オンリーで販売のグッズも、なかなかにお高いものばかり。
 ちょっと欲しい。
Dsc_0032
 コンセントは、真ん中の肘掛けに有るタイプです。
 Wi-Fiも勿論装備。

 程無く日没となって、遠くの空のうろこ雲が真っ赤に染まったよ。
 秋です。
 いい雰囲気だあ。

 びっくりしたのは、枚方市から2人も乗車が有ったこと。
 1人席に座ったので、かなり前からチケットを確保してたってことですよね。
 こんな短距離に…。
 私の中に、勿体無いお化けが出ます(^^;。
 最終的には、満席になりました。

 それから、ここ枚方市ではお客様対応の為に、2分遅れ。
 喧嘩かしらと思ったら、電動カートみたいな車イス?が一般車に乗車しようとしていたらしく。
 いや、あれ、このラッシュ時間に乗せるのは無理でしょう…。
 難しいところなのです。

 私は、終点の淀屋橋まで乗って行きます。
 なるべく長く乗りたいですし。
 それでも、乗車は1時間に満たないの。
 もっと乗っていたいけれど。
 おねーさんから交代した、おじさんに見送られて下車します。
Dsc_0035
 すぐに車内の座席が転回し、清掃が始まったよ。

 どーでもいいのですが、接続案内の私市が、被災地って聞こえてぎょっとしたのは内緒です…。

 それでは、四国開発フェリー「おれんじえひめ」大阪南港-東予、乗船記に続きます。

2018.10.03

武蔵野線経由東京駅

10/03
 たまには武蔵野線に乗ってみます。
 平日の08:15なんてゆー、朝のラッシュの最中に、西船橋から東京まで。
 車内の混雑は、どんな感じなんだろ…?。

 実際、かなり混んではいますが、身動きが取れない程では無くって。
 しかも、市川塩浜以降、降りる一方で、乗って来る人は殆ど居ません。
 あ、成る程…。
 これなら、結構使えるかもです。
 今日みたく、東京駅から高速バスに乗る場合、京葉地下八重洲口が便利だったりもしますし。

 ちなみに、新入社員時代、最初の配属先は、市川塩浜の近くでした。
 最初は電車で通っていたけれど、余りにも不便過ぎて、すぐに車に変更。
 次が二俣新町で、ここがまた、船橋から電車で行こうとすると、超大変なんです。
 バスも有ることは有りますし、真っ直ぐ行ければ早いのですけどね…。

 そんなことを考えつつ。
 新木場で西武線の所沢行きが見えて、こっちのホームには東所沢行きが停まってたなあ、なんて。
 経路は全く違うよ。

 京葉線の東京駅、京葉地下八重洲口を通るのは、もしかしたら開業日以来かもしれません。
 人が少なくて歩きやすいのですよー。
 今日はこれから、沼津です。
Dsc_00041536x864
 これに乗って行きます!。
 続きはこちらに。

« 2018年9月 | トップページ

このブログについてっ

無料ブログはココログ

カテゴリー