2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

« 新日本海フェリー「あざれあ」乗船記 | トップページ | あわしまマリンパーク(沼津の4) »

2017.10.26

パシフィック・ストーリー新「さんふらわあさっぽろ」乗船記

10/26
 商船三井フェリーのパシフィック・ストーリーって、もう10年の歴史が有るのですね。
 東京から札幌まで、いちまんえんを切る9,990円っていう価格設定は、インパクト有ります。
 その後、旭川や富良野も追加になって、ストーリーはシリーズ化されました。
 新日本海フェリーも、バスを組み合わせた池袋発着の企画切符を販売していましたが、長続きしなくって。
 九州方面も同様なのです。
 大洗港は、一応、仮にも東京圏なので、強みがちゃんと有るのでした。

 でも、大洗は遠いのです。
 だからと言って、昔みたいに東京港発着にしたら、トータルの所要時間はかえって増えてしまうので、ぎりぎりのところ。
 仕方が無いよ。
 高速も伸びて、便利にはなりましたしねー。

 ちなみに私は、今まで、パシフィック・ストーリーを使ったことが有りませんでした。
 だって、時間がかかり過ぎなんですもん!。
 水戸駅とフェリーターミナルでの無駄な待ち時間が、嫌な感じなのですよー。
 なら、鹿島臨海鉄道の大洗駅から歩いて、ピンポイントで乗船したい。
 20分前とかに行けばいいですし…(こら)。
 自宅が船橋だと、わざわざ東京駅に戻ることになりますし。
 それに、札幌駅周辺には用事が無くって。

 今回、たまたま乗船前、時間に余裕が有ったので、パシフィック・ストーリーの申し込みをしてみたです。
 フリーダイヤルに電話をするよ。
 フリーダイヤルでフェリーの予約が出来る、商船三井フェリーは凄いのです。
 これって、東日本フェリーのサービスを継承しているのですよね。
 何気に凄いのです。
 津軽海峡フェリーには継承されていないのに。
 あ、川崎近海汽船もフリーダイヤルでした!。
 でも、この程度の予約、ネット対応にして欲しいと思うのですけど(^^;。

 会社で風邪を貰ってしまい、喉が痛くって声が掠れ切った状態で、何とか予約を完了させます。
 郵便番号とか、年齢も聞かれたよ。
 電話番号を伝えたら、利用履歴を見て、何回もご利用ありがとうございます、と。
 ここ最近は、商船三井フェリーに全然乗っていないので、ちょっと申し訳ない気持ち。
 てゆーか、履歴が出るなら、最初に電話番号を言えば、個人情報もみんな引っ張れるのではないかと…(^^;。
 予約番号を貰って、コンフォートへの差額は現地での支払いになるって説明を受けます。
 はーい。

 大洗発の新「さんふらわあさっぽろ」は、今日が営業航海初日なのですよ。
 本来は10/24が初日とアナウンスされていたのですが、台風で欠航になってしまい。
 今日は、季節外れな台風21号と台風22号の丁度谷間で、平穏な航海となりそうです。
 次の風を味方につけて!。

 15:30までの高速バス「みと」号に乗車するのが条件なので、13:45に家を出て、東京駅八重洲口に向かいましょう。
 札幌までですね、と発券を受け、クレカで決済します。
 ここでは、商船三井フェリーの予約番号は必要有りません。
 A5の用紙1枚で、船車券が発券されたよ。
Img20171028_12351463
 発車案内を確認すると、15:00発の赤塚駅経由の便に楽々間に合います。
 バスを待つ行列も短いので、さくっと進んでしまいましょう。
 空いた車内でのんびり過ごして、定刻の16:57過ぎには水戸駅の北口へ。
 途中バス停では必ず下車が有って、水戸駅で降りたのが2人だけだったり、動向には意外性が有りました。

 なんて、バスを降りるとき、携帯電話を確認すると、着信が2件入っています。
 16:56と17:05の2回。
 市外局番、水戸からの着信だなあ…。
 嫌な予感がして、とゆーか、用件は一つしか有りませんよね…。
 恐る恐る、商船三井フェリーの公式サイトを見てみると…。
------
【さんふらわあ さっぽろ 機関調整による欠航について】2017年10月26日 16:30現在
機関調整の伴う運航状況につきまして、以下のとおりご案内申し上げます。
お急ぎのところご迷惑をお掛けしますこと、お詫び申し上げます。

10月26日(木)大洗発  夕方便 さんふらわあ さっぽろ  欠航
10月27日(金)苫小牧発 夕方便 さんふらわあ さっぽろ 欠航
以降、さんふらわあ さっぽろスケジュール未定

さんふらわあ さっぽろ以外の3隻につきましては通常運航予定でございます。
運航状況の詳細につきましては、船客予約センターまでお問い合わせください。
------
 やっぱり…。
 にしても、16:30に決定とか、酷いのです。
 酷過ぎるー(^^;。

 深夜便に空きは有るとのことですが、そんなに待ってられませんし。
 明日以降の予定も、みんな吹っ飛びました(^^;。
 パシフィック・ストーリーの払い戻しは、東京駅の発券窓口へ行かなくちゃ駄目みたい。
 水戸往復分の交通費とか、帰りの飛行機のキャンセル料とか、損失の計算をすると、頭が痛くなりますよお。
 ゴネまくって、商船三井フェリーに請求するのもなんだかなあって感じですし、泣き寝入りなのです。
 当分の間、商船三井フェリーには乗らないって、固く心に誓います。
 もー。

 それでは、商船三井フェリー「さんふらわあさっぽろ」乗船記に続きます。
 続きません(^^;。
 微妙にこちらに続いてます。

« 新日本海フェリー「あざれあ」乗船記 | トップページ | あわしまマリンパーク(沼津の4) »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/65966100

この記事へのトラックバック一覧です: パシフィック・ストーリー新「さんふらわあさっぽろ」乗船記:

« 新日本海フェリー「あざれあ」乗船記 | トップページ | あわしまマリンパーク(沼津の4) »

このブログについてっ


  • イラスト:ちゃんりりさん
     楽しいねこんな夢。
     移行作業がすっかり滞ってますが…。ゆかねカムパニー仮メニューはこちらです。
無料ブログはココログ