« 富士急ハイランド、その2 | トップページ | 青春18きっぷで新潟へ »

2018.09.09

新日本海フェリー「らいらっく」乗船記4

 ここには、新日本海フェリー「らいらっく」新潟23:05-秋田05:40、の乗船記が有ります。
 こちらからの続きです。

09/08
 新潟駅21:52の北部営業所行きバスで、フェリーターミナルに向かいましょう。
 バス車内には、大きな荷物を持った人達が大勢居たので、皆さんフェリーに乗るのかな…?。
 なんて、末広橋で降りたのは、地元の方と私、二人だけなのでした。
 …ですよねえ。
 バス停には22:11に到着して、雨上がりの道を、フェリーターミナルまで歩きます。
 敷地に入ると、警察車両がずらりと並んで乗船待ちをしているよ。
Dsc_0011
 地震対応の応援なのです。
 マニアの方が何人か、積込を見守っていました。

 私はカウンターへ行って、乗船手続き。
 ネットから予約はして有りましたが、決済が出来ていません。
 予約番号を申告して、カードで決済をしましょう。
 ツーリストAの利用で、5,440円。
 現在、徒歩の乗船を一時中断しているそうで、22:40に再開するまでお待ち下さい、と。
 警察車両を積み込んでいる関係なのかな。
 実際、船体はそんなに傾くのでしょうか…。

 1階のベンチに一人ぽつんと座っていたら、おねーさんが3階の待合室まで、わざわざエレベーターで案内してくれます。
 案内とゆーか、何だか護送されてるみたい。
 乗船券のバーコードをスキャンされ、待合室で暫く待機になります。

 予定通りの時間になり、乗船だよ。
 人道橋を渡って、と。
 わくわく。
 船室の案内を受けて、まずは4階に上がってみます。
 カフェは営業していませんでした。
 売店も、特に夜食の販売はなくって。
 夏はもう終わりましたものね。
 自販機でガラナメッツを買い、船室へと。

 案内所前には、ハロウィンの装飾がして有るよ。
 この時期のお約束。
 骨とかっ。
Dsc_0018
 凄く凝ってるの。
 これって、クルーのプロデュースなの…?。
 Dancing stars on me!、みたいな。
 似顔絵の掲示も有りましたあ。
Dsc_0016
 ビジネスコーナーとビデオルームも健在です。

 今日の船室は、ネットから誰も居ない窓側を指定して有ります。
 10人部屋に私一人。
 個室感覚なのですよ。
 後から増設されたツーリストAは、つくりがちょっとだけ違うのですね。
 コンセントが有るのは、やっぱり便利。
 携帯電話専用ってシールが貼られています。

 24:00になるとお部屋の照明が落とされ、00:30には大浴場も終了です。
 私もお風呂に入って、と。
 場所にもよるのでしょうが、蛇口とシャワーがすぐ冷たい水に戻ってしまうのが困りもの。

 さっきまで賑やかだったテーブルも、皆さんお休みになられたみたい。
 ちなみに、トラックの運転手さんと警察や消防の方は、殆ど見分けが付きません…。
 仕事柄、警察の人達との会合が有ったりもしますが、やっぱりそんな感じ。
 私服だと、皆さん「わが社」って言い方をしますし、階級ではなくって、役職名で呼び合います。
 まあ、そうですよね。

 それでは、そろそろ寝ちゃいましょう。
 朝、早いですから。
 揺れも無く、船酔いの心配はなさそうです。

 予告通り、入港の50分前に室内の照明が点いて、案内放送が流れます。
 秋田には、定刻より10分早い到着となるそう。
 お約束なのです。
 天候は小雨、気温は18度。
 接岸すると、お掃除のおばちゃんが10人程、慌ただしく乗船です。
 私は入口近くに座っていたので、一斉に挨拶されてしまい、おはようございますって返事するの、結構大変だったりとかして。

 乗船券をスキャンして貰い、私が真っ先に下船だよ。
 徒歩下船は4人位…?。
 05:30前には降りられた。
 秋田駅までのバスは、06:20の発車です。
 4分程遅れて到着したバスの利用者さん、ゼロでした…。

 さあて、2階の「レストランみちのく」で、ご飯を食べましょう。
 日替り定食520円、アイスコーヒー150円。
Dsc_0023
 他のお客さんは、横手やきそばを頼んでました。
 料理はさくっと出来上がって。
 なかなか美味しかった。
 ここは早朝のみ、05:00から09:00までオープンしています。

 エスカレーターはすぐに上りに切り替わり、苫小牧東行きに乗船する人達が上がって来ます。
 乗船開始は、06:25ですって。
 秋田でも、警察と消防の人達が大勢乗船します。
 片隅で出発式が始まりました。
Dsc_0025
------
2018年9月9日付秋田魁新報
秋田県警は9日、広域緊急援助隊15人を北海道の被災地に派遣した。
------
 やっぱり、北海道へは旅行中止を慫慂なのです。
 日常を取り戻すには、まだ暫くかかりそう。
 その時期が来たら、全力で旅して応援!、ですね。
Dsc_0033
 「らいらっく」は大きく汽笛を鳴らして、出航して行きました。
 明日もグッドラック、ライラック。
 北海道へ。

 地震とは別に、09/04の台風21号の影響で、大阪南港の人道橋が破損したと、名門大洋フェリーからお知らせのメールが来ましたです。
 本当、北も西も、被害は大きくって。
 行く場所が無くなってしまいそう…。

 それでは、新日本海フェリー「ゆうかり」秋田-新潟、乗船記に続きます。
 私は、このまま新潟に戻るのです!。

« 富士急ハイランド、その2 | トップページ | 青春18きっぷで新潟へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/67149277

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本海フェリー「らいらっく」乗船記4:

« 富士急ハイランド、その2 | トップページ | 青春18きっぷで新潟へ »

このブログについてっ

無料ブログはココログ

カテゴリー