« 11,880円のランチを食べに行きます(沼津の3) | トップページ | JALどこかにマイルの旅、2回目 »

2017.09.13

新日本海フェリー「フェリーしらかば」乗船記

 ここには、新日本海フェリー「フェリーしらかば」敦賀10:00-05:40秋田の、乗船記が有ります。
Img_7839
 はい、こちらから続いてまあす。

05/22
 敦賀駅の改札を出ると、フェリーターミナル行きの連絡バスが、もう既に停まっているのが見えました。
Img_7769
 新しくなったロータリーを歩いて、バスへと急ぎます。
 09:30の発車で、料金は後払いの350円。
 車内は、4人位のお客さん。

 普段は夜の乗船ばかりなので、明るい道を走って行くのは新鮮です。
 程なく、正面には近海郵船のオレンジ色のRO-RO船が見えて来て。
 ここの交差点を右に曲がると、直ぐに新日本海フェリーの敦賀フェリターミナルなのですよ。

 バス車内では、今回の乗船の決済が出来なかったので、窓口へ寄って、予約番号を申告します。
 今回は、秋田までの乗船です。
------
・予約便   敦賀港発(10時00分)→ 秋田港着(05月23日05時40分)
 ステートB2段ベッド(個室/定員4名) 1 室
・食事オプション
 グリルランチ「北の海鮮どん+追加3品/蒸し物・中鉢・甘味」 1 食
 グリルディナー「和洋創作会席」 1 食
・合計金額  22,430 円
------
 この当時は、1人でも4人部屋の予約が出来ました。
 普通のツイン洋室だとインサイドになってしまい、アウトサイドを希望すると、和室になってしまうのですよね。
 和室も、ごろごろ出来て良いのですが、本当にごろごろしただけで終わってしまうので、なるべくなら避けたいところ。
 万年床状態で、ちょう貧乏臭い船旅になるのですもん(^^;。
------
期間Aは貸切料金はいただいておりません。ただし、2017年7月1日ご乗船分より、部屋定員の半数に満たない人数でのご予約はできません。
------
 この書き方だと、当日に空室が有ったら、変更して貰えるのかなあ。
 まあ、わざわざお願いする程の拘りは有りませんけど…。
 あと、1人なのに、わざわざグリルの予約をしているので、窓口のおねーさんから確認が有ったりしました。

 e乗船券お客さま控の発券時間は09:45。
 すぐに乗船しないと、ぎりぎりなのです。
 急いで乗船口へと向かいます。
 バーコードを読んで貰い、船内の案内所では、お部屋のキーを貰って、と。
 案内所の前では、ワゴンでコーヒーの販売中。
Img_7779
 グリルの案内は有りませんでしたが、後でお部屋に電話がかかって来るのでしょうね。
 あるあるだよ。
 それに、貴重な昼間の出航シーンを見逃すわけにはいかないので、部屋には寄らず、真っ直ぐデッキへと直行なのです。

 デッキに出ると、他にも結構、人出が有ったです。
 「フェリーしらかば」は、もう港から離れる雰囲気たっぷりで。
 定刻よりも、2分位早い出航となりました。
 大きく汽笛を鳴らして、敦賀から離れて行きます。
 明るいうちに敦賀から出航するのは、初めてなので、景色は凄く新鮮です。
 薄明るい時間に、到着したことは有るのですけど。
 その時は、何しろ時間が時間ですし、景色を見る心の余裕なんて、全く有りませんでした…。
Img_7788
 敦賀のフェリーターミナルの全体像も、初めてじっくり見た気がします。

 近海郵船の「つるが」が少しずつ少しずつ離れて行って。
Img_7781
 遠くにはパンスターのフェリーも見えます。
 船名までは分かりません。
Img_7797
 パンスターって、敦賀からの航路が有るのですねー。
 地形を見るに、敦賀は天然の良港って感じが凄く。
 デッキのジャグジーは、厳重に蓋がして有ったよ。
 もう、使用されることは無いのでしょうね。

 折角なので、クイズラリーにチャレンジしながら、船内をさらっと歩いてみます。
 通路の古い時計が、いかにも船!って感じなのです。
Img_7811
 以前のフェリーは、みんなこーゆー構造でしたよね。
 カフェの片隅には、ミニステージが有って。
 この航海では、カフェの営業は有りませんでした。
 ビデオシアターでは、勿論映画の上映が有ります。
Img_7801
 フォワードサロンも、全ての窓がちゃんとオープンしていて。
 今日の日本海は、綺麗な海面が平らにすっと続いていて、揺れは全く有りません。
Img_7822
 案内所では、秋田ゆかりの本や絵本を貸し出してくれるそうです。
 「秋田内陸線、ただいま奮闘中!」と「いぶりがっこちゃん」が気になるぞー。

 それじゃあ、お部屋に行きましょう。
 和洋室は、なかなか使い勝手が良いと思うのです。
Img_7807
 パソコンも持って来ていませんし、イスとテーブルは特に必要ありませんから。
 洗面台が有るのは、特に早朝の下船のときには、嬉しいのです。

 次は、お風呂だよー。
 ぱたぱた動き回っていたので、結構、汗をかいちゃいましたし。
 他には誰も居ないお風呂で、のんびりなのです。
 新日本海フェリー備え付けの、シャンプーとソープが懐かしいよ。
 くんかくんかしちゃいます。
 そして、脱衣場には、お風呂の入り方が、イラスト付きで掲示されていて。
 外人さんとか、色々な人が居ますものね。
 名門大洋フェリーのお風呂なんて、酷いことになってましたよお。

 そんな感じに「フェリーしらかば」を堪能しつつ、のんびり過ごします。
 それはいいのですが、グリルの案内が無いのですよねー。
 まあ、12:30になったら、直接グリルに行ってみましょう。
 以前も、そーゆーパターンが有りましたし。
 てことで、行ってみますが、グリルは閉まったままなのでした…。
 んーと、これは。
 完全に忘れられちゃってます(^^;。

 案内所のおねーさんに、チケットを見せて尋ねてみると、びっくりしたご様子で。
 ですよねえ。
 確認して来ますと、一つ上の階のレストランに、階段を駆け上がって行っちゃいました。
 食材と人員の準備も有るでしょうし、無理ならフツーのレストランでも、私は全然構いませんよお。
 そんなことをぼけーっと考えつつ待っていたら、15分後の12:50に、グリルをオープンして貰えるとのことで。
 あ、直前でも、意外と対応可能なのですね。
 一旦部屋に戻って、これで今日は、利用する人は私だけなの確定だあ、なあんて思いつつ。

 グリルへ行くと、係の方がわざわざ外に立って待っていて下さり、丁重にお詫びをされ、食事中も色々と話し掛けて下さり、夜の時間前にはお部屋に準備が出来た旨の電話が有り、またまた外に出て待っていて下さり、ドリンクをサービスして貰ったりで、物凄ーく気を遣われている感が有り有りと…。
 何か、私は恐縮してしまうのでした。
 かえって申し訳ないですよー。
 そしてそして、夜の食事が終わる頃、レストランマネージャーさんがわざわざ挨拶に来られて!。
 ひゃあ。
 そこまでして頂かなくっても。
 大恐縮なのですよ。
 このレストランマネージャーさん、凄く恰幅のいい方で、いかにも美味しいものを作ってくれそう。
 出航前、陸上からは、今日のグリルの利用は無しとの連絡が来ていたそうで…。
 実際、私が決済したの、出航の15分前とかですものね。
 e乗船券お客さま控も、3枚がホチキス留めされていて、分かりにくいですし。
 ことここに至り、次回は自分からグリル利用を案内所に申し出ようって、固く心に誓った私なのでした。

 てことで、お昼の海鮮丼を食べて、夜の和洋創作会席をやっつけます。
 レストランの担当者さんは北海道の方で、来週は沖縄へ旅行に行くって話してくれました。
 あ、私、先週に沖縄行きました!。
 さすがに、日帰りとは言いませんでしたけど(^^;。

 お昼ご飯の後、デッキに出てみると、やっぱり波は全く無くって。
 空には、鳥さんと飛行機雲が見えました。
Img_7820
 その後、私はお昼寝に突入です。
 そんな自堕落をしていたので、あんまりお腹が空かないまま、夜のグリルに突入することになっちゃいました。

 程なく、佐渡島が見えて来て、夕陽が日本海へと沈んで行きます。
Img_7832
 船の窓、映る空。
 丁度、グリルでご飯を食べている最中でした。

 新潟では、特にデッキに出ることも無く、お部屋でごろごろしてました。
 明日も早起きですし、さくっと寝てしまいましょう。
 お風呂にもう一回入って、と。
Img_7777
 予定通り、入港のきっちり1時間前、04:40には音楽で起こされます。
 その後、船内放送が入って、キーの回収が有って。
 このルーチンの中に身を置くと、気怠さもたちまち吹っ飛んじゃいます。

 秋田港で下船するのは、初めてだね。
Img_7837
 景色は何回も眺めているので、勝手知った感じかな。
 徒歩下船は6人程。
 秋田駅行の連絡バスの発車は06:20なので、まだ時間が有ります。
 フェリーターミナルのレストランはちゃんとオープンしていたので、720円の比内地鶏手羽先カレーを食べたりして。
Img_7847
 ここのレストランって、早朝しかオープンしていないのですね。
 まあ、フェリーの発着がその時間だけですから。
 お客さんはそこそこ居たよ。
 暇を持て余して、展示されている「フェリーあざれあ」の模型を眺めたり、貸し切りの秋北バスで到着した団体さんを眺めたり。
 クラブツーリズムの、「船でめぐる日本一周の旅、9日間」っていう団体さんでした。
 掲示によると秋田港では、毎日、船内見学会を実施しているのですねー。
 時間は、07:40から08:10の30分間です。

 ようやくやって来たバスに乗ったのは、私一人だけ。
Img_7843
 途中から、通勤通学の人達が乗って来たものの、満席にはなりません。
 秋田駅到着は、06:51でした。
 これで、「フェリーしらかば」とはお別れだね。
 船名は継承されず、復活した「らべんだあ」にバトンを渡します。
 これは、案内所の時計です。
Img_7803
 ちっちゃな星が可愛いね。

 こちらに続いてます。

« 11,880円のランチを食べに行きます(沼津の3) | トップページ | JALどこかにマイルの旅、2回目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11719/65787389

この記事へのトラックバック一覧です: 新日本海フェリー「フェリーしらかば」乗船記:

« 11,880円のランチを食べに行きます(沼津の3) | トップページ | JALどこかにマイルの旅、2回目 »

このブログについてっ


  • 上のイラストは「ちゃんりり」さんに描いて頂きました♪。
    2004/01/02 ブログスタート!
    2017/01/23 更新終了
    2017/07/21 再スタート
    只今、半年分の旅行記を更新中。 記事の整理中につきリンクが一部乱れています…。
無料ブログはココログ