« リリートレインに乗りました | トップページ | 富士急ハイランド、その2 »

2018.09.01

宮古→久慈→本八戸→三沢空港

 川崎近海汽船「シルバークイーン」室蘭−宮古、乗船記から続いてます。

08/28
 宮古駅からは、三陸鉄道北リアス線で移動開始、だよ。
 三鉄なんて、本当に久しぶり。
 券売機で1,850円の切符を買って、07:02の列車に乗ります。
 車内には部活の団体さんが乗っていて、賑やかでした。
 ロングシートに座りますが、窓が曇ってしまって、外の景色が凄く見にくい…。
 雨は降ってますし。
 うつらうつら、居眠りが出ます。
 ちなみに「不思議の国の北リアス」がキャッチフレーズになっていて。
Dsc_0085
 あ、確かに田野畑の駅とか、すっかりカンパネルラのイメージなんです。

 久慈到着前、車掌さんは盛岡や二戸へのJRバスの乗り継ぎ案内を丁寧に放送します。
 八戸線の案内は無かったような…。
 実態に合わせると、岩手県内の接続を重視ですよね。

 取り敢えず、三鉄の売店でウニ弁当を買いましょう。
 1,470円。
 にしても、宮古も久慈も、以前来たときのこと、全く覚えていなくって。
 接続待ちが約1時間有るので、道の駅まで歩いてみましたが、朝ご飯を食べられそうな店は有りません。
 道の駅のベンチに座って、ウニ弁当を食べたのでした。
Dsc_0087
 岩手も涼しくって、嬉しいのです。

 八戸行きは3両編成と、かなりゆったり。
 海の見える、右側の4人掛けのボックス席に一人で座って。
 …ずっと寝ていたのでした。
 って、こら。
Dsc_0089
 早起きしましたから…。

 本八戸では、約2時間の待ち合わせ。
 駅ナカの喫茶店でランチを食べて、すぐ近くの銭湯へ。
 広々としたお風呂で、のんびり過ごします。

 さあて、帰りますよお。
 本八戸の駅前から、14:10発三沢空港行きのバスに乗るのだ。
 乗り場が分かりにくいので、事前に場所は確認して有ります。
 駅前の交差点を渡って、真っ直ぐ進んだところ。

 十和田観光電鉄のバスは、何とトイレ付の3列シートで到着です。
 豪華だあ。
 その豪華なバスには私だけが乗って、とうとう最後まで、私一人だけなのでした…。
 爆睡してて、運転士さんに起こされましたし(^^;。

 三沢からの羽田行きは、満席。
 クラスJの空席待ちも出来ません。
 機材は、ちっこいエンブラエル190。
 新型なので、コンセントが付いてます。
 出発は15分遅れになり、爆音と共にひょいひょい飛んで行く、戦闘機を眺めていたのでした。
 誘導路のすぐ脇を、ランニングの人や乗用車が走っているのは、基地に間借りしている空港ならでは、なのです。
 09/09開催の三沢基地祭りのポスターが貼られていましたが、ブルーインパルスやF35Aが見れるのですね。
 それは見たい!。

 機内のコンセントは、二人にひとつな上、取り付け位置が低く、隣の人に気兼ねして、使いませんでした。
 イスの下なんだもん。
 途中、かなりの揺れが予想されるとのことで、ホットのドリンクの提供は行われず。
 でも、殆ど揺れなかったです。

 羽田は沖停めになり、バスでターミナルへと。
 西船橋へ帰るバスも満席近く、せこく国際線ターミナルから乗って、家に帰ったのでした。
 久しぶりな北海道と船旅、あっと言うまに駆け抜けてしまったけれど、凄く楽しかった。
 次は、もっと長い航路にチャレンジです。

« リリートレインに乗りました | トップページ | 富士急ハイランド、その2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/67121010

この記事へのトラックバック一覧です: 宮古→久慈→本八戸→三沢空港:

« リリートレインに乗りました | トップページ | 富士急ハイランド、その2 »

このブログについてっ

フェリー乗船記

無料ブログはココログ

カテゴリー