« ドリームスリーパーで池袋へ | トップページ | 津軽海峡フェリー「ブルードルフィン2」乗船記 »

2018.07.15

川崎近海汽船「シルバーティアラ」乗船記2

 ここには、川崎近海汽船「シルバーティアラ」苫小牧23:59-八戸07:30、の乗船記が有ります。
 こちらから続いてます。

06/16
 「シルバーティアラ」で苫小牧に着いて、そのまま「シルバーティアラ」で八戸に折り返す旅、続きだよ。
 北海道の滞在時間は、3時間44分。
 折角の北海道なのに、ちょっと勿体無い気もしますけど、私にはあんまりそーいう感覚が有りません。
 またいつか、来ればいいのですもん。
 旅に終わりは無いよ。
 実は元々、ここからが正規ルートで、飛行機が高過ぎるのと前日出発が困難だったので、一番簡単な行程をくっ付けた、みたいな感じ。

 乗船手続きは、21:45スタートとのこと。
 ネットから予約済みなので、自動発券機も使えるけれど、等級変更をしなくちゃなので…。
 2等寝台AとBを間違えてしまい。
 まあ、別にどっちでもいいのですけどねー。
 お安い方でも、十分快適そうだもん。
Dsc_0066
 窓口の前をうろうろしていると、こいつが色々と話し掛けて来ます。
 あー、もう、鬱陶しいったら!(^^;。

 オープンした窓口で等級変更のお願いをすると、差額は900円とのことでした。
 ネット割がそのまま適用されている感じ…?。
 事前にクレカで決済していたのですが、改めてクレカを出したりすることもなく、さくっと変更手続きは終了なのです。
 簡単だあ。
 個室タイプの2等寝台Bは6,750円です。
 往路のビューシートと一緒だね。
 そう考えると、ビューシートは豪勢なのです。
Dsc_0070
 カードキーを貰うと、それぞれ色が違っていました。
 これは、上下で分かれているのかな…?。

 乗船開始の23:00まで、まだまだ時間は有ります。
 無料のWi-Fiも使えますし、充電コーナーも有りますし、ベンチに座っていれば、特に退屈することは有りません。
Dsc_0065
 夜の照明に浮かび上がったフェリーを眺めるのも、雰囲気有って楽しいよ。
 乗船を待っているのは、一般のお客さんよりも、自衛隊の皆さんの方が多い感じなのです。

 乗船開始と共に、さくっと乗船だよ。
 乗船券のレシートをスキャンされます。
 ちなみに、下船の時は、特にスキャンはされません。
 往路では、スキャン自体をされませんでしたし。
 まあ、昼便は殆ど人が居ませんでしたしねー。
 夜行便は、そこそこ大勢の人が乗ってます。

 勝手知った船内、私は真っ直ぐに自分のお部屋に向かって、そのまま寝てしまうのでした。
 眠い…。
Dsc_0069
 お部屋の設備は最低限で、ハンガーも無く、フックのみ。
 でも、テーブルとイスが有るのは、逆に凄いと思ったり。
 ここの航路の個室は、ちゃんと部屋って感じになっています。
Dsc_0068
 S寝台よりも、私は嬉しいです。
 テレビは別に要らないですから…。
 ただ、コンセントが何故か縦になっていて、照明のスイッチと微妙に支障するのが、残念なところかも。
 コンセントはひとつです。
 出航前、船長さんの挨拶の放送を聞いているうちに、そのまま寝てしまったみたい。

 途中、特に揺れを感じることなく、自然に目が覚めました。
 お風呂に行こうっと。
 朝のお風呂は、殆ど誰も居なくって、快適だよ。
 まだ、陸は全然見えません。
 携帯は圏内なので、そんなに離れてはいない筈なのですけど。

 朝の船内、2等寝台の区画は人の気配があまり無く、静かな感じ。
Dsc_0072
 通路に洗面台がいっぱい有るので、混雑も特に有りません。
 私は、デッキに出たり、2等区画を覗いたり、うろうろして過ごすのでした。
Dsc_0074
 入港直前から下船までって、なかなか落ち着かないですよねー。
 接岸してもすぐに下船は出来ないからって油断していると、いきなり下船が始まったり、案内所前に強制送還されたりと(^^;。

 なので、基本、ブリッジが繋がるのをデッキから眺めて、タイミングを見計らうのが、私のスタイルなのです。
 今は室蘭宮古航路に移動した、「シルバークイーン」が迎えてくれました。
Dsc_0071
 下船口へ行ってみると、凄い人なのです。
 一般徒歩の人達って、こんなに乗っていたのですねー。
 意外です。
 これは時間かかりそうなので、私はデッキに戻ってしまうのでした。
 覗いてみると、バス2台で、ターミナルまでピストンしているよ。
Dsc_0073
 これは大変だ。
 暫く待機して、最終のバスに乗り、私はターミナルへと向かったのでした。
 帰って来たね。

 ターミナル前のバス停には、10人位の人達が並んでいますが、あれは先発の盛岡行高速バス「八盛」号のお客さんみたい。
 バスは既に到着していて、待機中。
 私は、本八戸と向かうので。
 のんびり、建物の中で待っているのでした。
 程無く、苫小牧行「シルバークイーン」の乗船が開始になり、4人程が船内へと向かったです。

 本八戸行シャトルバスには、8人が乗車したよ。
 少ないの。
 いつも不思議なのですが、徒歩下船した他の皆さん、何所へ消えてしまうのでしょう。
 そんなことを思いながら、私はここに居て、バスに乗っています。
 朝の八戸市街、窓から流れる景色を眺めていたら、朝から入れる温泉が、いくつか見付かりました。
 今度、利用してみようっと。

 てことで、「シルバーティアラ」に往復乗船出来て、すごーく満喫した気持ち。
 やり残したことなんてないよ。
 そう言いたいね。
 いつの日にか。

 こちらに続きます。

« ドリームスリーパーで池袋へ | トップページ | 津軽海峡フェリー「ブルードルフィン2」乗船記 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/66943668

この記事へのトラックバック一覧です: 川崎近海汽船「シルバーティアラ」乗船記2:

« ドリームスリーパーで池袋へ | トップページ | 津軽海峡フェリー「ブルードルフィン2」乗船記 »

このブログについてっ

無料ブログはココログ

カテゴリー